キープ彼氏がほしくなるのはどんなとき?彼氏をキープする方法

付き合っている彼氏をキープしておきたいという気持ちは誰にでもあるものです。そんな時、キープ彼氏を持っておきたいと思うことも多いかもしれませんね。

ここでは、

についてまとめてみました。

キープ彼氏がほしくなるとき5つ


キープ彼氏が欲しくなる時とはどういう時なのでしょうか。ここからはまず彼氏をキープしておきたいと思ってしまう状況について紹介します。付き合っている人はいるけれど、釈然としないという人こそ、キープ彼氏が欲しくなるでしょうね。

愛情は冷めたが別れたくない彼をキープ

愛情が冷めているのに、別れたくない彼氏をとりあえずキープしておきたいと思っている人もいます。愛情は冷めてしまっても、もともとは好きな人だったわけですし、そう簡単に好きな人を手放すことができないということもあるようですね。

愛情が冷めたとしても、彼氏をキープしていて、次の人を探しているという人も多いです。実際にそうやって上手く恋愛をしている人も多いのではないでしょうか。彼女という体裁は守っているものの、心の中では着々と他の日を探していたりします。彼氏から見れば悪女かもしれませんね。

本命彼氏より素敵な人と出会っちゃった

キープ彼氏が欲しい人は、本命彼氏よりも素敵な人に出会っちゃったという状況の人が多いです。本命彼氏より素敵だから口説いてみたいけれど、もしかしたら失敗するかもしれませんよね。その失敗を恐れて「とりあえず今の彼氏はキープしておこう」と思うのです。それこそがキープ彼氏が生まれてしまう悲劇とも言えるかもしれません。

もちろん、男性も女性も付き合っている人がいたとしても、自分の理想の人が出てくるとそちらに惹かれることが多いです。これはもう人間の性と言っても良いかもしれません。ただ、その相手を落とすことができるかどうかわからないので、今付き合っている人はとりあえずキープするのです。彼氏だけはなく彼女も実はキープされていることが多いです。

嫌いではない人からアプローチされた


嫌いではない人からアプローチされた時も同様です。要は今の彼氏と新しく彼氏になってくれそうな人を天秤にかけているのです。条件となる容姿や性格、仕事に年収、趣味嗜好などなど、現在の彼氏と未来の彼氏を比べています。その結果、とりあえず別れるのはリスキーということもあり、キープ彼氏として保存しておこうとするのです。

キープされる方からするととても悲しいことかもしれませんが、悲しいことにこれが現実でもありますね。もちろん、キープ彼氏が欲しいと思う彼女も、まだ本気で他の人を好きになったというわけではありません。あくまでも嫌いじゃない人、もしくはちょっと気になっている人からアプローチされたから今の彼氏をキープしておこうと思うのです。

結婚を考えない彼と結婚を視野に入れたキープ彼氏

彼氏によっては結婚を考えないという人もいるかもしれません。「ねぇ、結婚のこととか考えている?」と聞いても、いつも「うーん、考えていることはいるよ」と釈然としない彼氏も多いです。そうなると、結婚を視野に入れているキープ彼氏が欲しくなりますよね

要はリスクヘッジでもあります。こういう言い方はしたくありませんが、女性は30歳がタイムリミットだと思っている人も多いです。近年は35歳や40歳で結婚する人も多くなり、そのボーダーはなくなっています。しかし、それでもやはり早めに結婚したいと思う人もいるでしょう。

結婚を考えてくれない彼氏は捨てて、キープ彼氏と付き合うということも珍しくないということです。

もっとたくさんの男性に出会ってみたいから

交際経験が少ない女性は、もっと多くの男性に出会ってみたいと思うこともあるでしょう。だからこそ、付き合っている彼氏をキープしつつ、他のキープ彼氏も持ちたいと思うのです。たくさんの男性と付き合えるかどうか本人のポテンシャル次第ですが、モテる人なら男性をとっかえひっかえすることもできます。

多くの男性と出会ってみたいと思っている女性ほど、実は色々と値踏みしていることも多いです。要は比べてしまうことが多いと言えるでしょう。今の彼氏と他の彼氏、どちらの方が良いのかを考えるために彼氏をキープするということも多いでしょうね。

キープ彼氏と上手に付き合う3つのコツ


キープ彼氏と上手に付き合うためには、どうすれば良いのでしょうか。そこを知らないと、思わぬトラブルや問題に発展してしまうこともあります。泥沼に陥らないように、ここからはキープ彼氏との付き合い方についてコツを紹介します。

連絡はマメにとっておこう

連絡は頻度も多くしておくことが重要です。キープ彼氏とは言っても、その彼氏にもまた人生があり、常に色々な人と出会っています。そのため、連絡をしていないと自然消滅するということも珍しくありません。せっかくキープするのなら、自分の息が常に届くところに置いておくことが重要です。

連絡の頻度としては、最低でも1週間に数回は連絡しておきたいですね。これが数週間から数ヶ月と連絡を取らなくなっていくと、それだけでも心は離れていきます。せっかくキープしようと思ってもキープしておくことができなくなるので、常に連絡をして意識させるようにしましょう。

「好意がある」アピールを


男性は好意を寄せられて喜ばない人はいません。女性から好かれていると思うだけで、自分自身も好きになってしまうということもあるのです。正直、単純な生き物なので、気があると思わせるだけでも、相手が勝手に寄ってきてくれるかもしれませんね。

女性から好意があることをアピールするためには、何度も連絡したりデートに誘ったりするのも良いでしょう。また、褒めるというのも効果的です。「私の彼氏も○○さんみたいだったら良いのに」とあえて付き合っている彼氏がいるということを暴露しつつ、好意があることを伝えるのもテクニックですね。

適度にほめ言葉を口にする

適度に褒め言葉を口にしてください。褒められて嬉しくない男性はいません。「○○さんってセンスが良いですよね」「○○さんは頼りになります」などなど、容姿や性格よりも、その人の感性や人間性を褒めるというのが一番効果的と言われています

褒めてその気にさせると、気づけば相手の方から好きになってくれるということもあるでしょうね。相手から好きになってくれれば、もうキープ彼氏にするための準備は整ったと言えるでしょう。大事なのは相手をその気にさせるということです。

キープ彼氏にしてはいけないこと


キープ彼氏が欲しいと思っていても、自分からやってはいけないことをやってしまって墓穴を掘るという人もいます。関係が関係ということもあって、上手に付き合うことが必要です。ここではキープ彼氏にしてはいけないことを紹介します。

人目につくところに遊びに行く

人目につくところに遊びに行くのは、極力避けた方が良いです。あくまでもキープ彼氏なので、目立ったことをすると厄介なことになります。特に地元などでデートする時は、知り合いにバレてしまうということもあるでしょう。

知り合いから「お前の彼女、他の人とデートしてたぞ」なんて暴露されたら、一気に両方失ってしまうこともあります。また、偶然にも本命彼氏と遭遇、もしくは発見されてしまうということもあるかもしれません。会うならこっそり会いましょう。

「好き」とはっきり口にする

キープ彼氏は自分自身がキープされているかどうかをわかっていないこともあります。もちろん、割り切ってそこでキープだと自覚しても付き合ってくれるのなら良いですが、多くの場合はそう上手くはいきません。だからこそ、本命彼氏と同じように扱ってください

気持ちもはっきりと伝えることによって安心させることが重要です。「○○さんのことが好きだよ」と伝えることで、相手もしっかりと自覚してくれます。そういう気持ちの表現はなかなか難しいですが、キープ彼氏をキープしておくには気持ちをはっきりさせておくことが重要です。

割り切り・切り替えが大事


割り切って付き合うことや切り替えて付き合うこと、これがキープ彼氏を持つ上で重要となってくるでしょうね。たまに本命彼氏とキープ彼氏、両方のことで頭が支配されて、どうにも動けなくなってしまうという人もいます。

本当の目的は人生最良の人に出会うことなので、あくまでも恋愛の本質を忘れてはいけません。中にはキープ彼氏を持つことが目的になってしまっている人もいるので、あくまでもキープという形でどう付き合っていくのかを明確にしておくことが重要です。

まとめ

今の彼氏をキープするのか、もしくはキープできる彼氏をこれから作るのか、人によって違ってくると思います。ただ、どちらにしても2人の男性と同時に付き合うというのは、女性にもリスクがあります。そこはしっかり考えて突き進んでいくことが必要ですね。

- 1 / 1ページ -