疲れてる彼に彼女がかけるべき言葉5選!彼の癒しになってあげよう

彼氏が疲れてる時、彼女は「何をしてあげられるんだろう」と悩みますよね。そういう困った状況の時、どう対応するかによって結果も変わってきます。

ここでは、

についてまとめてみました。

疲れてる彼が望んでいること3つ


疲れてる彼氏が望んでいることを理解することが、まずは最初のステップとなります。ここを知っておくだけでも、やはりその後の関係はまた違ったものとなってくるでしょう。ここからは疲れてる彼氏が望んでいることを紹介します。

そっとしておいてほしい

疲れている時、「どうしたの?」「何かあった?」「ねぇ!私何かした?」と攻め立てると、相手は疲れてしまいます。疲れてる彼氏はそっとしておいてもらいたいということが多いです。そこは正直に言う人もいますが、相手に気を遣って言えない人もいるので、察知してあげることが重要です。

ただ、まったく完全にスルーしてもらいたいのかと言えば、そうではありません。彼氏は彼女に対してそっとしてもらいたいのですが、逆にそばにいてもらいたいと思うこともあります。絶妙な距離でちょうど良く接してあげることが重要ですね。

やさしくしてほしい


疲れている時には、やはり誰もが優しくしてもらいたいと思うでしょう。例えば、優しい言葉をかけてもらったり、優しく抱きしめてもらったり、優しく料理を作ってもらったりしたいのです。それは彼氏共通の願いと言えるかもしれません。

もちろん、大好きな彼女に優しくしてもらったら、きっと元気も出ます。大切なのは孤独に感じさせないことです。悩んでいる時や困っている時というのは、結局は自分で解決しないといけないのですが、支えてくれる人がいるというのはとても心強いものですからね。

話を聞いてなぐさめてほしい

何かトラブルや問題がある時には、彼女に話を聞いてもらいたいということもあるでしょう。弱っている彼氏ほど、慰めてもらいたいものです。そんな時には普段話を聞いてもらっている彼女も、聞き上手になって彼氏の話を聞いてみてください。

「そっかぁ、それは大変だったね」というちょっとした言葉だけでも癒されます。大切なのは質問攻めすることではなく、相手の話に共感してそっと添い遂げることです。それだけで相手は安心感を覚えるのではないでしょうか。疲れている時には、そういうちょっとしたことが心に染みてくるものです。

疲れてる彼が癒される彼女の言葉5選


疲れてる彼氏は、彼女のちょっとした言葉でも癒されることが多いです。ただ、意外と疲れている本人を目の前にすると、何をどう伝えれば良いのかわからないことも多いですよね。そこで、ここからは彼氏が癒される彼女の言葉を紹介します。

気遣いの言葉「どうしたの、大丈夫?」

気遣いの言葉があるだけで全然違ってきます。あまりまくしたてるように聞くのは良くないですが、そっと寄り添って「どうしたの?大丈夫?」と聞くだけで、彼氏は安心します。「この人はずっと自分のそばにいてくれる」と思って、彼女に惚れ直してくれるでしょう。

男性も実は女性に頼りたいと思っている人が多いです。そのため、彼氏が置かれている境遇を理解してあげて、優しく何があったのかを聞けるくらいの彼女だと、より癒されるでしょうね。くれぐれも質問攻めは避け、相手が話してくれるのを待ちましょう

認める言葉「がんばってるね」


人は誰かに認められることで、自分のアイデンティティを確立していきます。そのため、「頑張ってよ」と言われるよりも「いつも頑張っているよね」と認めてあげることが必要です。疲れている時に「頑張って」と言われると「もう頑張ってるし」と言われるかも。

あくまでも重要なのは、相手が努力していることなどを認めてあげることです。そこで「いつも頑張っているんだから、少し休憩しよう?」と提案するのも良いでしょう。認めてあげることで人の役に立っているという自覚が芽生え、共同体感覚も生まれます。それは本人の自己肯定感を支える重要なものとなるので、ぜひ認めてあげる言葉をかけてください。

いたわりの言葉「無理しないでね」

無理をしていそうなら「無理だけはしないでね」と日頃の苦労を労ってあげることも重要です。苦労していることを理解して労うというのは、いつも彼氏の近くにいる彼女にしかできません。もちろん友人や家族、親戚などもそういう言葉をかけることができますが、恋人にもらうその言葉はまた違ってきます。

ただ、夢のために頑張っている人に対して「無理しないで」と言うのは逆効果になることもあります。「無理なんてしていないよ」と言われることもあるので、そこは言葉のチョイスをしっかり考えた方が良いかもしれませんね。ちょっと難しいですが、相手が素直に自分を認められるような労いの言葉を選んでください

はげみになる言葉「落ち着いたらごはん行こう!」


励みになる言葉も重要です。「落ち着いたらデートしよう」というような、ちょっとした提案も良いでしょうね。今はダメダメでも、きっと状況は落ち着くと思えるような言葉だと、相手も勇気をもらえるかもしれませんし、それがモチベーションになったりします。

「ここを乗り越えたら一緒にご飯でも食べようよ」というような、普段の何気ない言葉が嬉しかったりするものですからね。何か小さな楽しみを作ってあげるというのも賢いやり方なのではないでしょうか

味方になる言葉「応援してるよ」

味方がいなくて孤軍奮闘している彼氏には、「応援しているよ」と伝えるのも良いでしょう。応援というのは曖昧なものかもしれませんが、実際に自分の後ろで支えてくれる人がいるというのは、とても嬉しいものだったりします。

くじけそうな時や進めなくなった時には、ちょっとした応援の言葉だけでも原動力になったりします。しかもそれが大好きな彼女からの応援だったら、彼氏のエネルギーになることは間違いないです

疲れてる彼にやってはいけないNG行動3つ


疲れてるのに彼女から色々と要求されると、彼氏も「もう疲れたから良いわ」と思ってしまうこともあります。そこで、ここからは疲れてる彼氏にやってはいけないNG行動について紹介します。ちょっとした言動も地雷になることがあるので気を付けましょう。

デートできないことを責める

忙しい彼氏に対して「最近全然デートできていないじゃん」と怒ってしまう彼女もいますよね。でも、それは逆効果です。デートできないのが寂しいのは彼氏だって同じです。でもそれを我慢して彼女と会うのも我慢して頑張っているのです。

そのため、デートできないことを責めるのではなく、「落ち着いたらデートしたいね」というように待つスタンスを持つことが重要となります。そうするだけでも彼氏の心に余裕が生まれて、乗り越えられるようになっていきます。

私だって疲れてるとマウンティング

マウンティングを取ってしまう彼女も実はとても多いです。彼氏が「疲れているからちょっとごめんね」と言うと「私だって毎日働いて疲れているよ」とマウントを取りたがることもあるかもしれません。それは完全にNG行動と言えます。

その他にも「私の方が仕事しているし」とか「私の方が稼いでるし」とか、相手のプライドを削ぐような言動をすると、嫌われてしまうでしょうね。くれぐれも相手の気持ちを考えて発言することが重要です。

遅い時間の長電話


疲れているのに彼女から電話が来て、長々と話されてしまうと彼氏も疲れてしまうでしょうね。特に遅い時間だと「もう寝かせてくれ」と思われるかもしれません。疲れている時は、いつでも読めるLINEやメールの方が良いです。

電話だと常に会話しなくてはならないので、疲れが癒されるということもありません。特に自分の話をしたいだけの人は要注意です。どうしても電話したいなら、相手の話を聞くなど、工夫が必要となりますね。

まとめ

疲れてる彼氏に対しては、正直何をどうすれば良いのかわからなくなるということもありますよね。そんな時には、相手の気持ちを理解して、かける言葉にも注意しましょう。そうすれば、きっと今より良い関係を築いていくことができるでしょうね。