飲み会が多い彼氏にモヤモヤ……浮気させない連絡のコツ5つ

飲み会に行く彼氏を持つ彼女は、大変ですよね。たまの飲み会くらいなら良いですが、毎日のように飲み会に行くという彼氏なら、ちょっと寂しいでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

彼氏が飲み会……モヤモヤするのはなぜ?


彼氏が飲み会にばっかり参加していると、モヤモヤするという人も多いのではないでしょうか。実際に彼氏が飲み会に行くとイライラする人もいます。そこで、ここからはモヤモヤする気持ちの正体について、まずは解説しますね。

さみしい

彼氏が自分のことを放っておいて飲み会に行けば、当然彼女は寂しいですよね。彼女なのに他の人との飲み会を優先されてしまったらモヤモヤするのは当然とも言えるでしょう。その寂しさこそがモヤモヤする根源と言えるでしょう。自分でどうにもできないからこそ、余計に考えてしまってモヤモヤするということに繋がります。

寂しい人は自分の趣味もないことが多く、さらには友達もあまりいないということもあります。そこは自分が寂しいと思う感情と、どう向き合っていくかが重要となってくるのではないでしょうか。少なくとも彼氏を変えようとするより、彼女自身が変わろうとした方が良いと言えるでしょうね。

ないがしろにされている気がする


自分のことを放置されていると感じると、やっぱりモヤモヤします。そもそも「飲み会には参加する時間があるのに、私と会う時間はないの?」と理不尽に思うかもしれません。人はそういう不公平だと思った時こそ、モヤモヤするのです。不条理までとは言いませんが、不公平な感情を抱くと要注意だと言えるでしょうね。

もちろん、大切にしてくれているとは思いますが、飲み会ばかりの彼氏には飽き飽きするという人もいるでしょう。「たまにはデートで特別な店に連れてって」と思うからこそ、そういうモヤモヤが生まれます。最初から期待しているということなので、あまり期待しない方が良いかもしれません。期待が大きければ大きいほどモヤモヤも大きくなってしまいます。

浮気が心配

飲み会は会社の飲み会もあれば、サークルやコミュニティの飲み会もあるでしょう。そこには当然、男性もいれば女性もいます。やっぱり飲み会ばかりの彼氏は浮気が心配ですよね。もちろん、そんな不安が大きくなると疑念も大きくなるでしょう。彼女としては、相手の心が離れてしまうことこそ、一番の恐怖かもしれませんね。

浮気に関しては、疑うということ自体が失礼に値することもあります。それほど相手を信用していないということですからね。今まで浮気していないのなら、相手をしっかりと信頼してあげて、ドシッと構えておくというのも良いのではないでしょうか。そもそも飲み会で浮気する人はそこまで多くありませんので安心してください

彼氏の飲み会は心配する必要なし?


彼氏の飲み会が心配で仕方ないという彼女もいるかもしれません。極力は「あまり行かないでほしい」と思うこともあるでしょう。ただ、そんな不安を抱く必要はありません。ここからは無駄な心配や不安を抱かないようにする方法を紹介します。

一人の時間を充実させよう

1人でいる時間を充実させることで、より相手に依存することもなくなります。1人でできる趣味などを見つけてみてはいかがでしょうか。例えば、カフェに行ったり読書をしたり、映画を観たりスポーツをしたりするのも良いですね。そこは1人でできることをとても多くして、相手のことばかり考えてしまう時間を少なくしましょう

肉体的にも精神的にも彼氏に依存しないことによって、彼氏自身も気軽に飲み会に行けるようになります。それに、何より彼女自身が自分で自分を苦しませることもなくなります。彼女なのですから、そこはもう堂々としていれば良いのです。趣味に没頭して、相手のことなど忘れてしまうくらいが良いかもしれませんね。

ないがしろではなく彼女を身内だと考えている


相手のことを軽視しているのではなく、身内だと考えると良いです。実際に彼女のことをもう家族のように思っている人もいますよね。そんな関係になってくると、飲み会などを嫌がられるのがむしろ逆に嫌になってくるということもあるでしょう。

彼氏は彼女のことを身内だと思っていることも多いので、そこはドシッとしておきましょう。もちろん、身内だからこそイライラすることもあるでしょう。そこはモヤモヤした時に、相手に真剣に話しておくということも重要です。「最近、飲み会ばっかり」と相手に溜まっている鬱憤を晴らすということも重要となります。

上手な連絡で彼の浮気を防止

上手な連絡をすることで、彼氏の浮気を防止することもできます。まずは定期的に連絡を入れるなど、彼氏に彼女の存在を意識させましょう。彼女がいるという状況を周知させるためにも、飲み会の時間にメールやLINEを入れておくのも良いですね。そうすれば、飲み会の場でも「あ、彼女からだ」と彼氏が連絡を確認するかもしれません。

周囲はその反応を見て「彼女いるんだ」と理解してくれるでしょう。そういう彼氏の行動を上手に活用していくことで、余計な浮気などを防止することもできます。男性は女性に比べても浮気しやすいので、定期的な連絡を入れて防止しましょう

飲み会に行く彼に上手に連絡する方法


飲み会に行く彼氏に連絡する時には、コツを知っておくとより良いです。そこで、ここからは飲み会に行く彼氏に対して連絡を入れる時の方法を紹介します。こちらの方法を活用すれば、浮気を未然に防ぐことができるかもしれません。

「終わったら連絡する」をお約束にしておく

連絡する時には「終わったら連絡する」と約束させておくことが重要です。実際に飲み会をしていると恋人への連絡など忘れてしまうこともありますが、そこは事前に約束しておけば効果も絶大です。当然、連絡をくれなかった時には、怒って良いです。

終わったら連絡するというのは、ある意味で彼氏と彼女を繋ぐための鎖のようなものです。これがないとダメということはありませんが、彼氏に彼女の存在を常に意識させることで、浮気の防止にもなってくるでしょう。

即返信が難しいことはわかってあげよう

即返信をするのは、飲み会では難しいです。飲み会の内容にもよりますが上司や同僚、部下と飲んでいる時にスマホを弄ってばかりというのは印象も良くないですよね。それは友達などでも同様のことが言えます。

そうならないよう、即返信するのは難しいと理解してください。たまにトイレのために席を立った時などには「連絡できたらしてね」というくらいで良いです。それ以上に執拗に即返信を求めると、彼氏によっては彼女の存在が邪魔になってしまうこともあるでしょう。

飲み会中の鬼電はNG


飲み会しているのに鬼電をすると嫌われてしまいます。後から着信を見てゾッとするということもあるでしょう。実際彼女の中には彼氏のことが好きすぎて、飲み会中に鬼電するということもあるかもしれません。でも、鬼電は迷惑でしかないのでやめましょう。

中には「出れないって言ってんだろ」とブチギレされてしまうかもしれません。相手が置かれている状況もしっかりと考えて、「今は出るのが難しいんだな」と考えておくというのが良いのではないでしょうか。

明るく軽い「浮気したら別れるよ」で釘をさす

明るく相手に忠告しておくというのも良いです。もちろん冗談交じりで良いですが、軽く「浮気したら別れるからね」と伝えておくと、それだけでも抑止効果になります。浮気をする時、本当に大切な方がどちらなのかを考えるチャンスにもなるので、こういう状況をあえて作っておくというのは重要と言えるでしょう。

もちろん、本当に浮気したら思い切って別れるのもありです。浮気はそうそう簡単にできるものではありませんが、彼女の忠告を無視して浮気するような彼氏なら、付き合う価値もありません

「楽しかった?よかったね!」で連絡しやすい雰囲気作り


連絡がまるで業務連絡のようになっていると、彼氏もついつい「後で良いか」と思ってしまうことが多くなります。そうではなく「楽しかった?それは良かったね!」というような連絡の仕方が良いです。

不機嫌な感情はメールやLINEでも伝わってしまうことがあります。そのため、連絡しやすい雰囲気をしっかりと作っていくようにしましょう

まとめ

飲み会に行く彼氏は別に悪いことをしに行くわけではありません。もちろん飲み会ばかりだとモヤモヤするでしょうが、ある程度許容してあげることも重要です。その上で、相手との連絡をしっかりと行い、浮気させないようにすることが重要となりますね。