一人暮らしの彼氏の部屋でおうちデート♡楽しく過ごす5つのポイント

彼氏が一人暮らしだと、家でデートもできますよね。付き合っている恋人同士が部屋でデートするというのは、やっぱりドキドキするものです。

ここでは、

についてまとめてみました。

一人暮らしの彼氏の部屋を訪ねるときのポイント


一人暮らしの彼氏がいる部屋を訪ねる時には、色々と考えておきたいことも多いです。毎日のように通っているのなら別ですが、初めて彼氏の部屋を訪ねる時には様々なことに注意してください。ここでは、まずポイントについて紹介します。

手土産を持っていく

手土産を持っていくというのは、やはり彼氏も喜んでくれるでしょうね。手土産と言えば大袈裟ですが、例えばちょっとした有名店のスイーツなどでも良いですし、人気店のお菓子でも良いですね。その他、あえてガツガツと食べることのできるサンドウィッチやドーナツなども良いでしょう。他にも寿司など、一緒に食べられるものだと喜ばれます。

手土産に関してはあまり匂いが出ないものにしましょう。また、生のものなどは避けておくと良いかもしれません。寿司なども良いですが、何度温めても美味しいものや冷めても美味しいものなどを選ぶと良いです。

部屋の中を物色しない

彼氏がやられて一番嫌なことと言えば、部屋の中を物色されることですね。彼女に見られたくないものもあるので、そこはあまり詮索しないようにしましょう。彼氏も彼女と楽しく過ごしたいだけなので、物色して気まずいものが出てきたら悲惨ですからね。

どうしても気になるものがある時には、彼氏の承諾を得てから見るようにしましょう。「この卒業アルバム見て良い?」など、相手に承諾を得てからなら、気まずい雰囲気になるということもないでしょう。その他、いくら付き合っていてもマナーやルールは守ることが重要です。

過剰な女子力発揮は逆に引かれることも


一人暮らしの彼氏の部屋に行くのだからと、これ見よがしに女子力を発揮しようとする彼女もいるかもしれません。彼氏の部屋を勝手に掃除したり、洗濯したり、食事を作ったり、まるで母親のようになってしまうという人もいます。

彼氏は恋人として彼女を部屋に入れたわけなので、そこであまり女子力を発揮する必要はありません。最低限のことができれば、それ以上のことは逆に求めないことが多いです。むしろやりすぎると引かれるので避けたいですね。

部屋を汚さない

彼女が彼氏の一人暮らしを邪魔するということはないと思いますが、意外とあるのが部屋を散らかしたり汚したりすることです。一緒に部屋で過ごしていると、ジュースやお酒をこぼしてしまったりすることもあるかもしれませんね。

その他、何か食べている時に落としてしまうということもあるかもしれません。単純に食べ方や飲み方があまり綺麗じゃない彼女は、彼氏に引かれることも多いです。そこは部屋を散らかしたりしないよう、汚さないように注意しましょうね。

光熱費のことも頭に入れておく

彼氏に「お風呂借りるね」「シャワー使うね」と言って、長時間使ってしまうということもありますよね。確かにそこでケチケチする彼氏はいないと思いますが、それでも一人暮らしで豪快に使われてしまったら、水道光熱費とかも気になってくるものです。

その他にもテレビや照明をそのままにしたりしていると、電気代も高くなってしまいます。近年はよりそういうことも気にする彼氏も多くなっているので、少しは頭に入れておくことをおすすめします。もちろん、あまりにも節約するという必要はありませんが注意しておきましょう。

お泊まりデートに持っていくもの


一人暮らしの彼氏の家に行けば、お泊まりするということも多いでしょう。カップルの中でもやっぱりお泊まりは楽しみの1つですよね。彼氏が一人暮らしなら、色々とアピールしたいものです。ここではお泊まりデートに持っていきたいものを紹介します。

化粧品・スキンケアグッズ

化粧品やスキンケアグッズは欠かせませんね。お泊まりデートの時にはすっぴんを見られることも多いので、そこは最低限の化粧品やスキンケアグッズを持っていきましょう。むしろ彼氏の部屋にそういうアイテムを置いておくというのも良いかもしれません。

せっかくお泊まりで彼氏の部屋に行けたのなら「これからも度々来るかもしれないから、置いておくね」と言えば浮気の防止にも繋がっていきます。何より肌を綺麗に見せるための魔法のアイテムなので、お泊まりデートの時には必ず持っていきましょう。

歯ブラシ

お泊まりデートということは、次の日に彼氏の家から出勤するかもしれませんね。仕事をしていなくても彼氏の家で見送りすることになるかもしれません。そんな時、歯ブラシも意外と重要となります。特に彼氏が一人暮らしだと歯ブラシも1本しかないことが多いので、持っていきましょう。

自然とそのまま歯ブラシを自宅に置いてきて、まるで同棲のような生活が始まるかもしれません。もちろん、同棲する気がない彼氏の家に歯ブラシを置いていくと「え」と思われるかもしれないので、そこは慎重に彼女も行動していくことが必要ですね。

かわいい部屋着


部屋着が可愛いと、それだけでも彼氏の評価がグッとアップするかもしれません。普段着ているおしゃれなファッションよりも、むしろ部屋着の方が好きという彼氏も多いです。ぜひぜひ可愛い部屋着を着て、彼氏を胸キュンさせてしまいましょう。

彼氏も部屋着を着ている彼女を見ていると、自分の恋人ということを実感してくれるでしょう。いつも気張っている服装より、たまに油断した服装を見せることで、彼氏にギャップ萌えを感じさせることを狙っていくことができます。

ドライヤー・ヘアアイロン

彼氏の家にあるドライヤーやヘアアイロンでは、自分の髪の毛を乾かすことができないかもしれません。メンズ用とレディース用では違ってきますからね。そのため、ドライヤーやヘアアイロンも持っていくと良いのではないでしょうか。

ただ、こればかりは邪魔になることもあるので、彼氏と併用して使えるドライヤーを買った方が良いかもしれませんね。それなら彼氏の部屋に置いておくこともできて、彼女の負担も減ります。毎回彼女がドライヤーやヘアアイロンを持っていくというのも大変ですからね。

一人暮らしの彼氏が喜ぶ手土産とは


彼氏が一人暮らしをしている時、手土産の1つでも持っていけば、かなり気が利く彼女だと思ってもらうことができますよね。ただ、彼女として何を手土産にすれば良いのかわからないという人もいるでしょう。そこで、ここではおすすめの手土産を紹介します。

手料理・手料理の材料

手料理や手料理の材料を手土産にすると、その破壊力は抜群です。彼女の意外な一面を見て、彼氏のハートもより反応してしまうでしょうね。家庭的な一面を見せたいと思っている彼女にとっては、これほどまでにアピールできるチャンスはありません。

王道としては「肉じゃが作ってきたの」と持っていくのも良いですし、「カレー作ろうと思って材料を持ってきたよ」というのも良いでしょう。そういう家庭的な一面を見せると、相手も結婚のことを意識してくれるかもしれませんね。

スイーツ

スイーツはやはり王道中の王道ですね。人気スイーツショップで購入しても良いですし、自分で作ったものを持って行っても良いです。有名スイーツショップとかのものだと彼氏も知っていることが多いので失敗することもないかもしれません。

ただ、スイーツは好き嫌いもあるので、そこは事前にチェックしておくことが必要です。甘いものが苦手な彼氏にはビターなものを買っていくと良いでしょうね。甘いものが得意な彼氏には、スペシャルなものを買っていくと喜ばれるかも。

アルコール


「俺を酔わせて何をする気だ?」なんて言ってくれないとは思いますが、アルコールを持っていくのも気が利いていますね。「これ、一緒に飲もうと思って」と買っていけば、彼氏もきっと喜んでくれます。彼女自身、ちょっと酔って大胆になるのも良いかも。

アルコールは2人の距離をより一層近づけてくれるものなので、ぜひおすすめしたい手土産ですね。シンプルにビールやチューハイなども良いですが、ロマンティックな雰囲気を出したいならワインやシャンパンというのも良いかもしれません。

健康的な食材

健康的な食材というのも良いです。彼氏の健康を気遣って野菜や果物を持っていくというのも、なかなかできる彼女だと思われるでしょうね。事実、一人暮らしの彼氏というのは食生活が乱れていることも多くて、ビタミンやミネラルが不足していることも多いです。

そのため、健康に気を遣った食材を持っていき、食べてもらうのも良いでしょう。ただ、どうしても食べられない野菜や果物を無理やり「健康のためだから」と食べさせるのは避けましょう。あくまでももらって喜ぶものとして持っていくのが良いです。

まとめ

一人暮らしの彼氏の家に行くのはドキドキですよね。そんな中、手土産を持っていくのは重要です。また、持ち物なども意外と忘れてしまうこともあるので、必要なものはちゃんとチェックしてから持っていくようにしましょう。その上でお泊まりデートを楽しんでみてください。