彼氏との連絡頻度はどれくらい?カップルのタイプ別に考えてみた

彼氏との連絡頻度ってどれくらいですか?人によっては全然連絡していないという人もいれば、毎日連絡しているという人もいるかもしれませんね。

ここでは、

  • 彼氏との連絡頻度はどれくらいが普通?
  • 寂しがりやさんカップルにちょうどいい連絡頻度
  • 自由なカップルにちょうどいい連絡頻度
  • 30代カップルにちょうどいい連絡頻度
  • 遠距離恋愛カップルにちょうどいい連絡頻度

についてまとめてみました。

彼氏との連絡頻度はどれくらいが普通?


彼氏との連絡頻度は、みんなどれくらいが普通なのでしょうか。付き合っているということであれば、その連絡頻度も気になる彼女が多いでしょうね。そこで、ここからはまず普通はどれくらいなのかという点を紹介していきますので、参考にしてみてください。

LINEやメールはほぼ毎日

LINEやメールというのは、ほぼ毎日するというのが普通のカップルかもしれません。ただ、これに関してもカップルによって大きく違ってくるので、その人ごとに違うということを理解しておくと良いかもしれませんね。事実、連絡頻度は毎日の人もいれば数日に数回という人もいます。

ただ、付き合っている以上、相手の行動に関してはやはり気になるものですし、相手のことをもっと知りたいと思うのが普通かもしれません。また、付き合っている年数によっても違ってきますね。付き合って間もないなら毎日しますが、年数が長いと毎日することもないでしょう。

ちょうどいい連絡頻度はカップルによって違う

ちょうど良い連絡頻度というのは、カップルによって違ってきますね。実際にこまめな性格をしているカップルなら、お互いに連絡を毎日しても苦にならないでしょう。ただ、自由奔放な性格のカップルなら、連絡をすること自体が面倒となってしまうということもあるかもしれません。

カップルごとに違ってくるのはもちろん、付き合っている期間によっても違ってきますし、2人の関係性によっても違ってくるのではないでしょうか。そこはやはりしっかりと考えておくことが必要ですね。もちろん、他人と比べても意味がないので、自分たちがどうしたいのかを考えていくことが重要となります。

寂しがりやさんカップルにちょうどいい連絡頻度


寂しがり屋のカップルには、どれくらいの連絡頻度がちょうど良いのでしょうか。ここからは寂しがり屋なカップルに最適な連絡頻度について紹介します。あくまでもこれは参考にすべきもので正解も不正解もありませんので、そこはご了承ください。

連絡頻度は多めがベター

お互いに寂しがり屋だと、連絡がないと心配になっていまうため、不安を払拭するためにも連絡は多めの方が良いでしょうね。そこまで常に連絡しているという必要はありませんが、それでも毎日朝晩などに連絡すると良いのではないでしょうか。

連絡頻度は多くても、仕事をしている間や学校に通っている間は避けておくことが必要となります。そのため、連絡頻度は朝晩の数回にしておくのが一番ベターかもしれません。もちろん、これも時間帯によって変わってくるので、ベストな頃合いを見計らって連絡するようにしたいですね。

少ないと付き合っているかどうかわからなくなる


寂しがり屋なのに連絡が少ないと、「そもそも付き合っている意味があるのかな」とわからなくなってしまうこともあるでしょう。事実、連絡が少なくなると気持ちまでもが離れてしまうということもあります。寂しがり屋のカップルだと、特にその傾向が強いですね。

毎日とまでは言わなくても、せめて2日や3日に数回は連絡しておきたいです。相手が普段から何をしているのか気になる時には、やはり回数は少なくても毎日連絡していた方が安心なのではないでしょうか。そこはカップルごとに違ってきますが、寂しがり屋なら頻度は多めにしましょう。

連絡頻度が減りすぎると自然消滅も

連絡頻度が減りすぎると、カップルによっては「もう気持ちが離れちゃったんだ」と勝手に解釈して、そのまま自然消滅なんてことにもなりかねません。お互いに寂しいのに連絡を取っていないと、代わりに他の人で代用しようとします。結果、他に恋人を作ってしまうということもあるかもしれません。

自由なカップルにちょうどいい連絡頻度


自由なカップルにはどういう連絡頻度がちょうど良いのでしょうか。あまり相手のことを意識しないカップルだと、連絡もあまりしていないということもあるかもしれませんね。ここからは、自由なカップルにちょうど良い連絡頻度について紹介します。

連絡頻度を決めておこう

自由を求めているのなら、あえて連絡頻度を決めておくというのが良いでしょう。連絡頻度に関して「言った言わない」となると面倒なので、最初から「2日や3日に1回は連絡し合おう」というように決めておくと安心ですね。それなら他の時間は自分のために使うこともできて、自由が好きな人にとっても魅力は大きいです。

ただ、自由であるからこそ、連絡頻度を決めていても連絡がないということもあるかもしれません。そうなると、あまり相手を意識していないということになり、自然と関係も終わっていくということが多いです。まずは連絡時間を決めて「この時間は連絡する」としておくのが良いでしょう。

返信をうながさない・気にしない


返信を促されたり気にしたりしていると、自由に連絡を取り合うことができずに窮屈に感じることもありますよね。そのため、相手から連絡が入らなくても、そこはあまり気にしないというのが良いのではないでしょうか。気にするだけ無駄でもあるので、もういっそ忘れてしまった方が良いです。

自由なカップルだと、あまり意識していない時にピョンッと連絡が入って、デートの約束に繋がったりします。普段連絡を取り合わない分、デートに誘われたりすると、より嬉しさも大きいかもしれませんね。

デートのときは思い切り甘えて

デートの時には思いっきり甘えましょう。普段連絡していない分、自由なカップルはデートした時の盛り上がりも大きいです。LINEやメールなどをあまりしないからこそ、近況についても色々と話すことが多くなるのではないでしょうか。

せっかくのデートなら思いっきり甘えて、相手も自分も楽しめるようにしていくのが良いかなと思います。もちろん、デートの後には連絡も入れて、普段とは違った連絡の仕方をしてみると、よりちょうど良い距離感で連絡できるでしょうね。

30代カップルにちょうどいい連絡頻度


30代カップルにちょうど良い連絡頻度というのも知っておきたいです。学生の頃など、若い頃はやっぱり毎日のように連絡も取っていたかもしれませんが、30代となるとなかなか。そこでここからは30代にちょうど良い連絡頻度を紹介します。

30代は仕事で多忙な時期

30代と言えば、働き盛りの時期でもあるため、とても忙しいことが多いです。近年は男性だけではなく女性も働く人が増えたことによって、よりキャリア形成に力を注いでいる人も多いかもしれませんね。そうなると、やはり仕事で多忙な時期は連絡がなかなか取れないこともあります。

仕事をしていてもずっと働いているわけではないので、連絡自体は意外と頻繁に取っているカップルも多いです。しかし、伝えるべき内容だけ伝える業務連絡のようなものが多くなってくると思います。

連絡は手短に


連絡は手短に済ませるのが良いですね。相手も仕事をしていて自分も仕事をしているのなら、あまりにも長いLINEやメールは、読む時間ももったいないと思うことがあるかもしれません。それに返信となると、かなりの労力になりますからね。

連絡しなくてはならないことがあるのなら、端的に説明するようにしましょう。ただ、普段のちょっとした話もしたいと思うので、その場合は短めに話せるようにしておくと良いですね。あまりにも長くなりそうな時には、また次回連絡を取った時に残しておくというのも良いかもしれません。

会えないときは電話でコミュニケーションを

会えない時には、LINEやメールではなく電話をするのが良いです。社会人になると、長々としたLINEやメールが面倒になることも多く、電話を利用するという方が多くなります。伝えたいことがあるのなら電話で伝えてみてください。それが心の距離を縮めてくれるでしょう。

やはり電話で声を聞くだけでも全然違ってきます。LINEやメールだとどうしても「後で良いか」となってしまって、そのまま忘れてしまうということもあります。そうならないためにも、電話で必要なことだけパパッと伝えておくと良いです。ただ、それだけだとちょっと物足りない人もいるので、あらかじめ時間を割いてもらって、電話で話すのが良いです。

遠距離恋愛カップルにちょうどいい連絡頻度


遠距離恋愛のカップルだと、連絡頻度も難しいですよね。相手の行動がいまいち予測できないので、どういうタイミングで連絡するべきなのかもわからないということがあります。そこで、ここでは遠距離恋愛中のカップルにおすすめの連絡頻度を紹介します。

連絡はなるべく毎日を心がけて

連絡はなるべく毎日を心がけておきたいですね。身体の距離が離れてしまうと、自然と心も離れてしまうのが人間というものです。そのため、毎日連絡して自分のことを忘れられないようにすることが重要となります。これは相手にも同じことが言えるのではないでしょうか。

もし連絡が滞りそうな時には、相手を信じて待ってみてください。遠距離恋愛のカップルだと相手が浮気しているかもしれないという疑念が渦巻き、結果的に自分たちで首を絞め合ってしまうこともあります。そこは相手を信じて待つことが重要です。

おはよう・おやすみはスタンプで

「おはよう」や「おやすみ」など毎日行うものに関しては、負担にならないように軽くスタンプで送るというのも良いでしょうね。スタンプなら誰でも簡単に使えるし、何よりパッと見て生存確認をすることもできます。遠距離だからこそ生存確認も重要ですよね。

シンプルに文字を打つよりも、スタンプの方が楽でもあります。視覚的にもピョンッと目に飛び込んでくるので、元気な様子を伝えることができるでしょう。そういう意味でも、魅力はとても大きいと言えるのではないでしょうか。

連絡頻度を密にして信頼関係を築こう


連絡頻度を密にして信頼関係を築くということが、遠距離カップルに必要なことです。実際に信頼関係を築くことができれば、そう簡単に壊れるということはないでしょうね。連絡頻度を密にすることで、常に相手の意識の中に入っていることが重要です。

お互いに信用している関係であれば、ちょっとくらい連絡がなくても「大丈夫だ」と判断することができます。そこはもう2人にしか築けない関係なので、じっくりとお互いを信じられるような関係を作っていくことが必要となるでしょう。

まとめ

彼氏との連絡頻度が気になっている人も多いと思いますが、こればかりはカップルによって違ってくるので注意してください。それに付き合っている年数などでも変わってくるでしょう。正解も不正解もないので、自分たちがどれくらいの頻度で連絡を取りたいのかは、2人で話し合ってみても良いかもしれませんね。