食べても太らない人には理由がある!食べても太らなくなる方法

あなたの周りに、食べても太らない人はいませんか?女性からすると、たくさん食べているのに太らないというのは羨ましい限りですよね。では、このような人達はどうしてたくさん食べても太らないのでしょうか?

ここでは、

についてまとめてみました。

たくさん食べても太らない人の共通点とは?


いつもガッツリ食べているのに太らない人は、朝食をしっかり食べていることが多いです。また、ストレスを溜めないような生活を送っていますし、食事をしっかり噛んで食べているのも特徴。体を動かすのが好きという方も多いですね。

朝食を抜かない

ダイエットのために朝食を抜いている、という方は少なくないでしょう。また、朝は時間もないため、食事をする暇がないという方もいるかもしれません。朝食を抜いてしまうとお昼ご飯までにお腹が空きますし、間食をしてしまうこともあります。

間食はダイエットの天敵ですし、1日に摂取すべきトータルのカロリーをオーバーしてしまう可能性もあります。また、朝食を抜くことによって体が飢餓モードに突入してしまい、脂肪を溜め込みやすくなります。朝こそしっかり食事をとりましょう。

ストレスを溜め込まない

ダイエット中は特に食べたいものも食べられませんし、イライラが募ってしまうものです。ストレスが溜まってしまうと間食が増えてしまったり、ドカ食いの原因となることもあるでしょう。これが太ってしまうもとです。

たくさん食べても太らない人の多くは、うまくストレスとも付き合っています。日ごろからストレスを溜めないような生活を心がけていますし、ストレスが溜まってしまう前に上手に発散できているのです。

ジュースを飲まずに水を飲む


水を飲むと太るというのは迷信です。確かに、水分をとると一時的に体重は増えてしまいますが、それは太ったことにはなりません。むしろ、水をたくさん飲むことで体内の水代謝がよくなり、脂肪も効率的に燃焼しやすくなるのです。

ジュースではダメなのか、という方もいるでしょうが、ジュースにはたくさんの甘味が含まれています。砂糖もたっぷり使われているので、太りたくないのなら避けたほうがよいでしょう。砂糖は糖質の塊ですし、血糖値を急上昇させて脂肪を溜め込みやすい状態にしてしまうのです。

よく噛んで食べる

太りやすい人の特徴として、ほとんど咀嚼せずに飲み込んでしまう傾向があります。これだと消化も悪いですし、胃に余計な負担をかけてしまうことになるでしょう。太らない人の多くはしっかりと咀嚼して食べることを心がけています。

咀嚼せずにそのまま飲み込んでしまうようなケースだと、満足感が得られにくいためつい食べ過ぎてしまいます。しっかりと咀嚼すれば、脳の満腹中枢が刺激されて少量でも満足感が得られるのです。

体を動かすのが好き

太らないためには運動も日々の生活に取り入れることが大切。たくさん食べても太らない人の多くは、日ごろから体を動かすことを習慣づけています。摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多くなれば太ることはありません。

たくさん食べているのにまったく太らない、という方だと日常的にスポーツをしたり、体を鍛えている方が多いです。仕事終わりにスポーツジムに通ったり、エアロビクスやダンス教室に通っているような方もいます。早朝にウォーキングやランニングをしている方もいますね。

たくさん食べても太らない人になるためには


たくさん食べても太らない人になるためにはどうすればいいのでしょうか。早寝早起きを心がけ、体を動かすことも習慣にすることです。また、健康的な食生活を心がけ、ストレスはこまめに発散するようにしましょう。ここでは、たくさん食べても太らない人になるためのポイントをまとめてみました。

早寝早起きを心がける

夜はなるべく早く寝て、朝は早く起きるように心がけましょう。実は、朝型生活のほうが夜型の生活よりも活動代謝が高くなるといわれています。人間は明るいときのほうが体をよく動かすので、朝型生活のほうが活動代謝が高くなります。

早起きすると朝食もゆっくりととれます。朝ギリギリまで寝ているような方だと、食事を抜いてしまうこともありますがこれが太るもとになります。朝食を抜くと体が脂肪を溜め込もうとしてしまうのです。これからは早寝早起きを心がけてみましょう。

体を動かすことを習慣化する

消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが上回ってしまうと太ります。つまり、太らないようにするには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があるということ。日ごろから体を動かすことを習慣づけておけば、消費カロリーのほうが高くなり食べても太りにくくなるでしょう。

体を動かすことを習慣にするには、楽しく取り組めるものにするということが大切。特に運動が嫌いな方だと、いきなり朝にジョギングを始めたとしてもすぐに挫折してしまうでしょう。楽しいことなら続けられるので、楽しいと思えるエクササイズにチャレンジしてください。

健康的な食生活をおくる


毎日コンビニのお弁当や、お菓子でお腹を満たしているという方もいるでしょうが、これはおすすめできません。コンビニ弁当はカロリーが高いものが多いですし、栄養バランスが偏っているものも多いです。

食事は栄養バランスが何より大切なので、体に必要な栄養をバランスよくとれる食事を心がけてください。また、ダイエットのためにと1日に1~2食しか食べない方もいますが、これもNG。体が余計に脂肪を溜め込もうとするので、ダイエット中だとしても1日3食とるのが基本となります。

ストレスをこまめに発散する

ストレスが体に与える影響というのは予想以上に大きいものです。ストレスが溜まるとイライラしてしまいますし、本来のパフォーマンスも発揮できなくなるでしょう。ストレスが過食の原因になることもあるので、なるべくストレスフリーな生活を送るのが基本です。

特に、ストレスをドカ食いややけ食いで発散するような方は注意が必要。食事でストレスを発散するのではなく、ほかの方法で発散するようにしましょう。ストレスを発散するには自分が楽しいと思えることをするのが一番です。定期的に自分のやりたいこと、楽しいことをしてストレスを発散してください。

食べても太りにくい食材に詳しくなる

食べると太りやすいものもあれば、太りにくいものもあります。太りにくい食材を熟知できていれば、食事のときに太りにくいものを選べるようになるでしょう。

カロリーが比較的高くても太りにくいものもあれば、低カロリーなのに太りやすいものもあります。糖質をたくさん含んでいるようなものは、血糖値も急激に上昇させてしまいますし、脂肪を溜め込みやすくなります。なるべく低カロリーで、糖質をほとんど含まないものを選ぶようにしましょう。

たくさん食べても太りにくい食材


どのような食べ物なら、たくさん食べても太りにくいのでしょうか。鳥のささみやキャベツ、大豆製品、マグロの赤身などはおすすめの食材といえるでしょう。また、こんにゃくやチーズ、いか、するめといった食材もおすすめです。ここでは、たくさん食べても太りにくい食材をピックアップしました。

ささみ

鶏のささみは低カロリーかつ高たんぱくな食材として知られています。ボディビルダーやアスリートでも、日ごろから鳥のささみを食べているという方はたくさんいます。低カロリーなのでダイエット中にももってこいですし、しかも筋肉のもとになるタンパク質をたくさん含んでいるのは魅力的ですね。

コンビニで売られているサラダチキンなどもおすすめ。手軽に手に入れられますし、タンパク質をしっかり摂取できます。美味しく味付けされたものが多いので、そのまま食べても満足できるでしょう。間食とするにもおすすめです。

キャベツ

キャベツは栄養価の高い野菜の一つです。野菜なので低カロリーですし、お腹が膨れるほど食べたとしても太ることはまずないでしょう。キャベツには食物繊維もたくさん含まれているので、腹持ちもよく腸内環境も整えてくれます。

また、キャベツにはカルシウムも含まれているので、イライラ対策にもなります。ストレスが原因で過食になることは少なくないので、キャベツを食べてストレスも軽減しましょう。キャベツに含まれるビタミンCは抗酸化作用や美肌効果などもありますし、女性に嬉しい成分です。

大豆製品


大豆製品には、良質な植物性のタンパク質が含まれています。タンパク質は筋肉のもとになる栄養素ですし、ダイエット中などは特にたくさん摂取する必要があります。筋肉の量が増えると基礎代謝もアップし、何もしていないときでも脂肪を燃焼させてくれます。

タンパク質といえば肉や魚にたくさん含まれる栄養と思われがちですが、大豆は肉に匹敵するほどタンパク質を含有しています。畑の肉ともいわれていますし、肉のタンパク質に比べてヘルシーなのもポイント。余分な脂質も摂取することがありません。

マグロの赤身

マグロの赤身もヘルシーな上に高たんぱくな食材です。同じマグロでも、トロやカマといった部分は脂質が多くなるため、太りやすいといえるでしょう。赤身なら脂質も少ないので、なるべく赤身を食べるようにしてください。

マグロの赤身を食べるならお刺身や海鮮丼のようにして食べるのがおすすめ。ダイエット中なら、海鮮丼にするときはご飯を少量にしておきましょう。また、マグロの赤身とおくら、山芋などを混ぜて食べるのも美味しいです。

こんにゃく

こんにゃくはカロリーがほとんどない食材なので、お腹がいっぱいになるまで食べても太ることはありません。実際、こんにゃくを使ったダイエット食材もたくさん販売されていますし、こんにゃく麺やこんにゃくライスなどもありますよね。

腹持ちがいいので、間食にこんにゃくを食べると少量で満足できるでしょう。そのまま食べるのは厳しいかもしれませんが、刺身こんにゃくなどもあるので、これならそのままでも食べやすいです。濃い味付けで煮つけたものも美味しいですね。

いか・するめ

いかやするめなどは、噛み応えがあるので少量でも満足できます。しっかりと咀嚼して食べるため脳の満腹中枢が刺激されますし、少ない量でも満足感が得られるでしょう。ダイエット中のおやつ、間食にするにもおすすめの食材です。

いかやするめにはタンパク質もたくさん含まれているので、ダイエット中に不足しがちなタンパク質を補えるというメリットもあります。コンビニなどで手軽に購入できるのも嬉しいですね。

チーズ

チーズも豊富なタンパク質を含む食材。旨味もあるので満足感も得られやすいでしょう。チーズの種類によってはカロリーが高めのものもあるので注意が必要です。また、お酒のつまみにもマッチしますが、糖質の多いお酒を飲みすぎないように注意してください。

まとめ

たくさん食べても太らない人というのは、食事にも気を付けていますし日ごろから運動もしています。また、ストレスも溜め込まないようにしているので、食べても太りたくないという方は参考にしてください。まずは早寝早起きから始めてみましょう。ここでご紹介した、太りにくい食材も参考にしてくださいね。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。