彼女の定義とは?女友達と彼女の5つの違い

これまでに男性との関係で彼女なのか単なる女友達なのか悩んだことはないでしょうか。一見するとどちらも普通の友達よりも仲が良さそうで区別がつきくいものです。場合によっては体の関係もあるため、一線がどこにあるのかわからなくなることもあるでしょう。

ここでは、

  • 彼女の定義
  • 間違えやすい!彼女とは言えない関係性
  • 仲の良い友達と彼女の大きな違い

についてまとめてみました。

彼女の定義


男性にとって中の良い女友達と彼女の違いは何なのでしょうか。どちらも仲の良い異性であることに違いはありませんが、彼女は自分にとってただ一人のパートナーです。改めて彼女の定義について考えてみましょう。

恋人であるとお互いが意思を確認する

女友達とは仲良く会話したり遊んだりすることはできますが、特別な感情は抱いていないため相手に対して好意を伝えることはありません。一方、恋人となる彼女には自分にとって特別な存在であり好意を持っていることを伝えます。それだけでなく、相手の意思も確認してから交際が始まるものです。

一方的な片思いでは彼女とは言えずお互いに好き合っていることが条件となります。したがって、告白して互いの意思を確認することなしに恋愛関係にあるとはいえません。自分だけでなく相手も自分をパートナーと思ってくれていることで恋人と言えるようになります。

唯一のパートナーであり自分だけを好きでいてくれる

女友達と彼女の大きな違いは、同じ仲の良い好意を抱く女性でありながら彼女は自分だけを好きでいてくれる唯一のパートナーであることでしょう。女友達は他の男性であっても仲良くすることができます。特別な愛情関係ではないため気楽に付き合えるのも女友達の特徴です。

彼女は場合によっては人生を共に歩く生涯のパートナーになる可能性もあるため、安易にできるものではありません。お互いに好き合っているだけでなく、相手を唯一のパートナーとして認められるかどうかが重視されます。

付き合う過程で信頼関係を徐々に構築していく


男性の一目惚れで好きになることもありますが、ほとんどの場合はもともと友人や同僚の関係から、または誰かの紹介などで彼女になります。初めから特別な愛情を抱いているわけではなく、グループで一緒に遊んだり飲んだりするなかで徐々に惹かれていくのが普通でしょう。

個人同士の付き合いに発展しながらも、付き合う過程で少しずつ信頼関係を構築していって最終的に特別な彼女になります。それがなければずっと仲良しの女友達のままの関係が続くことになるでしょう。女友達はすぐにできますが彼女になるまでは時間がかかるのです。

間違えやすい!彼女とは言えない関係性


女性の方は彼女と思っていても実は勘違いで男性は女友達として付き合っている場合もあります。お互いの見解に相違があるためさまざまな場面でトラブルが生じることも考えられます。間違えやすい彼女とは言えない微妙な関係性とはどんなものなのでしょうか。

周りに付き合っていると誤解されるほど仲が良い

学校や職場、サークルなど所属するところが同じであるだけでなく、他の異性とは確実に異なる仲の良さが見られる場合に周囲に付き合っていると誤解されることがあります。とにかくいつも一緒にいるところが目撃され、二人の間の距離も近ければ付き合っていると思われて当然でしょう。

友人や知人に問われてもはっきり否定せずにごまかしたりすれば、周りだけでなく相手も彼女だと勘違いしてしまいそうです。周囲を巻き込んだ曖昧な関係を楽しんでいるふしもみられます。

告白なしで二人で頻繁に遊びに行く

男女のグループでレジャーに出かけるのではなく、二人きりで頻繁に遊びに行く関係であれば周りからもカップルと思われて当然でしょう。当事者もお互いの意思を確認するための告白をしていないだけでどんな感情を抱いているかは明確ではありません

相手に好きな気持ちを告白していれば彼女といえますが、そうしていないところに男性のずるさもみえます。女性も割り切って考えていないと後々傷つくことにもなりかねません。逆に、女友達として見ていることがわかれば気軽に遊ぶこともできるでしょう。

告白なしで体の関係がある

つらいデリケートゾーンのかぶれ!原因と対策を知って改善しよう
男性は女性に比べて強い愛情や想いがなくても体の関係を持つことに抵抗を感じません。したがって、特別な存在となる彼女ではなくても体だけを目的に付き合うこともできます。告白されることなしに体の関係を持っている女性は、自分が彼にとってどんな存在なのかを考えてみる必要があります。

セフレや都合のいい女として扱われていることを割り切っていれば問題はないでしょうが、特別な感情を抱いている場合は彼女ではなく女友達に留まっていることに対して文句を言ってもいいでしょう。別に特別な彼女ができた場合、簡単に捨てられてしまう可能性もあります。

友達や知人に内緒にしている

特別な彼女であれば自慢したい気持ちもあることから、友達や知人に紹介するでしょう。正式に付き合っていることを周りにも知ってもらいたい気持ちも強いものです。しかし、単なる女友達の場合は、どんなに親しくても周囲にはその関係を内緒にしていることもあります。

女性は彼女のつもりであってもきちんと紹介してくれない状態であれば、彼氏から彼女と認められてはいないといえるでしょう。逆に、友達や知人だけでなく家族にも紹介されたら将来のことも考えている特別な彼女であるといえます。

仲の良い友達と彼女の大きな違い


周りからみると区別することが難しい女友達と彼女。仲良くしている当人同士も関係を曖昧にしたままにしていることもあります。ただの仲の良い女友達と彼女との間にある決定的な違いとは何なのでしょうか。

お互いの気持ちをしっかりと確認している

唯一のパートナーとなる彼女は男性にとって特別な存在です。男性は他の女友達と一線を画すために相手に特別な好意があることを伝えます。また、相手の意思も確認することで互いに恋人同士である自覚を持つことができるのです。女友達にはっきりと気持ちを伝えることはないでしょう。

どんなに仲が良くてもはっきりと「好きだ」「付き合って欲しい」と告白されていない限り、男性が自分のことを彼女候補として見てくれているとはいえません。お互いの意思の確認がしっかりできているかできていないかは彼女かそうでないかを決定づける大切なポイントです。

友達だけではなく家族に紹介できる

仲の良い女友達と彼女の大きな違いの1つにどこまで紹介できるかがあります。特別なパートナーである彼女であれば、付き合ってしばらくすれば家族にも紹介する機会をつくってくれます。正式に付き合っていることを家族にも報告するとともに、縁があればこのまま結婚まで発展するかもしれないことを知らせておくためです。

どんなに仲が良くても紹介が友達までの範囲を超えなければ、彼女ではなく女友達であると判断できるでしょう。男性の方から家族への紹介の話は全くないだけでなく、家族のことすら話そうとしないかもしれません。

カップルのイベントに二人で参加している


男性から正式な告白をされていなくてもただの女友達ではなく彼女だと判断する材料は複数あります。その1つがカップルイベント。カップルで参加することが条件となっているイベントは数多くあります。イベントに行きたいがために誰でもいいからと異性を誘う場合もあるでしょう。

しかし、ブライダルイベントやカップルの愛情が問われるイベントなどは、付け焼刃のカップルでは参加できないこともあります。どう考えても恋人同士しか参加できないようなイベントに頻繁に参加している二人なら女友達ではなく彼女である自覚を持っても問題はないでしょう。

友達からカップルであると認識され相手もそれを認めている

お互いの意思をしっかりと確認していない場合でも女友達ではなく彼女であることを確信することもあります。周りの友人からカップルであると認識されていて、相手もそれに対して否定せず認めている場合です。周囲の認識が勘違いでないため何も言わないのでしょう。

本来ならば本人の口から明確な関係性を示す言葉が欲しいところですが、シャイだったり、極度に面倒くさがりだったりして告白しないこともあります。周囲が認めても今までの関係性に変化がなければ彼女だと思って間違いはないでしょう。いずれは正式に告白してくれるはずです。

友人や知人に付き合っていると公言している

女友達の場合は周囲に付き合っていると誤解されていても否定しないこともあります。曖昧な関係を続けたい気持ちが強いからと考えられますが、だからといって付き合っているとは言いません。どう思われても気にならない軽い関係性だと考えている可能性もあります。

一方、恋人、彼女の場合には友人や知人に自分の口ではっきりと公言します。彼氏には皆に認められ祝福されたカップルとして堂々と付き合いたい気持ちがあるのでしょう。また、正式に付き合っていることを伝えて他の男性が彼女にちょっかいを出さないようにする目的もあります。

まとめ

特別に仲が良い男女の関係への線引きは難しいものです。男性は特別な存在となる彼女ではなくても、二人きりで遊んだり、体の関係を持ったりすることができます。お互いの好意をしっかりと確認し合っていれば安心ですが、そうでない場合は自分だけ彼女だと思い込んで恥をかかないように注意しましょう。