付き合う基準は男女で違う?女性・男性それぞれ重要視すること

以前から好きだった人と交際まで発展したのに、付き合ってみたら違っていたと思ったことはないでしょうか。外見とは違って付き合ってみて初めてわかる性格や人間性があるため、思っていたような人でなかったと後悔することもあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

女性が考える付き合う基準


女性は一般的に付き合う基準の上位を外見、ルックスが占めているイメージがあります。しかし、憧れる人と実際に付き合う人とでは求めることが異なり、自分との共通点や価値観などを基準とすることもあります。女性が考える付き合う基準とはどんなものでしょうか。

一緒にいて楽しい

一緒にいて楽しくないと付き合う意味がないと考えている女性も少なくありません。どんなにルックスが良くても一緒にいて緊張の連続だけで終わるのであれば楽しくないでしょう。また、いつも暗い顔をしてネガティブ発言ばかりする男性といると自分まで気が滅入ってしまいます。

笑顔で明るく、おもしろいことを言って笑わせようとしてくれる彼氏は、考え方や生き方も前向きです。一緒に居て楽しければ「この人ならついていける」と確信することも多いでしょう。一緒にいて楽しい男性なら次のデートが待ち遠しくなります。

食事の好みが近い

デートだけでなく結婚生活でもずっと続く食事の好みが合うかどうかは付き合ううえでの大きな基準となります。好きなものと嫌いなものが正反対だと食事を一緒にしていても楽しくなく、その前にお店やメニューを選ぶのが大変です。

自分が好きな食べ物を否定されたり、手料理を受け付けてくれなかったりすればショックを受けることになるでしょう。多少食事の好みに違いがあってもたまに合わせてくれればそれほど問題もないでしょうが、真っ向から対立している場合は大きな問題となります。

笑いのツボが同じ


万人が笑うところではなく、彼女がクスリと笑ってしまうツボが自分と全く同じであることを付き合う基準とすることもあります。おもしろいことに対する感覚が同じである場合はその他の感受性や考え方も似ています。わざわざ説明しなくても気持ちが通じ合うことも多くなるでしょう。

その他にも、同じ鼻歌を同時に歌い出す、考えていたことが同じ、など共通点が多いことで親近感がわきます。価値観も共通しているため物事に対する共感の仕方も似てくるでしょう。

性的な魅力を感じる

性的な魅力を付き合う条件にするのは男性に多いイメージがあります。しかし、子孫を残す本能が強い女性は無意識に性的なアピールが強い人に惹かれる傾向があるといえます。がっしりとした骨格やたくましい筋肉、スラリと伸びた脚の長さ、形の良い大きなお尻、など、実際には男性よりも体の部位をよく見ているものです。

体臭や肌を合わせた感触なども含めて、生理的、本能的に性的な魅力を感じられるかどうかは女性にとって付き合う基準として重視されるものとえいえるでしょう。

男性が考える付き合う基準


女性と比較するとより顔やスタイルなどで惹かれるイメージのある男性。しかし、長く付き合うとなると外見だけでなく中身にもこだわる男性も少なくありません。男性が考える付き合う基準についてみてみましょう。

自分がリラックスできるか

告白する前や付き合ってしばらくは相手を好きな気持ちが強すぎて、いつもエネルギー全開の状態で彼女と接していることでしょう。しかし、交際期間が長くなるにつれてドキドキよりも安らぎを求めるようになります。

一緒に居て沈黙が続くことが怖くて「何か話さなくては」「笑わせなければ」などと考えてばかりでは疲れてしまいます。何も話さなくても沈黙が心地よいリラックス感が得られるかどうかは男性にとって付き合ううえで重要な基準となるでしょう。一緒にいるだけで満足できれば何かしなくてはならないプレッシャーからも解放されます。

人間的に尊敬できるか

彼女に女性としての魅力を感じられることが付き合う条件になることは言うまでもありません。しかし、それだけでなく長く付き合うために人間性を基準とする男性も多いようです。自分にだけでなく周りの人に対しても区別することなく優しく接することができるか、嘘をつかないか、なども重要な条件となるでしょう。

人間的に尊敬できる部分があれば、些細なことでケンカをしてもすぐに仲直りできるものです。また、彼女を見習って自分も人間性を高めたいと自分自身を成長することにもつながります。

食事の好みが近いか


食の好みについては女性だけでなく男性も重視する条件となります。女性はダイエットを気にしてあまり食べないタイプもいます。しかし、食欲旺盛な男性は少しでもガッツリ系のメニューを彼女と一緒に食べたいと思っているはずです。

男性は食が細く偏食が多い彼女と一緒に食事をするのは苦痛です。また、特別なイベント以外で高級で少し気取った食事ばかりするのも好きではないでしょう。居酒屋などの庶民的なお店で好き嫌いなく何でも食べられる女性であることも付き合う条件といえます。

優しい

男性は女性に可愛らしさや女性らしさを求めることが多い傾向があります。しかし、時間をかけてじっくりと付き合っていくと、可愛らしさや女性らしさのほとんどは意図的に演じられていることが多く、本音と体裁のギャップにガッカリしてしまうこともあるでしょう。

男性の理想を裏切らないのが本当の優しさです。どんなことがあっても優しく微笑んで受け入れてくれる寛容な女性は男性にモテます。仕事や人間関係で疲れても彼女の優しさで癒される男性も少なくありません。女性に優しくされることで男性ももっと優しくしなくてはと考えさせられる部分もあるでしょう。

男女共にこれがあったらアウトな条件


付き合うならこれだけは外せない基準は男女によってだけでなく個人によっても異なります。人それぞれなので全ての人が同じ基準を満たすわけではありません。しかし、男女の別なくこれがあるとアウトとなる共通の条件もあります。

ギャンブル好き

付き合う相手が無類のギャンブル好きと聞いて快く思えない人も多いようです。欲望をむきだしにして不労所得を稼ぐために自分のお金をつぎ込むギャンブルは依存症も心配されます。病的にはまってしまったらなかなか脱却することは難しいでしょう。

経済観念が乏しく自分の欲求を満たすためであれば生活費であっても抵抗なく使ってしまいます。そればかりではなく、お金がなくなるとローンまでして捻出することもあるでしょう。ギャンブルにお金をかけるくらいならデート代やプレゼント代に回して欲しいと思うのは当然です。

ヘビースモーカー

健康増進法が施行以降、副流煙の影響も大きいことから喫煙できるエリアは大幅に減少しています。ショッピングセンターや飲食店でも全館禁煙となっているところも珍しくありません。そんななか健康を害することを理解して1日に何十本も吸うヘビースモーカーをパートナーとして選ぶでしょうか。

タバコの臭いはとても気になるだけでなく髪の毛や服などについてもとれにくいものです。将来結婚して誕生する子どもへの影響も大きいため、付き合う相手が非喫煙者であることを絶対条件にしている人も少なくありません。

店員に横柄な態度をとる


彼氏や彼女に求めるものは異性としての魅力だけではなく豊かな人間性や優しさもあります。好きな相手を大切にしてくれるのは当然といえますが、本当の人間性や優しさはそれ以外で表れやすいものです。

飲食店やショッピングセンターの店員など自分と関わりの薄い人に対して横柄な態度を平気でとれる人は裏表の激しい人といえるでしょう。自分に対する優しさも見せかけなのではないかと疑うことにもつながります。よく知らない人への接し方を付き合う基準としている人も少なくありません。

不潔

彼氏、彼女の関係に限らず、人間として生理的に受け付けられない基準として清潔でないことがあげられるでしょう。髪の毛はボサボサで肩にフケが落ちていたり、ヨレヨレの服を着ていたりする人に魅力を感じることはありません。

就活でもおしゃれではなく身だしなみが重視されるように、不潔だと社会にも認められないことも少なくないでしょう。自分のパートナーにはいつも清潔で爽やかでいて欲しいと思うのも当然です。なかには不潔な人の傍にいるのも嫌な人もいるでしょう。

まとめ

男性、女性、それぞれに相手に最低限クリアして欲しい付き合う基準があります。男女ともに人間性や考え方、価値観や好みなど、外見以外を付き合う基準とすることが多いようです。自分が譲れない付き合うための基準とともに相手が求める基準を理解して長続きできるカップルを目指しましょう。

- 1 / 1ページ -