付き合う決め手にしたいポイント6選!選ぶならこんな相手

将来の結婚を見捨てて相手を選ぶ婚活では、どんなことを使いう決め手にしたいと思うでしょうか。短期間の恋愛であればルックスだけを重視するのもいいでしょうが、長い結婚生活では人間性が重視されます。

婚活では短期間で見極める必要がある


婚活は自ら積極的に出会いを求めて行動することとともに短期間で相手の人間性を見極める必要があります。出会いの形は人それぞれですが外見だけで判断すると後悔することも少なくありません。どのようなことをポイントとして見極めればいいのでしょうか。

ルックスだけで選ぶと外れを引く確率が高い

婚活パーティーや画像付きマッチングアプリなど、出会いを求める際にまずルックスから入る女性も少なくありません。理想のタイプは誰にでもあるものなので外見を重視したい気持ちも理解できます。しかし、ルックスだけを重視すると結果的に外れを引いてしまう確率が高いことも覚えておく必要があります。

ルックスが良い男性のなかには、自信過剰なナルシストや女性を上から目線で品定めするタイプもいます。女性にモテることに慣れているため女性の扱い方は上手ですが、浮気性である場合も考えられるでしょう。婚活であれば人間性を見極めることが必要です。

様々な所作から相手の性格を見極める

さまざまな所作から相手の性格を見極めることが大切です。何度もデートを重ねていくと初めの頃は緊張して見えなかった相手の仕草や所作などが見えてくるようになります。表情や言葉は意図的につくることができても、無意識に表れる所作や仕草には性格が出てしまうものです。

物を乱暴に扱う人は人も大切に扱うことができません。挨拶の際にきちんとお辞儀できない人は人に信用されないでしょう。また、女性と一緒に歩く際にマイペースで早歩きする人は彼女に気持ちや行動を合わせてくれることも少ないはずです。

ルックス以外で選ぶポイントを決めておく


ルックスは生まれ持ったものであるため後天的な本人の努力とは関係ないものです。それなのにルックスばかりを売りにして近寄ってくる男性は中身が薄っぺらであることも少なくないでしょう。婚活で付き合う男性を選ぶ際には、ルックス以外で重視する条件やポイントを明らかにしておくことが大切です。

長くつきあっていくためには見かけではなく、一緒に居て安心できる人間性の良さがカギとなります。優しさやたくましさ、誠実さや真面目さ、仕事への姿勢など、将来の結婚生活の安定につながるようなポイントを定めたうえで見極めるようにしましょう。

付き合う決め手にしたいポイント


自由に恋愛を楽しむなら自分好みの顔やスタイル、ファッションなどの外見を重視して付き合うのもいいでしょう。しかし、将来結婚を見据えた婚活では真剣に相手を吟味する必要があります。付き合う決め手にしたいポイントについてまとめました。

居心地の良さ

婚活中の女性のなかでこれだけは譲れない条件としてダントツの意見が「居心地が良いこと」です。一緒に居て緊張することなく何をしても居心地の良さを感じられれば、相性が抜群である証拠といえます。

どんなに外見がよくても気を遣って疲れてしまう相手とは長続きしません。一緒に何かをするときだけでなく、何もしないでも一緒にいるだけで落ち着く、リラックスできることは長い結婚生活を送るうえで重要な条件となります。沈黙が心地良いかどうかで見極めてみましょう。

相談を親身になって聞いてくれる

婚活を真剣に考えて相手を選ぶのであれば、好意を抱いた男性に自分の悩みを打ち明けることで見極める方法を試してみることも大切です。仕事や人間関係の悩みを話した際に、男性がどのような態度をとるかで結婚生活もイメージできます。

悩みに真剣に向き合って親身に答えようとしてくれる男性は、誠実で信頼できます。さらに、どれだけ親身になってくれているかを観察することで、自分に対する愛情や思いやりを量ることもできるでしょう。上辺だけで付き合おうとする男性は面倒くさがって真剣に相談に乗ってくれません。

匂いが落ち着く


アロマテラピーに興味がある女性も少なくないため、心地良い匂い、嫌な臭いに敏感な人も多いでしょう。男性にも落ち着くいい匂いと生理的に受け付けない匂いがあります。普段使っている香水の種類の問題ではなく、男性の体から発する体臭が見極めるポイントです。

何となく落ち着くことができる自分にとって好ましい匂いは遺伝子レベルで相性が良いことを表しています。逆にどうしても相手の匂いが不快な場合は付き合っていくことは困難だといえるでしょう。

頼りがいがある

本能的に女性には男性から守られたい、庇護されたい気持ちがあります。したがって、付き合う決め手として相手に頼りがいがあるかどうかも重要なポイントとなります。交際中だけでなく、長い結婚生活では思いもしないような事態に見舞われることがあるでしょう。

いざというときに何もできない男性と彼女を守るために必死に頑張ってくれる男性では、結婚生活がまるで違うものになってしまいます。何があっても動じない落ち着きと頼りがいが男性に備わっているかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

仕事を頑張っている

男の魅力は仕事と言い切る女性も少なくありません。何かに真剣に打ち込む男性は魅力的ですが、なかでも毎日の仕事に集中して頑張っている姿はカッコいいものです。仕事にやりがいを感じている男性は、仕事とプライベートのメリハリがしっかりしていることも多く時間の使い方も上手いといえます。

将来、昇進する可能性も高いことから交際から結婚に発展しても経済的な不安を感じることもないでしょう。ビジネスシーンで活躍できる男性は一般的な社会常識や人に対する接し方もしっかりと身に付いており彼女に恥をかかせることもありません。

真面目で責任感がある


付き合う決め手になるポイントとして、真面目さや責任感を上げる女性も多いでしょう。仕事だけでなくプライベートにおいても、物事に対して誠実で真面目である人は女性を裏切らないと考えられます。真面目な男性であれば嘘や隠し事をせず、浮気する不安もないでしょう。

一度自分で決めたことを障害があっても挫折せずに最後までやり遂げる責任感があれば、付き合うなかでトラブルが生じた場合にも一緒に解決できます。周囲の人の意見や評価も参考にして人間性を見極めることが大切です。

付き合うのをやめることになったきっかけ


長い間好意を抱いていてチャンスがあれば付き合いたいと思っていた男性。しかし「ちょっと待って」と自分の心にブレーキをかけることもあります。女性が付き合うのをやめてしまうきっかけにはどんなことがあるのでしょうか。

店員への対応が横柄だった

彼氏と長く付き合いたいのであれば、見かけの格好良さよりも人間性を重視すべきでしょう。自分にはいつも優しい彼氏であっても、実は彼女には見られたくない一面を持っている可能性もあります。

彼氏の普段の人間性が垣間見られるのがレストランやショップなどのスタッフに対する態度です。いつも自分には優しいのに、見知らぬスタッフには途端に横柄になり「まだ?遅いよ」「なんで間違ってんの?」などと高圧的な態度をとる彼氏には幻滅します。彼氏の本性を見たければ知らない人への接し方を観察するといいでしょう。

金銭感覚が壊れていた

彼氏と付き合う前にしっかりと確認しておきたいことの1つに金銭感覚があります。デートのときにはわからなかった金銭感覚の乱れや崩壊によって付き合うことをやめる女性は少なくありません。

金銭管理が全くできなくてもらった給料を無計画に散財したり、ギャンブルに生活費までつぎ込んだりするような男性は金銭感覚があるとはいえません。付き合いが長くなれば必ずといっていいほど彼女にお金を無心することになるでしょう。経済観念がしっかりしていない男性とは将来の結婚を考えることもできません。

食べ方が汚かった


男性のちょっとした癖が許せなくて付き合うことをやめることもあります。人には自分でも気づかない癖があるので全てを拒絶することはできません。しかし、付き合う決め手があるように、どうしても付き合えない原因になる癖がある男性もいます。

一緒に食事をする際に、クチャクチャと大きな咀嚼音をたてたり、テーブルマナーではなく基本的な食事のルールが守られていなかったりすれば嫌になることもあるでしょう。食べ方が汚いとその他のことも清潔であるとは考えにくいものです。

まとめ

婚活においては生涯のパートナーを選ぶことになるため結婚後に後悔しないように慎重を期す必要があります。単なる恋人選びではないためルックスだけでなく、優しさや居心地の良さ、頼りがいなど、安定した結婚生活に結び付く条件を決め手とすることが大切です。あらかじめ譲れない条件を付き合う決め手として彼氏選びに失敗しないようにしましょう。

- 1 / 1ページ -