結婚記念日におすすめの花ギフト7選!愛を伝える花言葉は?

結婚記念日は、ふたりが夫婦となってから新たな時間を重ねたことを認識する、祝福すべき特別な一日です。お互いの愛を再確認するため、パートナーに何かプレゼントをしてお祝いしたくなっちゃいますよね。

夫から妻に結婚記念日のプレゼントを贈るなら、オーソドックスですがお花のプレゼントはいかがでしょうか?「花」と言ってもたくさん種類がありますし、飾り方や選び方には贈り主の愛を無限に詰め込むことができます。

ここでは、

についてまとめてみました。

結婚記念日に花を贈るときに注意したいこと


結婚記念日に妻へ花を贈ろうと決めたなら、失敗を防ぐために次のポイントに注意してください。

奥様の好きな花を調べておく

花にはそれはもうたくさんの種類があります。夫が「キレイだ」と思って選んだ花でも、奥様の趣味に合わなければせっかくのプレゼントが台無しです。「キレイであること」はもちろん大切ですが、一番は奥様の趣味や好みに合った花を選ぶことです。

奥様の趣味が分からなければ、事前にそれとなく奥様に花の好みを訊いておきましょう。サプライズにしたいのなら、共通の知人や子どもにお願いして代わりに訊いてもらうのも良い方法です。花の種類だけではなく、色や香りの好みも知っておきたいですね。

奥様は生花と造花のどちらが好みか調べておく

プレゼント用の花には、大きく分けて生花と造花の2種類があります。奥様はこのうちどちらが好みなのか調べておきましょう。生花は育てたりお手入れが大変ですが、生身の美しさや可憐さが魅力です。ガーデニングがお好きな女性なら、お手入れも楽しんでくれるでしょう。

対して造花はお手入れの必要がなく、枯れる心配もないためいつまででも形に残しておくことができます。ただし生花のような生命力がなく、人によっては味気なく感じてしまうかもしれません。奥様の性格と合わせて、好みを下調べしてくださいね

家に花瓶があるか確認する


お花をプレゼントしたとして、お家に花瓶が無ければ意味がありません。ふたりの住む家に花瓶があるかどうかをチェックしておきましょう。花瓶がない場合は、花束ではなくてアレンジメントやブリザートフラワー、もしくは鉢植えを選んだ方が無難です。

花瓶がある場合は、その花瓶に入りそうな本数をチェックしておきましょう。花瓶のデザインに合わせてお花を選ぶのも良いですね。ちなみに花瓶と一緒にお花をプレゼントする方法もありますよ。予算に余裕がある場合や、どうしても生花をプレゼントしたい人は検討してみましょう。

結婚記念日にふさわしい花言葉かどうか

花には種類と色に合わせて、一つずつに「花言葉」が存在します。結婚記念日にふさわしい「愛」や「恋」「信頼」「運命」を語る花もあれば、結婚記念日には避けたい「嫉妬」「絶望」「病気」といったネガティブなものもあります。見た目だけに注目せず、花言葉にも意識を向けてみてください

花言葉で選ぶ!結婚記念日におすすめの花


花言葉は直接人の口で語らなくても、花を渡すだけで気持ちが伝えられる、便利でロマンチックなコミュニケーションツールです。普段は恥ずかしくて言えないような気持ちを、花言葉を借りて伝えてみませんか?

花言葉を基準にして選ぶなら、次のような花が結婚記念日におすすめ。

赤いバラ「愛情・情熱・熱烈な恋」

映画やドラマでも使われるように、真っ赤なバラの花は愛を伝えるのに最適です。花言葉は「愛情」「情熱」「熱烈な恋」。夫婦になった今でもまだ、恋人のように冷めやらぬ愛情を抱いているふたりにおすすめの花。

ちなみにバラの花は本数にも深い意味があって、1本なら「一目惚れ」で2本なら「二人だけのため」、11本で「最愛」、24本で「いつもあなたを想っています」という意味になります。特にロマンチックなのは50本の「ずっと変わらずにいて」、99本の「永遠の愛」。

カーネーション「純粋な愛情・情熱・あなたを熱愛する」

カーネーションには「純粋な愛情」「情熱」「あなたを熱愛しています」という花言葉が秘められています。カーネーションと言えば母の日の花のようなイメージがありますが、恋人や夫婦間で贈っても全然OKです。

ちなみにカーネーションの色で意味は少し変化します。赤なら「母への愛」、白は「純粋な愛」、ピンクが「美しいしぐさ」、紫が「気品」、青が「永遠の幸福。ただし黄色は「軽蔑」を意味してしまうので避けましょう。

ヒマワリ「憧れ・熱愛・愛慕」


元気で爽やかなヒマワリの花には、「憧れ」や「熱愛」、「愛慕」の意味が込められています。奥様への尊敬や敬愛、親しい間柄だからこその愛情を示すのにおすすめですね。ちなみに黄色だけではなく、色や大きさにも種類があるので注意。

黄色のヒマワリは「憧れ」「あなただけを見つめる」ですが、白のヒマワリは「程よい恋愛」、小輪のヒマワリは「高貴」「愛慕」の意味があります。避けたいのは「悲哀」を意味する紫のヒマワリと、「偽りの愛」を意味する大輪のヒマワリです。

チューリップ「愛の告白・まじめな愛」

華やかで可愛らしいチューリップの花には、「愛の告白」や「まじめな愛」といった誠実な意味が込められています。奥様と真剣に恋愛をしている旦那様が選ぶには、ぴったりのギフトになるのではないでしょうか

ちなみに赤色が「真実の愛」、ピンクが「誠実な愛」、紫が「不滅の愛」の花言葉を持ちます。ただし避けるべき色もあり、白は「失われた愛」を示すので注意してください。

結婚記念日におすすめの花のプレゼント7選


結婚記念日に贈るなら、具体的にどんな花のギフトが良いのでしょうか?実際に結婚記念日によく選ばれている、花のプレゼントを7つご紹介します。

fleurcocoオリジナル 深紅のバラの花束20本

真っ赤なバラを20本束にした、情熱的でロマンチックなブーケです。ピンク色の包装が可愛らしく、まさに夫から妻にプレゼントする結婚記念日のギフトとしては最適。大切な日に手渡しして、相手の喜ぶ顔が見られそうですね。届いてからもしばらくは花開きが続きます。

紫カーネーションが輝く花束

女性としての気品を意味する紫色のカーネーション。カスミソウと一緒にブーケにされた、華やかながらに派手すぎないフラワーギフトとなっています。ギフトラッピングやメッセージカードのサービスつき。花持ちが良く、しばらく満開の美しいムーンダストカーネーションを見ることができます。

フラワーギフト ヒマワリ10本の花束

記念日に真心を伝えるのに最適な、ヒマワリ10本の花束です。誰もが知る花だからこそ、日頃の感謝や愛情、気持ちが飾り気なく伝わります。小輪のヒマワリはとても品質が良く、手に持っても花瓶に飾っても馴染みます。結婚記念日はもちろん、大切な日を彩るプレゼントとなってくれるでしょう。

花由 チューリップの花束

見た目にも爽やかで鮮やかな黄色のチューリップ。チューリップの花自体には「思いやり」や「博愛」、「明るさ」といったポジティブな意味合いがあり、朗らかな奥様にはぴったりですね。メッセージカードや切り花活力剤もついているなど、サービスも万全

ソープフラワー Minbau 枯れない 花

ソープフラワーとは、石鹸で作られた造花のことです。見た目は本物そっくりに作られており、ふんわりと漂う香りは本当に生花そのもの。優雅な見た目をしていますが生花のようにお世話をする必要がないため、長期間のインテリアとして飾っていられます。黙っていれば造花とは気づかないほどの精巧さ。

ハーバリウム Cubic Glow シリーズ Pipi

プレゼントやハンドメイドで大人気のハーバリウム。瓶に浮かぶ花が、小さくも幻想的な世界を作り出しています。「花を贈る」というシチュエーションも叶い、上質なインテリアとして贈ることも可能。宝石のような輝きを持っていて、じっと眺めているだけでも女性の胸をわくわくさせます。

うさぎのうーちゃん ハートカーネーション

造花ではなく、生身の花を枯れない状態で長期間保っていられるブリザードフラワーは、お世話の手間が要らずインテリアとして飾っていられます。こちらはブリザードフラワーに、可愛らしいウサギのカップルの人形がついています。女の子ウサギはベールを被っており、まさに結婚記念日に最適

まとめ

結婚してから共に人生を歩んでくれたパートナーには、記念に何かを贈りたいものですよね。妻が喜んでくれるのは夫としても嬉しい限りでしょう。花は見る人の心を穏やかにし、優しい喜びで満たしてくれるギフトです。奥様とご自分の在り方を思い浮かべて、最高のプレゼントを選んでください。

- 1 / 1ページ -