合鍵をもらった彼女が気をつけること!彼氏が合鍵をくれる意味

彼女に合鍵を渡すという彼氏も多いですよね。ただ、受け取った方は最初、どうすれば良いのかわからないということもあるかもしれません。

ここでは、

についてまとめてみました。

男性が合鍵を渡す決意をする瞬間


男性が女性に合鍵を渡す決意をする時は、そもそもどういう時なのでしょうか。ここからはその瞬間について紹介します。実際に合鍵を渡すという行為は、勇気が必要なことです。そこをしっかり考えてみると、相手が考えていることもわかってくるかもしれません。

料理やそうじなど家事をしてくれた

彼女に合鍵を渡す決意をする時というのは、相手の家庭的な一面を見た時が多いです。掃除をしてくれた時や料理をしてくれた時など、家事をしてくれた時にはやっぱり合鍵を渡したいと思うことが多いでしょう。半同棲を望むこともあるかもしれません。

実際に彼氏にとって彼女は、将来のことも考えたい相手になることがあります。そんな時、彼氏は合鍵を渡して、自分の気持ちを確かなものにしようとすることがあります。家事ができる女性は、男性からそれほど信じてもらっているわけですね。

暗い部屋に帰るのがさみしくなった

暗い部屋に帰るのが寂しい時、合鍵を渡したくなることもあるでしょう。毎日毎日仕事をしていて、自宅に帰るのは夜になってしまうことも。「ただいま」と言っても、誰も返事をしてくれないというのは、とても寂しいものです。

そんな時、付き合っている彼女がいれば、合鍵を渡して「自宅で待ってて」という意思を伝えたくなることもあるかもしれません。彼氏が寂しがり屋という人は、合鍵を渡してもらうこともあるでしょう。

おうちデートが続き彼女がいることが自然になった


自宅でデートが続くと、彼女が部屋にいることも自然となります。そうなると、逆にいないと不自然に感じてしまうことがあるのです。そうなれば、合鍵を渡すという決意をするでしょう。同棲にも近い気持ちなのかもしれませんね。

合鍵を渡すというのはあまり重く考えていない人もいます。彼氏としてはいつでも来てもらって構わないという人もいるので、素直に受け取るのも良いでしょう。それは「いつでも入って良いからね」という信頼や信用の証でもあります。

結婚するなら彼女と決めた

結婚するなら今の彼女だと決めたら、彼氏も合鍵を渡すでしょうね。より一緒にいることが現実味を帯びてくると、それを形にして残しておきたくなるのです。それがたまたま合鍵であるということもあるかもしれませんね。

結婚すると決めた相手にしか合鍵は渡さないということも多いので、それが1つの指標になります。自分自身も結婚を意識する良い機会なので、そういう意味では相手の気持ちを確かめる良いチャンスにもなるでしょう。ぜひ、その機会を逃さないようにしてください。

彼女に合鍵を渡す理由


彼女に合鍵を渡す彼氏の心理はどうなっているのでしょうか。そこを紐解いてみると、相手が考えていることもちょっとわかるかもしれませんね。ここからは彼女に合鍵を渡す彼氏の理由について紹介するので、参考にしてみてください。

彼女を信頼している

合鍵を渡すということは、部屋に自由に出入りできるようにするということでもありますよね。それは、相当信じている時にしかできないことです。いくら恋人とは言っても、他人ではあります。そんな他人を部屋に入れても良いと思えた時、合鍵を渡す心理と言えます。

実際に相手を信頼していないとできないことですし、信用がなければ合鍵など渡すこともできません。彼女に合鍵を渡す彼氏はそこまで多くないので、受け取ることができれば、それはもう半同棲の宣言でもあると言えるかもしれませんね。

家事をしてほしいと思っている

家事をしてほしいと思っている時、彼氏は彼女に合鍵を渡すかもしれませんね。掃除や料理、洗濯など、家事が苦手な人も多いです。昔ながらの考え方を持つのは良くありませんが、やっぱり自分の好きな人に家事をやってもらえるというのは嬉しいですよね。

彼女に合鍵を渡す彼氏は、相手に家事を求めているのかもしれません。もちろん、亭主関白など旧態依然の考え方で合鍵を渡してきたのなら、その後の交際については一度考え直した方が良いかもしれません。

おうちデートが気に入っている


自宅デートをするのが心地良くて、ずっと自宅にいてもらいたいから合鍵を渡すということもあるかもしれません。デートで何度も自宅に呼ぶのが面倒だったりすると「もう合鍵を渡しちゃった方が早いか」と思ってしまうこともあるのです。

単純に自宅でデートするのが気に入っている時などには、やっぱり彼女に合鍵を渡すということも多くなりますね。彼女はあまり重く受け取らず、気軽に「これでいつでも行けるね」という気持ちでいるくらいがちょうど良いかもしれません。

結婚を考えている

結婚を考えているのなら、合鍵を渡すということも多いでしょう。実際に結婚を意識しない人に合鍵などは渡しません。むしろ相手のことを信頼していて、この先もずっと一緒にいたいという気持ちが強いからこそ合鍵を渡すのです。

信用してくれている証拠なので、結婚を考えるには良いタイミングとなります。もし結婚をあまり考えていないというのなら、そこで合鍵を受け取らないことで意思表示もできます。逆に受け取ったということはOKサインにもなるので、慎重な行動も必要ですね。

合鍵をもらったときに気をつけること


合鍵をもらった時、手放しに喜ぶことはできないかもしれません。事実、注意しておきたいことは多々あります。ここからは合鍵をもらった時に気をつけることを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。意外とこれが守れていない人もいますよ。

鍵をなくさないように

鍵を失くさないようにすることが、まず大切です。せっかく彼氏が信じて合鍵を渡してくれたのに、それを失くしてしまうというのは信用を失うことにもなります。信頼を無下にしないためにも、鍵はしっかりと管理するようにしてください。

以外と女性ならバッグやカバンに入れてそのままということも多いですし、うっかり落としてしまうということもあります。男性も同様のことが言えますが、それでも鍵の置き場所を決めておくか、もしくはキーケースなどでしっかり保管することが重要です。

彼の私物を物色しない

合鍵があると、いつでも彼氏の部屋に入ることができます。しかし、それは「私物も全部見て良いよ」ということではありません。相手に合鍵を渡しても、礼節などはしっかりと守ることが必要となるでしょう。

いくら彼女であっても、社会人としてのマナーなどは守ることが必要です。お互いにトラブルにならないよう、事前にルールなどを決めておくというのも良いかもしれませんね。私物を物色しないなど、社会人として当たり前のことは守りましょう。

入り浸りはけんかのもと


合鍵があるからと言って、ずっと入り浸ってしまうのは避けておくことが必要です。相手はもしかしたらそこまで重く考えていないこともあります。そのため、ずっと入り浸ると迷惑だと感じてしまうということもあるでしょう。

事実、入り浸りは喧嘩の原因になってしまいます。いくら合鍵があっても、部屋に行く時には連絡が必要ですし、定期的に通うくらいにして、相手に自由な時間を作ってあげることも重要です。合鍵があるから何をしても良いということではありません。

緊張感をなくさない

緊張感というのは、常に持っておくことが重要です。合鍵ももらってずっと一緒に過ごすようになると、どうしても油断することがあります。普段のだらしない自分などを見せてしまうと、相手に幻滅されてしまうこともあるかもしれません。

相手の家という緊張感を常に持っておくことで、そういうミスもなくなります。もちろん、相手に気を遣わなくなった方が良いとも言えるのですが、遣っている段階ではやはりちょっとした緊張感がないと冷めてしまうこともありますからね。

まとめ

彼女に合鍵を渡す彼氏は意外と多いですが、渡して失敗だったと思う人がいるのも事実です。お互いに合鍵を交換して成功だったと思えるよう、最低限のマナーやルールを守って使うようにしましょう。事前に決めるべきことは決めておく方が良いかもしれませんね。

- 1 / 1ページ -