女性の憧れの告白シチュエーション♡こんな告白なら思わずOKしちゃう!?

女性への告白には、どんな思い出がありますか?LINEやチャットで、会わなくても簡単にコミュニケーションを取れる時代になったからこそ、記憶に残る場所で素敵な告白をされたい!というのが多くの女性の理想です。その気持ちを分かっていれば、告白の成功率もきっと変わってくるでしょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

女性が憧れる理想の告白シチュエーション


女性は、実際にどんな場所での、どんな告白シーンに憧れているのでしょうか。そして、それにはどのような理由があるのでしょうか。多くの女性が理想を抱く、告白シチュエーションについてまとめました。

デートの別れ際

デートの別れ際の告白は、多くの女性の憧れのシチュエーションと言えます。まだ付き合うか付き合わないかはっきりしていない段階でのデートには、言葉の一つ一つに思わずときめいてしまうようなドキドキ感があります。二人で楽しいデートをした後の別れ際は、女性からの「また会いたい」という期待が一番高まっているタイミングなので、逃さないようにしましょう

ドライブデートの帰り道

ドライブデートの帰り道での告白も、女性が理想として挙げることの多いタイミングです。密室の中で行うドライブデートは、二人の距離感が縮まりやすく、逆に言えばあまり好きじゃない相手とは盛り上がらないものです。他の人の目を気にすることもないので、関係が一気に進展しやすいシチュエーションと言えますよね。別れが寂しくなる帰り際に切り出すのも、彼女の気持ちを高めるポイントです

綺麗な夜景を見ながら


綺麗な夜景を見ながらの告白は、ロマンティックな雰囲気が大好きな女性の永遠の憧れと言えます。その場所を選んでくれたというだけでも、男性の本気度を感じてもらいやすいので、好感触が期待できます。しかし、あまり混んでいる展望台などは、周りの目が気になってしまう場合もあるので、人気のあまりない場所を選ぶのも大切です

遊園地デート・観覧車の中で

遊園地デートでの告白も、心に残りやすいと人気のシチュエーションです。特に、夕暮れ時の観覧車の中での告白に憧れる人が多いようです。観覧車は密室空間のため、距離感が近く、高い場所で多少の揺れもあるため、女性がドキドキしやすい状況と言えます。そのドキドキ感を、恋愛によるためのものと相手に混同させる「吊り橋効果」も期待できるので、恋愛心理学的にも観覧車は特におすすめの場所です。

初めて遊んだ・出会った場所で

初めて遊んだ場所や、二人の出会いの場所での告白も、女性が喜ぶシチュエーションの一つです。女性は、初めて出会った場所や記念日などを、きちんと覚えていてくれる男性に心を許しやすい傾向があります。自分が特別にされていると感じ、出会いの日からのストーリーのヒロインになったような気分にさせてくれる相手には、特別な感情を抱きやすいのではないでしょうか。

日常生活の中で急に


日常生活の中で、サプライズ的に告白されたい、と夢見る女子もいます。自然体での付き合いを好む人に多い傾向ですが、いつものように遊んでいるときに不意に気持ちを打ち明けられると、逆にドキッとしてしまうという声も多くあります。告白のシチュエーションを不自然にお膳立てされることに違和感を抱いてしまう女性もいれば、逆に物足りなさを感じる人もいるので、彼女のタイプを見極めて臨みましょう

彼女の誕生日やイベントに合わせて

自分の誕生日や、クリスマスなどのイベントに合わせて告白されたい、という憧れは、ほとんどの女子が抱いているといっても過言ではないかも知れません。記念に残りやすく、特別な日に合わせてくれることで、相手が自分を想ってくれる気持ちを感じやすいからです。特に誕生日には、新しい一年のスタートという意味もあるので、新しい交際に向けて前向きになってもらえる可能性も高いと言えます。

おしゃれなレストランで

おしゃれなレストランでの告白も、女性受けのよいシチュエーションです。あまりそういった場所に慣れていない女性ならなおさら、今後の交際への期待を高めてくれるでしょう。男性側が主導権をとってエスコートすることで、今まで意識していなかった人でも、カッコよく見えてしまうこともあります。そのタイミングで告白すれば、好印象を得られるに違いありません。

できれば避けて!女性が嫌がる告白シチュエーション

男女で近いと感じる距離は異なる
女性の心を掴みやすい、おすすめの告白シチュエーションについてご紹介しましたが、逆に、女性が嫌がる状況も存在します。知らないで突き進むと、うまくいくものもうまくいかなくなってしまうかも知れませんね。女性が嫌がる告白のタイプについてまとめました。

友達など大勢の前で

共通の友達が多い関係だと、大勢が集まっている場所で、みんなに聞こえるように告白したがる男性もいますが、これはNGです。周囲に認めてもらいたいという気持ちから行うのでしょうが、女性によっては恥ずかしく思い、引かれてしまうこともあります。また、その場に流された告白だったり、返事を他人から迫られたりするのも、女性が嫌がる行為です。本気と受け取られない恐れもあるので、告白は二人きりの場所で行いましょう。

居酒屋などお酒が入った状態で

居酒屋などのムードのない場所で、お酒が入った状態での告白も、場合によっては嫌われる原因になります。女性は、相手が自分を大切に扱ってくれるかどうかを見ているため、告白の場として居酒屋やファミレスなどの庶民的なムードの場所を嫌がる傾向があります。お酒を飲んでいると、酔いにまかせた感じが伝わって、真剣な気持ちと思われない場合も多いので、大事な告白の日のお酒はほどほどにしましょう。

メールやメッセージなどで

下を向いてのスマホの使用を控える
メールやメッセージなどでの告白も、女性側から「軽い」と思われて失敗する原因になります。面と向かって言えない態度を、「男らしくない」と感じられたり、「他の人にも簡単に言うのでは」という印象を与えてしまったりします。本気の気持ちを伝えたいなら、必ず二人で実際に会って伝えることがとても大切です。

お手洗いの近く・またはお手洗い後すぐ

お手洗いの近くや、お手洗い後すぐの告白も、引いてしまう女性多いようです。やはり女性は、告白のタイミングも「自分の気持ちを重視してくれるかどうか」を考えるので、お手洗いの近くで告白する男性にはデリカシーのなさを感じてしまいます。女性が生理的に嫌がることを分かっていないと、もし告白がうまくいっても交際が続かないことが多いので、周りの環境には敏感でいるようにしましょう。

事前準備が物を言う!告白の成功率UPの鍵


告白を成功させるには、場所やシチュエーションの選び方だけでなく、彼女が嫌がるポイントを避けることも重要だと分かりました。事前に入念に準備をしておけば、失敗を防ぐことが可能です。告白の成功率を上げるための、事前準備の方法についてまとめました。

告白場所は静かで落ち着いたところを選んで

告白の場所には、静かで落ち着いた環境を選びましょう。周りの騒音や周囲の目が気にならず、二人の会話に集中できる場所がベストです。男性からの、きちんと話を聞いてほしいという思いが伝わるので、相手の心に響きやすいというメリットがあります。できれば近い距離でゆっくり話せるように、並んで座れるようなところが良いでしょう。

告白当日の服装は清潔感のあるものを

告白当日の準備として、服装の選び方について悩む方も多いでしょう。告白の当日は、清潔感のある服装を選んでください。距離が近づいても相手に不快な思いをさせないように、入念にチェックを行ってください。いつもだらしない服装の彼が、自分のためにきちんと準備してくれたことが伝わると、女性からの見る目は確実に変わります

告白の台詞はしっかり考えておく


告白の台詞はしっかり考えて準備しておきましょう。そのためには、相手がどういうタイプかよく分析することも重要です。好きな映画や、普段の話の内容などから、彼女の内面をよく知り、どんな言葉なら心に響くか考えてみましょう。女性は、見た目よりも自分の中身を理解してくれる男性を求めていることが多いので、告白のセリフの中で彼女の内面性に触れることはとても重要です

切り出し方も考えておくと安心

告白の台詞を準備するのも大切ですが、切り出し方まで考えておくと安心です。どのタイミングでどのように切り出すか、アイディアが全くないと、その場に流されて言えないまま終わってしまうという失敗をよく耳にします。事前にデートの流れを予想して、具体的にどんな状況で話し出すか考えておけば、不自然に間が空いて相手にストレスを与えることなく、スムーズに告白できるでしょう

告白した後のフォローは忘れずに!

告白したら、一方的に相手からの返事を待つのではなく、こちらからフォローすることも忘れずに行いましょう。すぐに答えを求めるのではなく、相手の戸惑いや、心境を気遣う優しさを見せると、彼女からの信頼度がアップします。その場ではOKをもらえなくても、告白をきっかけにその人の良さに気づいて、関係が変化していく場合もあります。告白がゴールではなく、スタートと捉えることが大切です。

まとめ

告白を成功するには、女性がどんなシチュエーションに憧れを抱いているかリサーチし、相手が喜ぶ状況を作ってあげることが大切です。告白は、自分がどれだけ相手のことを大切に思っているかを伝える機会であり、実際に付き合うことになったらどんな楽しい未来が待っているか、プレゼンする場でもあります。ただ言葉の内容だけを大事に思わず、色々な面から自分の良さをアピールできるような、唯一無二の告白にトライしてみてください。

- 1 / 1ページ -