撃たれる夢を見た!シチュエーションでわかる夢占いの意味

実生活で「銃で撃たれる」という経験はありませんが、夢の中なら撃たれたことがある…なんて人は多いのではないでしょうか?夢占いにおいて銃で撃たれる夢は、悪い暗示ばかりでなく良い兆候を示してくれることも多いのです。

ここでは、

についてご紹介します。

夢の中で撃たれる意味とは


本来は銃で撃たれたら命の危機に及んでしまうため、とても恐ろしいことですよね。しかし、夢の中で銃で撃たれるというのは少し違った意味や印象を持つようになります。ここからは「銃で撃たれる」夢を見たときの基本的な意味について解説していきましょう。

不安を暗示

銃で撃たれる夢というのは、基本的にその人が抱えている不安について暗示していることが多いです。「銃」は夢において不安を表す象徴とされており、それが出てくるということは実生活においてなにかもやもやしていたり不安に感じることがあるという意味になります。この夢を見た人は、今の自分に不安に思っている要素がないか考えてみてください。

攻撃的なことを表す

銃は相手を傷つけたり致命傷を負わせるなど、非常に殺傷能力の高い武器です。そのため、この銃が出てくるということは現在の性格が攻撃になっていることを示しています。何かモノを壊したい衝動があったり相手を責め立てるような言動をとってしまうなど、何かしらが原因で人やモノに攻撃的になってしまう傾向にあるようです。

男性を象徴


銃に撃たれる夢は、男性的魅力がある象徴を表すこともあります。銃には「不安」「攻撃性」のほかに「男性らしさ・男性器」を意味しています。そのため、銃が出てきたりそれらの武器を上手に扱いこなせている夢であれば、それはあなたが男性としての魅力を十分に備えているということ。異性を虜にできるほどのフェロモンが出ているということなのです。

撃たれたときの状態で分かる夢占い


通常であれば、銃で撃たれたら出血したり非常に強い痛みを伴うことになります。しかし、夢の中では違うこともありますよね。撃たれた際の状況が違えば、夢の内容も変わってきます。それでは、撃たれたときの状態別の夢の意味について見ていきましょう。

撃たれて血が出る:悪いことから抜け出せる暗示

夢の中とはいえ、銃で撃たれて血がたくさん出てきたら死んでしまうかもしれないと思い怖くなってしまいますよね。しかし、出血しているということは逆に悪いことから抜け出せるという良い暗示を意味しています。血は今抱えている問題や課題を意味し、それらが身体の外に出るということは問題や課題が解決されて良い方向に向くことを意味するのです。

撃たれて血が出ない:危険が近づいている暗示

撃たれても全く血が出なかったときは要注意!それはあなたの身に危険が近づいている暗示なのです。撃たれても血が出ないのは、危険やトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高い証拠。また、これは精神的に追い詰められている人がよく見る夢でもあります。日々の行動に注意しながら過ごすのが良いでしょう。

撃たれて痛い:疲れが出ている


夢の中でも現実同様に銃で撃たれて「痛い」と感じるようであれば、それは疲れている証拠です。仕事や抱えている悩みが多すぎて、肉体的にも精神的にも披露している可能性があります。この夢を見た場合は、一度頭の中を整理して心と身体をリフレッシュさせる必要があるでしょう。疲労を感じたらすぐに休養するようにしてくださいね!

撃たれて痛くない:トラブルに巻き込まれる

血が出ないとき同様に、撃たれても痛みを感じない場合もあります。ラッキーなことのように思いますが、実はトラブルに巻き込まれるという暗示なのです。実生活において人間関係や仕事など、様々なシチュエーションにおいてトラブルに巻き込まれる可能性があるので、周囲の状況などにしっかり気を配って行動した方が良いでしょう。

誰が撃たれるかで分かる夢占い


ここまではあなた自身が銃で撃たれたときの話についてメインにしてきましたが、あなた以外の「誰か」が撃たれるとまた違った夢占いの結果が出てくるのです。それでは、撃たれた人別の夢占いについても見ていきましょう。

自分が撃たれて死ぬ夢:生まれ変わるチャンスがある

実際にこんなことがあってほしくないですが、自分が銃で撃たれて死ぬ夢というのは夢占いにおいては吉夢なのです!撃たれて死んだ場合、それはやりなおしができて生まれ変わることができるという証。失敗続きで身も心もボロボロになっていても、再起できるチャンスが到来する兆しを意味しています。新しいことをはじめるのにもぴったりなタイミングですよ!

自分が撃たれても死なない:周りに認められる

自分が撃たれても死なない夢をみたあなたは、周囲に自分の努力や才能が認められるという証です。長い間目標に向かって頑張っていたことがあるなら、努力が実って周囲から認められ賛辞を受けることになるでしょう。昇給や昇進のタイミングもこのあたりの時期になるかもしれません。苦しい時期を乗り越えてようやく周りに認められるのは嬉しいですね!

両親が撃たれる:良いことが起きる暗示


両親が撃たれる夢は悪いことが起こる前兆…というわけではなく、むしろ良いことが起こす暗示なのです。両親が死ぬ夢はあまり見ないかもしれませんが、そんなレアな夢を見たあなたのもとにはかつてないほどの幸運がやってくるかもしれません!夢を気にしすぎず今まで通り過ごしていたら、きっと何か良いことに巡り合えるでしょう。

誰に撃たれたかで分かる夢占い


自分が夢の中で誰に撃たれたかについて覚えていますか?自分を撃った相手によっても、その夢の意味がポジティブにもネガティブにもなりえるのです。そこで、ここからは誰に撃たれたかで変わる夢の意味についてご紹介していきます。

家族に撃たれた:運気アップ

両親や兄弟など、血のつながった家族の誰かに撃たれた夢を見た場合、それは運気が上がる前兆なのです。家族に撃たれた夢を見たからといって不吉だと思わず、むしろポジティブな気持ちになることでより運気を呼び寄せやすい体質になることができます。夢に出てきた家族と会ってじっくり話をしてみれば、運気が上がるきっかけになるかも?

異性に撃たれた:恋愛運上昇

異性に撃たれるという夢は、なんと恋愛運がぐんと上昇することを意味しているのです!それが片思いの相手であった場合、アプローチをすればその人と結ばれる可能性もあります。「恋がしたい、恋人が欲しい」という人は交友関係を広げるために合コンに参加するなど、積極的に行動していけば成就しやすくなるでしょう。

自分で撃った:後悔や懺悔の気持ちがある


自分で自分を撃った、つまり自殺をしようとした場合はあなたのなかに懺悔や後悔の気持ちがあるのかもしれません。誰か特定の相手に対して後ろめたい気持ちがあったり、謝りたいという想いが心の中にあることが多いです。やらずに後悔したことはないか、今申し訳ないと思う相手はいないか、自分と向き合って考えてみましょう。

どこを撃たれるかで分かる夢占い


「誰に撃たれるか」で夢の意味が変わるように、「どこを撃たれたか」によっても夢占いの意味は大きく変わっていきます。頭や胸、足などどこを撃たれたかを思い出しながら、次にご紹介する夢の意味について考えてみてくださいね!

頭:思考が働かない・休息が必要

銃で頭部を撃たれた夢は、疲れが溜まりすぎていて思考が働かない状態を意味しています。頭を撃たれたら何もできなくなるように、ストレスや疲労のせいで脳が正常に動作していない状態と言えます。そのため、この夢を見た場合はすぐに休息をとる必要があるでしょう。身も心もリラックスできるような休息時間をたっぷりとるようにしましょう。

胸:精神的に傷ついていそう

銃によって胸を撃たれる、つまり胸が傷つけられるというのは精神的な苦痛があることを暗示しています。夢の中では精神的な傷みを胸の痛みとして表しているのです。身近で辛いことがあって、今もなお立ち直れない状況にあるのかもしれません。その場合はいったん立ち止まって、冷静になって落ち着く時間をつくるようにしてくださいね。

足:肉体的な不安がありそう


足を撃たれた夢は、身体のどこかに不安があるという気持ちの表れです。放っておくと病気につながるケガがあるなど、健康状態が気になっている状態と言えます。自分で思い当たる節があるはずなので、身体のどこかで健康状態が気になる箇所がある場合は速やかに病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

銃で撃たれる夢は一見悪いことが起こる前兆のように思えますが、実際は悪い意味だけでなく良い暗示である例もたくさんあります。誰に撃たれたか、どこを撃たれたかによっても意味合いが変わってくるので、自分の夢を冷静に分析して正しく夢の内容を判断できるようになりましょう!