彼女を依存させる6つの方法!これで彼女が離れられなくなる

彼女を依存させることができれば、恋愛も上手くいくことが多いです。もちろん、依存させるだけさせるというのはあまり良くないですが、それでもデメリットよりもメリットの方が多いです。

ここでは、

についてまとめてみました。

彼女を依存させるメリット


彼女を依存させることには、多くのメリットがあります。デメリットよりも圧倒的に多いので、ぜひ相手をメロメロにさせてみてはいかがでしょうか。ここからはまずは彼女を依存させることに何の意味があるのかについて紹介します。

浮気をされない

彼女が自分に依存してくれると、浮気をされる心配も少なくなります。正直、浮気されるかどうかは人によって違うのですが、やはり浮気は相手にあまり依存していない人ほどしやすいという傾向があるのがわかっていますよね。

つまり浮気をされないためには、相手を自分に依存させてしまえば良いのです。依存と言えば聞こえは良くありませんが、要は自分しか見られないようにすれば良いのです。それこそが、彼女と長く上手くやっていくコツなのかもしれません。

しっかりと愛してくれる

彼女を依存させることに成功すれば、しっかりと愛してくれます。要はメロメロにすれば良いので、自分の思い通りにすることもできます。何か悪いことに使うのは良くありませんが、良いことに使うのなら、依存させるのも1つの手ということです。

自分だけを一途に愛してくれるようになるので、より良い関係を築いていくことができるのも魅力ですね。当然、浮気することはありませんし、何より自分のことを第一に考えてくれるようになるので、魅力位は大きいと言えるでしょうね。

こちらの愛情をすべて受け止めてもらえる


こちらの愛情もすべて受け止めてくれます。たまに愛が重いと言われることもあるのではないでしょうか。そんな愛が重ければ重いほど、相手もそれに応えてくれるということはありません。ただ、相手が依存してくれていたら話は別です。

こちらの大きすぎる重たい愛でも、きっと受け止めてくれるでしょう。恋愛感情は一種の盲目状態となるので、そこを上手に使うことによって、より相手をコントロールすることもできます。上手に感情をコントロールすることができれば、恋愛も上手くいくでしょうね。

自分の重要性を感じることができる

自分の重要性を感じることができるのも魅力です。相手が依存してくれたら、相手のために何かをしなくてはならなくなりますよね。仕事をするのはもちろん、プライベートでも一緒にいることが多くなります。この自分自身の重要性を高めることができるのも魅力です。

人から必要とされることで、人は自分の存在意義を見つけます。これはアドラー心理学でも言われているように、共同体感覚を得ることができるためです。相手が必要としてくれる、それも自分が愛している人が依存してくれるのは心地良いものです。

彼女を依存させる6の方法


彼女を依存させるためには、どうすれば良いのでしょうか。正直、この方法に関しては人によって色々と違ってくるため、まずは様々な方法を試してみることが重要です。ここからはまず6つほど方法を紹介するので、参考にしてみてください。

指輪やネックレスなど身に着けるものをプレゼントする

指輪やネックレスなど、普段から身につけることができるものをプレゼントすると良いです。そうすることで常に自分の存在を相手が認識してくれて、1日たりとも忘れるということはないでしょう。アイテムがあると依存度も高くなります。

特に指輪やネックレスなどは価値の高いものを渡しておくと良いかもしれません。いわば世界の伝統となっている婚約指輪や結婚指輪などは、依存させるためのシンプルなアイテムと言えるでしょうね。これがあることで意識させることが重要です。

しっかりと尽くす


自分が尽くしもしないのに、相手に尽くしてもらおうと思っている人もいますよね。それは相手の気持ちが離れていくことに繋がります。亭主関白で老後になってから捨てられるという人もいますが、それが典型だと言えるでしょう。

相手に依存してもらいたいなら、相手に尽くすことが重要なのです。むしろ亭主関白は相手に依存しているだけ依存して、自分のことしか考えていない古いライフスタイルと言えます。好かれたいのなら、まずは自分から好くようにしましょう

セックスの頻度を増やす

女性の中には、セックスを求められることでアイデンティティを感じる人もいます。セックスが嫌いな人には有効な方法とは言えませんが、セックスが好きな人にとってはとても有効な方法なのが、頻度を増やすということですね。

セックスレスは身体だけではなく心も離れてしまうものなので、定期的にしっかりとセックスをして、相手の身体も心も繋ぎとめておくことが重要です。相手も求められることで共同体感覚を得るので、自己肯定感も強くなり、より依存してくれるようになります。

彼女が気持ちよく喋られるように聞き上手になる

彼女が気持ち良く喋られるように、聞き上手になることも重要です。「この人なら私の話をずっと聞いてくれる」と思うようになれば、それはもう依存の始まりですね。以外と聞き上手になるのは難しいですが、リアクションなども交えてやってあげると喜びますよ。

自分の話も適度に織り交ぜて、ぜひ相手との会話が盛り上がるようにしていきましょう。正直、女性はずっと話を聞いてくれる人のことを信頼します。つまらない話だとしても、ずっと聞いてあげるくらいの器量があれば、きっと信用を得て依存してもらえるでしょうね。

彼女にお願いごとをする


彼女を依存させるには、彼女に役割を持たせることが重要です。何度も出てきていますが、共同体感覚は自分に役割があることで、より強く実感するようになります。「ここにいて良いんだ」という気持ちが、「ここにいてあげよう」という気持ちに変化するのです。

彼女にお願いをしておくと、それが彼女の存在意義になります。結果、役割を与えられた女性は、男性に依存していくのです。よく「お前がいないとダメだ」と言われて喜ぶ女性がいますよね。これはまさにこの共同体感覚が強くなっている証拠です。

ことあるごとに褒める

褒められて嬉しくない女性はおそらく存在しません。いや、それは大袈裟かもしれませんが、とにかく褒めることで相手の女性は自己肯定感を強くしていきます。その自己肯定感にはサポートが必要で、そのサポーターになることで、より相手を依存させることができるのです。

自分を褒めてくれる人、つまり気持ち良くしてくれる人がいるだけで、女性は依存するようになります。もちろん、それは男性も同様です。だからこそ、相手の良いところも悪いところもどんどん褒めてあげると良いでしょうね。

彼女を依存させる注意点


彼女を依存させる時には、注意点もあります。その注意点を理解しておかないと大変なことになるので、こちらも確認しておきましょう。ここからは彼女を依存させる時の注意点を解説するので、まずは目を通しておいてくださいね。

別れるときに簡単に別れられない

一度依存させてしまうと、別れたいと思ってもなかなか別れることができません。最悪の場合はストーカーになって、自宅などに押しかけてくることもあるでしょう。そこはやはり上手に依存させていくことが必要となりますね。

正直、簡単には別れられなくなるので、話はどんどん進んで「同棲したいね」と言われたり、「結婚しようね」と言われたりすることが多くなります。そういう言葉に耐えられるのなら良いですが、あまり真剣に考えている関係ではない時、注意が必要となるでしょう。

女友達や会社の同僚に危害を及ぼす可能性がある


あまりにも依存すると、通称ヤンデレというものになってしまいます。ヤンデレは狂気的に相手を愛する傾向があるため、例えば自分が女友達や女同僚と会ったりしていると、猛烈に拒否してくることがあります。最悪の場合は危害を加えるということもあるかもしれません。

そこはしっかりと対応していくことが必要となるのではないでしょうか。もちろん、そんな狂気的な愛を持つということは少ないですが、「飲み会には行かないで」「連絡先をすべて消して」と言われたりすることもあるので、そこは注意したいですね。

まとめ

彼女を依存させることにはメリットもありますが、デメリットもあるかもしれません。相手に依存してもらうというのは気持ち良いですが、共依存になってしまうこともあるので注意しましょう。適度な距離を保って、ぜひ良好な関係を作っていきましょう。