彼女が生理痛!してはいけない対応と惚れさせる神対応

彼女が生理痛だと、やっぱり彼氏は気を遣いますよね。デリケートなことなので直接聞くこともできないし、どうすれば良いのかわからずに右往左往している人も多いです。

ここでは,

についてまとめてみました。

生理中の彼女の状態


生理中の彼女は、精神状態も肉体状態も通常とは違ってきます。そのため、彼氏がしっかりと察知してあげることが必要です。もちろん「生理なの?」というようなデリカシーのない発言は控えましょう。まず、ここからは生理中の彼女の状態について紹介します。

お腹が痛くて死にそう

生理が来ると、女性によっては大きな腹痛を伴うことがあります。これは女性の体質によっても違っていて、お腹が痛くならない人もいます。ただ、ほとんどの女性は鉛がお腹の中にあるような重みを感じ、ズーンとした痛みが長時間続くことが多いです。

このお腹の痛みに関しては、男性だと耐えられないほどだと言われています。もちろん男性が代わりになってあげることはできないので、気持ちだけでも理解してあげましょう。中には「お腹が痛くて痛くて死にそう」という人もいるくらいです。

理由もなくイライラする

生理中はホルモンバランスが崩れてしまうので、それだけでも理由なくイライラしてしまうことがあります。相手が別に悪いわけではないのですが、なぜかイライラして八つ当たりしてしまうこともあるのです。ただ、それは仕方のないことなのです。

女性の身体や心はホルモンバランスの影響を強く受けるため、生理中などは特に感情の起伏が激しくなることがあります。普段の何気ないことにもイライラしてしまうことがあるので、その状態が生理中には続くと理解してあげましょう。

食欲が止まらない


女性の中には食欲が止まらないという人もいます。生理中はより多くの血液を作り出すことが必要となるため、自然と食べ物を欲するようになるのです。もちろん、中には逆に食欲が低下するという人もいますが、多くの女性は食欲が増加します。

男性にはあまり実感できないことかもしれませんが、身体が食べ物を欲しているのがわかるという人もいるのです。この状態になるとついつい食べすぎてしまうこともあるので、そこは男性も理解してあげることが必要でしょうね。

眠くて仕方がない

生理中は普段よりも体力を使うため、眠くて仕方なくなるという人もいます。ホルモンバランスが崩れて、普段通りの睡眠が確保できなくなるということもあり、日中などに夜中とは関係ない時間に眠くなることもあるのです。

人によっては昼寝しないと耐えられないほどの眠気が襲ってきて、仕事にならないということもあるくらいですね。実際に眠気が襲ってくるのには波があり、その波が一番高いところで寝落ちしてしまう人もいます。生理中は睡魔との戦いでもあるのです。

腰が痛い

腰に鈍痛を感じることもあるのが、生理中の特徴ですね。お腹に鉛があるような痛みを感じることもありますが、腰痛が酷くなるという人も結構多いです。持病で腰痛を持っている人は、よりその痛みが大きくなる人もいますよ。

また、女性は男性よりも筋肉が少ないため、腰を支える筋肉があまり機能していないこともあります。そうなると腰を筋肉ではなく骨で支えようとして、より骨に負担も大きくなるでしょう。生理中は痛みで姿勢が悪くなることもあるので、そこは十分に注意しておきたいですね。

彼女が生理痛のときのNGな対応


彼女が生理痛の時には、NGな対応をしてしまう彼氏も少なくありません。デリケートなところなので、くれぐれもデリカシーのない行動は慎むようにしてください。ここからは彼女が生理痛の時にやってはいけないNG対応について紹介します。

つらそうにしている彼女にイライラする

辛そうにしている彼女に対してイライラするなんて、なんて器の小さい彼氏でしょうか。実際、生理中の時には思うように行動できないことが多いです。そのため、歩くスピードが遅くなったり、発言にも抑揚がなくなったりします。

そんな時「なんでそんな状態なの?」とイライラしてしまう人も、実は少なからずいるのです。そういう男性は女性から見ても幻滅対象ですよね。そこはやはり紳士のように対応するべきなのではないでしょうか。

病気じゃないんだからと家事をさせる


生理と病気を別で考えている人もいます。腹痛や精神不安定など、正直生理の時には病気にも似た症状が出ることも多いです。それにも関わらず、病気じゃないと家事をさせようとしたりするのはNG中のNGだと言えるでしょう。

そんな時こそ「俺がやるよ」と言えるくらいの彼氏じゃないと、幻滅されてしまうでしょうね。日本では亭主関白が根付いていて、未だに女性に家事をさせる人も多いです。生理の時くらいは、男性が家事を手伝っても良いのではないでしょうか。

セックスができないことを責める

生理中はなかなかセックスもできません。できなくはないですが、女性にとってはやっぱり嫌ですし、男性だって本意ではないでしょう。そんな生理中にも関わらず、セックスができないことを責めてしまう器の小さい人もいます。

生理なんてたかが1週間前後で終わるのに、それすら我慢できないというのは本当に器がおちょこくらいしかないと言えるでしょうね。そういうデリカシーのない人は嫌われて当然ですし、もし夫婦であれば十分な離婚原因のモラハラになります。

彼女を惚れ直させる生理の時の神対応


彼女を惚れ直させるためには、神対応をすることが重要です。生理中に神対応できれば、きっと彼女も惚れ直してくれるでしょう。そこで、ここからはぜひ生理の時だからこそやってあげたい対応について紹介します。神対応で株を上げましょう。

イライラしていても許す

神対応とまでは言いませんが、イライラしても許してあげるくらいの器量は必要ですよね。生理の時には女性もイライラしていることが多いので、男性もイライラしてしまうことがあります。ただ、そこで笑顔で対応できれば神対応ですよね。

「生理のことはわからないけれど、俺が支えるから」とイライラを抑えて許してあげることができば、きっと惚れ直してくれます。そんなことで惚れ直すということはなくとも、少なくともお互いにイライラすることも減って良好な関係になれるでしょうね。

イベントのキャンセルも当然の事と受け止める

イベントのキャンセルなどもあるのが生理です。温泉旅行に行こうと思っていても、やっぱり生理が重なると楽しめませんよね。海外旅行など前もって決めていた予定でも、生理があまりにも辛いなら、当然のこととして受け止めることが重要です。

生理は男性が思っている以上に、女性の負担になっているものです。本人も本当はイベントを楽しみにしているので、がっかりしているのは同じです。そこで彼氏が「なんでイベントをキャンセルしなきゃいけないんだよ」と言えば、お互いの関係にひびが入るでしょうね。

生理について勉強する


現代社会では、生理について無知な男性が多すぎます。冗談で「お前生理だろぉ」というような中学生や高校生ならまだしも、社会人でそんな発言をするのは、絶対に避けておきたいです。勉強をして理解を深めることが、神対応に繋がります。

意外と多くの女性は、何も生理中に何かをしてもらいたいとは思っていません。ただ、理解してもらいたいとは思っていることが多いです。「生理のことを理解してくれたら、どんなに楽になるか」と嘆いている女性もいるので、男性は勉強してみてください。

お腹や背中をさする

お腹や背中を優しくさすってあげるのも良いです。この時、生理の知識があれば、より相手の不快感が消えるように癒してあげることもできます。特に生理中は体温の変化も敏感になるので、優しく抱きしめてあげるのも良いかもしれません。

言葉で色々と言うよりは、黙って寄り添ってさすってあげた方が良いです。「ねぇ、生理って辛いの?」「痛みってどれくらいなの?」「そもそもどれくらいで終わるの?」などなど、調べたら大体わかることなどは質問しないようにしましょう。

お腹に優しい温かいご飯を用意する

お腹に優しい温かいご飯を用意するのも良いです。生理中は食欲が増えるという人もいるのですが、逆に食欲が減るという人もいます。そのため、当たり障りのない優しいご飯を作ってあげるようにしましょう。

生理中の時はあまり歩きたくないということも多いので、自宅で手料理などを作ってあげるというのも良いですね。特におかゆやお茶漬けなどもおすすめですし、スープなどを作ってあげるのも良いでしょう。温かくて野菜も食べられるポトフなどもおすすめです。

デートは負担が少ないものを選ぶ


デートをする時には、あまり負担が少ないものを選ぶようにしましょう。生理は長くても1週間前後で終わることが多いので、その期間は「自宅デートにしようか」と提案してあげると良いでしょうね。

自宅デートであれば移動の負担はありません。そもそも生理の時は、外部環境の刺激に弱いです。不快な光や匂い、音などがあると体調を崩してしまうこともあります。できるだけ外部環境の影響を受けないようなデートプランがおすすめです。

デートはマメにトイレ休憩を入れる

デートはこまめにトイレ休憩をするようにしてください。ずっと歩いていると、トイレがしたくなった時に大変な思いをします。それに、デート中にナプキンなどを交換しなくてはならないという女性もいるので、そこはこまめにトイレ休憩があると良いです。

逆にトイレに行くことが厳しいようなデートコースは避けておくことが必要です。どうしても外出しなくてはならないということもないので、できる限りは自宅デートにするなど、気を遣ってあげることが必要となるでしょうね。

彼女の代わりに家事を頑張る

彼女の代わりに家事をするのも、惚れ直させることに繋がっていきます。「今日は座っていて」と言って男性が慣れない家事をしている姿というのは、女性にとっても惚れ直すには十分の要素だと言えるでしょうね。

もちろん、普段から家事をしているという人も、やってあげることで相手が見直してくれると思いますよ。料理はもちろん、洗濯や掃除など力仕事をやってあげると良いですね。ぜひ相手の負担を少しでも軽減させてあげましょう。

大丈夫?と気遣う


あまり「大丈夫?」と聞くと逆にウザがられてしまうことが多いですが、それでも黙っていられるよりは「大丈夫?」と聞いてみるのも良いです。気遣いをしているということ自体が、相手に見直してもらうきっかけになることもあります。

ただ、大丈夫じゃないからこそ辛い思いをしているということもあるので、そこは「何かできることはある?」というような気の利いた言葉の方が良いかもしれません。

まとめ

彼女が生理痛に悩まされている時、彼氏がどう行動するかによってその後の評価も大きく変わってきます。ぜひNG対応ではなく神対応で接するようにしましょう。相手に惚れ直してもらうチャンスでもあるので、しっかり気遣いのできる人になりましょう。