よりを戻したいときにすべきことは?パターン別復縁アプローチ法

フラれたけどまだ忘れられない、フッてしまってたけど失ってから恋人の重さに気づく・・そういったことは珍しいことではないでしょう。やっぱりまだ好きであることを確認したなら、復縁を考えるのもアリです。

ここでは、

についてまとめてみました。

よりを戻したいときにすべきこと3選


よりを戻したい、そういった自分の気持ちだけで突っ走ることがあってはなりません。よりを戻したいと思ったときにどういったことをすればよいか、すべきことについて3つまとめてみました。

冷却期間を置く

彼氏と復縁をしたいと思うなら、まずは執着心をなくすことです。焦って復縁してもまた同じような結果になってしまうからです。別れてすぐにLINEをしても返信があるのは、よりを戻したいからではなく元カノへの同情からかもしれません。

そのため、冷静になって感情を整理するための冷却期間が必要になります。別れてしまったっ事実を受け止め感情を整理するためにたいてい3か月から半年程度の冷却期間が必要です。別れた彼に連絡をするのは、ぐっと我慢しましょう。

別れの原因を冷静に受け止める


どういった経緯にしろ、よりを戻したいと考えるのは別れてしまったという事実があります。その別れてしまった事実には理由があり、そういった理由を明らかにして改善しないことにはもし復縁したとしても同じことの繰り返しです。そうすると次は永遠の別れになるでしょう。別れの原因を冷静に受け止めるためにも冷却期間は必要です。

自分磨きで自分を変える

一度別れた恋人に「よりを戻してほしい」と思われるには、魅力的な自分になることが大切です。トレーニングやヨガで外見から美しさを手に入れるのもよいですが、内面を魅力的にするのもよいでしょう。前向きな気持ち、一緒にいて楽しいと思ってもらえるような女性になりましょう

自分からふった相手とよりを戻すためのアプローチ


自分から振ってしまった相手とよりを戻したいと思うのは、ともすれば自分勝手な行為です。しかし、そういった気持ちに蓋をするのも良くありません。自分から振った相手とよりを戻すのにはどうしたらよいか考えてみましょう。

自分から連絡を取る

自分から振った場合は、元カレのほうが連絡を遠慮していることが多いでしょう。そのため、復縁をしたいという連絡は、自分から取るようにします。自分から振った相手とよりを戻すには素直な気持ちが大切です。メールやらLINEで素直に「別れてしまったことを後悔しています。会っていただけませんか」と丁寧に気持ちを伝えましょう。

誠実に謝罪する


自分から振っておいてそれからよりを戻したいとお願いするのは、プライドの高い男性の気持ちを考えると複雑なものです。そのため、もし会えたら誠実に謝罪しましょう。近況伺いから入るのではなく、素直にストレートに謝るのが重要です。

告白は自分から!素直に気持ちを伝えよう

そして、よりを戻したいというからには、自分からアプローチしましょう。素直に気持ちを伝えることで、相手も納得してくれる確率が高いからです。なんとなく、ではなく別れてから感じた気持ちの変化などを時系列で伝えて、「これなら復縁しても大丈夫」と彼氏に思ってもらえるようにします。

ふられた相手とよりを戻すためのアプローチ


一度は恋人関係を拒絶された相手なので、ふられた相手とよりを戻すのはとても難しいことです。とはいえ、本気でよりを戻したいと思うのであれば、ネガティブ思考はやめ、ポジティブに復縁を考えましょう。

連絡は「最近どう?」と近況をきく

復縁を考えるのであれば、まずは冷却期間を置くことが必要です。それでも気持ちが変わらなければ、「最近どう?」と近況を聞くことから始めます。頻度は少なくして、共通の話題を中心に数週間に1度くらいにしましょう。感情に任せてLINEをしたり全部消去したりするのはやめておきましょう。それで新しい彼女ができたなら、潔く手を引くべきです。

前とは違う自分を演出する


よりを戻したいと思うなら、前とは違う自分を演出します。相手が理想とする女性像や彼女に求めることを思い出して、そうなれるように努力します。それだけでなく、料理や新しい趣味を始める、ポジティブシンキングを身につける、シェイプアップをするなど前とは違う魅力的な自分になれるように自己磨きをしましょう。

さりげなく食事に誘ってみる

彼氏からのLINEが返ってきて感触も悪くないのであれば、実際に二人で会う機会を作りましょう。まずは、さりげなく食事に誘ってみることです。食事が実現したら、メイクや服装は彼の好みのものにして、明るく振舞い楽しい時間を作りましょう。

そこでは、いきなりデートをするのではなくあくまで短時間の食事で切り上げます。そして、「楽しかったな」とか「彼女を取られたくない」と思ってもらえれば復縁成功率も上がります。

自然消滅した相手とよりを戻すためのアプローチ


振ったりフラれたりということがなくなんとなく会わなくなってしまった、それがいわゆる自然消滅のカップルです。自然消滅した相手とよりを戻すためにどうしたらよいのか知っておきましょう。

まずは状況確認から!連絡を取ってみよう

自然消滅の場合、本当に恋人関係が消滅したかどうかはわかりません。だから、彼の気持ちをはっきりと聞いて状況確認をすることが大切でこの場合には冷却期間は必要ありません。

さりげなく近況を聞くLINEをしてみて、返信してくれれば復縁の可能性もあります。全く返信がないのならあきらめたほうがよいです。

イベントなどを利用して二人で会う機会を作ろう


自分から連絡して反応があったのであれば、まずは二人で会う機会を作ることが大切です。見たい映画がある、見たい個展がある、行きたいスポットがある、など目的と日時を明確にして誘いましょう。いつか、やいずれではまた自然消滅することがあるからです。

相手の誕生日や記念日、クリスマスやバレンタインデーなどを利用して会ってみるのも良いです。彼氏が興味ありそうなイベントやスポットに誘い出しましょう。

脈ありだと感じたら自分から告白も

一緒にいて心地よい時間を過ごせる、そして脈ありだと感じたら自分から告白するのもアリです。そもそも自然消滅になるというのは、はっきりと気持ちを伝えるのが苦手な男性に多いので、ここは自分からリードするように思いを伝えるとよいでしょう。

よりを戻したいときにやってはいけないこと3選


付き合っているときにはよいことや最強のモテテクであっても、実はよりを戻したいと思うときにはやってはならないことがあります。よりを戻したいときのNG行動についてまとめてみました。

しつこく連絡をする

別れた恋人というのは、彼氏の中では他人と同じ存在なので、しつこく連絡をするのはやめましょう。相手が復縁したいと思わない限りどうしても一方通行になるので、相手にその気がないうちは、何度連絡しても一緒どころか逆効果です。連絡しまくってアピールするのではなく、機が熟すのを待つべきです。

新しい彼女の悪口を言う


新しい彼女がいるということは、復縁の可能性は限りなく低くなります。復縁したいと思うがあまり、新しい彼女の悪口を言う人もいるかもしれませんが、それは考え物です。新しい彼女の悪口を言われれば言われるほどその彼女を大事にしたくなるものが男性というものです。また、人の悪口は自分の品位を下げるからです。

脅迫じみた復縁の迫り方

会ってくれないと手首を切る、などの脅迫じみた復縁の迫り方はやめましょう。相手を変えるのではなく、自分を変えるようにすることが大切です。また、連絡をくれないからといって職場や家に押しかけるのもおすすめできません。執着心を捨てて新しい自分になると、復縁もしくは良縁はやってきます。

まとめ

別れた彼氏とよりを戻したい、そう思ってしまうのも当然かもしれません。元カレとよりを戻す方法は、別れたときの状況によっても違います。別れたときは感情的になっているので、自分の感情を冷静に整理し、同じ間違いを繰り返さないことが大切です。また、相手の気持ちあってのことになるので、まずは相手の気持ちを知ることから始めましょう。