入籍日の決め方にルールはある?先輩カップルはどうしているか

この記事の情報提供者

入籍を予定しているものの、入籍する日の決め方で悩んでいるという人はいませんか?そんな場合は、先輩カップルがどのように入籍日を決めたのか参考にするのもひとつの手です。今回は、婚活イベントの運営経験をお持ちのkirakiramuu さんから、入籍日の決め方についてさまざまなアドバイスをいただきました。今まさに決めかねているという人は、一緒に確認していきましょう。

多くのカップルはどんな方法で入籍日を決めているの?

入籍日をいつにするか悩んだら、ほかのカップルはどのように決めたのかを知れば、ヒントになるかもしれません。決め方もさまざまなので、ピンときた方法を選んでみてください。

なんといっても「大安」

多くのカップルが、入籍日として「物事を吉に運ぶ」といわれている「大安」の日を希望します。昔から、「縁起のいい日」だと言い伝えられていることもあり、両親や親戚から日取りに関して非難される心配もなく、スムーズに入籍を進められるでしょう。

大安の次に縁起のよい「友引」の日

大安と同じようによく選ばれるのが「友引」の日です。しかし、友引は朝晩は吉ですが昼は凶とされています。これは、「正午は物事をするのによくない時間である」という意味なので、友引の日を選ぶ場合は、時間帯に注意が必要です。

二人の記念日

誕生日カレンダー

入籍日を忘れないようにするために、付き合った日やどちらかの誕生日など、二人の記念日を入籍日に選ぶカップルも多いです。忘れにくい日を選べば、あとで結婚記念日を忘れてけんかになることも避けられるので、一石二鳥といえるでしょう。

イベントの日に合わせて選ぶ

クリスマスや元旦、バレンタインデーなどのイベントの日に合わせて、入籍日を決めるカップルもいます。誰もがイベントを楽しむ日でもあり、よりお祝いムードが高まるでしょう。

また、二人の記念日の場合と同様にイベントの日を選ぶことで、結婚記念日を忘れにくいというメリットもあります。

語呂合わせで選ぶ

たとえば、11月22日の「いい夫婦の日」など、語呂合わせがよい日も入籍日として人気があります。また、ゾロ目の数字にしても、覚えやすいでしょう。入籍日によく選ばれている、語呂合わせのよい日を以下にまとめました。

  • 1月8日:一番ハッピー
  • 2月7日:二人仲良く
  • 3月9日:サンキュー
  • 4月22日:良い夫婦
  • 5月22日:ご夫婦
  • 6月19日:むつまじくいつも一緒に
  • 7月22日:仲良し夫婦
  • 8月10日:ハート
  • 9月29日:来る福
  • 10月2日:永久(とわ)に
  • 11月22日:いい夫婦
  • 12月4日:いつも二人、幸せの日

入籍日を決めるときに意識したいルールとは

大切な日となる入籍日を決める際は、記念日や語呂合わせのよい日など、二人にとって一番しっくりとくる日を選ぶことでしょう。ただし実際に決めるにあたっては、次のような押さえておきたいルールがあります。

仏滅になる日を避ける

二人で話し合って決めた入籍日。もしも、イベントの日やゾロ目の日など、覚えやすさから決めたとしたら、お日柄もチェックしてみてください。

万が一「仏滅」だったとしたら、その日は避けたほうが無難です。仏滅は、「万事凶である悪日」として知られていますが、これは昔からの言い伝えでもあるため、年配の方は特に気にするでしょう。

しかし、特定の記念日に入籍したいと考えていて、その日が仏滅だったとしたら、「これ以上悪くならない日」とポジティブに捉えてみるのもよいかもしれません。また、仏滅というだけで結婚式の費用が安くなったり、希望日の予約が取りやすかったりなどします。そのため、親族や本人たちがお日柄を気にしなければ、メリットが多い日ともいえます。

入籍日が休日ではないか確認する

婚姻届は土日や祝日でも、365日いつでも提出できます。ただし、入籍予定日が休日の場合は、少し注意が必要です。万が一、記入漏れやミスがあった場合、平日で役所の時間内であれば、書き直してその場で提出できます。

しかし、休日の場合は婚姻届けを提出するのみです。不備がなければ「提出日=入籍日」として受理されますが、重大なミスがあると後日出向いて訂正することになり、入籍日が別の日になってしまうこともあるため、気を付けましょう。

婚姻届を出す際に注意したいこと

入籍日を決めて、いざ婚姻届けを提出となったときに、不備があると余計な手間がかかってしまいます。婚姻届けの手続きをする前に気をつけたい、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

記入漏れやミスがないか確認する

婚姻届けは、記載されている項目に沿ってしっかりと記入していけば、それほど難しい書類ではありません。ただし、間違いやすい部分があることも事実。そこで、ミスしやすい例をご紹介します。

  • 証人欄が未記入、または氏名だけで住所が書かれていない
  • 住所欄に提出する際の住民登録地でなく、転入予定地が書かれている
  • 届出人の署名は旧姓だが、婚姻後の姓が記載されている

ほかにも、住所は住民票に記載されている通りに記入する必要があります。たとえば、「1丁目1番地」を「1-1」などと書かないように、気を付けましょう。

書き間違えた場合は二重線で訂正を

婚姻届けに記入していて、万が一書き間違えてしまった……。こんなときは、間違えた箇所に二重線か一本線を引き、欄内の余白に正しく記入し直しましょう。

訂正したら、「本届書中(空欄)字訂正」という欄の「空欄」部分に、修正した文字数の数字を記入します。そして、その下の捨て印欄に、二人分の印鑑を捺印すればOKです。訂正する際はこの手順で行い、間違っても修正ペンや修正液を使用してはいけません。

必要書類等を忘れずに持参する

婚姻届けを提出する際、本籍地ではない自治体で手続きを行う場合は、戸籍謄本を添付する必要があります。また、運転免許証やマイナンバーなど、官公署が発行した写真付きの証明書も必要です。これらの必要書類を忘れてしまうと出直さなければならなくなり、最悪の場合、希望日に受領されない可能性もあるため要注意です。

また、書類に押印して、「これで大丈夫」と思って提出したものの、実際には印鑑の押し忘れがあったというミスも起こり得ます。そのため、万が一不備があったときのために、旧姓の印鑑も忘れずに持って行きましょう。

婚姻届を出す日のおすすめの過ごし方

婚姻届けの提出日は、二人にとってかけがえのない記念日になります。そんな特別な日をより思い出深い日にするために、おすすめの過ごし方をご紹介します。

婚姻届けを持って記念写真を撮る

入籍の手続きに行く前に、二人で婚姻届を持って一緒に写真を撮れば、よい記念として残ります。婚姻届は提出物なので、役所に提出してしまえば手元には残らず、二度と見ることもありません。そのため、写真に残しておいたり、コピーを取っておいたりすることをおすすめします。

婚姻届けの提出後に二人で食事をする

婚姻届を役所に提出したら、二人の思い出の場所に行って食事をするなど、記念すべき1日にしましょう。結婚して初めての食事なので、少し豪華にしてみてはいかがでしょうか。

その際には、花束やちょっとしたプレゼントをサプライズで準備しておくと、より感動的な日になること間違いなしです。

まとめ

二人にとって、一生の記念日になる入籍日。いくつも候補があって、なかなか決めかねているという人もいることでしょう。できれば縁起がよくて、忘れにくい日を選びたいところですが、何を重視するのかは自分たち次第です。

どちらかの誕生日や世間一般的なイベントの日を選んだり、語呂合わせのよい日で選んだり……。二人でよく話し合って、お互いにとって最善の日を選んでくださいね。