キスする場所はどこがいい?恋愛のプロが隠し持つ魅惑のキステクとは

「キスをしたいけど、場所はどこがいいのかな?」とか、「彼女が喜ぶのはどんなキスだろう」と気になってはいませんか?キスは女性にとって特別な行為。だからこそ、あなたのキスで女心を強く刺激できれば、彼女の気持ちをさらに惹きつけることができるというもの。

そこで今回は、恋愛心理に詳しいT.Rさんのお話をもとに、彼女とはじめてキスをするときのおすすめの場所や、キスをするときのタイミングなどについてまとめました。女心をわしづかみにするテクニックや、女性にキスを嫌がられる場所についてもお伝えしているので、ぜひ役立ててくださいね。

彼女とはじめてキスをするおすすめの場所


はじめてのキスは、彼女にとっても良い思い出にしたいですよね。思い出に残るキスにするためには、ドキッとさせることがポイント。少し強引なところを見せることで、男らしさをアピールでき、一気に距離が縮まるきっかけになるのです。

彼女とのはじめてのキスは、どのような場所がおすすめなのか…具体的に見ていきましょう。

終電間際の改札口

デートが終わろうとしている時間帯は、離れ離れになることの寂しさが募るもの。とくに、終電間際という時間帯は、「これ以上、別れを引き延ばすことができない」というタイムリミットを強く意識します。そのため、終電以外での別れ際に比べて、「いよいよ離れ離れになる」という気持ちが強まるのです。

そんな名残惜しさを感じながら、このタイミングで切符を買ってあげて渡したり、プレゼントをあげたりしましょう。優しい一面を見せることで彼女の印象は良くなり、「離れたくない」という思いはさらに強くなります。

そして、切符やプレゼントを渡すときに近づいて、目線が合った瞬間に不意打ちのキスをしましょう。改札口という、何気ない場所でのはじめてのキスは、意表をつかれてドキッとしてしまう女性が少なくありません。

そのうえに、デートが終わる寂しさや、別れ際のさりげない心遣いが後押ししてくれます。あなたへの気持ちが高ぶっているときの不意打ちは、はじめてのキスをより印象深いものにしてくれるでしょう。

レストランを出た直後の暗く細い道


お店を出ると、店内と店外の温度差で冷えることがあります。そんなときに、「寒いね」と密着したい意図を伝えたうえで、「こっち寄って」と女性の手を握って、車道と反対側に誘導しましょう。そのまま距離を近づけてキスします。このテクニックも、「デートが終わって離れ離れになってしまう」という寂しさと、さりげない気遣いによる優しさを利用したテクニック。

レストランを出たときには、デートも終わりに差し掛かっている頃。そんな寂しい気持ちを感じているときに、さりげなく車道とは反対側に誘導してくれると、女性はときめかずにはいられません。そんな状況を作り出して、不意にキスをすることで、女心をわしづかみにすることができるのです。

このとき、寂しさやあなたへの好意を強く感じている女性ほど、「強引にキスされたい」という願望を抱きます。そのため、男らしさを存分にアピールできるチャンスなのです。このテクニックを使う際のポイントは、会計を済ませる前に、トイレなどでエチケットを整えておくこと。リップやマウスウォッシュなど、はじめてのキスを、より素敵なものにするための準備はとても重要。

彼女とキスをするときのタイミング


「彼女とキスしたい」と思うほど、強く意識しすぎて自然なキスができないもの。そんなときのために、あらかじめ女性が喜ぶキスのタイミングを把握しておくと安心です。

ここでは、彼女とキスをするときのタイミングについてご紹介します。「早くキスしてほしい」と思われるような、魅力的なテクニックや、「奪われたい」という女心を刺激するキスのやり方もお伝えしますね。

ロマンティックな雰囲気のとき

特別な記念日や2回目のキスは、ロマンティックなムードのときがおすすめ。観覧車や船に乗っているとき、ホテルの最上階付近など、良い雰囲気にするキスは多くの女性が憧れるもの。

ロマンティックでムードのある特別な空間であるほど、女性は「とても愛されている」や、「すごく大切にされている」と感じます。そういった思いが伝わるほど、女性の気持ちは盛り上がるもの。

2人きりのプライベート空間であれば、沈黙状態になって目が合ったタイミングでキスすると良いですよ。こういった状況は女性にキスを連想させるので、自然とムードが出てくるもの。キスを意識するほど、ドキドキしてしまうのが女心というものなのです。

ロマンティックな雰囲気でするキスの場合、あえて彼女を焦らせるというテクニックも効果的。顔をギリギリまで近づけて、そのまま静止することで焦らすと、彼女の気持ちが高ぶってより「キスしたい」という気持ちが強くなります。

このように「キスしたい」という気持ちを最高潮まで高めてからキスすることで、強い幸福感を女性に与えられるのです。そして、そういった幸福感は、あなたをより素敵な男性だと印象づけてくれます。

不意打ち


3回に1回くらいは、不意打ちのキスを混ぜましょう。具体的には、人目につかない公共の場がおすすめ。誰もいない路地やエレベーター、駅などが良いですよ。公共の場でキスをすることに対して、「誰かに見られるかもしれない」といった恥ずかしさや不安、ある種の背徳感のような感情を抱く女性は少なくありません。

こういった気持ちは、ドキドキ感を高めてくれる効果が期待できます。落ち着いた場所も良いのですが、たまにはこういったキスを混ぜることで、彼女に刺激を与えることができるのです。

女性は男性の男らしさや強引さに、強い魅力を感じるもの。「こんなところでキスをしてはいけない」という気持ちにもかかわらず、強引にキスを奪われることで、強い魅力や刺激を感じてしまうのです。

女性にキスを嫌がられる場所


場所選びを間違えてしまうと、いくら好きな男性であっても「キスしたくない」と思うのが女心。そういったことが重なるにつれ、女性の気持ちは離れていってしまいます。彼女のことを大切に思うなら、キスを避けたほうがいい場所もしっかりと把握しておきましょう。

女性がキスを嫌がる場所について、詳しくご紹介します。

人目につく場所

一般的に、「女性は公共の場でのキスを嫌う」と言われています。この意見はほぼ正解。なぜなら、公共の場でのキスは、周囲への配慮やデリカシーに欠ける人間とみなされるから。

そのため、「そういう男性と交際している女性もまた、著しく価値が低いと思われるのではないか」と感じるのが女性の心理。こういったことを考えるため、「公共の場でのキスは嫌がられる」と言われるのです。

ですが、公共の場であっても、誰もいない場合はキスをしてOKです。周囲に人がいなければ、「価値の低い女」や、「デリカシーのない女」というレッテルを貼られるおそれもありません。また、万一誰かに見つかってしまっても、「誰もいなかったから」という言い訳が通用する状況と言えるからです。

また、こういった誰もいない公共の場でのキスは、「誰かに見られるかも」といった恥ずかしさや不安、罪悪感にも似た感情を抱くのが女心。「してはいけいないことをしている」といった感情が、キスをより刺激的にしてくれる効果も期待できるのです。

場所を変えてすぐ


ホテルに入ってすぐのキスなど、場所を変えてすぐにキスをされることを嫌がる女性は少なくありません。なぜならこういったキスは女性に、「軽い女だと見られている」と思わせてしまうから。

女性は、場所を変えてすぐにキスしてくる男性を「体目的の男性」と考える傾向があるもの。また、会っていきなりキスをすることも同じです。

軽い女と思われると、女性の気持ちは冷めるもの。そのため、場所を変えてすぐにキスをする場合は、挨拶程度の軽いキスにするよう心がけましょう。ムードを整えて、体目当てではないという雰囲気を作り出し、しっかりと信頼関係を作ってからキスをすると良いですよ。

まとめ

キスをする場所によって、女性の気持ちは大きく変わります。男としての魅力をアピールできるキスは、女性を強く惹きつけるもの。そのため、今回お伝えしたおすすめの場所やタイミングを把握しておきましょう。

それに加えて、女心を強く刺激するキスのテクニックもしっかりと押さえておくことおすすめします。今回ご紹介したテクニックをうまく活用することで、彼女の気持ちを虜にできる効果が期待できます。そういったことをふまえて、より魅力的な男性になってくださいね。

- 1 / 1ページ -