別れ話を電話で伝えるってどうなの?会って伝えたほうがいい理由とは

この記事の情報提供者

付き合っている相手から、突然電話で別れ話をされた……。または、別れ話を切り出したいけれど、直接会って話すべきか電話で伝えてもよいのかで、迷っている人もいるかもしれませんね。

今回は、恋愛アドバイザーのNao さんに別れ話をする際のアドバイスをうかがいました。今まさに別れ話のお悩みがある方は、一緒に確認していきましょう。

電話で別れ話をしてくる相手の心理状態とは

付き合っている彼から、電話で「別れたい」と言われたら、それはもうショックですよね。面と向かって言うならまだしも、こんなときの相手の心理はどんな状況なのでしょう。

会いたくないほど嫌い

電話で別れ話をされているということは、相手に「会いたくないほど嫌われてしまった」ということが考えられます。その場合、話をすることすら嫌なレベルになってしまい、一刻も早く別れたいと思われているのかもしれません。

それゆえに、さっさと済ませようとして、電話で伝えてきているとも捉えられます。

もう冷めたので会うまでもない

別れ話をするということは、恋する気持ちがすでに冷めきってしまっていることも珍しくありません。そのため、「わざわざ予定を調整し、会って話すほどでもない」と思われていると考えられます。

付き合っているときに優しかった人のほうが、別れ話をするときにはドライになる傾向があります。

会うと切り出しづらい

付き合っていた彼氏が引っ込み思案だったり、おとなしい人だったりする場合。面と向かって話をするとなると、言いたいことが言えないので、電話で済ませることがあります。

電話なら相手の顔を見なくてもよいですし、顔色をうかがって別れ話を切り出すタイミングを逃すこともありません。

顔を見たら泣いてしまう

別れることを悩んでいたり、別れることが苦渋の決断だったりした場合。相手の顔を見たら泣いてしまいそうなので、電話で済ませようとするケースもあります。

たとえば、引っ越しや仕方のない事情などがあって、どうしても別れなければならないときには、やはりつらいもの。こういったケースでは、まだ情が残っていることが多いので、顔を見ると楽しかった思い出がよみがえり、別れを切り出しにくくなってしまうのです。

別れ話は会ってするのと電話でするのはどちらがよい?

別れ話をするなら、会って伝えたほうがよいのか、それとも電話でもOKなのか悩むところですが……。断然、会って別れ話をすることをおすすめします。なぜ電話よりも会って直接伝えるべきなのか、その理由を見ていきましょう。

会って話せばお互いの気持ちに区切りがつく

電話だと声しか聞けず、相手の表情が見えません。そのため、電話はどこか他人事のように別れ話が進んでしまう傾向があり、お互いの気持ちに区切りがつかなかったり、片方が納得できなかったりするケースも。

しかし、直接顔を会わせて別れ話をすれば、満足いくまで話せて、納得して結論を出せます。したがって、お互いの気持ちに区切りがつきやすいといえるでしょう。

会えば「言った言っていない」ともめずに済む

二人で直接会って話せば、お互いの顔を見て話せるので、誤解が生まれにくいです。一方、電話だと相手の表情が見えないので、勝手に相手の気持ちを予想してしまうことも。そして、そのことがあとから「言った、言ってない」と、もめる要因になりがちです。

やはり直接伝えたほうが誠実

別れるといっても、一度はお互いに好きになった同士で、楽しかった思い出もたくさんあるでしょう。彼氏や彼女ではなくなるからといって、絶縁するわけではない人は少なくありません。

素敵な出会いをしてお付き合いをしたのですから、最後は直接顔を合わせて話したほうが誠実です。電話だと、「あんなに愛し合ったのにそっけないな……」と、残念な気持ちになってしまいます。

電話で別れ話をする際の上手な切り出し方

自分のほうから別れ話を切り出すなら、やはり電話でさっと済ませてしまいたいと考える人もいるでしょう。その際に、なるべくもめずに話を聞いてもらうために、上手な切り出し方を3つ紹介します。

将来の夢の話をしながら

「将来は〇〇になりたいから、これからは勉強に集中しなくちゃ。だからね……」というふうに、この先の目標や夢の話をしながら切り出すと、相手は納得しやすいです。

また相手のせいではなく、「あくまでも夢を叶えるため」というように聞こえるので、「なんだよ、それ」などと、不満を持たれにくいでしょう。

相手の好きなところをほめながら

相手の好きなところをほめながら、「あなたの好きなところはたくさんあるけど、それでもお別れしたい」と切り出すこともおすすめです。ほめたことで、相手は悪い気はしていないので「俺は認めない!」などと突っぱねられる心配もなく、しっかり話を聞いてもらえるでしょう。

普通に世間話をしながら切り出す

付き合いはじめの思い出話をするなど、いつも通りに世間話をしたあとに切り出すというのもありでしょう。「あんなこともあったよね」と二人の思い出話に浸り、そこからいろいろと気持ちが変わってしまったことを打ち明けてみましょう。

よい思い出に浸り懐かしむことで、悲しい思いをさせてしまうかもしれませんが、逆上されるリスクは低いでしょう。

電話で別れ話をされたときの対応の仕方

彼から電話が来て突如別れ話をされたら、どんな反応をすればよいのか戸惑ってしまいそうですね。そんなときには取り乱さずに、冷静に対処することが一番です。

相手の言い分をすべて聞き入れる

相手は別れ話をしてきているので、その理由を話しているときに、「それは違くない?」や、「でも、そっちだってさ……」などと言っても意味がありません。

すでに別れると決めているので、相手の言い分はいったんすべて聞き入れましょう。そのうえで、「私はこう思っていたよ」と、自分の意見も伝えてみてください。

問い詰めない

別れ話を切り出す男性のほうも、たくさん悩んで考えながら話してくれているはずです。そのため、「あんなに好きって言ったじゃん!」や、「ほかに女でもいるの?」、「何で別れたいの?」などと、質問攻めにするのはやめましょう。

問い詰めすぎると、男性は言いたいことが言えずに爆発してしまう可能性も。また、あなたの剣幕に圧倒されて、楽しかった思い出がすべてなかったことになり、後味も悪くなってしまいます。

取り乱さない

突然別れ話を切り出されたら、ショックでパニックになってしまう気持ちもわかります。しかし、どんなに泣きじゃくろうが相手を攻めようが、どうしたって現実を受け入れるしかないのです。

万が一、こんなシチュエーションになってしまっても、大きな声を出すような真似はせずに、とにかくまずは冷静に話を聞くことが大切です。

まとめ

一度はお互いに好きになって、楽しい時間を過ごしてきた二人なので、別れ話をする側もされる側も重い気持ちであることに変わりはありません。しかし、もう相手とうまくやっていけそうにないのであれば、否が応でもその思いを伝えなければならないでしょう。

実際に別れ話をするのであれば、できれば直接会って話をすることをおすすめします。そうすることで誤解も生じにくく、お互いに納得してお別れできるのではないでしょうか。

ただし、もう顔を見るのも嫌、会ったら言えなくなりそうという場合は、電話で伝える手段を選択するのもやむを得ないでしょう。その際には、相手を怒らせないように、上手に切り出して思いを伝えてみてください。