付き合いたてで不安で仕方ない……恋愛心理のプロが対処法を教えます

彼氏と付き合いたての頃は気持ちに余裕が持てず、ちょっとしたことで不安な気持ちに陥りがちです。そうなると気持ちが不安定になり、いてもたってもいられなくなってしまうでしょう。

今回は、恋愛の悩みに詳しい心理カウンセラーの桔梗 さんに、付き合いたての不安に対するアドバイスをお聞きして、こちらでまとめてみました。今まさにお悩み真っ最中という人は、ぜひ参考にしてみてください。

付き合いたてに不安な気持ちになるのはなぜ?

彼氏と付き合いはじめた頃は、何かと不安な気持ちになりがちです。うきうきと楽しい気分で過ごせるはずの時期でもあるのに、なぜ不安になってしまうのか、その理由を見ていきましょう。

過去に恋愛で失敗したため

過去の恋愛で失敗した経験がある場合、まだ二人の関係性があやふやな付き合いたての頃は、失敗経験が原因で不安になるケースがあります。「またうまくいかなかったらどうしよう」とか、「もし嫌われたら……」と、過去の経験からネガティブ思考に陥ってしまうのでしょう。この場合、「また同じことが起きるのでは?」と、どうしても不安になってしまうのです。

自分に自信がない

彼と付き合いはじめたものの、「本当に自分を好きでいてくれるのかな……」と不安になるケースも。これは、自分に自信がない人に多く見られるパターンです。

こんな人は、「自分のどこが好きなんだろう?」や、「なぜ自分のことを好きになったのかな?」などと、つい考えてしまいがちに。そして、気づけば恋愛を楽しむよりも、不安な気持ちに支配されてしまうのです。

本当の自分を知られることが怖い

付き合い立ての頃は、お互いに“素の自分”を隠しながら付き合っているカップルも、多いのではないでしょうか。その場合、本当の自分を出すことで、嫌われるのではと不安になる人もいます。

たとえば、「家事が苦手」とか、「ズボラで部屋の片づけが苦手」などがそうです。自分でもコンプレックスに思っている部分がある場合、彼にそんな自分を知られたときのことを考えると、つい不安になってしまいます。

付き合いたてに不安にならないための心構えとは

まだ付き合いが浅い時期には、彼の言動に対して敏感になり、いちいち気になってしまうこともあります。そんなときは視野が狭くなっていて、不安な思いに至る方向にしか考えられなくなっているのかもしれません。

自分と相手を信じる

付き合いたてに不安にならないためには、自分と相手のことを信じることが大切です。前提として、「自分は愛される存在である」と信じられない人は、自分に自信を持てていないため、つい相手のことを疑ってしまいがちに。

しかし、自分のことを信じられれば、相手の言動に一喜一憂して不安になることも減るでしょう。

早めに素の自分をさらけ出す

カップル

付き合っている彼に、「本当の自分を知られることが怖い」と思っている人もいることでしょう。その場合、早めに素の自分を相手にさらけ出してしまうことも、不安な気持ちをなくすのに役立ちます。

最初から自分をさらけ出してしまえば相手は、「そのままのあなたを好きになってくれた」ということになりますよね。そうすれば、無理にかっこつけたり、よく見せようとしたりする必要もなくなります。

コミュニケーションを怠らない

付き合い立ての頃は、自分の気持ちに嘘をついてガマンするなどして、相手とうまくコミュニケーションがとれないこともあるでしょう。そうなると、後々そのしわ寄せがくることになりかねません

たとえば、不満に感じたことや心配ごとが出てきたときには、素直にその気持ちを相手に伝えて、その都度話し合いをするようにするとよいです。コミュニケーションを円滑にとることで、不安感を抱くことも減らせるでしょう。

付き合いたての不安を解消する方法

不安な気持ちを抱えたままでいると、どんどん気分は沈んでしまい、彼にとって重い存在になりかねません。そこで、そんな不安を解消すべく、自分でできる方法を実践してみましょう。

何が不安なのか自分自身で理解する

付き合いたてで不安になっているときには、まずは「どうして不安になっているのか」や、「何に不安を感じているのか」を、自分自身で理解する必要があります。

彼があまり「好き」と言ってくれないから不安なのか、連絡の頻度や返信の回数が減っていて不安なのか。また、そのことでどうして不安に感じるのかなど、一度自分の気持ちを整理してみましょう

ノートにすべて書き出してみる

自分の不安な気持ちを整理する際は、頭の中でただ思いを巡らせているだけでは、なかなかうまくまとまらないでしょう。そこでおすすめなのが、気持ちをすべてノートに書き出してみることです。

ノートに書き出すことで、自分の心の内を客観的に見れるのでオススメです。自分の不安な気持ちがどこから起きているのか、原因が明確になれば、相手にもより伝えやすくなるでしょう。

自分磨きをして気持ちに余裕を持つ

付き合いたての彼との関係に不安を感じているということは、それだけ自分に自信がなく、気持ちにも余裕がなくなっているともいえます。恋愛に対する悩みがあると、何も手につかなくなりがちですが、そんなときにこそ何かに打ち込んでみましょう

たとえば、メイクやファッションを研究して今までとは違うおしゃれに挑戦してみたり、ランニングや筋トレを生活に取り入れて、メリハリボディを目指してみたりなど……。自分磨きをすることで自分にも自信がつき、彼に対しても気持ちの余裕が出てくるのではないでしょうか。

付き合いたての不安は彼にどう伝えるべきか

付き合ったばかりで不安で仕方がない……。こんな気持ちを抱えたままでは、彼との関係がうまく発展しない可能性も。そこで、不安を感じたときには、上手に彼に伝えてみましょう。

素直に好きな想いを伝える

付き合い立てで不安な場合、彼に「好きだよ」と自分の気持ちを素直に伝えるとよいでしょう。伝えるタイミングは、イチャイチャしているときではなく、デート中に二人で歩いているときや、食事をしているときなどがよいです。

たとえば、次のように切り出せば、彼は心配してこんなふうに聞いてくるかもしれません。

あなた:(何気なく寂しそうな感じで)「〇〇くんのこと、好きだよ」

彼:「どうしたの?何かあった?」

あなた:(照れながら)「少しだけ不安になっちゃって……」

上記のような流れで気持ちを伝えれば、彼に「重い」と感じさせることなく、愛情表現として伝わるでしょう。

不安な気持ちを率直に伝える

相手に対して不安に感じたら、自分が不安に思っていることを、率直に伝えることもオススメです。これは、けっこう勇気がいる行為かもしれません。しかし、ずっと不安な気持ちを抱えたまま押し殺すよりは、きちんと気持ちを伝えて話し合っているカップルのほうが、実はうまくいっているケースは多いです。

恋愛において起きるトラブルの多くは、高確率で日頃のコミュニケーション不足が原因です。彼と長く付き合っていきたいのなら、ぜひ話し合いをしましょう。

まとめ

付き合ったばかりだと、誰しも多少は不安に感じることはあるでしょう。ただし、その不安な思いが強すぎてしまうと、彼と楽しく過ごせないばかりか、かえって苦しい日々になってしまうかもしれません。

不安な気持ちを一人で抱えすぎてしまうと、卑屈になり相手にとって重い存在になってしまう可能性も。そこで、不安な思いがわいてきたら、まずはなぜそう感じているのか、自分の中ではっきりさせてみましょう。そうすることで、どう対処すべきなのかが見えてくるはずです。

- 1 / 1ページ -