彼氏と別れたいのに言えない…うまく別れるための対応策とタブーとは

この記事の情報提供者

彼氏と別れたいのに、どう切り出せばいいかわからないという人は少なくありません。彼氏との付き合いが長いほど、彼の気持ちがわかるので、別れるときも辛くなりがち。だからといって、そんな気持ちのまま付き合うのは、お互いにとって良くないですよね。

そこで今回は、コラムニストのyukinanaさんのお話をもとに、彼氏と別れたいときの対応策や、別れたいときにしてはいけないことなどについて紹介します。別れたい気持ちを察してもらう方法についてもお伝えしているので、今後の恋愛の参考にしてみてくださいね。

彼氏と別れたいのに言い出せないときの良い対応策


「彼氏と別れたいけど、どうやって言い出せばいいのかわからない」と悩む女性は少なくありません。ですが、彼の反応を気にしたり、罪悪感を抱いていたりするうちに、どんどん時間が経ってしまうのは避けたいもの。

そんなときに、「どうすればうまく別れに持っていけるのか」がわかれば心強いですよね。ここでは彼氏と別れたいのに言い出せないときの良い対応策を紹介します。

別れたい気持ちを態度で示す

別れを言い出せない場合に、察してもらうという方法があります。これはとくに、彼氏が繊細な心の持ち主の場合に効果的な対応策。繊細な男性の場合、いきなり別れを告げるとショックを受けてしまい、精神的に病んでしまう人もいます。そのため、少しずつ別れたい気持ちを態度で示すのです。

「会いたくない」や、「話したくない」、「LINEもしたくない」…。そんな気持ちを少しずつ態度で示していけば、相手から、「別れたいの?」と聞いてきます。

別れたいと考えたときに、自然消滅しようと考えたり、会うことを避けようと考えたりする人は少なくありません。そういった対応策は、別れを切り出せない人にとっての、数少ない選択肢なのです。

嫌な女になりきって振られるのを待つ

今まで付き合ってきたあなたなら、彼氏の好きなタイプがわかりますよね。そしてあなたも少なからず、そんな彼の好きなタイプだったはず。そういった点をふまえて、これまでとは違うタイプになりきり、彼の気持ちを冷めさせるという対応策です。

彼氏が好きだったあなたとは別人になったことを示し、嫌な女になりきることで、振られることを待つという方法。

LINEで伝える


直接別れを切り出せない場合には、LINEで伝えましょう。顔を見なければ言いにくいことでも、LINEならスムーズに言えるということはあります。また、しっかりと言葉を考えることができるという利点もあります。

直接会って別れを切り出すと、うまく言葉にできない可能性があります。別れ話は、深刻な状況になりやすいもの。なので、緊張したり、言葉に詰まったりしてしまうことは珍しくありません。言いたいことがうまく伝わらず、穏便に別れられないということも考えられます。

もちろん、今まで好きで付き合っていた彼と別れるわけですから、最後くらいは顔を合わせてしっかりとお別れをしたいもの。でも、無理をしてトラブルにつながってしまうのも困ります。そのため、「直接別れを切り出せない」とか、「面と向かってうまく伝えられない」という場合には、LINEで伝えることも考えましょう。

友達に伝えてもらう

あまり使いたくない手段ですが、どうしても自分から別れを切り出せない場合には、友達に伝えてもらうという方法もあります。「別れたいのに別れを告げられないから惰性で付き合う」というよりは、友達に伝えてもらうほうが良いと考える人もいます。

それとなく友達から、「最近あの子、冷めてきたっぽいんだけど、何かあった?」などと別れを匂わせてもらうのも良いでしょう。そんな話を聞いた彼は、あなたに真意を確かめるはず。ちょっとしたきっかけ作りとして、友達に別れをほのめかしてもらうこともできるのです。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
会う回数を極端に減らして、相手がほかの女の子を好きになるのを待ったことがあります。

別れたい気持ちを彼氏に察してもらう方法


別れたいと思いながらダラダラと関係を続けることは、あなたにとっても彼氏にとっても良くありません。「でも、どうしても別れを切り出せない」という人には、それとなく察してもらう方法がおすすめ。

別れたい気持ちを彼氏に察してもらうための方法を、見ていきましょう。

受け答えを曖昧にする

冷たい態度で接することで、別れを意識させる方法。受け答えを曖昧にして、そっけない態度をとり、彼氏に勘付いてもらえれば、2人の関係性を見つめ直すきっかけになります。以下のように曖昧な受け答えをすることで、別れたい気持ちを表現できますよ。

「今度、このお店行かない?」→「時間あったらね」
「たまには旅行に行きたいね」→「そう?」

このように、そっけなく答えるのがポイントです。

生理を理由に触られることを拒否する


彼氏に触られそうになったときに、「生理だから」といって避けるのも効果的。3週間以上、同じ断られ方をすると、さすがに鈍い彼氏でも気づきます。

また、彼との肉体関係を拒否することで、彼は欲求不満になります。それによって、中にはほかの女性を探すという行動に走る男性もいます。こういったところから別れにつなげられる可能性もあるのです。

生理を理由にセックスを拒否することは、あなたへの不満と、性欲を満たしたいという本能を利用した方法と言えます。

会う頻度や連絡の回数を減らす

女性の中には、別れたい気持ちを察してもらうために、連絡を無視する、いっさい会わないといった対応をする人もいます。ですが、「いきなりそこまでひどい態度はとれない」といった女性には、会う頻度や連絡の回数を減らすという方法も。

今までよりも彼氏と関わる回数を減らすことで、「最近、様子が変だな」と思う男性は少なくありません。そういった意識づけができると、これまでとは違うあなたの言動に気づくことができ、関係性が別れに向けて動きはじめます。

彼氏と別れたいときにやってはいけない態度


「彼氏と別れたいけど、うまく別れられない」とか、「どうすればうまく別れられるかわからない」という女性は少なくありません。そんな悩みが大きくなると、良くない別れ方をして、余計に彼氏を傷つけたり、トラブルを招いたりするおそれがあります。

ここで、彼氏と別れたいときにやってはいけない態度について把握しておきましょう。

良い人のまま別れること

良い人だと思われたまま別れようとすると、彼氏は、「ひょっとするとまだ元に戻れるかもしれない…」という、淡い期待を抱いてしまうかもしれません。別れてほしいというあなたの気持ちが強いなら、そんな期待は、彼氏を余計に悲しませてしまいます。

なので、良い人のまま別れようとするのはやめましょう。どうせならガツンと嫌われるくらいの対応をしたほうが、彼氏も吹っ切れることができて楽になります。

過度なお願いをすること


別れを匂わせて彼氏を試すことは、絶対にしてはいけません。
たとえば、別れたいからといって、「バッグが欲しかったんだよね」などと無理なお願いをすると、トラブルのもとになりかねません。

この場合、別れたくないという思いが強いほど、彼氏は無理をしてバッグを買ってしまうでしょう。それにもかかわらず、あなたの別れたいという気持ちが変わらない場合、彼氏を逆上させてしまう結果になるかもしれません。別れたいからといって、人として道徳的ではない行動をとらないように注意しましょう。

いきなり音信不通になること

彼との関係が煩わしくなったからといって、いきなり音信不通になるようなことはしてはいけません。彼氏も心配するでしょうし、気持ちのやり場がなく、病んでしまうかもしれません。

また、共通の友達がいる場合には、あなたの評判を下げる結果にもつながりかねません。いくら気持ちが冷めたからといってとつぜん予告もなしに、一方的に関係を遮断することは道徳的にも良くありません。

彼氏と別れたいときに言ってはいけない言葉


うまく彼氏と別れたいなら、あらかじめ言ってはいけないワードを把握しておくことが大切。むやみに彼氏を傷つけると、思わぬトラブルに発展してしまうかもしれないからです。

ここでは、彼氏と別れたいときに、言ってはいけない言葉をお伝えします。

忙しくて恋愛する暇がない

忙しいことを理由として別れを切り出した場合に彼氏は、「じゃあ別れないで、しばらく距離を置こう」という結論を出してしまうかも。

たとえ本当に、「忙しいから別れたい」と思っていたとしても、相手に変な期待を持たせないように、配慮することが大切です。ほかにも、「友達になろう」などといって別れようとする人もいますが、同じ理由で、これもおすすめできません。生半可な優しさは相手を苦しめてしまいますので、注意しましょう。

私が悪いから


この言葉は、別れを告げられた彼氏に深く突き刺さります。自分が悪いならまだしも、あなたに、「自分が悪い」と言われてしまったら、彼氏は反省をする余地もなく、悲しみのやり場もなくなってしまいます。

そしてそんな状態は気持ちの整理ができず、むやみに精神的な負担を増やすだけです。そのため、思いやりの気持ちを持って、「私が悪いから」という言葉を口にしないようにしてください。

好きな人ができた

「今まで自分を好きだった人が、付き合っているあいだに違う人を好きになった」という事実は、彼氏にとって大きなショック。あまりにも残酷すぎる言葉は、彼氏を予想外の行動に駆り立てるかもしれません。

たとえば、「信じていたのに裏切られた」と逆上して、相手の男性や、あなたに嫌がらせをする可能性も…。また、女性のことを信じられなくなって、今後の人生を大きく狂わせてしまうことも考えられます。

そのほかにも、「付き合わなきゃ良かった」などと言う女性もいますが、これも残酷。これまでに付き合ってきた大切な思い出を、全否定することになるからです。彼にとっては、かけがえのない宝物のような時間だったかもしれません。

別れるからといって、残酷な言葉を浴びせないようにしましょう。

まとめ

彼氏と別れたい場合には、思いやりの心が重要です。彼氏の感情を逆なですると、別れ話がこじれて、思わぬトラブルにつながってしまうかもしれません。

そのため、彼氏の性格や、これまでの関係性をふまえて、もっとも円満に別れられる方法を模索しましょう。大切なのは、彼氏の気持ちを考えること。

思いやりの気持ちがあるからこそ、あえて嫌な女を演じたり、ガツンと言ったりしなければいけないことも覚悟してください。そして、2人が前向きに生きられるような別れ方をしましょう。