彼氏から連絡がこない原因と対処法!心理カウンセラーが訴える注意点

いくら待っても彼氏から連絡がこない…こういうときには、妄想を膨らませたり、心配になったりしてしまうもの。ただ、そんな状況で焦って対応しても、状況をさらに悪化させてしまうかもしれません。

そこで今回は心理カウンセラーの桔梗さんのお話をもとに、彼氏から連絡がこない原因や対処法、連絡がこないときにやってはいけないことなどについてまとめました。彼とより良い関係を保つために、ぜひお役立てください。

彼氏から連絡がこないときに考えられる原因とは?


彼氏から連絡がこないときに妄想を膨らませてしまって、心をかき乱される人は少なくありません。そのため、どのような原因があって連絡がこないのかを把握しておくことが大切。

さっそく、彼氏から連絡がこないときに考えられる原因を見てみましょう。

気持ちを落ち着かせるため

ケンカした場合など、気が立っているときに連絡をしなくなる男性は珍しくありません。こういった行動をとるのは、冷静さを欠いた状態で連絡をしても、感情的になってしまって余計に関係がこじれたり、話が前に進まなかったりすることが考えられるから。

そういったときには、気持ちを落ち着かせるために、連絡をしないでおこうと考えるのが男性心理。この場合、彼が冷静さを取り戻して、ちゃんとあなたや問題に向き合える状態になったら、彼のほうから連絡してきます。

単純に仕事などで忙しくて連絡できない


男性は、複数の業務を抱えて仕事を進めることが多いもの。そんなマルチタスクの状態がひどくなった場合には、仕事に追われて彼女のことを考える余裕がなくなることも…。

そのため、「落ち着いたら連絡しよう」と思って、目の前の仕事に集中し、連絡してこないというのがこのパターン。この場合、彼が仕事に精を出すのは、あなたのことを思っているからこそなのかもしれません。

もし、仕事がうまくいかないことを理由に出張を命じられたら、遠距離恋愛になってしまいます。ほかにも、リストラをされてしまうとあなたとの関係が良くない方向に進むかもしれません。

物理的に連絡を取れない状況になっている

彼氏から連絡がこない原因としては、物理的に連絡を取れない状況になっている可能性もあります。たとえば、携帯の充電が切れてしまったり、仕事の関係で電波の届かない場所にいたり、携帯を落として故障していたりする場合などですね。

こういったケースもあり得ますので、とりあえずは1週間ほど待って、様子をみてからどうするか考えましょう。

彼氏からの連絡はどれぐらい待てばいい?


彼氏から連絡がこないと、待っている時間がとても長く感じるもの。「最後にメッセージを送ってから、もうこんなに時間が経ったのに…」などと心配する人も少なくありません。かと言って、何度もメッセージを送ってしまうと、彼の迷惑になったり、嫌われたりしないかと考えてしまいますよね。

ここでは、彼氏から連絡がこない場合に、どれくらい待てば良いのかについて、お伝えします。

忙しくて落ち着いたら連絡すると伝えられている場合

彼からあらかじめ、「今仕事が忙しくて余裕がないから、落ち着いたら連絡する」と伝えられている場合は、1週間~2週間くらいは待ちましょう。ただ、そのあいだにいっさい連絡してはいけないという意味ではありません。

この場合には、体を気遣うメッセージなどを、時折送ってみるといいですよ。そうすることで、あなたの存在をアピールできると同時に、思いやりのある一面を伝えることもできます。

控えめな態度で応援することで、あなたのことを一層愛しく思うかもしれません。慎ましくて上品な女性に魅力を感じる男性は、決して少なくないからです。

ケンカ中にメッセージを送っても彼から連絡がこない場合


もし、彼氏とケンカをしている状態で、メッセージを送っても連絡がこない場合は、1日以上は待ったほうが良いでしょう。彼なりにあなたと向き合う準備をしているのかもしれません。

冷静さを取り戻して、あなたや現状の問題について、しっかりと向き合おうとしている可能性があるのです。悲観的に考えたり、妄想をしたりすると、良くない結果を招いてしまうかもしれません。焦らず、彼のことを信じて待つのも大事。

彼氏から連絡がこないときの対処法


彼氏から連絡がこない場合、不安に駆られて、どうすれば良いのか悩んでしまう女性は少なくありません。ですが、そんな状況で焦って対処すると、彼との関係を悪化させてしまう恐れがあります。

そこで、連絡がこないときにはどのように対処すれば良いのかを以下にまとめました。

癒し系のメッセージを送る

仕事で忙しいという理由で彼氏から連絡がこないときには、LINEなどでなるべく癒し系のメッセージを送りましょう。忙しい彼氏は肉体的な疲れだけではなく、精神的にも疲れています。

そんな中、返事をする必要がなく、彼を癒せるようなメッセージを送れば、「俺にはこの人しかいない」とか、「彼女を大切にしよう」と思われます。たとえば、「今は大変な時期かもしれないけど、きっと今後のためになるからね」といった内容を送ると良いでしょう。

そうすることで、優しくて包容力があるところをアピールできます。あえて返信を急かさないメッセージを送ることで、健気で愛らしい女性と思われるのです。

共通の友人に彼氏の様子を聞いてみる

第三者に協力してもらうことで、解決の糸口が見つかる可能性があります。

たとえば、彼氏から連絡がこないことについて心当たりがない場合、あなたと彼氏の共通の友人に、様子を聞いてみましょう。このときのポイントは、あくまでさりげなく聞いてみること。会話の中のひとつとして、自然に聞いてみるのが良いです。

その反対に、必死な態度で共通の友人を問いただすようなことをすると、彼から嫌われる恐れがあります。なぜなら、そういった話はすぐに彼に伝わるから。友達から、「お前の彼女、すごい形相でお前の様子を聞いてきたけど、どうかしたの?」といったことを聞かれると、不快に感じるのが男性心理なのです。

もし、あなたと彼氏に共通の友人がいない場合は、あなたの友人に相談して、アドバイスを求めるのも良いでしょう。客観的な視点で当事者ではわからないことに気づき、良いアドバイスをもらえるかもしれません。

彼氏から連絡がこないときにやってはいけないこと


彼氏への思いが強いほど、連絡がこないことに焦って、良くない行動をとってしまいがち。好きなのに関係を悪化させてしまわないよう、彼氏から連絡がこないときにやってはいけないことを、押さえておきましょう。

何度もメッセージを送る

彼氏が忙しくて連絡してこない場合、何度もメッセージを送ったり返信を求めたりするのはやめましょう。彼から連絡がこないと不安になる気持ちはわかりますが、忙しいときに何度もLINEを送られると、彼氏はウンザリしてしまいます。

もしかすると、返信したいけれどできない状況なのかもしれません。そんなときに、何度もメッセージを送ってこられると、返事を催促されていると感じます。そして、強い圧力を感じ、追い詰められているように感じるのが男性心理。

そのため、あなたに悪印象を持つようになり、嫌われる可能性が高まるだけ。しつこくメッセージを送り続けると、彼との関係を悪化させてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

彼氏が浮気しているのではないかと疑う


彼氏にもプライベートの時間がありますし、仕事などで連絡できないこともあるでしょう。それなのに、連絡がこないからという理由だけで浮気を疑われると、「信用されてないんだな」と感じて悲しくなるのが男心。

また、「めんどくさい女だな」といったイメージを持つ男性も少なくありません。いずれにしても、あなたの印象を悪くする結果につながってしまいます。

中には、「浮気をしていないのに責められるのなら、いっそ本当に浮気をしたほうがいい」と考える男性もいるので要注意。連絡がこないことだけを理由に、「浮気してるのでは?」と疑い、決めつけるのはやめましょう。

返信しないことに怒る

連絡がこないと心配や不安な気持ちが募って、イライラしてしまうこともあるかもしれません。ですが、連絡がこないことに対して怒ると、彼はあなたとの将来に希望を見出せなくなってしまいます

「連絡できなかっただけで、こんなに怒るなら、今後の人生を一緒に生きていくのは無理。この子と一緒になっても、色んな問題を乗り越えていけない」と感じてしまうのです。返事がないことに対して怒っても、事態が良くなることはありません。連絡がこないことを理由にして、彼を責めるのはやめましょう。

まとめ

彼氏から連絡がこない場合に、考えられる理由はさまざま。ですが、焦って何度もメッセージを送ったり、彼のことを責めたりすると、2人の関係を悪化させてしまうことにつながりかねません。

より良い関係を築きあげ、付き合い続けていくためにも、今回お伝えした内容をふまえて、連絡がこないときの対処法を実践してみてくださいね。