思わせぶりな男性への対処法!心理や言動を知ってうまく見抜く

この記事の情報提供者

気を持たせるようなことをしてくる割りに、なかなか告白してこないという男性はいませんか?

今回は、恋愛心理に詳しいT.Rさんのお話をもとに、“思わせぶり男”の心理や行動、見抜き方、対処法についてまとめました。思わせぶりな男性に悩んでいる女性は、ぜひご覧ください。

思わせぶりなことをする男性の心理とは


まずは、思わせぶりなことをする男性の心をのぞいてみましょう。以下の内容をチェックしてみることによって、「意外と闇が深いな……」と思うかもしれません。

失敗を恐れがち

思わせぶりなことをする男性は、失敗を恐れる傾向があり、チャレンジ精神が乏しいという特徴があります。不可能な確率が高い物事に対しては深く突っ込んで挑戦せず、いつでも逃げることができるようなルートを確保しています。だからこそ、思わせぶりな態度をとるものの、告白はできないという特徴に結びつくのです。

相手に好意をアピールしても、大きな失敗をすることはありません。そのため、思わせぶりな態度はとれます。ですが、告白をすることに対しては、失敗を目の前に突きつけられてしまうという、恐怖心が働くのです。失敗を恐れるのは、思わせぶりなことをする男性の特徴と言えます。

承認欲求が極めて強い

承認欲求が強い男性は、周囲の人からの評価を気にしがち。「まわりの人に良く見られたい」とか、「羨ましがられたい」など、自分がどう見られているかを気にします。

だからこそ、好意をちらつかせて、女性に受け入れてもらえるかどうかを試すのです。思わせぶりなことをすると、相手から好意を抱かれる可能性が高まります。つまり、女性から好きになってもらうことで、強い承認欲求を満たせるのです。

それと同時に、女性から好意を抱かれれば、周囲の人にはモテる人という印象を与えられます。このように、思わせぶりなことをすると、強い承認欲求を満たしやすくなるのです。

魅力に自信がない


思わせぶりなことをする男性は、自分の魅力に自信を持てない傾向があります。だからこそ、失敗を恐れがちになり、告白ができないという特徴に結びつくのです。

承認欲求が強く、まわりの評価を気にする理由も、自分の魅力に自信がないから。自信がないからこそ、周囲の人に認めてもらいたいという心理が働くのです。

思わせぶりなことをする男性が、自信を持てない原因はさまざま。過去の失敗がトラウマになっていたり、傷つきやすい性格をしていたりと、繊細な心の持ち主であることが珍しくありません。

完璧主義者

失敗を恐れがちで、承認欲求が強いという特徴は、何事にも完璧を求める心理につながります。なぜなら完璧にこなすことが、失敗をなくすことになり、周囲の人からの評価を上げることになるから。自信を持てない思わせぶりなことをする男性にとって、完璧を求めることはメリットがたくさんあるのです。

だからこそ、恋愛に関しても、思わせぶりなことをたくさんして、相手の好意を募らせようと考えます。好きになってもらえるほど、告白したときの成功率は高まります。それどころか好意を持たれれば、女性から告白してもらえる可能性をも上げることができるのです。

女性から告白してもらえれば、失敗するリスクはありません。こういった心理が働くことから、思わせぶりなことをする男性は、完璧を追い求める傾向があります。

思い通りにならない関係性を切り捨てる

思わせぶりなことをする男性は、失敗を恐れたり、完璧を追い求めたりする傾向があります。そのため、思い通りにならない相手だとわかると、簡単に関係性を断つケースが多く見受けられます。これは、失敗を恐れる気持ちや、傷つきたくないという心理が強く働くからです。

思わせぶりなことをする男性の行動


失敗を恐れがちな思わせぶりな男性は、行動に特徴が出ます。具体的にどのようなことをするのか以下に記載しましたので、順番にチェックしていきましょう。

女性が喜ぶ行動をたくさんとる

思わせぶりなことをする男性は、褒める・笑う・ご飯などをおごるといった、女性に喜ばれる行動をたくさんします。ですが、失敗を恐れる心理から、最後の決め手となる行動は絶対に起こしません

告白などの重要なことは口にしない

はっきりとした告白や、大切な事実の共有を避けることは、思わせぶりなことをする男性の特徴。そういったことを、さりげなく女性にしてもらおうと考えているのです。

何かあった際に、「俺が言ったわけじゃない」という逃げ道を確保しておくことや、リスクを減らしたいといった心理が、要因としてあります。

2人きりで会いたがる


思わせぶりなことをする男性は、2人きりで会いたがる傾向があります。その理由は、大人数で会うよりも、2人きりのほうが主導権を握りやすいから。何をするにしても、女性のことだけを考えれば良く、逃げたいときにも逃げやすいというメリットがあります。

その反対に、大人数でいると次の行動などを皆で決めなければいけないなど、自分で流れを作りにくくなってしまいます。カッコ悪い姿を見せてしまったときも、大人数でいるときのほうがダメージが大きくなります。このようなことから、思わせぶりなことをする男性は2人きりで会いたがる傾向があるのです。

相手が思わせぶり男だと見抜く方法


相手が気を持たせるような行動をとった場合、思わせぶりな男性かどうかを確認したいところ。ただ、どうすればそれができるのでしょうか。ここでは、見抜き方をお伝えします。

告白するタイプか告白されるタイプか聞いてみる


思わせぶりな男性かどうかを確かめたい場合には、「〇〇君って、口説いて告白するタイプ?告白されるタイプ?」と聞いてみましょう。この質問をすれば、次のような理由によって見抜くことができます

告白するタイプの場合

男性が、「自分から口説いて告白するタイプ」と答えた場合は、思わせぶりな男性ではないと言えます。彼なりに一生懸命に好意を伝え、仲を深めている段階ですので、焦らずに待ちましょう。

このタイプの男性は、時と場所をわきまえて、ちゃんと口説いてきてくれます

告白されるタイプの場合

男性が、「告白されるタイプ」と答えた場合は、要注意。中でも、「告白したことない」とか、「告白する勇気がない」と答えるタイプは、まさに思わせぶり男です。こういった発言には、「だから君からアプローチしてきてね」という意味が込められています。

このタイプの男性は、女性と2人きりで遊ぶためのお誘いまでが自分の役割と考えています。そして、その見返りとして、女性から告白してくれるのを待っているのです。

思わせぶり男への対処法


思わせぶり男は、女性が気づかぬうちに自分のペースに持ち込み、女心を惑わします。そのため、あらかじめ対処法を把握しておきましょう。

やりとりは複数人で

2人きりで会ったり、連絡をとったりすると、思わせぶり男のペースができてしまいます。そのため、LINEならグループトークだけにして、会うときには共通の知人などを含めて複数人で会うようにしましょう。

こうすることで、相手のペースに持ち込まれず、心を乱されることもなくなります。

2人きりで会いたいという誘いを断る

2人きりでのやりとりを避けていると、思わせぶり男から、「2人きりで会いたい」と言ってくることがあります。そういった場合には、誘いを断りましょう。

そして断る際には、「何で2人で会うの?」とか、「どうして?」、「それって、どういうこと?」と疑問文で返すのがポイントです。本命でない女性の場合、「思わせぶり作戦が通用しないな」と思ったら、男性は手を引きます。逆に本命であれば、女性が望むアプローチをしてくるでしょう。

まとめ

気を持たせるようなことをしてくる男性には意外な心理があり、それを背景に特徴的な行動をとることがわかりました。女性はこれらのことを把握しておくと、思わせぶり男の本音を見抜きやすくなるでしょう。

また、むやみに思わせぶり男のペースに乗っからないことで、振り回されたり、ヤキモキさせられたりすることもなくなります。さらに、彼からのアプローチを誘う方法を実践すれば、なかなか告白してこないという悩みも解決することに。

今回ご紹介した内容を、今後の恋愛のために役立ててくださいね。