LINEの返信が遅い!理由や彼・彼女に対する上手い対応方法とは?

交際相手からのLINEの返信が遅いと、ついつい心を乱されてしまいますよね。「一体何をしているんだろう」とか、「冷めてきたのかな」などと不安になってしまいがち。

そこで今回は、恋愛心理に詳しいT.Rさんに伺ったお話をもとに、LINEの返信が遅い理由や不安の解消の仕方、返信がきたときの上手な対応方法についてご紹介します。

交際相手からのLINEの返信が遅い理由とは?

交際相手にLINEしたのに、なかなか返信がこないと気になりますよね。一体どんな理由で返信が遅れているのでしょうか。交際相手からのLINEの返信が遅い理由を見てみましょう。

中途半端に忙しくて後回しにされている

暇なときや、とても忙しいときは、LINEの返信が早くなる傾向があります。暇なときにはとくにほかにやることがないので、LINEの返信内容をすぐに考えて送り返すことができます。また、とても忙しいときには、サクサクと用件を片付けないと作業がまわらないので、レスポンスが非常に早くなります。

しかし、中途半端に忙しいと、ゆっくりと返信を考えられません。かといって、サクサクと用件を片付けなければいけないという切迫感もない状態です。

そのため、返信できないまま優先順位を下げられて、後回しになりがちに。このように、返信が遅い理由のひとつとして、中途半端に忙しいということが考えられます。

スマホをチェックしていなくて気づいていない

普段からスマホをチェックしていない人や、スマホへの関心が薄くなってきた人の中には、LINEに気づいていないというケースも考えられます。また、通知をOFFにしていて、気づかないこともあります。

スマホに依存していない人やスマホのゲームをしない人は、長時間チェックしなくても気になりません。そのためLINEに気づくまでに時間がかかってしまって、結果的に返信が遅くなるのです。

決まった時間に返信する習慣が身についている


仕事終わりや朝の電車内の時間帯など、LINEに返信する時間が習慣になっているパターン。その時間になるまではLINEを見ないという人も少なくありません。

そのため、返信が遅くなる傾向があるのです。こういったケースは、LINEへの関心があまり高くない人や、仕事や趣味などに没頭する人に多く見られます。

通知画面のメッセージを見て返事を考えている

通知画面に表示されたLINEを見て、返事を考えているあいだに時間が経ってしまうというケースもあります。なかなか返事の内容がまとまらず、あれこれと考えているうちにほかの用事が舞い込んできて、バタバタしているあいだに返信を忘れてしまうことも珍しくありません。

心身が疲れ切っていて人と関わりたくない

心も体も疲れ果てたときには、人と関わりたくないと思うこともあります。元気なときなら、LINEへの返信なんてすぐにできると思いますが、疲労が蓄積している状態では、LINEを開くことすら億劫だと感じてしまいがち。

「LINEを読んで、返事を考えることなんてできない」というほど疲れているときには、返信が遅くなる傾向があります。

愛が冷めて関わりを減らそうとしている

交際相手に対する愛が冷めたという理由で、返信が遅いということも考えられます。「関係を解消したい」と思っている場合、LINEの返信を遅くして、距離を離していきたいと考える人もいます。相手が不快に思うことをして、わざと嫌われようとする心理が働いている可能性が高いです。

ようやくLINEの返信がきたときの上手な対応

交際相手から返信がきたときには、上手く対応することが大切です。ここで焦ってしまうと、今後ますます返信が遅くなってしまうおそれがあります。

そこで、ようやくLINEの返信がきたときの上手な対応方法についてご紹介します。

すぐに通知を見ない

長く待った末に返信がくると、嬉しいしホッとしますよね。だからこそ、すぐに返信をしてしまいがち。ですが、そういったときには興奮状態になっているので、冷静なやり取りができません。

そのため、あえて時間を置くことが重要です。通知を見ることすらも我慢して、時間が経つのを待ちましょう。

しばらく待ったあとに既読をつけて何事もない態度で返信する

あまりにも早く既読をつけると、返信を待ちわびていたことが相手に伝わってしまいます。ずっと返信を待っていたことがバレると、相手に優越感を与えてしまい、低く見られるおそれがあるので要注意。

返信を待ちわびていたことが伝わることで、あなたの優先順位を下げられてしまうことも……。そのため、目安として1時間半ほど経った頃に既読をつけて、何事もなかったかのように返信しましょう。

LINEをする時間を決める


何事もなかったかのように返信をする際には、意味深な表現でLINEできる時間が限られているという内容を伝えましょう。そうすることで、相手は自分のことを気にするようになり、存在感を強めることができます。

具体的には、「ごめん!ちょっと最近いろいろあって……22時から22時半くらいにしかLINEできないかも。この時間だったらLINEしても大丈夫?」といった具合に返すと良いでしょう。これまでの経験から、相手からLINEがきやすかった時間帯を指定することがポイント。

こうして許可を得ることで、その時間帯に連絡がくるようになります。その時間帯ならLINEができるとOKを出したのに連絡をしなかったら、相手は約束を破ることになり、罪悪感を感じるからです。

LINEの返信が遅いときの不安の解消の仕方


LINEの返信が遅いときには、なかなか時間が経たないですよね。「○時から返信がない」などと意識するほど、時間は長く感じるもの。

そんなときに感じてしまいがちな、不安を解消する方法をご紹介します。

LINEの時間を決める

LINEの時間を決めることは、返信が遅いときに感じる不安を解消してくれます。なぜなら、あらかじめ決めておいた時間には返信がこないとわかっているからです。

このように、LINEの時間を決めておくことで、そのほかの時間帯に憂鬱になることがなく、快適に過ごせます。返信がこないかとソワソワするのを回避できるので、仕事や趣味などにも集中しやすくなるというメリットも。

その代わり、LINEをする時間帯には、スムーズにやり取りができるように準備しておくことが大切です。

対人以外の刺激に触れる

ほかの人とLINEでコミュニケーションをとっていると、脳裏に交際相手の存在がちらついて、気になってしまいがち。そのため、人以外のものに没頭するのがおすすめ。時間の経過が早く感じます。

読書や映画、音楽、スポーツ、ゲームなどに没頭して、遅いときの不安を解消しましょう。

交際相手からのLINEの返信が遅いときにやってはいけないこと


交際相手からLINEの返信が遅いと、不安や苛立ちが重なって、ついつい関係を悪化させてしまうことをしてしまいがち。

感情にまかせた言動は、良くない結果につながってしまうので、LINEの返信が遅いときにやってはいけないことを、事前に把握しておいて控えましょう。

返信が遅くなった理由を聞く

返信が遅くなった理由が、あなたに伝えられるものであったり、重要なものであったりする場合は、交際相手のほうから言ってくるはず。

その反対に、どうでもいい理由や、言いたくない事情がある場合には、なかなか言えないもの。人間には多かれ少なかれ、秘密というものがあります。返信が遅いほど、知りたいという気持ちも強くなるのも無理もないですが、こういった場合には、相手に対する気遣いを優先することが重要です。

軽々しく理由を聞いてしまうと、信頼関係が崩れてしまうおそれがあります。そのため、返事が遅くなった理由を聞かないようにしましょう。

連絡がこないことをまわりの人に言わない

LINEの返信が遅い場合には、ついついまわりの人に言ってしまいがち。ですがまわりの人に、「交際相手から連絡がこない」と言ってはいけません。

噂は、瞬く間に広まっていきます。とくに、ネガティブな噂は誇張されたうえで、本人に伝わってしまうもの。知人や友人から話題が出ない限り、交際相手の話をしないように心がけることが重要です。

まとめ

LINEの返信が遅いときには、ついつい不安や苛立ちを感じたり、憂鬱になったりするもの。

その点、相手の返信が遅い理由を把握しておくと、待っている時間の精神的な負担が軽くなります。また、返信がこないとき、きたときの対応方法を押さえておくことで、相手と良い関係を継続できる可能性を高めることができます。

今回お伝えした内容を参考にして、これらのことを実現させてくださいね。

- 1 / 1ページ -