上手なキスの誘い方は甘えること♡テクニックとフレーズをご紹介

この記事の情報提供者

男性からのキスを待つのもいいですが、したいと思ったときにしてくれるように、上手な誘い方ができたらいいですよね。そこで今回は、恋愛に詳しいyukinanaさん提供の情報をもとに、キスを誘うときのテクニックや気をつけることなどについて解説します。ぜひご覧ください!

女性からキスを誘う場合はどんなシチュエーションがいい?

ドキドキしたり、キュンとしたり……。彼氏との愛を深めることにもつながる、女性からキスを誘う場合におすすめのシチュエーションを以下にまとめました。

デートの帰り道や別れ際

デートの帰り道や別れ際は、キスをする最高のシチュエーションです。「もう少し一緒にいたいけど、帰らなくちゃいけない……」そんなとき、少しでも距離を近づけるためにキスをしたくなるものですよね。その日に一緒に過ごした時間が楽しかったという意思表示としても効果的ですよ。つまらなかったらそんなことしようと思いませんよね。

ドライブしているとき

ドライブ中の信号待ちは、キスをするいいタイミングです。周りからの視線が少し気になる中での密室キスは、なんとも言えないスリルがあってドキドキすること間違いなし!

お家デートのとき

お家デートのときはいつでもキスのタイミングがあるので、絶好のキスのシチュエーションと言えます。たとえば、まったりと映画を観ているときやごはんを作っているときなどに、不意打ちでキスをするのもいいですよ。

観覧車の中

観覧車の中は二人だけの空間になるので、キスのシチュエーションとしては非常にいいです。途中から彼の隣に座ればキスの雰囲気になり、おのずと彼氏のほうからしてくれます。周りからの視線が気になるのであれば、夜の観覧車を選ぶと良いでしょう。

映画館の中

映画の上映中は、照明が暗くなるためキスをしやすくなります。彼氏の手をギュッと握って、あなたのことを意識させましょう。そして、あなたのほうを向いた彼氏と見つめあえば、キスをしてくれるでしょう。

なるべく、一番後ろの席を選ぶと、周りに見られにくいですよ!

キスを誘うときのテクニック

彼氏からキスをしたくなる、おすすめのテクニックを5つご紹介します。状況に合わせて使えば、高確率での彼氏からのキスが期待できますよ。ぜひ試してみてくださいね。

袖をツンツンと引っぱって甘える

彼氏の服の袖をツンツンと引っぱって甘えるのは鉄板の仕草!「ねぇねぇ♡」といって彼を見上げれば、彼氏はあなたに優しくキスをしてくれること間違いなしと言えるでしょう。

彼氏の目の前でリップを塗る

男性からすると、唇に何かが触れる仕草というのは、ドキドキして視線を外せなくなるもの。あなたがリップを塗るところを彼氏が見れば、キスをするところを想像して、唇を重ねたくなるでしょう。なるべく彼氏から見えるように、何気なく塗りましょうね。

自分から彼氏の頬にキスをする

先手を打ってあなたのほうから、彼氏の頬にキスをしてみましょう。キスをしたあとに、彼氏の目をジッと見つめていれば、彼氏は我慢できなくなり、向こうから唇にキスをしてくれますよ。

唇をとがらせておねだり

唇をとがらせて、「ん♡」とおねだりしてみましょう。男性は女性におねだりされるのに弱い生き物。女性の可愛い仕草に、キスをしない男性は絶対にいないと言っても過言ではないでしょう。

唇を触ってアピール

キスを誘うときに唇を触るのも効果的です。たとえば、一緒にテレビを見ているときに何気なく唇を触ってみましょう。そうすると彼氏は、あなたの唇に意識が向かって、キスのことを考えるようになりますよ。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
私の経験上、彼氏の服を引っぱってニコニコしながらアピールしたときは、必ずキスをしてくれましたよ。

彼氏がキスをしたくなるようなフレーズ

男性は意外にも、彼女からキスをしたくなるようなフレーズを言われたいものです。以下のような言葉で好きな女性から誘われれば、彼は熱いキスを交わしたいと思いますよ。

「ねぇねぇ♡チュー♡」

「ねぇねぇ♡チュー♡」といって甘えれば、男性はイチコロ。男性は、好きな女性に甘えられるのが大好きです。甘えながらキスをおねだりされれば、彼氏は思わず抱き寄せてキスをしたくなります。

「なんか忘れてること、あるでしょ?」

デートの別れ際にキスをしてほしいときは、「なんか忘れてること、あるでしょ?」といって、遠回しにキスをおねだりするのがおすすめです。彼は、「ずっと、俺とキスをしたいと思っていたのかな」と考えるだけで、一気に愛おしい気持ちがわいてきてキスをしたくなりますよ。

「キスしてほしいな」

会話が途切れたとき急に、「キスしてほしいな」と言うと、不意を突かれてドキッとすること間違いなしです。大人な雰囲気で、落ち着いた声のトーンで伝えてみましょう。夜景が見えるムードたっぷりの場所だと、さらにいいですよ!

「チューしないの?」

彼氏からなかなかキスをしてこないときは、少しすねた感じで、「チューしないの?」と言ってみましょう。すると彼氏は、「チューしてほしいんだ、可愛いなぁ……」と思い、キスをしたくなるに違いありません。男性は意外にも、女性のすねた顔を見ると可愛いと思うものです。

キスを誘う上で気をつけること

いくらキスができる展開になっても、ここであげる注意点を無視すれば一気にムードが台無しに。男性をガッカリさせ、あなたへの気持ちが冷めることにもなりかねません。

口臭ケアをする

たとえ好きな女性であっても、キスをするときに口臭があったらガッカリしてしまいます。口臭対策としては、キスの前に緑茶を飲む方法や、定期的に水を飲んで口の中を乾燥させない方法などがいいでしょう。ただし、口臭ケアをしすぎて、彼氏にキスのことを感づかれないようにしてくださいね。

唇をカサカサにしない

男性からすると、女性のカサカサの唇はとてもガッカリします。しかし、カサカサにしないためにグロスを塗りすぎると、自分に付きそうと懸念されてしまうこともあります。あくまでもサラッと塗って、塗りすぎたと思ったらティッシュでオフしておきましょう。

デート前日に、リップスクラブなどでお手入れしておくのもおすすめです。

キレイな肌を心がける

キスをするときは相手との距離が近くなります。いつも以上に近い距離で顔を見られる形になるので、念入りにスキンケアとメイクをして、毛穴レスのキレイな肌を目指しましょう。また、口周りの産毛などのムダ毛処理も徹底的にしたほうが良いです。

同じテクニックを頻繁に使わない

テクニックを使うと良いからといって、頻繁に同じ手を使ってしまうと、彼氏は飽きてしまいドキドキしなくなります。キスを誘うテクニックの引き出しをたくさん用意して使い分けることで、同じ手が続くのを回避しましょう。

まとめ

上手なキスの誘い方で共通しているのは、「甘える」ということです。男性は女性から甘えられるのに弱い生き物。

ただし、頻繁に誘っていると彼氏が疲れてしまい、面倒くさいと感じるようになるかもしれません。そのためほどほどに、またはここぞ!というときだけにとどめておくのが良いでしょう。

あと、キスの雰囲気をぶち壊しにしないように、口臭と肌のケアはしっかりと!万全に準備をして彼氏のほうからしたくなるような、効果的なキスの誘い方をしてくださいね。