動物占いのペガサスと恋愛相性がいいのは?占い師が詳しく解説

この記事の情報提供者

12種類の動物に分類して占う「動物占い」は、よく当たると人気があります。生年月日から動物を調べてみたらペガサスだったという人や、好きな相手がペガサスだったという人もいるでしょう。

今回は占い歴12年のsara さんに、ペガサスの基本性格や恋愛傾向について詳しくお聞きしました。さらにペガサスと相性のよい動物も紹介するので、気になった人はさっそくチェックしていきましょう。

「ペガサス」の基本性格とは

動物占いの中でも、ペガサスは唯一の架空動物ですが、どのような基本性格なのでしょう。ペガサスには地球上の動物には当てはまらない、人間の想像を遥かに超える“自由さと特徴”があるようです。

自由な天才肌

ペガサスの基本性格として、「自由な天才肌である」ことがあげられます。ペガサスがもっとも嫌うことは束縛。社会生活や人間関係などすべてにおいて、常識やルールに縛られることを嫌います。

また、仕事面でもマイペースで独創的な発想を持ち、細かな指示を出されることを嫌がる傾向も。トラブルのときなどは、直感で乗り切る臨機応変さを持っています。

気分屋で面倒なことを嫌う

ペガサスは、気分屋な一面があります。そのため、気分が乗っているときにはアイディアも豊富で社交辞令もうまく、華やかな存在になるでしょう。

しかし、面倒なことが大嫌いなので、気分が乗らない場合はすぐにどこかに飛んで行ってしまいます。

「ペガサス」の恋愛の傾向

マイペースで面倒なことを嫌うペガサスは、恋愛に関してはどのような傾向があるのか解説します。当てはまるかどうか、チェックしてみてくださいね。

自由奔放で感情のおもむくまま突き進む

自由で直感的なペガサスは、恋愛においてもまさに自由奔放です。大事なのは自分のフィーリングなので、たとえ相手にパートナーがいようと、おかまいなしに自分の感情のまま突き進むことも。

また、「追われる」よりも「追う」ほうが好きで、ペガサスにとっては出会ってからの時間は関係ありません。そのため、すぐに恋に落ちることもありがちで、まさに「恋愛体質」といえます。ミステリアスな魅力を持っていることも多いので、モテる人も多いでしょう。

熱しやすく冷めやすい

ペガサスは恋に落ちやすいのですが、冷めやすいことも特徴としてあげられます。たとえば、相手が束縛してきたリ、自分のペースで動けなかったりした場合などは、すぐに相手への気持ちは冷めてしまうでしょう。

また、すごく盛り上がったと思ったら、突然相手を振るようなことを平気でやってのける一面も。ただし、寂しがり屋でもあるので、すぐに次の恋に向かって飛び立ちます

「ペガサス」と恋愛の相性がいい動物は?

自由で情熱的な恋愛をしがちなペガサスですが、恋愛対象としてどの動物となら相性がよいのでしょう。ペガサスと相性のよい3つの動物について、その理由とともに詳しく解説します。

気長な「たぬき」

変幻自在な「たぬき」は、ペガサスと恋愛の相性がいい動物のひとつです。誰にでも合わせられる「たぬき」は気も長いので、自由なペガサスを受け入れてくれる数少ない動物といえるでしょう。

切り替えの早い「チーター」

ペガサスは、同じく行動力がある「チーター」とも相性がよいです。「チーター」は気持ちの切り替えが早いので、ペガサスに振り回されることが少ないでしょう。また、ペガサスも「チーター」と一緒にいると、気持ちが落ち着くようです。

現実主義の「虎」

意外なのは、ペガサスと「虎」の相性のよさです。自由主義のペガサスと、現実主義の虎。一見、まったく違うタイプに見えますが……。

「虎」がペガサスの自由さを認めてしっかりと支えられれば、ペガサスは安心して頼れるので、信頼関係が結べる関係になれるでしょう。

「ペガサス」と恋愛の相性が悪い動物は?

恋愛に関しても我道を貫くペガサスと、うまくやっていける動物は少数派ですが、中でもとくに相性の悪い動物を紹介します。今までの恋愛関係で、思い当たる節があるかもしれませんね。

かまってちゃんな「コアラ」

思い立ったら即行動するタイプのペガサスと、じっくりと計画的に物事を進める「コアラ」は、正反対の考え方をします。かまってほしい一面がある「コアラ」に対して、自由な恋愛を好むペガサスは、面倒くさいと感じることもあるでしょう。そうなると次第に窮屈に感じて、逃げ出したくなってしまうかもしれません。

寂しがり屋の「ひつじ」

寂しがり屋で一人でいることを嫌う「ひつじ」も、ペガサスにとっては面倒に感じやすい存在です。「ひつじ」は常に人と一緒にいることを好み、甘えたがりでもあります。そんな「ひつじ」と一緒にいると、ペガサスはストレスがたまりかねません。

また、フィーリングのおもむくまま自由に振る舞うペガサスは、まじめな性格の「ひつじ」にとっては、ついていけないと感じることも少なくないでしょう。

マイペースな「狼」

「コアラ」や「ひつじ」と違い、マイペースな「狼」はペガサスと似た面があるため、相性がよさそうにも思えます。しかし、自分が一番のペガサスと、人に対する関心が薄い「狼」は、決して恋愛の相性がよいとはいえないでしょう。

どちらも自分のペースを大事にするので、たとえ付き合ったとしてもお互いに冷めていて、カップルとしては長続きしないと考えられます。

恋愛を成就させるために「ペガサス」が気をつけるべきこと

気分屋で自由に振る舞いがちなペガサスですが、恋愛する際には気をつけたほうがよいことがあります。ペガサスが恋愛を成就させるためには、次の2つの注意点をしっかりと心にとめておきましょう。

相手のペースに合わせる

マイペースなペガサスは、恋愛においても自分の気持ちを優先しがちです。しかし、相手にも気持ちがあることを理解して、相手のペースに合わせることも必要です。

直感型で待つことが嫌いなペガサス。ただし、面倒に思うことでも相手にとっては大事な時間かもしれません。そのため、ゆっくりと待つということも心掛けるようにしましょう

自由でいたい気持ちを理解してもらう

自由奔放なペガサスは、少し立ち止まって、相手の気持ちを察して行動することが大切です。同時に「自由でいたいこと」を、相手にきちんと伝えることも重要といえます。

性格として、自由に振る舞ってしまうことは、なかなか変えられることではないでしょう。しかし、自分にとっては普通だと思って行動していることも、相手からしたら、ただの気まぐれやわがままだと誤解されかねません。

そのため、はじめから「自分はこういうタイプの人間」ということを伝えて、理解してもらったうえで付き合えば、不要な誤解は避けられるでしょう。

まとめ

カップル ハート

動物占いで12個あるキャラクターのうち、唯一実在しない動物のペガサスは、良くも悪くもほかとは違った個性を持っています。自由奔放に自分を貫き通す姿は、人によっては魅力的に映ることもあるでしょう。

ただし、恋愛においてはそのマイペースさゆえに、相手に「これ以上は付き合いきれない」と感じさせてしまうかもしれません。ペガサスの人は、相手を理解しようとする気持ちを持つことはもちろん大切ですが、一番は自分の奔放さを理解してくれる人と付き合うことが重要といえるでしょう。