動物占いでの象の性格傾向は?特徴を知って人間関係を円滑に

この記事の情報提供者

動物占いにおける象がどのような性格を持っているのか、気になってはいないでしょうか?今回は占い師のsaraさん提供の情報をもとに、象の性格や仕事と恋愛の傾向、人間関係を築く上での注意点に迫ります。自分の特徴を知ってより良い人生にするために、ぜひ参考にしてみてください。

「象」の基本性格とは

ノソノソと歩く姿や、水浴びをする姿を思い浮かべる人が多い象。動物占いでは、どのような性格的特徴を持っているのでしょうか。以下にまとめましたので、順番に見ていきましょう。

温厚

動物占いにおける象の人は、優しく面倒見がいい縁の下の力持ちです。集団の中に溶け込める協調性やこうと決めたら最後までやり抜く責任感があり、人と敵対することはあまりなく、まわりから頼りにされる存在です。

また、根回しがうまい人が多いのも特徴のひとつですが、まわりに対して嫌な印象を与えません。それは自分の欲を満たすためのものではなく、まわりにとってプラスに働かせるためのものだからです。

努力家

きちんと目標を立て、コツコツ努力することを億劫に感じない職人タイプです。少しずつクリアすることに達成感を覚え、ひとつのことを極める持続力に優れています。したがって、アスリートや芸能人でも一流を極める人が多く、まわりから憧れの目で見られることもあるのが象の人。

しかし、努力という言葉自体は好みません。目標を成し遂げるために地道に頑張る姿を人に見せることはしないです。

怒るとコワイ

動物占いで象の人は決して優柔不断なために怒れないわけではありません。しっかりと自分の意思があり、怒る理由があればそのときには怒ります。

いつもは穏やかな人ほど、キレると手がつけられないというのはよく知られている話。動物占いにおける象の人は、そんな性格的特徴もあわせ持っているのです。

待たされるのが嫌い

堂々とゆったりとして見えますが、その一方で実は待たされるのを嫌います。これは、短気ということではなく、「時間をちゃんと守る」ということを大事にしているからです。なお、自分は他人を待たせても平気ないわゆる他人に厳しく自分に甘いタイプでもなく、きっちり約束を守るなどの誠実さが象の人にはあります。

「象」の恋愛の傾向

象の人の恋愛にどのような特徴を持っているのか把握すれば、自分が好きな相手との接し方も見えてくるというもの。そこで、動物占いで象の人の恋愛傾向をチェックしていきましょう。

好きな相手には愛情深く一直線

動物占いの象の女性は、一度親しくなるととても優しく深い愛情で相手を包みます

根回しが得意なためにさまざまな演出をするように見えますが、実は恋愛においては小細工が苦手で、好きになると一直線に突き進むタイプです。正々堂々としているので、自分でこうと決めたら周りのアドバイスも耳に入らず、時に押しまくるところがあります。

とはいえ、情熱的に押すのではなく、しっかりと相手の様子をうかがいながら、相手がどこまで自分を受け入れてくれるのかを見ながら進んでいきます

嘘や誠意のない言動を嫌う

恋愛中は、相手を思いやる優しい象の女性ですが、嘘や誠意のない言動は大嫌いです。精神的なつながりも大事にするため、いい加減な男性に対しては、キツイ一言も飛び出します。相手の発言や行動しだいでは激怒して、怒りがなかなかおさまらないことも。

「象」の仕事の傾向

今の仕事にイマイチ満足できていない場合、以下の内容をチェックすれば納得がいき、対処法がわかるかもしれません。ここでは、動物占いで象の人に見られる仕事の傾向を解説します。

信頼されやすい

動物占いにおける象の人は、真面目で責任感が強く努力型であることから、リーダーとして抜擢される人も多いでしょう。貫禄もあり面倒見が良いことから多くの人に慕われます。

しかし、象の人は自分から表に出ていくタイプではありません。したがって、仕事ぶりが上司に見えていなければ、実績をつくっても自分の評価につながらないことも。実際にそのような環境下で仕事をしていれば、実力に対して収入が低いという不満を感じてしまいやすいといえるでしょう。

完璧主義

動物占いで象の人には面倒見の良さや協調性の高さから円滑に仕事を進める人が多いですが、一方でチーム体制での仕事が苦手な人も少なくありません。

それは妥協することを嫌い、相手にもそれを求め、自分の考えを人に押しつけてしまうところがあるから。部下のミスにもシビアなところがあり、待たされることを嫌うため、遅刻にも厳しいです。

職人気質で専門職に向いている

コツコツと努力することのできる職人気質が、動物占いにおける象の人にはあります。ほかにも、チーム体制が不得意ということも加味すると、専門的かつ一人作業の多い、自分のペースで打ち込める仕事に向いているといえるでしょう。自分の作品づくりに打ち込める分野も良いです。

「象」の人が人間関係を築く上で気をつけると良いこと

動物占いにおける象の人に限った話ではないですが、自分の良くない面が出ないようにするのが、人付き合いを良好なものにするには大切です。象の人の場合は次の点に注意しましょう。

人の話を聞く

動物占いの象の人は、まわりの人の意見に流されない強い意志を持っています。しかし、それが強く出すぎてしまうと頑固になってしまい、人の話を聞かなくなります。また、考えるより行動派で、自分の直感を信じているために人の話を聞いていないことも多いです。

したがって、象の人が人間関係を築くときには、相手の話に耳を傾けるということに注意したほうがいいでしょう。自分のためを思って意見をいってくれているのに聞く耳を持たずにいると、人が去っていってしまうことにもなりかねません。

一人の時間を確保する

面倒見がいいために、たくさんの人が寄ってきますが、象の人は一人でいることも大事にします。そのため、あまり相手に合わせすぎるとイライラが募りやすいです。

したがって、時には自分だけで過ごす時間を設けましょう。そしてそのためには、自分のペースを理解してくれる人と付き合うことも大事です。

そうして上手に自分と向き合い、嫌な気持ちをため込まないような生活を送れば、いつもの温厚な自分を保つことができるでしょう。

完璧主義を捨てる

何か目標を達成するために100%を追い求めること自体は、決して悪くありません。より良い結果、自身を高めることにもつながるからです。

しかし、相手に求めるのはおすすめしません。たとえば先述した部下のミスに対して厳しいという話を例に説明すると、一緒に仕事をする人が嫌な思いをすることにつながります。

自分も仕事ができない部下に対してイライラが募ることにもなり、部下としても落ち込んだり上司に対する不満を募らせたりします。他人に対する完璧主義を手放し、持ち前の面倒見の良さを発揮して、部下の抱える問題を一緒に解決するのが良いでしょう。

まとめ

動物占いにおける象の女性は真面目で、何かと配慮して人の世話をするのがうまく、目標達成に向けて地道に頑張れる、周囲の信頼を集めやすい人です。恋愛においても正面から真っ直ぐに向き合えます。

しかし、縁の下の力持ちに徹するために仕事ぶりが評価されないことや、真面目さや意志の強さがいきすぎて人を遠ざけてしまうなど、性格が裏目に出ることも……。

自分の特徴が悪いほうに出ないよう、今回ご紹介した内容を参考に対策をして、良好な人間関係を築いてくださいね。