【占い師解説】タロットの世界は廻る!世界カードの意味と解釈

この記事の情報提供者

タロットカード大アルカナ最終番号21番のカードは“世界”です。タロットの種類によっては“宇宙”とも呼ばれるこのカード。また、ほとんどのタロットで最終番号21番が当てられています。これは意味があるのでしょうか?占い師のrinnrinnkarinさん提供の情報をもとに、世界カードの意味と解釈をレクチャーします。

タロットカード「世界」の意味とは?

大アルカナの最終番号である21番に、世界もしくは宇宙のカードが位置しています。カードの名称が変わると位置や意味も違ってくることの多いタロットで、ほとんどのタロットが最終21番に世界(宇宙)が位置しています。この意味について見てみましょう。

タロットカードの世界観

タロットカードの種類によっては、意味や解釈は無限にありますが、大アルカナをひとつのストーリーと捉える場合、0番“愚者”の成長と旅を表しているのが、大アルカナに付されたナンバーだといわれます。

0番の愚者がさまざまな人物や出来事に遭遇して、最終21番の世界でゴールするストーリーを示す世界観が大アルカナのカードに描かれています

世界=完成された存在

世界のカードは、完成された存在という意味があります。混沌とした世界が、時間を経て、豊かなものへ世界は変容していきます。完璧であり達成された状態と考えていいでしょう。

しかし完璧である状態といっても、緊迫感のあるような意味合いではありません。安定的でそして世界のバランスが整っています。まさに世界が完成して存在しているという、安心感のようなものも含まれています。

上の世界&宇宙すべてのカードの四隅にそれぞれ聖獣が描かれており、中央の人物は両手にワンドを持ち上下を指しています。これは天地の融合を意味しており、四隅の聖獣は4大元素(火・水・土・風)の安定と調和を表し、完成された世界観を意味します。

「世界」カードが出たとき!正位置&逆位置の意味と解釈

世界カードもほかの大アルカナと同じように、正位置と逆位置では大きく意味が違います。タロットカードでは逆位置であっても意味が逆になるとは限りませんが、世界はほぼ逆の意味と解釈してもかまいません。具体的な意味は以下のとおりです。

正位置:完成!約束された成功

世界の完成という意味でそのままにとらえてください。まずひとつ目は、物事の達成です。何か挑戦していたことが達成する、何か希望していたことが達成するなど、ハッピーエンドになる暗示です。いい方向へ物事が発展していきます。

ふたつ目の意味は、世界の調和を意味しています。バランスが整い良い状態になるということです。または何かぶつかりあってアンバランスになっていたことが、うまい具合にマッチしいくという意味です。世界の完成という意味でも、物事がまとまっていくととらえていいでしょう。

完成された状態なので、これ以上の成功を望む場合、アプローチを変える必要があります。今は成功や完成を享受しましょう。

逆位置:未完成!惰性による挫折

世界の正位置の逆の意味になります。

ひとつ目に、物事が完成していかないという意味です。何か欠けてしまったり、途中で終わってしまったり不完全な状態を意味しています。また、世界が満ちていかないという意味で、エネルギーが不足しているという意味も含まれています。

ふたつ目は、物事の停滞を意味しています。ひとつ目の意味合いにも似ていますが、完成されず沈黙してしまったり、物事が進まなかったりする状態を示します。失敗の原因が出てきてしまったり、スキができやすかったりという意味も含まれます。

ネガティブな意味とは限りません。正位置と同じようにアプローチを変えれば、成功の可能性は残されています。

金運を占いたいときに「世界」カードが出た場合の解釈


世界のカードは物質世界を超越した世界観が描かれており、直接は金銭に結びつかないかもしれません。正位置と逆位置の解釈のしかたを見ていきましょう。

正位置:金運上昇

世界の正位置が出た場合は、金運の高まりを意味しています。ただ、今がいい状態なので、欲をかいてギャンブルなど賭け事をしてしまうと、運気を使い果たしてしまいます。安易なことはせず、安定的な今の金運上昇の流れにのって、着実に収入などをアップを狙っていくとよいでしょう。

投資による臨時収入やギャンブルで収入を得ることではなく、保険金や定期預金が満期になるなど、あなたの努力が報われて報酬につながります。

逆位置:これ以上の金運上昇は期待できない

世界の逆位置が出てしまった場合、これ以上の金運上昇は見込めないでしょう。安定してしまっているので、何かプラスして行動を起こさなければ、金運がアップしません。転職をしたり、ビジネスをはじめたりと行動を起こしてみるといいでしょう。

金余り状態ではありませんか?上手い投資話しには裏があるかもしれません。欲をかいて投資すると失敗します。

恋愛運を占いたいときに「世界」カードが出た場合の解釈

恋愛の充実や完成(結婚)を表します。逆位置で出てもそれほど悪いカードではありません。具体的な解釈のしかたをチェックしていきましょう。

正位置:ハッピーエンドの暗示

世界のカードが正位置で出た場合は、ハッピーエンドの暗示があります。ただ、世界には完成されたという意味があるので、片思いなどの場合、やり方を変えたほうがいいという暗示にもなります。雰囲気を変えたり、行動を変えてみたりして、より一層いい方向へいく可能性があるという意味です。

充実感があり過ぎて怖いくらいの恋愛になっているかも?ゴール(結婚)を目指してみてはいかがでしょうか。

逆位置:自分の行いにまずいことがあるかもしれない暗示

もし世界のカードの逆位置が出てしまった場合、自分の行いにまずいことがあるかもしれないという暗示です。このままでは結果がうまくはいきません。何がいけないのか、じっくりを考えてみていい方向へ変えていくことがよいという暗示です。

その恋愛に疲れていませんか?もし不倫など先の見えない不毛な恋をしていたら、方向転換してみるのが良い方法です。

仕事運を占いたいときに「世界」カードが出た場合の解釈

世界は成功や完成を意味するカードなので、仕事に大きく関わるカードです。正位置と逆位置の解釈の仕方を確認していきましょう。

正位置:成功する

世界のカードが正位置でた場合は、成功するという意味になります。

ひとつ目は、実力が認められて評価されるという意味です。気力も十分に満ちて、いい状態になります。いい成果が出るでしょう。

ふたつ目は、仕事で成功して昇給したり、ボーナスがアップしたりという意味も含まれます。

あなたの過去の努力が実り成功や完成につながりました。今は祝杯を上げるときです。もっと上を目指すなら方法を変えてみましょう。

逆位置:仕事のミスが目立つ

反対に逆位置で世界のカードが出てしまうと、仕事のミスが目立ってしまいます。進展がなく停滞している状態かもしれません。焦らずじっくりひとつずつ、仕事を完成させていきましょうという意味です。

それほど悪い状態ではありません。仕事には積み重ねが重要です!大きな方向転換より、少しアプローチを変えてみましょう。

人間関係を占いたいときに「世界」カードが出た場合の解釈


世界のカードは精神の充実の意味もあり、人間関係は良好です。正位置と逆位置の違いは次のとおりです。

正位置:良好な関係が続く

世界の正位置が出た場合は、いい関係が続くという暗示です。いい距離感で、いい雰囲気になるでしょう。ですが、疎遠になってしまった人とは縁遠くなったままであり、変化は期待はできません。

今の人間関係を大事にしましょう。信頼により友情の絆が強くなります。現状の人間関係で満足しましょう。

逆位置:別の新たな縁が出てくる

世界の逆位置が出た場合、これまでの人間関係から別の新しい縁が出てくるでしょう。交友関係を広げるチャンスになる可能性があります。現状維持で今の関係を持ちながら、新しい世界にチャレンジしていくといいでしょう。

他人の立場や環境を羨ましく思っていませんか?あなたの人間関係も十分充実しています。欲望では精神は充実しません。

まとめ

世界カードの意味は成功や完成です。成功は過去になり、完成はいずれ崩れていきます。世界のキーフレーズは、「愛への新しいはじまり」です。何ごとにも終わりが訪れ、新たなはじまりがあります。あなたもタロットに出会ったことで新しい何かがはじまります。