バスタオル枕でスッキリ起きれる!作り方とメリット・デメリット

バスタオル枕というものを知っているでしょうか。最近流行っている枕で、実はスッキリ起きることができると人気を博しています。

ここでは、

についてまとめてみました。

バスタオル枕がおすすめの人


バスタオル枕がおすすめの人は色々といて、生活の中に取り入れるだけで快適な生活を送ることができると人気です。そこで、ここからはまずバスタオル枕がおすすめの人を紹介するので、当てはまる人はぜひ使ってみてください。

朝起きたときに首や肩がこっていると感じる

朝起きた時、首や肩が凝っているという人はいるでしょうか。現代人の病とも言えるものですが、首や肩が凝ってしまうということも多いですよね。特にスマホやパソコンが普及した昨今、それらの部位への負担は年々増加しています。

また、仕事をしている人の中には、そういう生活習慣による悩みがなかなか抜けなくて苦労している人もいるでしょう。ぜひそういう人にこそバスタオル枕を使ってもらいたいです。特に首や肩の負担が大きい人は、寝具が合っていない可能性もあるので注意しましょう

朝起きたときに腰痛や足のしびれを感じる


朝起きた時、腰や足に違和感がある人は、バスタオル枕が向いていると言えます。首や肩だけではなく、実は腰や足にも効果が期待できるのがバスタオル枕なのです。毎日力仕事などをしている人はもちろん、デスクワークの人なども同様ですね。

人間の身体は異変が出てくると、症状として出てきます。しかし、現代人は我慢することに慣れてしまって、気づいていても気づかないふりをするのです。それはバスタオル枕で解消することができるかもしれないので、ぜひ使ってもらいたいですね。

スマホやパソコンの影響でストレートネックになっている

スマホやパソコンを使っていると、ストレートネックになってしまいます。骨というのは真っ直ぐすぎても良くありませんし、曲がりすぎても良くありません。ちょうど良い柔軟さが必要なのですが、それができていない人も多いです。

特にスマホやパソコンを使っていると、骨がカチッと固まってしまっていて、なかなか動かないということもあるでしょう。その状態が1時間や2時間以上続くと、よりストレートネックになってしまいます。そういう人ほどバスタオル枕を使うべきです。

バスタオル枕のメリット


バスタオル枕を使うことによるメリットはとても大きいです。生活の中で多い人だと3分の1も使う睡眠に関わることなので、ぜひそのメリットを知っておきたいですよね。ここからはバスタオル枕のメリットを紹介します。

高さ調整が簡単にできる

高さが自由自在に調節できるのが、バスタオル枕のメリットの1つです。市販の枕には色々なものがありますが、逆に様々なものがあっても「なんか高さが合わないなぁ」と思うこともあるのではないでしょうか。そんな時、バスタオル枕なら好きに調節できます。

首や肩が痛くなる人は、枕の高さが合っていないこともあります。そのため、自分にとってベストな高さを見つけていくことが必要となるでしょう。バスタオル枕は入れるバスタオルの枚数によって調節できるから、そこが魅力と言えます。

バスタオルだから低コスト


バスタオル枕はバスタオルですぐに作れるので、かなり低コストです。高級な枕などを購入するくらいなら、自分で作ってしまった方が良いかもしれません。普通の枕であっても、少なくとも数千円はすることがありますよね。

バスタオル枕なら、それらのコストを考える必要もありません。普段から使っているバスタオルを使っても良いですし、購入してきて使っても良いです。ただ、1枚なら数百円で手に入れることができるので、コスパも相当良いでしょうね。

簡単に洗い替えが準備できる

バスタオル枕の良いところは、簡単に洗い替えができるところにあります。汚れてきたらそのバスタオルは洗濯して、他のバスタオルを使うことができるのです。それはやはり手間も面倒もありませんし、何よりエコですよね。

正直、市販の枕だと自分で洗濯するということが難しいこともあります。バスタオル枕なら気になるバスタオルだけを交換して使い回すことができるので、とても楽です。そういう意味でも魅力はとても大きいのではないでしょうか。

作り方を覚えれば旅行中も自分にあった枕をつくれる


作り方を覚えると旅行中でもバスタオル枕を作れます。特に温泉旅館などに行くと、枕が用意してあるのですが、なかなか自分に合わないこともありますよね。ただ、そんな時でも作り方さえ覚えておけば簡単にバスタオル枕が作れるのです。

これは海外旅行でも言えることですね。海外は特に枕が合わないことは多々あります。そのため、バスタオル枕の作り方は知っておくことがおすすめです。そこはしっかりと作り方を知っておき、ぜひ快適な旅行にしましょう。

バスタオル枕のデメリット

ベッドでスマホをいじらない
バスタオル枕はデメリットもあることはあります。魅力が大きいのでそこまで気にすることは必要ありませんが、それでもやはり知っておくと良いでしょう。ここからはバスタオル枕のデメリットを紹介するので、参考にしてみてください。

寝相が悪いと枕が崩れやすい

寝相が悪い人は、枕が崩れやすくなるのがバスタオル枕の難点かもしれませんね。他の市販の枕のように裁縫して作られているわけではないので、当然のように動くとズレてきて、そのまま崩れてしまうということもあります

寝相があまり良くないという人は、そこを気をつけておくことが必要となるのではないでしょうか。実際にバスタオル枕を作っても、それがストレスになってしまうと意味がありませんよね。頑丈に作る方法も合わせて知っておきましょう。

毎日作らないといけない


バスタオル枕は基本的に毎日作らないといけません。毎日のように頭皮からは皮脂や汗が出るので、交換することが必要です。人によっては「何日かは大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、そこは頻繁に交換することをおすすめします。

雑菌が溜まってくると、微生物が増えるだけではなく、不衛生になりますからね。手間や面倒を考えると、ちょっと嫌になってしまうことがあるかもしれません。そこはちゃんとバスタオル枕を作る習慣を身につけていくことが重要ですね。

安いタオルや古いタオルは肌触りが悪い

安いタオルや古いタオルを使うと、肌触りが悪くなってしまうのも、ちょっとした難点だと言えるでしょう。バーゲンセールで買ったものや贈り物としてもらったものなどは、実はそこまで質が高くありません。

そのため、今治タオルなど少し高級なものを使っていくと良いかもしれませんね。コストの安さが魅力のバスタオル枕ですが、ちょっと工夫することでより快適な枕に変身してくれます。そこは自分のやり方に合わせて見ると良いでしょう。

スッキリ起きれるバスタオル枕の作り方


スッキリ起きれるバスタオル枕を作るためには、方法もしっかりと知っておくことが重要です。ここからはそんな素敵なバスタオル枕の作り方を紹介するので、ぜひ上手に作って毎日快適な睡眠を実現してみてはいかがでしょうか。

バスタオル4つ折りにして首を支える部分作る

まずはバスタオルを4つ折りにして、首を支える部分を作りましょう。ここをしっかり作らないとくにゃっとしてしまって、頭の安定感が失われてしまいます。そのため、ここは実際に首や頭を乗せてみて、判断していくようにしましょう。

ちなみに、4つ折りにする時には、タオルのサイズに注意しておくことが重要です。バスタオルとは言ってもサイズがそれぞれ違うので、4つ折りにすると枕の形が変わってくることもありますからね。

頭を乗せて高さを調整する


次に実際に頭を乗せて高さを調節してください。調節の方法は簡単で、バスタオルの枚数を工夫する他、折り目の増減によって調節することもできます。ここで高さをしっかり調節しておくことが、快適な睡眠へ繋がってきます。

ただ、人によって高さの好みが違ってくるので、頭を乗せた時に首が浮いてしまうようにならないようにしましょう。首をしっかり支えてくれて、それでいて頭の安定感があるような高さに調節していくことが必要となります。

両サイドの部分を筒状にしたバスタオルでつくる

両サイドの部分を筒状にしたバスタオルで作ることで、より安定感が増します。筒状にする時には、バスタオルを広げてくるくると左右のどちらからか丸めていくと、より綺麗な筒状になっていきます。イメージとしてはバウムクーヘンですね。

両サイドに置いてみて、枕の安定感が生まれれば、それで土台が完成します。ただ、この筒状のバスタオルがしっかりできていないと、ちょっとした寝返りなどでも形が崩れてしまうこともあります。しっかりと形は作りましょうね。

全体にバスタオルをかけて固定する


最後にバスタオルを全体にかけて固定すれば、バスタオル枕の完成です。最初は慣れないかもしれませんが、作り方を覚えてしまえば3分で作ることができます。バスタオル枕は固定しないとズレるので、固定することも忘れずに

後は実際に寝てみて、自分の好みに合わせていくようにしましょう。こればかりは何度か作ってみて判断しないといけないので、そこは十分な経験が必要となってきます。

バスタオル枕の使い方のポイント


バスタオル枕を使う時には、ポイントを知っておくことも重要です。ここからは上手な使い方について紹介していくので、そこも合わせて使ってみると良いのではないでしょうか。まずは使い方を知り、より快適なバスタオル枕ライフを過ごしてください。

ずれやすい場合はマジックテープで固定するとよい

ズレやすいという時には、マジックテープで固定するのが良いです。マジックテープは市販のもので十分で、近年は裁縫やクラフトなどの関連ショップでも購入することができます。100円均一ショップにも置いていることがあるので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

こまめにたたむことでずれによる不快感をふせげる

こまめに畳むと、ズレによる不快感を防ぐこともできます。これは感覚の問題なのですが、こまめに畳むだけで実は違ってきます。正直バスタオルはタオルなので、寝返りなどによってズレてしまうことが多いです。そういう時にはこまめに畳み直してください。

目の細かいタオルにすると肌触りが良い

目の細かいタオルにすると肌触りが良くなります。特に今治タオルなど、ふわふわで肌触りが良いタオルをチョイスするととても魅力を感じやすいですね。快適に睡眠を得るためにも、ぜひタオルの生地にもこだわってみてください。生地が良いとそれが寝心地自体に繋がってくることもありますからね。

幅が狭いと感じたらタオルケットを使ってみる


幅が狭いと感じた時には、タオルケットを使って調節するようにしてみてください。できる限り大きな枕を作ることで、より寝返りした時の安定感も違ってきます。大きめのタオルケットなどを用意することで、より良い睡眠に繋がってくるでしょう。

まとめ

バスタオル枕は生活にも直結する睡眠を快適にしてくれるかもしれません。そこも含めて、まずは使ってみることをおすすめします。作り方はとても簡単なので、ぜひバスタオルが多く余っているという時には、やってみてくださいね。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。