夢占いで妹が意味することとは?妹が登場する夢の意味11シーン

夢の中に妹が現れて驚いた経験はないでしょうか。実際にいる妹に関する警告や暗示などとして夢をみることもありますが、そのほとんどは夢を見た本人の人間関係や内面を象徴するといわれています。

ここでは、

についてまとめてみました。

夢に妹が出てくる意味は?


夢の中に出てくる妹は自分自身の内面や人間関係を象徴するといわれています。自分で気づいていないことが多く、その意味を理解することで問題を解決したり、災いを未然に防いだりすることができます。夢に妹が出てくる意味とは何なのでしょうか。

人間関係や自分自身の気付いていない内面の象徴

夢の中に妹が登場する場合は、妹に実際に何かが起きるわけではなく妹の姿を通して自分自身の気づいていない内面や他者との人間関係が象徴される場合が多いようです。自信があることよりも自分でも気づいていない内面の弱さやコンプレックスが妹の姿となって暗示されることも多く自らを振り返る機会になるでしょう。

現在抱えている人間関係のトラブルや悩みが解消されたり、逆にこれからトラブルが生じたりなど、妹が登場する夢のシチュエーションによって暗示される意味が変わってきます。

妹は自身の心の繊細さを意味している

夢の中に登場する妹の様子や妹との関係などによって、暗示されている意味が異なります。一般的に夢のなかに登場する妹の姿は、自分自身でも気づいていない心の中の自分を表すことが多いとされています。いわゆる潜在意識に近いものが夢に現れるといえるでしょう。

なかでも自身の心のなかにあるナイーブで傷つきやすい心を意味することが多いようです。夢のシチュエーションによっては繊細さを克服して本来の自分の性格が発揮されることを意味する場合もあります。

夢の中での妹との関係性は対人運や恋愛運とリンクしている


夢の中では自分以外の登場人物が目立っていても、そこに自分の気持ちや悩みなどが投影されていることが多いものです。夢で妹を見る場合は、妹とどのような関係性があるかによって対人関係がどうであるかを占うことができます

職場の同僚、仲の良い友人などとの対人関係、異性との恋愛関係とも密接に関わっており、今後どのような関係に発展していくのかを暗示する夢としてとらえることができるでしょう。

【吉夢編】妹が登場する夢のシチュエーション4つ


妹が登場する夢は大きく分けて吉夢と警告夢の2つがあります。夢の中で妹との関係や行動がどうなっているかで自分の悩みや対人関係などを占うことができるでしょう。妹が登場する吉夢のシチュエーションを4つ紹介します。

妹との関係が良好な夢:対人運が上がる暗示

妹と楽しそうに会話していたり、食事やショッピングをしたりするような関係が良好な夢を見た場合は、対人運が上がる暗示として吉夢としてとらえていいでしょう。男性が妹と関係が良好な夢を見た場合は異性運が好調であることを示しています。これからさき気になる人との恋愛が進展する可能性が高いといえます。

女性が同じような夢を見た場合は男女を問わず対人運が良好であることを示しています。職場の人間関係や友人との関係を良好に構築できると考えていいでしょう。

妹と喧嘩する夢:人間関係の悩みが改善される暗示

妹と喧嘩する夢を見た場合、記憶が鮮烈なまま起床するととても気分が悪いこともあるでしょう。夢に現れる妹は自分と周りの人との人間関係が投影されているため、今後人間関係での悩みやトラブルが生じることを暗示しています。しかし、悩みが生じてもすぐに改善、解決が図られ良好な人間関係に回復する吉夢であることが特徴です。

くよくよ悩まずに相手のことを考えて行動すれば、いつの間にか関係が修復していることもあるでしょう。

妹が死んだり死体を見たりする夢:人間関係が改善されることを暗示


夢の中で妹が死んだり、妹の死体を見たりする夢をみると恐怖や不安でたまならくなることでしょう。とても不吉な夢のように思えますが、夢占いでは吉夢とされています。妹が死ぬ夢には、本来の自分とは異なる自分の嫌いな一面を克服して自分の魅力がアップすることが暗示されています

特にナイーブで傷つきやすい一面を克服できる可能性が高くなります。妹が自殺したり、妹の死体を見たりする夢も同じ意味があると考えていいでしょう。

妹が殺される夢:家族が抱えているトラブルが解決する暗示

妹が夢の中で殺される夢も不吉で恐ろしいものですが、夢占いでは吉夢とされています。この場合、妹やそれ以外の家族が抱えている悩みやトラブルが解決して事態が良い方向に進むことを暗示していると考えられます

一方、夢の中に現れる姉妹の姿は自分のなかにある本来の自分とは異なる性格を意味することもあるため、自分自身が殺される夢と同等の意味を持つこともあるでしょう。この場合も、人生の区切り、節目を迎えて新しい人生へ出発することができる吉夢ととらえることができます。

【警告夢編】妹が登場する夢のシチュエーション7つ


夢のなかに現れる妹は自分の内面や対人関係を暗示していることが多いため、シチュエーションによってはトラブルやもめごとを暗示する警告夢となることもあります。妹が登場する警告夢の7つのシチュエーションを紹介します。

妹との仲が悪い夢:恋人との関係が悪化する暗示

妹との仲が悪い夢を見た場合は対人関係の悪化を暗示するととらえられます。特に、男性が見た場合は異性である恋人との関係が悪化する可能性があると考えていいでしょう。夢に登場する妹は本来の自分とは異なる嫌な性格や改めるべき性格が暗示されることもあります。

妹との仲が悪い夢で特に妹の言動や性格が気になった場合は、自分自身の言動や性格を改めるように心がけることが大切です。普段は自身で気づかないことも多いので夢が教えてくれる警告を軽視しないようにしましょう。

妹の態度が悪く気に食わない夢:周囲の人の態度に不満がある表れ

夢の中で妹が悪態をついて不愉快な思いをする場合は、妹が自身の姿を投影していると考えられます。態度が悪くて周囲に嫌な思いをさせる妹の姿は実は自分を取り巻く周囲の人の態度です。したがって、周囲の人の自分に対する不満が自身のなかにあることを暗示しています。

表立ってトラブルは起きていなくても、少しずつ蓄積された不満やストレスが爆発して、今後、人間関係が急激に悪化することも考えられるため注意が必要です。

妹の欠点を嫌う夢:自分自身の欠点を直したいことの表れ


夢に登場する妹の欠点が無性に気になる嫌な気持ちになる場合は、多くの欠点を見せる妹の姿が自分自身の姿と重なっている状態といえます。つまり、自分に自分ではまだ気づいていないものも含めて嫌いな欠点があり、何とかして直したいと考えていることを暗示しています

自身に欠点があることを自覚し、何とかしようと前向きに考えている夢なので、改善のための努力を継続すれば欠点を克服することができるでしょう。

妹を殴る夢:人間関係の悩みやトラブルを抱えている表れ

夢の中で妹を殴ってしまう夢は、自分自身の人間関係の悩みやトラブルがピークに達していることを暗示しています。自分に対して強いコンプレックスがあり、周囲の人をとても疎ましく思ったり、悩んでいる自分に気付いて欲しいと思ったりしている状態であるといえるでしょう。

また、自分でもあまり気付いていない心の中にある本来の自分とは異なる嫌な自分のことが嫌いでたまらない気持ちが表れることもあります。何とかしたいと思っているものの解決できないもどかしさの象徴として暗示されることもあるでしょう。

妹と別れてしまう夢:もめごとやトラブルが起こる暗示

妹と別れてしまう夢は、妹や家族との間でもめごとやトラブルが生じることを暗示しています。普段は相手の気持ちをそこまで思い遣ることもなく何でも言いたい放題の関係の家族であっても礼を尽くすべき場面はあります。

身近で大切な存在であるからこそ、優しさや思いやりを忘れることがないようにと夢が警告してくれていると考えるようにしましょう。ちょっとしたトラブルでも放置したままにすると大きなトラブルに発展する可能性があるので注意が必要です。

妹がどこかへ落ちる夢:自分の性格に対する不安の表れ


妹が建物の上から地面に落ちたり、深い穴の中に落ちたりする夢を見る場合もあるでしょう。この場合の妹の姿は自分の内面、あまり好きではない性格を象徴しており、それに対して自ら不安な気持ちを抱いていることを暗示しています。

本来の自分とは異なる一面があることが原因で対人関係が上手くいかなかったり、本領を発揮できなかったりする可能性があります。自分としっかりと向き合って、気になる性格の改善に向けて努力しましょう。

妹とキスをする夢:身近な人間関係で大きな変化がある暗示

妹とキスをする夢は、兄弟姉妹、家族、親しい友人など、身近な人間関係で大きな変化があることを暗示しています。身近な人に対して優しさや温かみを求める気持ちが強くなっている状態であり、自らの働きかけにより人間関係に変化が起きる可能性があります。

場合によってトラブルが生じることもありますが、嫌なことがあったからこそ身近な人に対する思いに大きな変化が生まれるのです。想定外の嬉しい変化がある可能性もあり、自身の言動次第となります。

まとめ

夢占いでは夢のなかに登場する妹は自身でも気づいていない内面の繊細さや改善したい性格、周囲との対人関係を暗示しています。シチュエーションによって吉夢、警告夢の両方があるため意味をきちんと理解する必要があります。妹が登場する夢の意味を理解して自身の性格や対人関係の改善に活用しましょう。