夢を見る夢を見た!夢占いではどういったことの暗示なの?

夢の中で夢を見る、こう聞くと何か複雑な感じがするかもしれません。「夢を見ている自分」という夢を見ることを二重夢、もしくは多重夢といいます。

ここでは、

  • 夢の中で夢を見るとは?
  • 夢の中で夢を見る原因
  • 夢の中でみた夢の印象
  • 夢の中でマイナスな事が起こる夢
  • 幽霊が登場する夢

についてご紹介します。

夢の中で夢を見るとは?


寝ているときに夢を見ることは、さほど珍しいことではありません。「夢の中で夢を見る」とは、夢の中の自分は寝ていて、寝ているときに見ている夢を鮮明に記憶していることです。夢の中で夢を見るとはどのようなことか知っておきましょう。

これは夢だと自覚できる

夢の中で夢を見ることは、自分ではっきりと夢だと自覚できます。寝ているときにはっきりと「これは夢だ」という実感があり、その夢を見ている自分を客観的に見つめることができるため、普通の夢と区別がつきやすいです。

夢から覚めたはずなのにまだ夢の中にいる

通常の夢であれば、夢から覚めたときが目覚めの時です。しかし、夢の中で夢を見るということは夢から覚めてもなお自分は寝ていて、夢をみていると実感できます。これが、通常みている夢とは違うもので、二重夢もしくは多重夢といいます。こういった観点からも、やはり普通の夢とは区別しやすいです。

なかには吉夢もあるが多くは凶夢


夢というのは深層心理を表していると言われています。その夢の中でさえ寝ているというのは、心身ともに本当に疲れていることを意味しています。身体的には勿論、精神的に疲れていることです。そういった理由から、夢の中で夢を見る夢の多くは悪い夢で、吉夢は少ししかありません。

夢の中で夢を見る原因


夢の中で夢を見る、このような不思議なことはなぜ起こるのでしょうか。夢の中で夢を見る原因は心身の疲れをはじめとしていくつかあります。夢の中で夢を見る原因について知っておくとよいでしょう。

現実に不安がある

夢の中の夢は、心の奥底にある気がかりを指し示しています。現実に不安なことや心配なことがあるので、実際にそのようなことが起きてしまう夢を見てしまうのです。

トラブルを抱えている

夢の中で夢を見ることは精神的な不安と同時に、何かしら自分では解決できない、もしくは解決しづらいトラブルを抱えていることがあります。「これが夢であってくれたらいいのに」という強い願望や気持ちが、夢の中の夢としてあらわれてくるのです。

自分を客観的に見たいという気持ち


夢の中で夢を見るとき、これは夢だと思うことで自分のことを俯瞰して見られます。すなわち、自分を客観視したいと思う気持ちが夢の中で夢を見るという状況になっているのです。そのように明晰に夢の中の自分をコントロールしようとしているときは、現実世界でも自分のことを客観視してみる必要があります。

脳が無意識に自分が置かれている立場を整理しようとしている

夢の中で夢を見るのは、脳内において無意識に自分をコントロールしようとしています。すなわち、自分が置かれている状況や立場を客観的に整理しようという行為が、夢の中の夢というかたちになっています。現実世界において自分では解決しづらい複雑に絡み合った問題があるときにこのような夢を見ます

内容は深層心理や過去の出来事がモチーフとなっている

夢の中の夢、こう聞くとすごく複雑な状況に思えますが、実際の夢の内容はさほど難しいものではありません。深層心理や過去の出来事がベース、モチーフになって夢を見る夢として表れているのです。

夢の中でみた夢の印象


夢の中で見る夢は、現実的なトラブルや客観視したい問題があるときに見るのが多いようです。そのような夢の中で見た夢の内容によって、その夢の持つ意味がどう変わるのか見てみましょう。

嬉しい夢:そうであって欲しいという願望

夢のなかで嬉しい夢を見るときは、その嬉しい出来事が起こってほしい、そうなってほしいという願望の表れです。これ自体は吉夢とは言えず、そうあってほしいけれど現実はうまくいかない時に見ることが多いものです。現実は厳しいものですが、あきらめずに努力を続けることで夢はかなうと信じて頑張ることが必要です。

怖い夢:運気の低下

夢の中で「怖い」と感じるような夢は、運気が低下していることを示唆します。体調が悪くなったり、心身ともに疲れているので、深層心理の底の底から怖い夢となって現れます。自分の体の内なる声に耳を傾け、休養をとることも大切です。

不愉快な夢:ストレスが溜まっている


不愉快な夢を見ている自分を夢に見ることもルでしょう。これは、心身の疲労だけでなく精神的なストレスが相当溜まっていることを示唆しています。そのためこのような夢を見たときは、いちはやく心身をリラックスさせましょう。そして客観的にストレス減を分析することが必要です。

夢の中でマイナスな事が起こる夢


夢の中では、いいことだけでなくマイナスなことが起こることもあります。夢占いにおいては、マイナスなことは吉夢の場合もありますが夢の中の夢はどうでしょうか、見てみましょう。

失敗する夢:現実の失敗の原因を探る

何かの失敗をする夢を見ることもあります。これは、過去の失敗を繰り返したくないという強いお思いがそうさせています。この夢を見たなら、現実世界において過去の失敗の原因をていねいに探り、二度と繰り返さないように対策を練ることが必要です。失敗の振り返りの重要性を気づかせてくれる夢なので、これを生かせば必ずしも凶夢というわけではありません

失恋した夢:過去の失恋を引きずっている

失恋した夢を見ることもありますが、これはあなたがその失恋をいまだに引きずっていることを示しています。過去の恋愛のショックから立ち直れなかったりひどいフラれ方をして自信がなくなっていることです。過去の恋愛は過度に振り返らず新しい恋へと進んでみるのも時には重要です。

幽霊が登場する夢


幽霊は、夢占いにおいては自分を読み解くカギになります。ここでは幽霊が登場する夢を、夢の中で見た場合にどのようなことを意味するか調べてみました。

自分が幽霊になる夢:新しい自分に生まれ変わるための準備段階

夢の中の夢、その中の幽霊は自分を示しています。これは、自分が死んでしまって幽霊になっています。ただし、夢占いの世界において、死は必ずしも悪いことではありません。むしろ、生まれ変わりといういい意味です。古い自分を脱ぎ捨て、新しい自分に生まれ変わるための挑戦を示唆しているので、新たなことにチャレンジしていくとよいでしょう。古いしがらみなどを捨てたり、不快な人間関係をリセットできるチャンスである、という意味もあります。

姿が見えない幽霊の夢:過去のトラウマを受け入れる

姿が見えない幽霊の夢を見ている夢、これは、過去のトラウマを示しています。過去の出来事が原因で、心身ともに疲れていたり、ダメな自分を思い出して自己嫌悪におちいることもあるでしょう。こういった場合は過去のトラウマを素直に受け入れ、そのままの自分でよいと自覚するのも大切です。

夢の中で幽霊に襲われる夢を見る:自分自身の不安定な気持ち


夢の中で幽霊という不安定なものに襲われる、しかもそれが夢である場合、自分の心の中がとても不安定であることを示唆しています。精神的にストレスがかなり溜まっていて、身体に影響を及ぼすくらい不安定になっています。このような夢を見たときはまずは焦らずにリラックスすることが大切です。脳も心も、心からの休憩、休息が必要であるというメッセージだからです。

まとめ

夢の中で自分は寝ていて夢を見ている、このような不思議な状況は自分の深層心理を強く反映しています。たとえば心の中に気がかりなことがあったり、自分の気持ちを客観的に見てみたいと思ったときです。

夢の中の夢というのは自分自身の過去から決別したい、人間関係をリセットしたいという欲望の表れでもあります。ほとんどの場合、自分が心身ともにとても疲れているときに見る夢なので、まずはリラックスして休息をとったりストレスを解消することが大切です。いずれにせよ、良い意味はあまりないものの自分と向き合わなければならない夢の一つです。