風水からみた家の玄関に似合う色とは?玄関の方角で変わる!

風水では気の入口となる玄関はとても重要な意味をもちます。取り入れた良い気を部屋のなかにどのように循環させるかは玄関の運気に左右されることになります。家の中心から見た玄関の方角も重要な意味を持ちますが、玄関と相性の良いカラーら選びも大切です。

ここでは、

についてまとめてみました。

風水の持つ色の意味とは


風水では色にそれぞれ意味があり運気にどんな影響を与えるかが変わってくると考えられています。したがって、同じアイテムであっても色を変えるだけで運気の影響が変わり、与える印象まで変わります。風水の持つ色の意味について改めて理解しておきましょう。

青色は勝負運UP

青色には気持ちをリラックスさせる効果があります。精神を落ち着かせる効果も期待できるため安眠や良い睡眠のために寝室に取り入れる人も多いようです。安定感や冷静さを与えてくれる色でもあるため、仕事運や勝負運などをアップさせる際にもおすすめです。

薄い水色は水の気を持ち、濃い青は木の気を持つなど、同じ青色でも濃淡によって区別されることがあるので注意が必要です。

赤色は健康運UP

風水では赤色はエネルギーにあふれた色であり火の気を持つものとされています。仕事運や健康運をアップさせるために効果が発揮される色であり南の方角と相性が良いことでも知られています。

積極的に何か物事を進めたい際には、南側に赤い色を使った物を置くとよいでしょう。赤が強すぎて健康への影響が懸念される場合は、小物などのワンポイントで取り入れることが大切です。

黄色は金運UP


黄色い財布が人気であるように、風水では黄色は土の気が金を生み出すと考えられており金運アップに効果があるとされています。黄色には幸せを育む力が宿るとされているため、金運以外にも社交運や家庭運をアップしたい人にもおすすめです。

清潔に整えた空間に明るい黄色を取り入れることによってさまざまな運気をアップさせることができます。西側に黄色い小物やファブリックなどを置くと自己変革や自己実現にも効果が期待できるでしょう。

白色は人間関係良くなる

風水において白色はベースとなるカラーであり、色に迷ったら白い物を選べばいいといわれているほどです。リセットや浄化の意味合いが強いため、リラックス効果や人間関係改善にも効果が期待できます。

何も混じりけもない純白の紙や布を見ると心が洗い流されるような気分になります。金の気を持つ白は北西の方角との相性がよく、ビジネス上の人間関係を改善することで金運アップも期待できるでしょう。

ピンク色は恋愛運UP

ピンク色は仕事運上昇に効果があるとされています。人間関係を改善する作用があることから、仕事をスムーズに進められるため結果的に仕事運上昇に効果があるのです。また、人間関係のなかで恋愛関係とも関係が深い色であり恋愛運や結婚運をアップしたい人におすすめカラーであるともいえます。

遣い過ぎると派手で下品になってしまうこともあるため、バランスよく取り入れることが大切です。

風水的に見た玄関の方角と色の関係


気の入口でありさまざまな運気に影響を与える玄関は、家の中心からみてどの方角にあるかが重要となります。吉方角ならさらに運気アップ、凶方角なら気の流れを良くするための方角と色の関係についてみてみましょう。

北側の玄関にはピンクが良い

北側の玄関は暗く寒々としてイメージが強いため、とにかく明るくすることが大切です。白色系よりも電球色の照明を使ったり、間接照明を併用したりして明るさと温かみを演出しましょう。

玄関マットなどには毛足の長い高級感のある素材を選び、ピンクやオレンジ、ワインレッドなどの暖色系にすると運気をアップにつながります。暖色系の植物の絵を飾るのもおすすめです。

東側には水色やブルーが良い

太陽が昇る方角となる東側は木の気を持っており、樹木の生長や若々しさと深い関係があります。東側にある玄関からは良い気が音とともに入ってくるといわれているため、ウィンドベルやドアチャイムなどをつけるのもいいでしょう。

水の気を連想させるブルーや水色、柔らかいイメージのあるアイボリーやベージュなどのカラーを選ぶと運気アップにつながります。

西側には黄色が良い


西側は金の気を持つ方位とされ、金運を大きく左右するといわれています。綺麗な水の気によって運気が増幅する特徴があり、黄色やピンクなどが運意を上昇させるのに適しているとされています。

黒や赤は金の気や水の気を錆びさせてしまう作用があることから避けた方がいいでしょう。金色でゴージャスに飾ることもできますが、あまり金運ばかりにこだわると健康運や対人運に支障がでるおそれもあります。

北東にはホワイトがおすすめ

北東は北と同様に水の気を持つ方位であり、悪いものを洗い流す効果が期待できる反面、冷えやすい点があげられます。ホワイトやベージュ、アイボリーなどの柔らかいカラーと相性が良いことから、玄関マットやインテリアなどで上手に色を取り入れると運気がアップします。

反対に黒やグレーなどの暗い色は水の気にマイナスのパワーを与えてしまいます。健康面に特に影響を及ぼすため避けるようにした方がいいでしょう。

南東にはオレンジ色が合う

風水で玄関が位置する方角として最も吉だとされるのが南東です。木の気を持つ南東は風が流れ込む方角でもあり、この方位の運気によって家全体の運気が変わってきます。

南東にはオレンジ色や黄緑色などとの相性が良いため、スリッパやや小物などで可愛くレイアウトするのもおすすめです。オレンジ色に派手さを感じる場合には観葉植物などでワンポイントとして取り入れるのもいいでしょう。

風水で玄関の運気を上げる


玄関が設置されている方角によっては運気が下がる可能性もあります。しかし、風水で相性が良いとされるカラーや小物などのインテリアを上手に配置することで運気アップも可能です。風水で玄関の運気を上げる方法の一部を紹介します。

香りのよいアロマデュフューザーを使用する

良い香りは人を惹きつけるだけでなく良い気を呼び込む効果も期待できます。ナチュラルな香りが最適ですが、生花は枯らしてしまうことも多いため管理に自信がない場合は避けた方がいいでしょう。

香りのよいアロマディフューザーであれば置いておくだけで玄関の香りとともに気の流れをよくしてくれます。自宅の玄関と相性が良い陶器などの入れ物を使っておしゃれに演出しましょう。

鏡を置く

鏡は風水で必須アイテムといわれるほど重要な意味を持つものです。正しく使えば呼び込んだ良い気をさらに増幅して部屋のなかを循環させることができます。ただし、玄関を開けて真正面に鏡を配置すると良い気を反射して逃してしまう可能性があります。

玄関の右側、左側、どちらに置くかによって上昇する運気も異なるので、目的に合わせて上手に配置するようにしましょう。

観賞植物や生花を置く


生命力あふれる生き生きとした植物には空気を浄化して気の流れをスムーズにしてくれる効果が期待できます。スペースに余裕のある玄関であれば鉢物の観葉植物を置くといいでしょう。ゴムの木などの葉が丸い形状をしたものの方がおすすめです。

生花も生命力と香りによって玄関の運気をあげてくれるアイテムです。水替えをこまめに行って枯らさないように手入れすることが大切です。

イメージのよい絵を置く

玄関には自然を感じさせる風景や植物などの絵を置くと運気が上がるだけでなく玄関全体の雰囲気が明るくなります。玄関には窓がない方が吉とされていますが、絵を飾る際には窓を意識してレイアウトするといいでしょう。

気や光、音などの目に見えないものはS字を描きながら波のように進む性質があります。イメージの良い絵を額に入れて、S字ラインを描くように飾ると良い気を呼び込む効果を高めることができるでしょう。

運気を下げてしまうのはこんな玄関


気の入口となる玄関は、方角だけでなくインテリアやカラーなどの相性が悪いことが原因で運気を下げてしまうことがあります。方角に関係なく玄関の運気を下げてしまう悪い例を紹介します。

玄関にたくさん物を置く

風水では広くて整理整頓が行き届いた開放感のある明るい玄関が理想とされています。そのため、玄関に傘や脱ぎ捨てた靴、ごみ袋などを置きっぱなしにするのはNGです。

ゴルフクラブなどの趣味のアイテムやペット用品など、たくさん物を置くことによって良い気の流れを妨げることにもなります。また、犬の置物や自転車、ベビーカーなど、動き回ることを連想させるものはせっかく入ってきた運気を外に逃がす可能性があるため注意が必要です。

ぬいぐるみやドライフラワーを置く

玄関はお気に入りのグッズや置物で可愛く飾ることもあるでしょう。しかし、そのなかには運気を下げてしまうものもあるため注意が必要です。ぬいぐるみや人形は外から入ってきた気を全部吸い取ってしまい、気の流れが停滞するといわれています。

ドライフラワーや造花などは、風水では「死んだ花」とされ、マイナスの気を呼び込むとされています。植物を飾る際には気の流れを浄化する観葉植物や生花を選ぶようにしましょう。

まとめ

風水では気の入口となる玄関の運気が重要な意味をもつとされています。家の中心からみて東や南の方角が玄関の位置としては吉とされています。しかし、それ以外の方角にある玄関でも相性の良いカラーを取り入れることで運気をアップすることが可能です。自宅の玄関に合わせたカラーやインテリアで運気をアップさせましょう。