【夢占い】結婚式の夢を見ることでわかる意味

素敵な結婚式を挙げることは誰でも一度は憧れたことがありますよね。そんな結婚式の夢は、女性が見ることがほとんどだそうです。幸福で満たされたイメージのある『結婚式』の夢は、夢占いではどのような意味になるのでしょうか?

ここでは、

についてご紹介します。

結婚式の夢ってどんな意味があるの?


結婚式の夢を見ることってとても素敵ですよね。幸せそうな挙式が夢に出てきたら、そのほとんどは吉夢と言えます。しかし、結婚式の夢を見たからと言ってすべてが良い夢なわけではありません。ここからは結婚式の夢の基本的な意味についておさらいしていきます。

結婚への憧れ

結婚式の夢は、ストレートに結婚そのものへの憧れ・願望を意味しています。結婚願望が非常に強く、今すぐにでも結婚したいという人が多いです。小さいころからお嫁さんになることを夢見ていたのではないでしょうか?また、今付き合っている人との将来を考えている可能性もあります。

結婚への不安

逆に、結婚やその先の生活が不安すぎて結婚式の夢を見るパターンもあります。今付き合っている人と結婚しても大丈夫か、自分は本当の意味で幸せになれるのかなど、自分の今の生活や相手との将来に対する不安を表している夢でもあるのです。不安が大きくなるようであったら、一度パートナーと相談してみるのも良いかもしれません。

人生の転機


結婚はライフイベントにおいてとても重要な人生の岐路となります。そのため、結婚式の夢は人生の転機を意味することが多いのです。運命の相手と一生を添い遂げる結婚をすることは、それだけ将来への影響も大きいですよね。人生における大きな転換期を表すときこそ、結婚式を挙げている夢を見る人が多いのかもしれません。

シチュエーションによって意味は大きく異なる

「結婚式」と聞くと幸福で満たされたイメージがありますが、夢占いにおいてはそのすべてが幸せを表す吉夢とはならないのです。シチュエーションによっては意味が大きく異なりますし、中には今後生活態度など注意すべき「警告」として出来る場合もあります。そのため、自分の見た夢を正しく判断していく必要があるのです。

自分が結婚する夢が暗示していること


「結婚式」の夢では、誰が結婚するかということも重要な要素になってきます。結婚式の主役が自分である場合、その夢が意味するのはどのようなことでしょうか?8つのシチュエーション別に考えていきましょう。

好きな人と結婚する夢:結婚願望の現れ

片思いの好きな人と結婚する夢は、強い結婚願望の表れと言えます。今の自分にとって最も重要なこと、最優先すべきことが結婚である状態なのでしょう。すぐにでも今の相手と結婚したいと考えている人が多いので、焦らずに今の自分の状況や相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

元彼と結婚する夢:元彼との完全な決別

今の彼氏ではなく元彼と挙式を上げる夢は、その元彼と完全な決別をする心の準備ができたことを意味しています。今までは心のどこかで元彼を忘れられない自分がいたのかもしれませんが、完全に吹っ切れて前に進むことができるようになった状態を表しているのです。また、新しい恋が始まるきっかけになるかもしれません。

恋人と結婚する夢:二人に試練が訪れる


今付き合っている人と結婚をする夢は幸せに思えますが、実はこの夢はこれから二人に大きな試練が訪れるかもしれないという警告を暗示しています。遠距離恋愛になったり、ふたりの間に亀裂が入る出来事が起きるかもしれません。どんなことが起きても二人の仲が壊れないように、協力して乗り越える必要があるでしょう

好きでもない知り合いと結婚する夢:知人の才能が自分にもある

好意がない全く好きじゃない知り合いと結婚する夢も見ることがあるかもしれません。それは、その知り合いが持っている才能が自分にもあるかもしれない可能性を暗示しているのです。自分が気づいていない才能や魅力が開花する出来事が近々起こるかもしれないので、今後の人生を大きく左右するかもしれませんよ。

全く知らない人と結婚する夢:大きな試練の訪れ

見覚えのない全く知らない相手と結婚する夢には、大きな試練がこれから訪れるという意味があります。とても大きな決断を迫られる機会があるかもしれませんが、これを乗り越えられれば新しい可能性への第一歩となることもあります。辛い時期を乗り越えれば人間としても大きく成長することができるでしょう。

既婚者がもう一度結婚する夢:現在の結婚生活に対する強い不満のあらわれ


既婚者の人がもう一度けっこぬする夢は、今の結婚生活に強い不満があるのかもしれません。再婚をしたい、結婚をやり直したいという強い思いがあなたの中にあるのです。夫婦仲がうまくいっていなくて険悪になってしまってはいませんか?この夢を見たら一度、お互いの気持ちについて話し合う時間を設けるのが良いかもしれません。

友達の恋人と結婚する夢:自分の恋人やパートナーに対する不満のあらわれ

友達の恋人と結婚する夢は、今自分が付き合っている恋人や夫に不満があることを意味しています。「隣の芝は青く見える」ということわざがあるように、今のパートナーより他の男性の方が魅力的に見えてしまうのかもしれません。不満が大きくなるようであれば、まずは信頼できる相手に一度相談してみた方が良いでしょう。

憧れの人と結婚する夢:自己顕示欲の高まり

芸能人など憧れの人と自分が結婚する夢は自己顕示欲が高まっている証拠です。また、好きでもない芸能人と結婚する夢の場合は才能が開花したり運気がアップするなど吉夢である場合もあります。自己顕示欲が高まりすぎて周囲に迷惑をかけないように、日々気をつけて過ごす必要がありそうです。

他の人が結婚する夢が暗示していること


自分ではなく他の誰かが結婚する夢を見た場合でも、シチュエーションによって様々な意味合いが出てきます。ここからは、他の人が結婚する夢の意味について6つのシチュエーションに分けて解説していきます。

知らない人の結婚式に出席する夢:対人関係の運気がアップ

全く知らない人の結婚式に出席する夢は、これから対人関係においての運気が上がることを暗示しています。仕事関係や友人関係などが円満でうまくいくことが多くなります。恋人同士であれば、その関係に進展があることも。人とのかかわりを大切にしていれば、運気もよりアップすること間違いなし!

好きな人が結婚する夢:自信の無さのあらわれ

好きな人が他のだれかと結婚してしまうのは辛いですよね。それは、今のあなたが自信喪失してしまっている状態を意味している場合があります。夢の中で好きな人が結婚した相手は、今のあなたにはない魅力がある人です。だからといって自信をなくす必要はありません。逆に自信を持って前向きになることで、運勢を切り開くことができますよ!

結婚式の参列者が知らない人ばかりの夢:新しい人間関係が構築される吉夢


結婚式に参列している周囲の人たちが全く知らない人ばかりの場合、それは新しい人間関係ができあがる吉夢です。友人の紹介などで交友の輪が広がって、どんどん新たな友人ができる出来事が怒るでしょう。ここで出会った友人たちと今後の人生を左右するような関係になるかもしれないので、ひとつひとつの出会いを大切にするようにしましょう。

配偶者が結婚する夢:夫婦関係を失うことへの恐れ

配偶者が結婚する夢を見たら、それは今の夫婦関係が壊れてしまうのではないかという内なる不安の表れです。今の夫婦関係に不安や不満があって、いつかそれが大きな溝をつくってお互いの気持ちが離れてしまうのではないかと非常に強い恐れを感じています。そうならないように、お互いの気持ちを日々確かめ合うことが必要でしょう。

他の参列者に絡まれる夢:人間関係で何らかの苦労を伴う警告夢

他の参列者に絡まれてしまう夢は、今の人間関係がこじれたりして苦労をすることを意味する警告夢です。あなたの心が相手に対して閉鎖的になっているせいでトラブルになってしまうことも。しかしこのピンチを乗り越えることでさらなる運気アップができるかもしれません。

知人が結婚する夢:良き出会いに恵まれる


知人が結婚する夢は、これからあなたにとって良い出会いがあることを示す「吉夢」と言えます。恋愛面において素敵な出会いがあって、その相手と将来を考えることがあるかもしれません。良い出会いに恵まれる吉夢なので、新しい出会いがありそうな場には積極的に参加することをおすすめします。

結婚関連のトラブルの夢が暗示していること


幸せな結婚式といえど、現実でも問題やトラブルが起こる可能性があります。しかし、トラブルが起きる夢だからと言ってすべてがマイナスの意味というわけではありません。結婚式のトラブルに関する夢を、8つのシチュエーションに分けて考えていきましょう。

花嫁が逃げる夢:結婚よりもしたいことがある

花嫁が結婚式当日に逃げてしまう夢、それは今あなたが結婚よりも優先したいことがあるという気持ちの表れです。今は仕事を頑張りたい、独身生活を満喫したいなど、結婚して家庭を持つことよりも優先度の高いことがあるのかもしれません。無理に結婚を意識する必要はないので、今後の人生についてゆっくり考えていきましょう。

式に遅刻する夢:前向きになれない

大切な結婚式に遅刻する夢は、今のあなたがネガティブ思考になってしまっている証拠です。何事もネガティブに捉えてしまって、なかなか新たな第一歩を踏み出せない状態にあると言えます。物事の悪い面ばかり見てしまいがちですが、良い面もしっかり見て正しく判断できるようになりましょう。

結婚式が中止になる夢:恋愛面での不安


結婚式がまさかの中止!そんなことが現実で起きてしまうのは嫌ですよね。夢占いでは、式が中止になる夢は今の恋愛に不安を抱えていることを暗示しています。今の彼氏との関係に何かしら不安があって、それを取り除きたい気持ちがあるのでしょう。話し合いで解決できるようであれば、早めに話し合う必要があるかもしれません。

式から逃げ出す夢:仕事や恋人と次のステップに進むか迷っている

結婚式から逃げ出してしまう夢は、仕事や恋人と次の段階に進むべきかどうか迷っている心情を表しています。式から逃げるという行為は、これからの人生について悩んでいることがある証拠。キャリアアップや恋人との将来など、今の自分にとって何が一番大事なのかについても悩んでいるのかもしれません。

結婚式を反対されている夢:反対されてもやり抜きたい目標がある

友人や親族から結婚式を反対されている夢を見たとしたら、周囲の反対を押し切ってでも成し遂げたい夢や目標が今のあなたにあるのかもしれません。無茶だと言われた目標にも果敢に挑戦する「チャレンジ精神」が旺盛になっている状態です。どうしてもやりたいことがあるなら、周囲に迷惑をかけない範囲で積極的に行ってみてはいかがでしょうか?

準備不足の結婚式の夢:恋愛をしたいけど自分に自信がない


式の準備ができていない状態で結婚式を執り行う夢を見たら、今の自分に自信がない様子を表しています。恋愛がしたい・恋人が欲しいと思ってはいるけれど「こんな自分を好きになってくれる人なんかいない」とネガティブに考えてしまいがち。ポジティブシンキングになることで、選択肢が広がってより前向きに恋愛をすることができますよ!

結婚相手が現れない夢:結婚そのものに対する強い憧れ

待てど結婚相手がなかなか現れなかった夢は、結婚願望が非常に強い状態を意味しています。結婚後の生活がどうなるかなど将来のことはさておいて、結婚式そのものがしたかったりとりあえず入籍したいという気持ちが強まっているのかもしれません。周りが見えなくなりがちなので、結婚を考える前にまずは落ち着いて自分の状況を整理しましょう。

結婚式で緊張する夢:人生の選択を迷う気持ちのあらわれ

結婚式で緊張するのは誰にでもあることですよね。夢の中でも緊張していたとしたら、それは人生の選択について迷っている気持ちの表れと言えます。結婚すべきかどうか、はたまたまだ仕事を頑張るべきかなど今後の自分の人生について真剣に考えているのでしょう。急いで考えずに、自分やパートナーの状況や気持ちを理解・整理した上で重要な選択をしていくようにしましょう。

まとめ

結婚という幸せなイベントに参加する夢は、見ていたら自分自身も幸せを分けてもらえますよね。夢によっては自分が主役だったり、誰かほかの人の結婚式に参列しているなどシチュエーションは様々です。そして、その状況によって夢が表す意味も変化します。そのため、今回ご紹介した結婚式の夢の内容をしっかりチェックしておきましょう!