デトックスに効果のある野菜と食べ方

簡単なデトックスのやり方紹介!効果的な5つの方法

最近ネット記事やテレビ番組でよく見聞きする言葉「デトックス」。デトックスとは、身体の中に溜まっている毒素を排出して、内側から綺麗な身体を目指すことを言います。デトックスを上手く身につければ、代謝が上がったり体調が良くなったり、ダイエット効果まで現れます。

ここでは、

についてまとめてみました。

デトックスとは?

デトックスとは
まずは「デトックス」の正しい意味について理解しておきましょう。意外と誤解されることも多いデトックス、正しくは次のような意味とメリットが含まれています。

体内に溜まった毒素や老廃物を出すこと

デトックスとは、体内に蓄積されている「毒素」や「老廃物」を身体の外側に排出することを言います。人は日頃、食生活や運動習慣など何気ない生活を送る上で、たくさんの毒素や老廃物を体内に溜め込んでいます。例えば水道水に含まれる不純物や、加工食品に含まれていた着色料など…。

これらの毒素や老廃物は、目に見えないからこそ厄介な存在。知らない間にどんどん蓄積されていくため、気づいたら毒素や老廃物のせいで身体が本来のポテンシャルを発揮できていない…ということもあるのです。だからこそ、定期的なデトックスは健康にも美容にも欠かせません。

腸内環境を整える効果がある

デトックスに効果のある野菜と食べ方
デトックスを行うことで得られるメリットと言えば、まず最初に挙げられるのが「腸内環境が整う」こと。腸内は人が食べた物が直接溜め込まれる場所。そこには消化しきれなかったものや、栄養とはならなかったようなものがたくさん溜め込まれています。これが便秘やむくみを引き起こす一因。

デトックスで腸内の不要なものを排出すれば、お通じが改善されます。便秘気味の人はお腹のハリが落ちて体重も軽くなるでしょう。腸内環境が整えば消化機能も上がりますから、快適に食事を進められるようにもなります。

代謝が上がる

デトックスで体内の不要な毒素を排出することで、身体のあらゆる機能が向上します。例えば腸内環境が整えば、胃腸の動きが活発になるでしょう。血流が良くなったり、身体が軽くなったりして、身体全体で代謝が上がるようになります。

代謝が上がると言うことは、脂肪やカロリーを燃焼しやすくなるということ。健康的に痩せやすい体質へと近づくことができます。

便秘やむくみが改善される

体内に溜まっている毒素や老廃物は、便秘やむくみといった症状で姿を現します。デトックスをすれば、前述の通り腸内環境が整って便秘が快方へと導かれます。血流が良くなり代謝も上がるので、身体のむくみも解消することができるでしょう。

デトックス中に身体を優しくマッサージしてあげると、よりむくみ解消に繋がりますね。足や首など、むくみが気になる部位がある人にはおすすめです。

ダイエット効果がある

ランニングで効果的にダイエットをする方法
便通が良くなり、体重が落ちて、代謝が上がって脂肪の燃焼効率が上がる…これは言うまでもなくダイエット効果として優秀なメリットです。筋力をつけたり運動をしたりするのが苦手な人は、デトックスで身体を健康に近づけるついでに、デトックスをしてみると良いでしょう。

デトックス後は身体が痩せやすい体質に近づいているので、一度デトックスをやっておくと他のダイエットをしやすくもなります

効果的なデトックスの方法


デトックスを実践するなら、方法は大きく分けて5つに分かれます。比較的簡単で効果も高い、デトックスのやり方を1つずつご紹介します。

ファスティング

「ファスティング」とは「断食」を意味する言葉。文字通り、一定期間をファスティングとしてあてて食事を断ち、胃腸を休ませるのがねらいです。ちなみに何も食べないわけではなく、ファスティング期間はヨーグルトや野菜ジュース、酵素ドリンクなどのみを胃に入れて過ごします。

食べ物が入ってこないことにより、体内に溜まっていた毒素や老廃物が綺麗になくなって、胃腸がクリーンな状態にリセットされるわけです。胃腸は消化活動を休むこともできるため、胃腸の機能も向上します。

腸内洗浄

腸内洗浄とは、文字通り腸内を綺麗に洗浄して毒素や老廃物、汚れを取り去る方法です。腸内洗浄はクリニックなどで行われており、殺菌した温水を使用して大腸全体を洗浄します。便秘の根本的な原因を治療したり、腸壁にこびりついて取れていない老廃物を排泄する効果も。

ちょっと勇気とコストが要る方法ですが、その分効果は抜群。腸内の動きが活発になり、消化や代謝がUPします。

岩盤浴


よく銭湯などに用意されている岩盤浴。温かい岩盤の上で横になり、身体を芯から温めることで汗をたくさんかき、デトックス効果があらわれます。カギである「身体を温める」行為は、血流を促してむくみや老廃物を汗から排出。岩盤浴後には便通も改善しやすくなります。

ただし脱水症状に陥ることがあるため、岩盤浴でたくさん汗をかいてデトックスしたいなら、水分補給をこまめに行いましょう。

半身浴

お風呂に身体の一部分だけを浸ける半身浴。半身浴がデトックスに繋がるのは、身体をゆっくり着実に温めることができるからです。全身浴だとのぼせてしまいますが、半身浴なら身体に負担をかけず、代謝を促してむくみを解消することができます

程よく汗をかくことができれば、それもデトックスをサポートしてくれますよ。

リンパマッサージ

体内で老廃物や毒素を流す働きを担っている、リンパの部分をマッサージする方法です。マッサージすることでリンパ液が流れるのをサポートできるため、当然デトックス効果が現れます。身体にむくみがあると自覚している人には特におすすめの方法。

サロンなどでプロにお願いするのも良いですが、マッサージオイルを用意すれば自宅でセルフマッサージもできちゃいますよ。

チャレンジしやすい短期間ファスティングのやり方

ファスティングをするときの注意点
数あるデトックス方法の中でも、手軽に実践しやすい「ファスティング」のやり方をご紹介します。短期間で着実なデトックスを行いましょう。

ファスティング開始3日前くらいから脂質・糖質の少ない食事を心がける

ファスティング期間に入れば、普段とは打って変わって食事量が減ります。急に食事量が減っては胃腸が驚いて負担がかかってしまいます。ファスティングをやると決めた3日くらい前から、食事量を減らしましょう

脂質や糖質、カロリーの低い食べ物を選ぶようにしましょう。間食の量を減らしたり、食事の量を減らしたりして、ファスティングに入る際のギャップを小さくしてください。

ファスティング当日は水・野菜ジュースや酵素ドリンクで過ごす


ファスティングの当日を迎えたら、胃の中に入れるのは水や野菜ジュース、酵素ドリンクのみです。他にもヨーグルトのみで過ごしたり、おかゆや具のない味噌汁、豆乳だけで過ごす方法もあります。

ストレスを抱えてしまっては意味がありませんから、自分が一番やりやすいと思ったメニューでファスティングを行いましょう。

この方法で2・3日過ごす

ファスティング期間は大体2~3日です。2~3日間、上で挙げたようなメニューだけを胃に入れて過ごしましょう。他の食べ物は一切食べません。シンプルな物しか胃に入って来ないようになると、胃腸の中の毒素や老廃物が排出されていきます。もちろん間食はNG

ファスティング後は重湯や野菜スープ回復食として重湯や野菜スープから始める

ファスティング期間を終えたら、いきなり重い料理を食べてはいけません。ファスティング前と同様、食事量のギャップを押さえるため、ファスティング後は重湯や野菜スープ、うどんといったお腹に優しいものを食べて慣らしていきましょう

いきなり高カロリー・高脂質な物を食べると気分が悪くなります。ファスティング後1日は、お腹に優しいメニューを用意しておいてくださいね。

ファスティングする際の注意点

ファスティングによって期待できる効果
ファスティングを行うにあたって、いくつか注意すべき点があります。ファスティングは一歩間違えると気分を悪くしかねないので、次の点をしっかり覚えておいてくださいね。

カフェインを取り過ぎない

ファスティング期間中や前後には、カフェインを摂取するのはなるべく避けましょう。コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶などにはカフェインが含まれています。カフェインには神経を興奮させる作用があります。

ファスティング中にカフェインを摂取すると、無理に興奮状態になって身体に酷い負担がかかってしまうのです。うつ状態や頭痛、無気力といった症状が起きかねないので要注意。

野菜ジュースは糖分の少ない物を

野菜ジュースをファスティング中のメニューに選ぶなら、糖質の少ない、もしくは含まれていないものを選んでください。「苦いから飲みにくい」という人は、他のメニューでファスティングをしましょう。糖質の高い野菜ジュースはカロリーも高いので、思うように効果が得られません。

できれば市販の野菜ジュースよりも、自分で作った野菜ジュースの方がファスティングに向いています。旬の野菜や好きな野菜をミキサーに入れて、新鮮な野菜ジュースでファスティングを楽しみましょう。

牛乳はNG


牛乳は栄養価が高いためファスティングに向いていると思われがちですが、カロリーが高いのでファスティングには不向きです。また、牛乳は身体を冷やす可能性もあるので、ファスティングとの相性はあまり良くありません。

もしダイエットが目的でファスティングをするなら、牛乳は飲まないようにしましょう。無調整の豆乳ならファスティングにも向いています。

ファスティング前と後の食事は低カロリーを心がけて

ファスティングは期間中だけではなく、期間の前と後の食事メニューにも注意が必要。期間前は「準備期間」、期間後は「回復食期間」と言って、ファスティングに合わせた食事をするのが基本です

急に摂取カロリーが減ったり増えたりすると胃に負担がかかるので、ファスティングが逆効果になってしまうからです。ファスティングの3日前から1日後までは、期間外でも低カロリーな食事を心がけるようにしましょう。

まとめ

デトックスを行うとダイエット効果はもちろんですが、身体の内側が綺麗になることで皮膚の表面も綺麗になっていきます。無理なカロリー制限や慣れない運動を続けるよりは、身体にも心にも負担のない健康的なダイエット方法と言えるでしょう。

身体のむくみや便秘が気になる人や、疲労が取れない人など…デトックスは身体のあらゆる悩みをリセットしてくれる方法でもあります。ファスティングや半身浴、マッサージなどなど…。自分に合った方法でデトックスを試してみてください。身も心もスッキリしますよ。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。