寝室の風水で気にしたい5つのこと!ベッドの置き方で運気が変わる

寝室は風水でも気をつけておきたいことが多いです。ベッドの置き方や布団の置き方だけでも運気が変わってくることがあります。

ここでは、

についてまとめてみました。

風水における寝室とは


風水における寝室とは、その意味もまた違ってきます。普通の世界と風水の世界は違ってくるので、十分に考えておきたいです。そこで、ここからはまずは風水にとって寝室とはどういう意味があり、どういうものなのかについて紹介します。

1日の1/3を過ごす大切な場所

寝室は人生においてもとても重要な場所です。なぜなら1日の1/3は過ごすことになるためです。単純計算で8時間睡眠だとすれば、毎日のように1/3は過ごしています。だからこそ、運気もその分重要となってきます。仕事やプライべートの時間とも同じくらい過ごす場所なので、そこはしっかりと意味を持たせて運気を上げていきたいところです。

家に入る気を吸収できる場所


寝室は家に入る気を留めておくことができる場所と言われています。実際に寝室には運気が滞留しやすいと言われており、寝室の運気が良いとそこで寝る人本人にも運気が纏うようになるのです。だからこそ、寝室の運気はとても重要です。家に気が入ってくると、それを吸収するところが必要となります。それが、いわば寝室ということになりますね。

陰と陽の力のバランスが大切

寝室は照明や日差しをコントロールするということもあって、陰と陽の力のバランスを整えることができる場所でもあります。暗い夜と明るい朝を上手に調節して運気をコントロールしていくようにすれば、より運気を強い味方にしていくことができるのではないでしょうか。ぜひ、上手に活用して運気を自分に向けるようにしましょう。

風水の観点で寝室に気を配ること


風水の観点で寝室に気を配ると、それだけでも運気が上がってくることがあります。そこで、寝室に気を配るためにはどうすれば良いのかについて紹介します。風水の観点から説明していくので、すぐに実践することで運気を呼び込むことができるでしょうね。

掃除を小まめにして運気を上げる

掃除をこまめにしておくことは重要です。やはり寝室が散らかっていたり汚れていたりすると、それだけでも運気を下げる原因となってしまいます。特に万年床になっている人は要注意です。まずはしっかりと掃除をして、運気を少しでも上げていくことができるようにしましょう。定期的な空気の入れ替えなど、運気にも新鮮な状態を提供してあげましょう。

カーテンを2重にするとよい


カーテンを二重にすることで、より運気を留めておくことができるようになります。また、外部からの干渉を遮断することもでき、運気のブレを防ぐことができるようになるのです。二重のカーテンは外部に運気を逃がさず、それでいて影響を受けないようにしてくれるのです。薄いレースと厚い生地のカーテンなど、より工夫して運気を溜め込みましょう。

適度な明かりが必要

適度な明かりが必要となるのが寝室です。日中は太陽の光、夜中は月の光を取り入れるようにすることで、より運気も高まりやすくなります。その他、間接照明などを使って部屋の雰囲気をしっかりと演出しておけば、それだけでも運気がより一層高くなります。適度な明かりがないと運気も消失してしまうので、光には特に注意するようにしましょう。

ラグマットを敷く


ラグマットを敷くことで、運気を逃がさないようにすることができます。玄関などにも玄関マットがあると運気が逃げないと言われているため、寝室にもラグマットなどを設置するようにしてみてください。そうするだけでも、入ってきた運気を滞留させることができるようになります。運気は何より逃げないようにすることが重要です。

観葉植物を置く

観葉植物を置くことによって、新鮮な空気が充満するようになります。また、部屋に緑が入ることによって、部屋のイメージも生命力に満ちていきます。それは人間の身体にもパワーを宿し、より運気を高めていくことに繋がっていくのです。ぜひ、観葉植物を置いて、緑に囲まれた寝室にしましょう。多肉植物やサボテンなどでも良いので、置くと運気アップです。

風水でおすすめのベッドの配置


風水ではベッドや布団の配置もとても重要となります。特に寝室は毎日使うものなので、そこはしっかりと配置するように意識してみてはいかがでしょうか。ここからは風水でおすすめの配置について紹介するので、模様替えも考えて見てください。

シングルベッドが2台ある場合はくっつけない

シングルベッドが2台ある時には、くっつけないようにしましょう。くっつけてしまうと運気の循環が進まなくなり、空気の悪い運気が充満してしまうことになります。そのため、ベッドが2台の時には隙間を開けましょう。これは布団でも同じことが言えるので、少し余裕のあるスペースにすると、より運気の巡りを良くすることができます。

ベッドと壁はくっつける


ベッドと壁に関してはくっつけても良いです。むしろ壁から運気が逃げてしまうこともあるので、そこはくっつけた方が良いとも言えるかもしれません。ベッドは壁にくっつけて、より部屋の中央にスペースを作るようにしてください。部屋の中央がどうしても詰まっていると、そこに運気も溜まることができなくなってしまいますからね。

ドアを開けてすぐのところに頭を置かない

ドアを開けてすぐのところに頭を向けるのは、風水ではあまり良いとは言われていません。そのため、頭はドアから離すことが重要となります。そこを意識するだけでもまた変わってくるので、しっかりと意識して配置しましょう。ただ、風水では良くても、北枕は日本古来の縁起の悪さに関する配置もあるので、そちらも意識しておくことが必要となるでしょう。

ベッドがミラーに写らないようにする


ベッドがミラーに写るというのは、あまり良いとは言えません。特に全身鏡などがあると写りやすくなるので、そこは注意するようにしましょう。ただ、クローゼットと兼用の寝室ということも多く、中には全身鏡が組み込まれているということもあるでしょう。そういう時には、布などで隠すことで防ぐこともできます。布団なども写らないことが重要です。

風水から見るベッドの工夫


風水から見ると、ベッドも工夫することでより運気を高めていくことができると考えられます。そこで、ここからは風水で見るベッドの工夫について紹介します。簡単にできる方法ばかり紹介するので、ぜひすぐにでも実践してみてください。

いつも清潔にしておく

いつもベッドや布団は清潔にしておくことをおすすめします。やはり運気というのは、汚いものに近寄ってくるということはありません。そのため、常に綺麗にしましょう。ベッドや布団の掃除は、数日に1回は行い、できれば1日に1回しても良いでしょうね。そこは簡単にで良いので、まずは綺麗に保てるようにしておくと良いです。

ぬいぐるみをたくさん置かない


ぬいぐるみが好きでたくさん置いている人もいますよね。しかし、ぬいぐるみなどはあまり置かない方が良いです。なぜならぬいぐるみが運気を吸い取ってしまうからです。また、ぬいぐるみが邪魔になって自分自身に運気が溜まる妨げになります。そこはぬいぐるみも整理しておき、置くならベッドや布団以外のところに置きましょう。

風水上では北枕でOK

単なる配置では北枕だと縁起が悪いと言われますが、風水では実は北枕もOKです。そのため、むしろベッドや布団の配置は、あまり気にせずにやってみるのが良いかもしれません。それよりもより風水で良い配置にした方が良いです。北枕であっても運気の流れが良ければ問題はないので、そこは実際に配置を工夫してみてくださいね。

ベッドの方角により合う色がある


ベッドや布団の方角によって、よりマッチする色というのがあります。特に北にはピンクやグリーン、西にはイエロー、東にはブルー、南にはオレンジなど、マッチする色を選んで配置するというのも良いです。そこは何をどう取り入れるか、それぞれの人によって違ってくるので、しっかりと選んでみてくださいね。

まとめ

寝室はベッドや布団の配置によって、運気も変わってきてしまいます。そこを意識して、より良い配置にしましょう。また、カラーなどはもちろん、普段から意識しておくことで運気も変わってくるので、上手に運気を溜め込めるような寝室にしておきましょう。