片思いの花言葉を持つ花を贈って愛の告白をしよう!片思いの花10選

片思いしている相手に、花をプレゼントしようとしたことはありませんか?花はプレゼントとして定番ですし、後に残るものでもないのでもらうほうも気軽に受け取れます。

そこで、ここでは

についてまとめてみました。ぜひ今後に活かしてくださいね。

片思い中の相手に贈る花を選ぶポイント

片思いしている相手に花を贈るのなら、その気持ちを花に託すとよいでしょう。自分の気持ちにピッタリの花言葉を持つ花を選ぶ、季節の花をチョイスするといったことがポイント。詳しく見ていきましょう。

片思いの気持ちを花に託す

花はいろいろなシーンで贈ることがあるので、もらった人はあなたの気持ちに気づいていない可能性もあります。あなたのことを愛している、片思いしているという気持ちを花に託すことで、もしかすると相手に伝わるかもしれません。そのためには、片思いの花言葉を持つ花を選んで贈るというのが基本となるでしょう。

恋する気持ちを花に託す

恋している、愛しているという花言葉を持つ花はたくさんあるので、そうした花を選んでみましょう。相手が花言葉に気づいてくれない可能性もありますが、もしかすると調べてくれるかもしれません。もちろん、恋していることを知られたくない、という場合には当たり障りのない花言葉を持つ花を選ぶことになるでしょう。

花言葉で自分の思いにピッタリの花を選ぶ

片思いをしている相手とどうなりたいのか、自分が今どのような感情なのかを考え、その上で花を選びましょう。花によっては花言葉はまちまちですし、さまざまな花言葉が存在します。愛している、あなたを守りたい、永遠の愛など、たくさんの花言葉があるので、その中から今のあなたにもっともマッチするものを選んでください。

季節の花を選ぶ

花には時期があります。その季節にしか咲かない花もありますし、その時期にもっとも美しい花を咲かせる花もあります。季節の花を選んだほうが不自然さがありませんしおすすめ。いくら見た目が可愛くて、素敵な花言葉を持つ花であっても、季節の花でないと違和感を持たれてしまう可能性もあるでしょう。注意してくださいね。

片思いの花言葉を持つ花

片思いを連想させる花はたくさんあります。チューリップやハナミズキ、ベゴニア、カタクリなどは片思いの花言葉を持つため、一方的に思いを寄せている相手に贈るのにおすすめ。ここでは、片思いの花言葉を持つ花をまとめてみました。

チューリップ:愛の告白

日本人にとってなじみの深いチューリップは、プレゼントに最適な花の一つ。可愛らしい見た目ですし、カラフルなのでもらった人も喜んでくれるでしょう。愛の告白という花言葉があるため、相手のことが好きだという気持ちを込めてプレゼントしてください。プレゼントするときに想いを伝えるのもよいかもしれませんね。

ハナミズキ:私の想いを受けとめてください

日本の花と思われているハナミズキですが、実はアメリカ原産の花です。同じミズキ種の中でも特に花が目立つ品種のため、ハナミズキと呼ばれるようになりました。私の想いを受け止めてください、という花言葉があるので、片思いしている相手へのプレゼントに最適でしょう。知り合って間もない相手だと、重すぎると思われるかもしれないので注意が必要。

フレンチラベンダー:あなたを待っています

フレンチラベンダーは、暑さに強く暗い場所でも育てやすいため、初めて花を育てる方にもおすすめ。そのため、プレゼントとしても喜ばれる花といえるでしょう。あなたが振り返ってくれるのを待っている、お付き合いできるのを待っている、という想いを込められる花です。見た目も可憐なので喜ばれそうですね。

ベゴニア:愛の告白

ベゴニアの葉はよく見ると歪んだハートの形をしています。花びらの色も鮮やかでキレイなので、贈り物としても喜ばれる花の一つといえるでしょう。葉っぱがハートの形をしていることから、愛の告白という花言葉がつけられたのだとか。また、片思いや幸せな日々といった花言葉もあります。

チューリップ(黄):望みのない恋

カラフルな色合いが鮮やかなチューリップは、色によって花言葉が大きく変わってきます。黄色のチューリップの花言葉は、望みのない恋。高嶺の花といわれるような相手に恋をしているとき、パートナーがいる相手を好きになってしまったときにピッタリの花です。気になる相手に贈ると、花言葉から想いを察してくれるかもしれません。

アネモネ(紫):あなたを信じて待つ

アネモネの花言葉はギリシャ神話が由来となっています。あなたを信じて待つという花言葉があるほか、はかない恋や恋の苦しみ、見捨てられたといった意味も持ちます。人によっていろいろな受け止め方をしてしまう花でもあるので、プレゼントにするときには注意も必要。贈るときには、いつか振り返ってくれることを祈りながら贈りましょう。

カタクリ:初恋

ユリ科に属するカタクリは、かつて堅香子とも呼ばれていました。かつては片栗粉の原料にもなっていた植物ですが、精製量が少ないため現在では原料として使われることはありません。初恋の花言葉を持つため、初恋の相手へのプレゼントにするのはアリでしょう。初恋が成就するよう、願いながらプレゼントしてください。

ミモザアカシア:秘密の恋

ミモザアカシアは、ギンヨウアカシアとも呼ばれる花。ミモザの名前で呼ばれるほうが多いため、こちらのほうが馴染みあるという方が多いでしょう。かつてネイティブアメリカンが、恋している相手に告白するときにこの花を使ったといわれています。胸の内に秘めた恋心を表現し、秘密の恋という花言葉になったのだとか。

リナリア:この恋に気づいて

春から初夏にかけて咲くリナリアには、ピンクや白、赤、紫、黄色などさまざまカラーバリエーションがあります。リナリア全体の花言葉は、この恋に気づいて。相手への秘めたる想いを知ってほしい、という想いを込められる花です。堂々と告白する勇気はないものの、気持ちだけは知っておいてほしい、そんなときに使える花。

ライラック(紫):恋の芽生え

リラとも呼ばれるライラック。サンスクリット語のニラは暗青色を意味しているため、それが由来となってリラとなったそうです。通常は4枚の花弁ですが、5枚の花弁を見つけて飲み込むと、愛する人と一生ともに過ごせるのだとか。紫のライラックには恋の芽生え、初恋などの花言葉があるので、片思い中にピッタリの花といえます。

片思いの花言葉を持つ花を贈る際の注意点

花言葉は一つの花に一つだけではありません。一つの花に複数の花言葉があるケースも多いので注意が必要です。また、花言葉だけにとらわれるのではなく、相手の好みにマッチする見栄えのよい花を選ぶようにしましょう。

複数の意味を持つ花に注意

複数の花言葉を持つ花は少なくありません。むしろ、花言葉が一つだけというケースのほうが珍しいので、片思いの相手に花を贈るときにはくれぐれも注意してください。複数の花言葉の中に、一つだけネガティブな印象を与えるような花言葉が紛れ込んでいることも少なくありません。誤解を招く恐れがあるので注意しましょう。

相手好みの見栄えの花を選ぶ

素敵な花言葉を持つ花であっても、見た目があまり良くない花だとプレゼントとしては喜ばれないでしょう。そのため、花言葉だけに執着するのではなく、見た目とのバランスも考えなくてはなりません。できれば、相手好みの花を選ぶことです。見栄えがよく、なおかつ片想いの花言葉を持つ花だといいかもしれませんね。

邪魔にならないように大きさにも注意する

あまりにも大きな花だと邪魔になってしまう可能性があります。自宅まで行って渡す、宅配便で送るといったケースだと問題ないかもしれませんが、出先で渡すのならなるべく邪魔にならないものがベストです。また、自宅で渡すにしても、大きすぎるものはスペースをとってしまうので注意が必要です。

まとめ

片思いしている相手に花を贈るのなら、なるべく片思いや恋に関連する花言葉を持つ花が良いでしょう。また、花言葉だけでなく見栄えも気にするのがポイントです。ここでは、片思いの意味を持つ花をピックアップしてお伝えしたので、今後愛の告白をしようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。