【夢占い】歯医者さんが夢に出てきたときには?状況別の意味

夢占いとは、その日見た夢がどんなことを表しているのか占う方法です。虫歯や日頃のケアなどで歯医者さんへ行ったことがある人は多いでしょう。そんな身近な歯医者さんが夢に出てきた場合とは?

ここでは、

についてご紹介します。

歯医者の夢を見た時の意味や心理状況


さまざまな夢占いがありますが、歯医者の夢を見たときは、あなたの体や心のことを表していることが多いです。実際にどんなことを表しているのか、詳しく見ていきましょう。

健康に携わることを警告

健康状態に何かあるとき、歯医者の夢を見やすいと言われています。「体の健康は歯から」と言われるほど、歯の健康は大切です。そのため、自分の体の健康に悪いことがあると、歯医者の夢として反映されると考えられます。歯医者の夢を見たときは、まずは自分の体に不調がないかどうか考えてみてください。

才能を認めてほしい

歯医者の夢は、体の健康状態だけでなく、心の健康状態も表していることが多いです。何か目標に向かって努力する力、成し遂げる力なども示しており、歯医者の夢を見たときは自分の才能を誰かに認めてほしいと無意識に思っているのかもしれません。特に歯が欠けたり抜けたりする夢の場合、「自分の力はこんなものじゃないんだ」という闘争心を表しています。

自信を喪失している


歯が欠ける夢は、闘争心を表していることの他に、自分に自信がなくなってしまっているときも見やすい夢です。夢に現れるほど自信を喪失しているときは、まずは自分の今の状況を改めて考えて、誰か信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。

自信を失くしているとき、誰かに話を聞いてもらえたり共感してもらうだけで、気持ちが楽になるものです。一人で抱え込まないようにしましょう。

日常でのストレス

日常でのストレスが蓄積されると、歯医者の夢を見やすくなります。特に、歯医者で歯を綺麗にしてもらう夢を見たときは、既にあなたのストレスがかなり溜まり、限界寸前ということを表しています

ストレスは、意識していなくても溜まってしまうものです。歯医者の夢を見たら、自分ではそこまで感じていなくても知らず知らずのうちにストレスが溜まっているのかもしれません。頑張りすぎず、少し休憩してみましょう。

日常での心配事を払拭したい

心配事を払拭したかったり、普段のストレスを癒したいと思っているときは、歯医者の夢を見ることが多いです。特に歯の汚れを取り除いて綺麗にしてもらう夢は、あなたが抱えている心配事やストレスを除くことを表しています。また、歯の汚れを綺麗にしてくれる人があなたの好きな人だった場合、あなたがその人のことを頼りたいと思っている証拠です。

救いを求めている


疲れやストレスの癒しを求めていることにも似ていますが、歯医者の夢を見るときは、誰かに救いを求めているときが多いです。歯の治療をして歯が健康になる夢が、あなたの体や心を治療して健康にしてほしいという願望を表しています。

夢で歯医者が出てきたら、普段は誰かを頼らずにがんばっていても、あなたの体と心は救いを求めているのかもしれません

家族や親戚の健康状態の不安

歯医者の夢が表すことは、あなたの健康状態だけではありません。家族や親せきなど、あなたの大切な人の健康状態の不安も表していることがあります。家族で病気やケガをされている方がいれば、その方に対するあなたの心配を表しているのでしょう。

もし、家族や親せきでこれといった病気やケガがないという方は、気づいていないだけで健康状態が悪い可能性があります。後悔する前に、行動しましょう。

気力や体力が低下している

歯医者の夢は、健康状態や心の状態を表していることが多いですが、プラスのときではなく、気力や体力が低下したマイナスのときに見ることが多い夢です。あなたの体と心は、あなたが思っている以上に毎日頑張っているはずです。歯医者の夢を見たときは、気力や体力が低下しているにも関わらず頑張ってしまっているのかもしれません

歯医者の夢を見たことをいい機会だと思って、少し立ち止まり、あなたの体と心を休ませてあげましょう。

歯医者の予約をする夢


歯医者の夢を見たときの意味や心理をお伝えしてきましたが、歯医者の夢はシーン別に異なる意味が込められています。ここからは、具体的な歯医者さんのシーン別で意味を見ていきましょう。

恋人とのトラブル

歯医者の夢は、普段からのあなたの発言が不適切だった場合に見ることが多いです。そして歯医者の予約をする夢は、今あなたが抱えている問題を解決したいという願望の表れです

さまざまなトラブルがある中でも、恋人とのトラブルはとても辛いですよね。そのような重大なトラブルこそ、歯医者の予約という形で夢に出てきやすくなります。

離婚問題

恋人とのトラブルも重いですが、離婚問題となるとさらに重大な問題となってきます。離婚問題を解決することで、幸せな道が開けるという方も多いでしょう。そのため、「早く解決して自由に生きたい」という思いから、離婚問題を抱えている人は歯医者の予約している夢を見やすくなります

歯医者で歯の治療をする夢


「口は災いのもと」という言葉があるように、あなたの周りのトラブルにはあなたの口が関係しているのかもしれません。歯医者で治療をする夢を見た場合、何らかのトラブルを抱えている可能性が高くなります。

家庭内のトラブル

最も身近なトラブルとして、家庭内のトラブルが挙げられます。歯の治療をしている夢は、そんな身近な家庭でトラブルが起きることを暗示しているのかもしれません。いつもそばにいる家族ですら、あなたの発言で誤解をしてしまい、トラブルに発展する可能性があるのです。歯医者で治療をしている夢を見たら、まずは家庭内での発言に気をつけるようにしましょう

金銭面でのトラブル

とても重大なトラブルの一つが、金銭面でのトラブルです。今はそんなトラブル心当たりないという方も、歯医者で治療をしている夢を見たら要注意ですよ。あなたの何気ない一言が、金銭トラブルを招く可能性があります

歯医者で治療をしている夢を見たら、トラブルが起きる前に、少し気にかかる出来事や心配事、隠し事など、身の回りのことを整理しておきましょう。

歯医者で抜歯する夢


虫歯などが悪化してしまったとき、ただ治療するだけでなく、歯を抜くことが稀にありますよね。そんな抜歯をするところをとらえた夢も、夢占いすることができます。

トラブルに巻き込まれる予感

歯医者で抜歯する夢を見たときは、トラブルに巻き込まれる可能性があることを暗示しています。トラブルに巻き込まれないようにするには、厄介そうだなと思うことや、何か嫌な予感がすることにはなるべく関わらないようにしましょう。

自分の悪しき習慣を改善すべきという警告

抜歯する夢では、抜く歯が「トラブルの根源」の意味を持っています。この夢占いでは、そんなトラブルの根源を無理やり抜くことで、あなたがさまざまなトラブルを無理に解決しようとする姿勢がうかがえます。無理に解決しようとすればするほどトラブルがこじれ、さらに面倒なトラブルになってしまう可能性があります。

歯医者で麻酔を打たれる夢


歯を削るときや抜くとき、歯医者では麻酔を打たれますよね。麻酔するときも痛みを感じ、さらに麻酔がきいているときは口が変な感覚になり、麻酔が切れると激痛が襲ってくるものです。歯の麻酔が大嫌いという方も多いでしょう。ここからは、歯医者で麻酔を打たれたときの夢占いです。

問題を先送りしている

麻酔は、痛みを感じさせなくするものです。そのため夢で歯に麻酔をされているときは、あなたが抱えている問題を先送りにしていることを示しています。「麻酔」が、ストレスや不安、苦痛などから逃げることを表しているのです。

問題の解決までに時間がかかる

麻酔の夢を見たからといって、今抱えているトラブルをすぐに解決しなくてはならないというわけではありません。あくまでも歯医者の麻酔の夢は、「抱えている問題を先送りにしない方が良いですよ」という忠告です。そのため、問題が解決するまでに時間の余裕がある予知夢と考えてもよいでしょう。

その分、麻酔の夢を見たときは、「早く解決したい」と思ってもなかなか時間がかかる可能性があります。

まとめ

歯医者の夢を見たときの夢占いについてご紹介しました。歯医者の夢は、不安な心理状態やトラブルが起こる可能性を示しているものが多いです。しかし、だからこそトラブルを事前に回避することもできます。歯医者の夢を見たからと言って落ち込まずに、夢占いを活かしてトラブルとうまく付き合っていきましょう。