運気が悪すぎるときの対処法4選!運気が悪い人の傾向とは?

どう考えても運気が悪すぎる人っていますよね。ただ、そういう人はもともと運気が悪いのではなく、自分から悪い運気を呼び寄せてしまっていることが多いです。

そこで、ここでは

について紹介します。

運気が悪すぎる人の傾向

悩む女性
運気が悪すぎる人には、ある共通した傾向があります。これらの傾向に当てはまっている人は、十分に注意することが必要となるのではないでしょうか。ここからはそんな運気が悪すぎる人がやってしまっている傾向を紹介します。

「自分は運が悪い」と悪い面ばかりを考えている

運気が悪すぎる人ほど、実は「自分は運が悪い」と思っていることが多いです。悪い面ばかりを見て、良い面を見ないからこそ結局は運が悪くなってしまうのです。アドラー心理学の観点から言うと、そういう人は自分が運の悪い人間であることを自分で望んでいると言えます。

周囲から見れば恵まれているのにそこには目を向けず、自分で自分を落としているのですから。そういう人はどんなに頑張っても幸福になれません。不幸になることを自分で選んでいるからです。

文句ばかり言う

女性 会話
何に対しても文句しか言えない人は、当然ですが運気が悪すぎる人になってしまいます。これも自分で文句を言うことを望んでいて、それが自分のアイデンティティになっている人に多い傾向です。文句を言えば周囲が右往左往してくれると勘違いしている人と言えます。運気というのは自分で切り開くものなので、文句ばかりの人には集まってきません。

頑固で自分の考えを押し通す

頑固で自分の考えを押し通す人は、運気も集まってくることがありません。自分の考えだけを主張すれば良いと思っている人は、周囲から人が離れていきます。運気というのは人が運んでくることも多いので、周囲から信頼や信用を持たれていない人は、自然と不幸になる傾向があります。十分に注意しておくことが必要となるでしょう。

目の前の利益に判断される


自分の信念などには従わず、とりあえず目の前の利益で判断するというのは運気が悪すぎる人の特徴でもあります。目先の利益にだけしか目を向けないので、それ以外のリスクなどは目にも留めません。だからこそ、嫌なことがあると避けようとして、より嫌なことが舞い込んでくる連鎖に陥るのです。運気が悪すぎる人ほど、現実逃避する傾向も強いです。

人間関係が上手くいかない

人間関係が上手くいっていない人は、自然と運気も下がってしまいます。ただ、これも実は自分で求めていることと言えるでしょう。そういう人ほど、自分勝手に行動し、自分の判断で決断し、自分を中心に考えています。人間関係が上手くいかないというのも、自分が望んだことなのです。運気が悪すぎる人は周囲の人にもっと気を配る必要があります。

運気が悪すぎるときは家の中をチェック!


運気が悪すぎる時には、家の中をチェックしてみるのもありです。家の中を整理することで、運気を取り戻すことができるかもしれません。ここからは運気のアップに繋がる家の中のチェックポイントを解説しますので、参考にしてみましょう。

DVDや瓶などの殻の容器がないか

DVDや瓶、空の容器などは極力おかないようにすることが重要です。これらの邪魔なものが多いと、実は運気の巡りが悪くなってしまいます。もちろん、綺麗に整理整頓して並べているDVDなどであれば良いですが、瓶や空の容器などはゴミでしかありません。コレクションをしているということ以外であれば、運気が通れるように片付けしましょう。

お守りやお札をしまい込んでいないか


お守りやお札があるのに、どこかに収納してしまっているという人もいるかもしれません。運気は鮮度が命なので、新鮮な空気に触れさせておくことが必要です。そのため、お守りやお札をどこかに置いておくのではなく、しっかりと空気に触れ、光に触れさせてあげることが必要です。そうすれば、より効果を発揮してくれるかもしれません。

ドライフラワーは望ましくない

ドライフラワーは風水ではあまり望ましくないものと言われています。命あるものであるはずの花に、永遠の命を吹き込んで使い続けるというのは良くないです。そのため、花を飾りたいのなら生花を飾るようにしてください。その花の命が終わったら感謝を忘れず、また違う生花を飾るようにすることで、より運気も巡ってきやすくなります。

運気が悪すぎるときの対応法


運気が悪すぎる時には、対処法を知っておくことによって、より良い方向に進むことが多いです。実際に何もせずに「なんで運が悪いんだ」と嘆くだけでは何も変わりません。ここからは対処法を紹介するので、ぜひ今から実践してみてください。

本を読むと考えがまとめやすい

本を読むのはおすすめです。自分の中で思考回路が整理され、より考える力が身についていきます。これは実は運気にもとても関係していて、より良い運気を呼び寄せることになります。また、冷静な判断ができるようになり、自分が本当に望んでいる方角に進むことができるのです。本を読み、まずは自分の考えをまとめてみましょう。

今を楽しくし過ごしていく

今を楽しく過ごすというのはとても重要です。運気が悪すぎる人ほど、実は過去や未来に縛られていることが多いと言えます。実際に今ここを生きているはずなのに、そういう人は過去や未来を生きているのです。それでは今の命を燃やすことなどできません。運気も逃げてしまいます。できれば、今を楽しく過ごすよう、気持ちを割り切ってみましょう。

楽しんで料理を作る


料理を作る時、鬱屈した気持ちで作っているという人もいるかもしれません。そういう気持ちで作った料理には心が籠りません。料理をする時も鼻歌を歌ってしまうくらい陽気に楽しく作るのが良いです。陽気な気持ちで作っていると、それだけで自分の気持ちも楽になり、より幸せを感じられるようになります。運気はそういうところにやってきます。

家中を片付ける

家の中が散らかっていると、それだけでも運気は逃げていくでしょう。そのため、家をしっかり片付けて整理整頓しておくようにしましょう。そうすることで運気の通り道もでき、より家の中に運気が滞留するようになります。ゴミ屋敷や空き家の運気が低いのは、単に片付けができていないことが多いためです。片付けて心も身体もスッキリさせましょう。

片付けができていないと、やはり家の中から邪気が充満してしまいます。家で過ごす時間はとても長くなるので、邪気が充満していると運気もとても悪くなってしまうのです。定期的な空気の入れ替えや光の入れ替えなど、運気が上がるように努力してみてください。

お礼や挨拶は丁寧に伝える


お札や挨拶は丁寧に伝えるようにしましょう。特に毎日の挨拶などは、しっかりと大きな声で元気よくするだけでも違ってきます。下を向いて放つ「おはよう」と上を向いて放つ「おはよう」は全然意味も違ってきます。気持ちの問題かもしれませんが、運気はその気持ちにもよく左右されるので、普段の挨拶からしっかりしましょう。

丁寧な態度で他人と接する

丁寧な態度で日々生活することで、より多くの人との関係によって運気が良くなります。他人に対して厳しい態度しか取れない人ほど、実は運気が弱くなりがちです。他人に対して優しくなれる人ほど、運気が強くなる傾向があります。日頃から、そういう意識をもって生活しているだけで、やはり大きく運気も違ってくることが多いです。

なお、人に対して横柄な態度をすると、その相手に対する態度の悪さが自分に返ってきます。風水では因果応報とも言える考え方が浸透しているので、良いことをしている人は運気も良くなり、悪いことをしている人は運気も悪くなると考えるのです。

まとめ

運気が悪すぎる人は、自分でそう望んで運を逃がしていることも多いです。そのため、まずは自分の生活を見直してみることが必要です。ライフスタイルに関しても見直してみると、運気が好転するかもしれません。自分の行動や言動によって運気が左右されるので、自分から望んで悪い方向に向かわないようにしましょう。良い方向を目指してください。