雨の夢が持つメッセージとは?夢占いでわかる雨の夢の暗示

雨が降る夢を見たことがありませんか?夢の内容が何かを暗示していることは多いのですが、雨が降る夢にはいったいどのような意味があるのでしょうか。雨の夢は、どのような雨なのか、自分がどのような状況に置かれているのかなどによって意味が違ってきます。

ここでは、

についてまとめてみました。

雨の夢の一般的な暗示とは


雨は天からの恵みとなることもありますが、災害などの原因にもなることに。そのため、良い意味もあればあまり良くない意味もあります。恋愛運や仕事運が上昇することを暗示するほか、体調不良を知らせる意味もあります。

心身が浄化されていくことの暗示

雨が降ると雨水で汚れが洗い流されていきます。道路や建物などの汚れが流されるため、雨が降る夢を見たときには心身の浄化を暗示している部分があります。今現在、心に悩み事を秘めている、体に異変を感じているといった方だと、そうした問題が解決するかもしれません。

恋愛運の上昇

恋愛運がアップする暗示でもあるため、恋がうまくいくかもしれません。片想いをしているのなら、思い切ってアプローチすることで恋の道が開けることもあるでしょう。また、恋人がいない、好きな人がいないという方でも、これから先良縁に恵まれる可能性があります。素敵なパートナーが見つかり恋仲に発展するかも。

仕事運の上昇


直感が冴える、心が安定するといった意味もあるので、仕事運が向上する可能性があります。今進めている重要なプロジェクトがうまくいく、転職に成功するといったことも考えられるでしょう。また、起業をするならこのタイミングかもしれません。立ち上げた事業がうまく軌道に乗る可能性は十分あるでしょう。

体調不良を知らせている

雨が原因で洪水や雷といった災害に見舞われることもあります。そのため、雨の夢にはネガティブな意味があるのも事実。体調不良を知らせる意味もあるので、もしかするとこの先ケガや病気などに繋がる可能性もあるでしょう。ただ、そうならないよう暗示してくれている部もあるため、注意しながら生活することで厄災を免れるかもしれません。

雨の状態


あなたが見た雨の夢は、いったいどのような夢だったでしょうか?しとしとと降っていた、激しい雨だったなど、見る夢はまちまちです。夢の中での雨の状態によって意味することが変わってくるので、ここで覚えておきましょう。

激しい雨:問題が解決する

激しく雨が降ったあとはスッキリとした気持ちになれます。激しい雨のあとには晴天となることもありますし、そうした理由から問題が解決するという意味も持つのです。仕事や人間関係、恋人との付き合い方など、人によって悩みの内容はまちまちでしょう。今後、こうした悩みが解決するような兆しが見える可能性があります。

しとしと降る雨:心の安定

このような夢は吉夢となります。あなたの心を乱していたものがなくなる、悩みが解決して心の安定を図れるようにもなるでしょう。心が安定することによって、仕事やプライベートでの人間関係にも良い影響を与える可能性があります。穏やかな心で過ごせるので、ストレスも感じにくくなるかもしれません。

霰や雹が混じった雨:金運の上昇


このような夢だと凶夢だと思ってしまうかもしれませんが、実際には吉夢といわれています。金運の上昇を意味しているので、臨時収入が入る、転職に成功して収入がアップする、といったことも考えられるでしょう。もちろん、金運の上昇を暗示する吉夢といっても、無駄遣いをしていいというわけではありません。

雷雨:直感が冴えわたる

今のあなたは直感が冴え渡っているので、自分の気持ちや考えに素直になって行動することが吉と出ます。長々と悩んでしまうこと、なかなか決断できないこともあるでしょうが、今の状態なら即決しても大丈夫でしょう。自分がこれだ、と信じた道へ突き進むことが成功へと繋がります。自分の直感を信じて決断しましょう。

降りやまない長雨:待ちきれない心情


表面上は平静を装っていても、心の奥底では待ちきれないという気持ちがあると考えられます。いつまでも降り続ける雨を見ていると、イライラもしてきますよね。このような時こそ我慢すべきなので、決して短絡的に行動を起こさないほうが良いでしょう。もう少しすると雨もあがるかもしれません。

天気雨:情緒不安定

天気雨ははっきりしない天気なので、情緒不安定な状態であることを暗示しています。もし自覚があるのなら、心の安定を図ることを第一に考えましょう。睡眠をしっかりとる、問題の根本を解決するよう動くなど。情緒不安定な状態が続くと精神衛生上も良くありませんし、仕事や私生活にも悪影響を及ぼすかもしれません。

雨の中のアナタの状況


雨が降る夢の中で、あなたはどのような状況なのでしょう。雨に塗れていますか?それとも雨宿りをしていますか?それによって雨の夢が意味する内容が違ってきます。ここでは、雨の中の状況別に意味することをお伝えしましょう。

雨に打たれながら走る:行く手に試練が待ち受けている

あなたが選んだ道の先には、何かしらの困難や試練が待ち受けているかもしれません。雨が降っているときというのは動きにくいものですし、体も濡れてしまいます。そのような中を走るというのは困難や試練が待ち受けていることを暗示するのです。このような時こそ気持ちを強く持ち、試練に打ち勝とうとする強い気持ちを持ちましょう。

雨に濡れる:体調不良が長引く

雨に濡れて体調を崩したことはありませんか?夢の中で雨に濡れていたとすると、体調不良が長引く可能性があります。もし、今体調を崩しているのなら要注意。これ以上悪化させないよう十分注意して過ごしましょう。すぐ治ると思っていた体調不良が長引くかもしれないので、気になったら病院で診察を受けてください。

傘をさす:トラブルをうまく回避できる


傘をさすのは雨に濡れないためです。夢の中で傘をさして雨から身を守っているので、こうした意味を持っています。何かしらのトラブルがあなたを襲うかもしれませんが、あまり深刻になる必要はありません。自分の力、もしくは周りの人たちからのサポートを受ける形で、トラブルを見事に回避できる可能性が高いです。

全身がずぶ濡れになる:身動きの取れない現状

雨でずぶ濡れになってしまうと、衣服が水を吸って重たくなりますし、動きにくくなります。そのため、こうした意味を持っているのです。転職したいのにできない、家族に反対されてやりたいことができない、といったことも考えられるでしょう。今は様子を見る状況なので、軽率に動こうとせずじっくりタイミングを見計らってください。

洗濯物が濡れる:心理的なストレスが増える予兆

これから先、あなたに精神的な負担を与える何かが起こる可能性があります。本来自分がやらなくてもいい仕事を押し付けられるようになる、人間関係のストレスなど。どのような心理的負担なのかは知る由もありませんが、そうした可能性があることを知っておけば対処もしやすいでしょう。

雨宿りをする:問題が解決する


抱えていた悩みが解決するかもしれません。トラブルを回避できるという意味もあるので、あなたを悩ませていた負担もなくなる可能性があります。ただ、恋愛面においては相手との関係が停滞する、という意味も持つため注意が必要。少しずつ相手との距離を詰めるようにして、無理はしないようにしてください。

家が雨漏りする:築き上げた物が崩れる

今まで時間をかけて築き上げてきたものが、これから先崩れてしまうかもしれません。それは家庭なのかもしれませんし、手塩にかけて育ててきた自分の会社という可能性もあるでしょう。築き上げたものがあっさりと崩れてしまわないよう、心あたりがあるなら何かしらの対処も考えるべきです。

まとめ

雨が降る夢は内容によって暗示することが大きく変わってきます。良い夢もあればあまり良くない夢もあるので、まずはそれを見極めたいですね。仕事運や恋愛運はアップする傾向にありますが、反面体調不良を示唆する暗示もあります。雨が降る夢を見たときには、雨の状況、自分がどうだったかを思い出してくださいね。