お酒を飲む夢が警告するメッセージ!夢占いで本当の意味を知る

夢の中でお酒を飲んでいたけど、いったいどういう意味?と思ったことはありませんか?お酒を飲む夢が伝えているメッセージとしては、人間関係や健康運、恋愛関係といったことが挙げられます。飲んでいたお酒の種類、誰と飲んでいたかによっても暗示は変わってくるので注意しましょう。

ここでは、

についてまとめてみました。

お酒を飲む夢が持っているメッセージ


お酒の席は良いコミュニケーションの場となります。そのため、お酒を飲む夢は人間関係のメッセージであることが少なくありません。また、百薬の長といわれるお酒なので健康運に関連するメッセージであることもあります。

人間関係

今後の人間関係に関わることを暗示していることがあります。夢の中で誰とお酒を飲んでいたのか、その時の状況はどうだったのか、といったことが関係してきます。今後、自分を取り巻く人間関係が良好となるのか、それとも悪化してしまうのかといったことも、メッセージ次第では分かってくるでしょう。

健康運


お酒は百薬の長といわれていますが、飲みすぎは毒にもなります。そのようなお酒だからこそ、健康運に関するメッセージとなることも少なくありません。健康運に関しては、体調の回復や変化の兆しなどを示唆することもあります。また、体を休めるべきという暗示、自覚のない病気を示唆しているということもあります。

恋愛関係

夢の中で一緒にお酒を飲んでいる人によっては、恋愛関連のメッセージとなることがあります。以前付き合っている人と飲んでいたのなら、恋愛面に関して寂しを感じている状況なのかもしれません。暗示をしっかりと読み解くことで、今後の恋愛に活かすことも可能となるでしょう。

どんなお酒を飲んでいたのか


夢の中で、あなたはどのようなお酒を飲んでいたのでしょうか。お酒にもいろいろな種類がありますし、それぞれに意味があります。ここでは、お酒の種類による暗示内容の違いについてまとめてみたので、ぜひ目を通してください。

ビール:自分をねぎらう気持ち

ビールは打ち上げの席や飲み会、慰労会などで飲むことが多いですよね。そのため、頑張っている自分をねぎらう気持ちを表わしているといわれています。ビールを美味しそうに飲んでいたのなら、今までの頑張りが身を結んだことを暗示しているのでしょう。必死にゴクゴク飲んでいるようだと、疲れた心身に癒しがほしいと思っています。

白ワイン:健康運や恋愛運・対人運が上昇傾向にある

さまざまな運気が上昇傾向にある吉夢といえるでしょう。対人運もアップしているので、周囲の人ともうまくコミュニケーションをとりながら良い関係を築けそうです。恋愛運も上昇傾向にあるので、素敵な人との出会いがあるかもしれませんね。長く苦しめられてきた持病と決別できる兆しがあるかもしれません。

赤ワイン:体調が回復する


赤ワインにはたっぷりのポリフェノールが含まれていますし、健康に良いお酒だといわれていますね。そうした理由から、体調の回復を暗示しているといわれています。長らく苦しめられてきた病気やケガが回復に向かうのかもしれません。ただ、血のような赤ワインをこぼす夢だと凶夢だといわれているので、意味を間違わないようにしましょう。

ウィスキー:トラブルの予兆

何らかの障害にぶつかったり、トラブルに巻き込まれるといったことを暗示しています。ウイスキーだけでなく、テキーラも同様に凶夢といわれているので注意しましょう。現在進行形の何かがトラブルになったり、障害にぶつかると考えられるので、何かに取り組んでいるのなら一度見直してみるのもよいでしょう。

冷酒:幸運なことが起こる予兆

夢占いにおいて、日本酒は良い夢といわれています。吉夢なので、これからあなたのもとにはさまざまな幸運が舞い込んでくる可能性もあるでしょう。運気も上昇しているタイミングなので、何かを始めるにもいい機会なのかもしれません。積極的にいろいろなことにチャレンジしてみるとよいでしょう。

誰と飲んでいたのか


夢の中でいったい誰とお酒を飲んでいましたか?それによって、夢が意味することも違ってきます。恋人と飲んでいたのと以前付き合っていた人と飲んでいたのとでは、まったく意味が違います。詳しく見ていきましょう。

恋人:恋愛運がアップしている暗示

恋愛運が上昇中なので、恋人がいるのならこれまで以上により良い関係を築くことが可能となるでしょう。2人でいろいろなところに遊びに行ったり、共通の趣味を持つことでさらに仲良くなれます。2人の恋を邪魔するようなトラブルが立ちはだかったとしても、協力しあってクリアできるかもしれません。

大勢で飲んでいた:対人運が好調な状態

周りの人たちと良い関係を築けていることを暗示しています。職場の人はもちろん、プライベートでお付き合いのある人との関係性も順調です。これから初めて会う人たちとも、すぐに打ち解けて良い関係を築けるので、今のうちに人脈を広げていくのもアリかもしれません。たくさんの人との出会い、関係を大切にしてくださいね。

以前付き合っていた人:恋愛面で寂しさを感じている


今のあなたは満たされていないのかもしれません。表面上は恋人がいて満足できる日々を送っているかもしれませんが、心の奥底では寂しさを抱えている可能性があります。恋人との心の距離をもっと近づけることで、寂しさを埋めることは可能となるでしょう。恋人がいないのなら、まずは新しい出会いを見つけることから始めてください。

父親:目上の人達との対人関係の現れ

夢の中で父親と飲んでいた、という場合だと、その時の状況によって意味することが違ってきます。もし、父親と険悪な雰囲気の中で飲んでいたのなら、対人関係があまり良くないことを示唆しています。楽しそうに笑いながらお酒を飲んでいたのなら、対人関係はうまくいっていると考えられるでしょう。

飲んでいる時のリアクション


夢の中でお酒を飲んでいるときのリアクションによっても暗示内容が違ってきます。お酒をこぼした、ワインを注いでいる、酔っ払っているなどさまざまなケースが考えられるでしょう。ここでは、リアクション別の暗示内容をお伝えします。

酒をこぼす:人間関係の悪化

あなたを取り巻く人間関係が悪化している可能性があります。最近、周りの人たちとうまくいかない、ぎくしゃくしているといったことはありませんか?もしかすると、その原因はあなたにあるのかもしれません。もちろん、周りの人に原因があることも考えられるので、まずはそれを明確にしてください。対策を練るのはそのあとです。

人にワインを注いでいる:主体性が欠けてしまっている

今のあなたには主体性が欠けているかもしれません。それが原因で仕事がうまくいかなかったり、プライベートの人間関係がうまくいかないことも考えられるでしょう。きちんと主体性を持ち、主張すべきところは主張するのが基本です。周りに合わせてばかりの人生にならないよう注意してくださいね。

酔っ払っている:新しい自分になりたい


酔っ払っているときというのは、いつもの自分とは違いますよね。そのため、こうした意味を持つことがあります。もしかすると、今のあなたは自分のことが嫌いなのかもしれません。生まれ変わりたい、やり直したいという気持ちが強いのかもしれませんね。過去に決別して、新しい自分に生まれ変わるタイミングを暗示している可能性もあります。

酒を吐く:消化器系の病気などに注意する

お酒を吐く夢だと、消化器系の臓器に何かしらの異常があるのかもしれません。実際、これらの臓器に異常があるとお酒や食事を吐いてしまうことがあります。つまり、健康に何かしらの問題があるということを警告してくれているのです。心あたりがあるのなら、一度病院で診察を受けたほうがよいかもしれません。

まとめ

お酒を飲む夢が暗示すること、意味などについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。すべてが吉夢ではありませんし、凶夢となることもあるため注意しなくてはなりません。夢が暗示することをしっかり理解できれば、これからの人生に役立てることもできるでしょう。ここでご紹介したことをぜひ今後に活かしてくださいね。