花言葉に幸せの意味をもつ花のおすすめ10選

花言葉をご存じでしょうか。いろいろな種類の花がありますが、それぞれの花には花言葉があります。花言葉は一つだけとは限らず、複数の意味を持つことも少なくありません。花をプレゼントするときなどには、花言葉や意味から贈ると喜ばれるでしょう。

ここでは、

についてご紹介します。

花言葉ってなに?


そもそも花言葉とはいったい何なのでしょうか。花に象徴的な意味を持たせたのが花言葉です。それぞれの植物には1つ以上の花言葉があり、プレゼントの際には花の意味から選ぶことも珍しくありません。

それぞれの植物は1つ以上の花言葉を持っている

同じ花なのに、紹介している媒体によって花言葉が違うことがありますよね。花言葉は1つではなく、中には5つほどの花言葉を持つようなケースもあります。例えば、男性から女性への花のプレゼントとして定番の赤いバラにも、あなたを愛しています、愛情、美、熱烈な恋などの花言葉があります。

花を贈るさいに意味から選ぶと喜ばれる


花をプレゼントするとき、見た目だけで選ぶ方は多いかもしれません。それはそれで構いませんが、どうせなら花言葉も調べた上でプレゼントするとさらに喜ばれるでしょう。見た目はとてもキレイでも、あまり良くない花言葉を持つ花も中にはあるので注意が必要。素敵な花言葉の花なら、もらった人もきっと嬉しい気持ちになれます。

どなたにも贈りやすい幸せの意味を持った花を選ぶのがポイント

幸せの意味を持つ花なら、どのような人にも、どのようなシーンでも贈りやすいです。赤いバラのように、ストレートな愛情を表わす花は友達や職場の上司などには贈りにくいですよね。また、良くない意味を持つ花も同様です。幸せの意味を持つ花の種類を知っていれば、これから先の人生においても役立つシーンが多々あるはずです。

幸せの意味をもつ花10選


幸せの意味を持つ花はたくさんありますが、ここでは10ほどピックアップしました。カキツバタや胡蝶蘭などが有名ですが、アザレアやクローバー、ポインせチアなどもよく知られていますね。詳しく見ていきましょう。

カキツバタ

カキツバタの花言葉は、幸せは必ずやってくる、です。あなたに幸せが来てほしい、幸せになってほしいという意味を込めて贈れるので、さまざまなシーンにマッチしますね。恋人のいない友人のバースデーなどにもいいかもしれません。見た目も可憐で可愛らしい花なので、プレゼントにもおすすめできる花といえるでしょう。

胡蝶蘭

お店の開店祝い、事務所の移転祝いなどでも重宝される胡蝶蘭。花の贈り物としては定番中の定番といえるでしょう。白い花がとても素敵で、さまざまなお祝い事に用いられる花としても知られています。幸福が飛んでくるという花言葉がありますが、これは花の見た目が蝶に似ているからだそうです。

ポトス


ポトスの花言葉は、永遠の富や華やかな明るさなどです。永遠の富という花言葉のため、金運をアップさせるともいわれていますね。そうした理由から、企業や銀行などのロビーに飾られることも珍しくありません。繁殖力が強く緑を絶やさないという性質があることから、華やかな明るさという花言葉も持つようになりました。

アザレア

アザレアの花言葉は、節制や禁酒、恋の喜びなどです。節制や禁酒は幸せの花言葉とは言えないでしょうが、恋の喜びは幸せを予感させますね。また、白いアザレアにはあなたに愛されて幸せ、という花言葉があります。愛するパートナーへのプレゼントとしても喜ばれる可能性が高いでしょう。シーンを選んでプレゼントしたいですね。

スズラン

スズランも複数の花言葉を持つ植物です。純粋や純潔、謙遜といった花言葉を持つほか、再び幸せが訪れるという花言葉も。パートナーと別れてしまった友人や知人へのプレゼントによさそうですね。日本でも人気のある花ですが、ヨーロッパやフランスなどの海外でも人気のある花。見た目も可愛いので喜ばれる花です。

クローバー


四つ葉のクローバーの花言葉は、幸運、私のものになってです。四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれる、という話は多くの方がご存じでしょうが、花言葉もやはり幸せの意味を持ちます。ただ、クローバー全体の花言葉を見てみると、約束や復讐といった意味もあります。贈るシーンでは注意したほうがいいかもしれませんね。

カランコエ

カランコエの花言葉は、幸福を告げる、たくさんの小さな思い出、あなたを守るなどです。明るい色合いが美しい花なので、プレゼントとしても適しているでしょう。星型の花を密集して咲かせる花で、育てる手間がかからないというメリットもあります。初めて植物を育てるという方にもプレゼントしやすい花ですね。

福寿草

名前からしてありがたそうな印象のある福寿草。その花言葉は、幸せを招く、永久の幸福です。古くから縁起の良い花として愛されてきた歴史があるので、プレゼント向きの花といえるでしょう。見た目も鮮やかな黄色で美しいです。寒い時期に花を咲かせるので、ウィンターシーズンの贈り物にベストかもしれません。

ポインセチア


真っ赤な花を咲かせることで知られるポインせチアの花言葉は、祝福や幸運を祈るなどです。また、私の心は燃えている、清純といった意味も持っています。クリスマスシーズンに咲く花としてもよく知られていますし、ポインせチアと聞くとクリスマスを連想してしまう方も多いかもしれません。緑と赤の組み合わせはまさにクリスマスカラー。

ピンクのバラ

バラの花は色によって花言葉が異なります。赤のバラには愛情や美といった花言葉がありますが、ピンクのバラには可愛らしさやしとやかさ、温かい心、気品といった花言葉があります。優しさの象徴のような色合いをしていますし、プレゼントにはピッタリの花と言えるでしょう。贈るのが女性ならきっと喜ばれること間違いなしです。

恋愛で幸せになれる花


恋愛で幸せになれる花としては、黄色のスターチスやベゴニア、セントポーリアなどが挙げられます。また、ゼラニウムも恋愛に関連する花言葉を持つ花として有名。ここでは、幸せな恋愛が可能になるかもしれない花をまとめてみました。

黄色のスターチス:愛の喜び

愛の喜びのほかに、誠実という花言葉もあります。お付き合いしているパートナーへのプレゼントとするにもピッタリの花でしょう。また、早く恋人を作って幸せになってほしい、と思っている友人へのプレゼントにもいいかもしれません。4月から7月にかけて美しい花を咲かせるので、プレゼントするならこのタイミングがベストです。

ベゴニア:愛の告白

ベゴニアには、愛の告白のほかにも片思い、親切、幸福な日々といった意味があります。愛の告白をしようとしている相手に、ベゴニアの花をプレゼントするというのはアリかもしれません。相手の方が後から花の意味を知ったときに、キュンとしてくれるかもしれませんね。幸福な日々という意味も持つので、同性の友達へのプレゼントとしてもアリです。

セントポーリア:小さな愛


小さな愛という花言葉を持つセントポーリア。愛情は持っているものの、まだ気持ちをしっかり伝えることができていない異性に贈るのにいいかもしれません。愛情の意味を持つバラの花をいきなり贈るよりも、まずはセントポーリアがよいでしょう。家族や友人などにも気軽に贈りやすい花なのでおすすめです。覚えておきましょう。

ゼラニウム:君ありて幸福

パートナーや親友へのプレゼントとしておすすめの花です。あなたがいるからこその幸せ、という意味を持つので、愛する人、大切な人にプレゼントしたらきっと喜ばれるでしょう。ゼラニウムは見た目にも美しい花なので、単純に喜ばれます。ゼラニウムには尊敬や信頼、真の友情という花言葉もあるので、友達に贈るにもピッタリ。

まとめ

幸せな花言葉を持つ花をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。花をプレゼントするときには、見た目だけでなく花言葉まで理解して贈るとより喜ばれるでしょう。ここでご紹介したのは幸せな意味を持つものばかりなので、さまざまなシーンに使えるはずです。バースデーや告白など、その時々に合った花を贈ってくださいね。