花言葉には裏切りの意味もある!贈る際に注意したい花

花にはそれぞれ花言葉があります。赤いバラには愛情、ゼラニウムには真の友情といった具合に、どの花にも花言葉、意味があるのです。中には、裏切りのようなマイナスイメージの花言葉を持つ花もあるので、贈るときには注意が必要。

ここでは、

についてご紹介します。

花を贈るときには注意が必要


花によっては、マイナスイメージを持つ花があるため、贈るときには花言葉を調べておく必要があります。ほとんどの花は1つだけではなく複数の花言葉を持っているので、きちんと確認しましょう。

マイナスイメージの強い花言葉を持った花がある

花言葉と聞くと、愛情や美、友情などを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、花によっては死や裏切り、復讐などマイナスイメージの強い花言葉を持つ花もあるため注意しなくてはなりません。しかも、見た目がキレイなのにマイナスイメージの強い意味を持つ花があるので注意が必要です。見た目だけで選ぶのはリスクが高いですね。

複数の花言葉を持った花があるのでしっかりと確認する


1つの花に1つの花言葉ならいいのですが、実際にはそうではありません。赤いバラだと、情熱や美、愛情といった意味を持ちます。また、花の色が変わると意味も変わってくるので注意しなくてはなりません。素敵な意味を持つ花だと思って購入したら、実はネガティブな花言葉も持つ花だった、ということもよくあります。

プロポーズなど節目の失敗は取り返しがつかないので注意すべき

普段何気なく贈る花の場合だとそこまで気にすることはないかもしれませんが、節目の時に贈る花だと大変です。プロポーズや告白などの時ですね。このような時に、マイナスイメージの強い意味を持つ花をプレゼントしたとしたら、どうなるかは想像に難くないでしょう。気にする人だと、関係が悪化してしまうかもしれません。

裏切りの意味をもつ花


花には裏切りという意味を持つ花もあります。ハナズオウやダリア、クロッカスなどが代表的ですが、ほかにもコケモモやゲッケイジュ、オキナグサなどにも裏切りの意味があります。間違えて贈らないように覚えておきましょう。

ハナズオウ

ハナズオウの花言葉は裏切り、不信仰です。ハナズオウは、キリスト教を信仰する国々ではユダの木と呼ばれています。ユダはイエスキリストを裏切った張本人ですし、彼のせいでキリストは処刑されてしまいました。裏切りを後悔したユダはハナズオウの木で首を吊って自殺します。こうした由来があるため、裏切りの花言葉があるのでしょう。

ダリア

見た目が美しいことから人気のあるダリア。花言葉には栄華のような言葉もありますが、実は裏切りや移り気という花言葉もあります。フランス皇帝だったナポレオンの妻ジョセフィーヌもダリアの花を愛していました。ある夫人からダリアを譲ってほしいと言われますが、それを断ると婦人はダリアを盗んでしまいます。

これをきっかけにジョセフィーヌはダリアを愛でることをやめたそうです。花言葉ができた由来はこうした背景があるからでしょう。

クロッカス


クロッカスの花言葉は、愛をもう一度、あなたを待っています、青春の喜びなどです。これだけ聞くと素敵な感じですが、実は私を裏切らないでという少し怖い花言葉も。パートナーからクロッカスをプレゼントされたのなら、ちょっと怖い感情を抱いてしまいますよね。まだ恋人関係になっていない時だと、重いと思われるかもしれません。

コケモモ

寒い地方に自生するコケモモにも、裏切りという意味の花言葉があります。また、裏切り以外にも反抗心という花言葉も持つようですね。コケモモに裏切りという花言葉がついた由来はよく分かっていません。冬なのに葉をつけたままの様子が、裏切りという花言葉に繋がったという可能性もあります。

ゲッケイジュ

ゲッケイジュはスポーツの大会などで勝者に冠として贈られることでよく知られています。栄光や勝利といった花言葉があるので相応しい一方で、実は裏切りという花言葉もあります。ゲッケイジュは黄色の花ですが、イエスキリストを裏切って処刑にまで追い詰めたユダが最後の晩餐のときに着ていた服も黄色。これが由来となったそうです。

オキナグサ


オキナグサの花言葉は、何も求めない、裏切りの恋です。オキナグサは綿毛のついた種を作って遠くに飛ばすため、それが何も求めないという花言葉の由来となったのだとか。また、オキナグサは最初下向きに咲きますが、次第に上を向きます。相手を裏切って違う相手に向かって咲くように見えることから、裏切りの恋という花言葉もできたのだとか。

カルミア

可愛らしい姿が印象的なカルミアですが、裏切りや大望、野心といった花言葉を持っています。また、優美な女性という花言葉もありますが、どちらかというとこの言葉のほうが有名と言えるでしょう。レースの日傘を広げたような美しい姿に由来しています。その一方で、裏切りという怖い花言葉もあるので、贈るときには注意が必要です。

贈り物には向かない花言葉を持つ花


贈り物に向かない花言葉を持つ花はたくさんあります。贈ってから後悔しても遅いので、事前にきちんと調べておきましょう。ここでは、贈り物に向かない花言葉を持つ花についてまとめてみました。覚えておきましょう。

イチイ:死

死という花言葉を持ちます。貰った人からすると、死んでほしいのかと思ってしまうかもしれません。病気やケガをしている人、手術を控えている人などに贈るのも失礼となるのでやめましょう。とんでもない悪意が込められていると勘違いさせてしまう恐れもあるでしょう。贈り物とするには向かない花の一つです。

黄色いユリ:偽り

ユリの花はとても可憐なので、贈り物にしたい方は少なくないでしょう。ただ、黄色いユリには偽りという花言葉があるので、これも贈り物としてはあまり向いていません。あなたにプレゼントしているのは偽りの気持ちなのよ、と相手は受け取ってしまうかもしれませんね。また、自分を偽っていると非難されているように感じる方もいるでしょう。

ホオズキ:偽り


黄色いユリと同じく偽りの意味を持つホオズキ。偽りだけでなく、ごまかしという意味も持っています。ホオズキは見た目はまるで果実のようなのに、実際には皮と種だけで中身がないことからこのような花言葉になったのだとか。見た目が何となく可愛いのでプレゼントしたくなる気持ちも分かりますが、やめておいたほうが無難です。

桑:共に死のう

彼女のすべてが好き、という素敵な花言葉も持つ桑ですが、ともに死のうという怖い意味も持ちます。ギリシャ神話の悲しい物語として知られる、ピュラモスとティスペの話に由来しているといわれています。パートナーからはもちろん、お付き合いさえしていない人からこのような意味を持つ植物を贈られると恐怖でしかありません。

白いゼラニウム:私はあなたの愛を信じない

赤いゼラニウムには、君ありて幸福という素敵な花言葉があります。一方、白いゼラニウムには私はあなたの愛を信じないという恐ろしい花言葉が。恋人や大切に思っている人から、このような意味の花を贈られるとショックですよね。白いゼラニウムは見た目もキレイなだけに、贈りたくなるでしょうがやめておきましょう。

日本水仙 :偽りの愛


中国では幸運の花として人気があるようですが、日本水仙にも偽りの愛という花言葉があります。自己愛という花言葉もありますが、いずれにせよあまりポジティブなイメージではありません。贈り物とするのは避けたほうがよいでしょう。水仙は花言葉が非常に多いので、どうしても贈るときは色ごとに花言葉を調べることをおすすめします。

スノードロップ:あなたの死を望みます

可愛らしい見た目と反して、かなり恐ろしい花言葉を持つスノードロップ。あなたの死を望む、という意味からお見舞いの花にするのも絶対にNGです。プレゼントとして贈るときには、先ほどのような花言葉になるので注意が必要でしょう。それ以外だと、希望や慰めといった花言葉になるのだそうです。

まとめ

花によっては裏切りのような怖い花言葉があることが分かったと思います。贈ってしまってからでは取り返しのつかないことになるので、事前にしっかりと意味を調べてから贈るようにしましょう。ここでご紹介した花は基本的にプレゼントにするには向きません。しっかり覚えておいてくださいね。