夜デートのおすすめプラン!恋愛のプロが伝える女性の心をつかむ方法

この記事の情報提供者

好きな女性と夜のデートをする際は、楽しみと思う反面、どのようにデートプランを練れば良いのか悩みがち。彼女との仲を深めるためには、女心をふまえたうえで、ポイントを押さえることが重要です。

そこで今回は、恋愛に詳しいT.Rさんのお話をもとに、夜デートにおすすめのデートプランについてまとめました。雰囲気を盛り上げる方法や、次のデートに繋げるテクニックなどもお伝えしているので、参考にしてくださいね。

夜デートにおすすめのデートプラン


夜のデートは、女性との関係を深めやすいことから、デートプランをしっかりと考える男性も少なくありません。夜デートを成功させられれば、一気に彼女を虜にできることもあるので、まずは、おすすめのデートプランについて見てみましょう。

ディナーは早めに予約する

「睡眠直前に食事をすると身体に悪い」と考える女性は少なくありません。なので、できれば1回転目のディナーとなるよう、早めに予約しておきましょう。一般的にディナーは18時頃がスタートになるケースが多いもの。そう考えると、「早すぎるかも……」と心配する必要もないでしょう。

待ち合わせは、お店の最寄り駅にすると良いですよ。待ち合わせ時間については、予約した時間の15分前くらいが良いでしょう。「急がないと!」と言って、レストランに走るような慌ただしいデートは、雰囲気が壊れてしまうので、要注意。

また、これより早く着いてブラブラするという選択肢は、特別な理由がない限り除外しておいてください。その理由は、ディナーまでのあいだに話題がなくなってしまうから。夜デートでは、会話を楽しむことが重要です。そのため、「話題がなくなりそう」とか、「トークに自信がない」という人は、あらかじめ話すことをストックしておきましょう。

ディナーのあとはバーに寄る


早めにディナーの予約をしておけば、食事後に、もう一軒寄ることが可能です。そんなときにオススメのお店がバー。「お酒が飲めない」という場合でも、アルコール抜きでフルーツカクテルなどを作ってくれるところが増えているので、心配しなくても大丈夫です。

バーはオシャレな雰囲気のお店が多いので、良いムードになりやすいというメリットがあります。ですが、長居は禁物。スマートでオシャレな男性といった印象を与えられるよう、バーでは1杯飲んで、サクッと切り上げましょう。

夜デートを楽しむために、雰囲気を盛り上げる方法


夜デートを盛り上げるためには、雰囲気が重要。だからこそ、良い雰囲気を作り出す方法を知っておくと、非常に役立ちます。

そこで、夜デートを楽しむために、雰囲気を盛り上げるテクニックを見てみましょう。

隣に座る

ディナーや外のベンチなどで座る際には、女性の隣に座るようにしてください。その理由は、安心感を与えやすいから。対面式で座った場合には、相手の顔を真正面から見ることになり、無意識に圧迫感を覚える女性も少なくありません。

対面するということは「闘い」のイメージを連想してしまうもの。囲碁や将棋、格闘技など、相手と向かい合って闘う競技は少なくありません。

これらのことから、対面で座ってしまうと、相手に安らぎを与えにくいと言われているのです。それに対して、女性の隣に座ると、相手の顔を正面から見ないため、心が開放され、リラックスした状態で話を深めることができます。

また、お互いの距離も近くなることは、会話が盛り上がったときにさり気なく、ボディタッチを混ぜることもできるというメリットも。ボディタッチは、女性のドキドキ感を増やす効果があるので、隣に座ることには、大きなメリットがあると言えるでしょう。

さらに、どちらかのスマホの画面を、お互いに近づいて見ることもできます。そうすると、さらに距離が縮まって、良い雰囲気になりやすくなるのです。

彼女に近づく


夜だからこそできるテクニックとして、顔を近づけるというものがあります。夜は暗いからこそ、お互いの顔が見えにくいもの。そのため、グッと顔を近づけても、相手に違和感を与えにくいのです。

昼と夜とでは、堂々と接近できる距離が異なります。昼間の明るいうちにはあまり近づけなかったとしても、夜になれば自然と距離感を縮めることができるもの。

このように、物理的な距離感を縮めるということは、心理的な距離を近づけられるという効果が期待できるのです。たとえば、見ず知らずの人とは、あまり近づきたくないと思う人は少なくありません。相手がどんな人間か信用できないからこそ、危険や気味の悪さを感じて、近寄りたくないと感じるのです。

これは、親しい人ほど、物理的に近づくことが許されるということ。こういった人間心理を逆手にとれれば、あなたと女性の距離は格段に近づきます。つまり、物理的に近づくことで、「彼女に受け入れてもらった」という、既成事実を作る効果が期待できるのです。

彼女にまだ一緒にいたいと思わせるテクニック


夜のデートは、いかに素敵な時間を演出できるかが重要。そういったデートだからこそ、「まだ一緒にいたい」と思ってもらえるのです。そして、そういった気持ちは、2人の仲をさらに親密にさせるためにも重要なのです。

そこで、彼女にまだ一緒にいたいと思わせるテクニックを紹介します。

彼女の話を丁寧に聞く

女性は話すことが大好きなもの。そのため、夜デートを成功させたいと願うなら、女性の話をメインにするということを忘れてはいけません。

彼女との距離を縮めたいなら、「一緒にいて楽しい人」や、「居心地の良い人」といった印象を与えることが重要。こういったイメージが「まだ一緒にいたい」といった心理に結びつきます。

とは言っても、難しいことをする必要はありません。具体的には、彼女の話を真剣に聞くという姿勢を見せればOKです。女性の話に適度な間をおいて相槌を打ち、うんうんと頷くことで、話しやすいと感じてもらうことができます。

また、話の腰を折らないようなタイミングを見計らって、その話題に関する質問をするのも良いでしょう。なぜなら、質問をするためには、真剣に話を聞いていないといけないから。

つまり、適切なタイミングで質問をするということは、相手に対して「興味を持って、真剣に話を聞いているんだよ」といったアピールにもなるのです。こういったことを心掛けることで、「楽しい夜デートだった」と感じてもらえます。

そして、そういった良い印象は、あなたにも派生するというもの。つまり、「この人と一緒にいると楽しい」「もっと一緒にいたい」という評価につながり、あなたとの仲が深まっていくことが期待できるのです。

デートの時間を短めに設定する

女性に「もっと一緒にいたい」と思ってもらうためには、会話が盛り上がっているところで切り上げるというテクニックが効果的。「え?これからが面白いところなのに!」とか、「まだ関連してもうひとつ話があるのに!」というところで話を切り上げて帰路につくと、不完全燃焼な感じが女性に残ります。

そのため、「ごめん、明日の仕事の準備で……」などと、適当に理由を作って早めに切り上げましょう。そしてその後に、「でも、もっと君の話を聞きたい……だからまた今度、その話を聞かせてくれない?」と言えば、次回のデートを約束することもできます。

このようにすることで、さらに親密になれるチャンスを広げられるので、デートの時間は少し短めに設定すると良いですよ。これは、そもそものデートの時間を短くして、会話が完結しない状況を作り出すというテクニック。

次回のデートへ繋げるきっかけの作り方


彼女との仲を深めたいなら、夜デートが終わったあとのことも考えましょう。良い雰囲気でデートをしたあとは、次のデートに繋げることで、さらに親密になっていけるというもの。

ですが、「別れ際」や「帰宅後のライン」だけで、次のデートを取り付けるようとすると、失敗する確率が高くなります。そのため、2時間のデートをする場合、約20%にあたる20分~30分を、次のデートに繋げるための誘導として使うと良いですよ。

具体的に、どのような方法で次回のデートにつなげれば良いのか、紹介します。

彼女が関心を持っていることを聞き出す

デートのときに、彼女が興味や関心をもっている話題を質問して、詳しく聞き出してみましょう。そして、その場で一緒に、スマホで調べてみるのです。そのようにして調べるうちに、2人で楽しめそうな場所やイベントなどを見つければ、次のデートに繋げることができます。

そういった遊び場やイベント情報などが見つかったら、スケジュール帳を出して、「あ。これなら日程いける!一緒に行かない?」と約束をしてしまうことで、自然に次のデートに繋げられるのです。

別れ際に念押しする

彼女が関心を持っていることをきっかけに次のデートを約束したら、より確実性を上げるために念押しをしましょう。別れ際に「忘れそうだったら、前日にリマインダー送るね」と次のデートの前日に確認のためのラインをすると提案するのです。ここまでしてしまえば、次のデートは確定したも同然と言えるでしょう。

まとめ

夜のデートは、雰囲気を盛り上げつつ、彼女にとって楽しい雰囲気を作り上げることが重要です。そういったデートを心掛けることで、「この人ともっと一緒にいたい」と思わせることができるでしょう。そんな思いを抱かせられるほど、次のデートの約束も取り付けやすくなるというもの。

今回お伝えした、夜だからこそ使えるテクニックをうまく使って、彼女との距離を縮めてくださいね。