元カノを忘れたい!引きずる理由や忘れる方法もご紹介!

男性は、女性に比べて過去の恋愛を引きずりやすいと言います。元カノを思い出しては、「会いたいな」とか、「何しているのかな?」などと寂しさを感じていませんか?

きっと思い出に浸ってしまう男性も、早く元カノのことを忘れて次の恋愛に進みたいと考えているでしょう。それには自分の気持ちや生活をコントロールしなければなりません。

ということで今回は、恋愛心理に通じているT.R さん提供の情報をもとに、元カノを忘れたいという男性の心理や、別れたあとにするべきことを解説します。

元カノを忘れられない理由とは

まず、なぜ別れたのにも関わらずズルズルと元カノを引きずってしまうのでしょうか。これにはもちろんその彼女の魅力もありますが、自分の欲の部分が大きく関わっています。詳しくは以下のとおりです。

一緒にいるほうが楽しかったから

自分1人でいるときよりも、元カノと2人でいるときのほうが楽しかったと感じているために忘れられない男性は少なくありません。付き合っていたときは彼女がいて満たされていたのが、別れたために心に穴があいたような孤独感があり、充実感が得られないのです。

また、恋人がいるほうがさまざまな場所に出かけたり、話をする相手がいたりするため、なかなか暇になりません。1人の時間に慣れていないと、自分だけで充実感を得るのが難しいです。

安心感や自尊心の喪失

比較の話になりますが、「恋人がいる=自分を好いて認めてくれている人がいる」という安心感は絶大なものです。彼女の喪失は自尊心や安心感の喪失であり、その人を失うことで不安が募ります。

この場合、元カノが好きで忘れられないというよりは、彼女という存在に対して依存してしまっている状態です。

性的欲求が満たされない

男性は、性的欲求を満たすために女性を求めることも多いです。女性特有の柔らかさや香りを求めているのです。こういった性的欲求は、男性のホルモンや脳によるもので、あって当然のもの。

しかし元カノを忘れられない場合は、誰でも良いというわけではなく、その彼女の感触や香りを感じたいと思っているのです。

元カノを忘れられなくなる男性の特徴

彼女と別れても、さっぱりしていられる男性もいます。では、元カノを忘れられない人にはどんな男性が多いのでしょうか。以下に特徴をまとめましたので、今でも元カノを引きずっているという人は自分と照らし合わせてみてくださいね。

暇な時間が多い人

彼女がいなくなることで時間に余裕があり、暇を持て余すようだと、どうしても別れた彼女のことを考えてしまいます。仕事や学業で縛られている時間はもちろんありますが、今までそれ以外の時間をほとんど別れた彼女に充てていた場合、ぽっかり予定がなくなることになります。

そのため、1人の暇な時間についつい彼女のことを考えてしまうのです。というよりも、それしか考えることがないのです。

スマホを頻繁に触る人

おおかたはスマホゲームをしていたり、ネットサーフィンしたりと、スマホが親友状態になっている男性です。いつもスマホを触っていると、写真フォルダやSNS、トーク履歴など、彼女との思い出に浸りがちです。

彼女に関係するものが身近にあるだけで、頭から離れづらくなるため、自分自身でわざと忘れられない環境にしているのです。

依存心が強い人

依存心が強い人は、自分に自信がない傾向があります。その場合、今までは彼女という存在が承認欲求を満たしていたのでしょう。しかし、今その存在がなくなってしまったことで依存心が強く出てきてしまい、承認欲求を満たしてほしいと感じているのです。

元カノを忘れるためにするべきこと

どんな理由であれ、別れてしまった元カノを引きずるのは辛いですよね。会いたくても会えない、連絡したくてもできないのは苦しいでしょう。

では、元カノを忘れるためにはどんな生活をしたら良いのでしょうか。辛い時間を終わらせるためにも、以下のことを実行してみてください。

1人の時間を充実させる

忘れるため、友人と朝まで飲み明かす人も多いでしょう。しかし、実はこれは逆効果です。他人を巻き込んで飲み明かすことで、家に帰り1人になったときに急に寂しくなり、「彼女がいないから……」→「やっぱり忘れられない……」という悪循環に陥るのです。

よって、1人で日常生活を充実させることに徹しましょう。読書、映画鑑賞、美術鑑賞、筋トレなどでスケジュールを埋めて、クタクタになって寝るのです。あとは時間が解決してくれます。

こうすることで自分を高めることができますし、スケジュールによっては新しい出会いも訪れるかもしれません。

出会いの場に足を運ぶ

今まで彼女といた時間がなくなるわけですから、家で1人で過ごす時間が増えるでしょう。しかし、次の恋愛に向かう努力もするべきです。出会いは探しに行かない限り、なかなか訪れません。

わざわざ合コンに行かなくても、人が大勢いるバーに飲みに行ってみたり、今までは断っていた誘いなどにもなるべくのってみたりすると良いでしょう。

どうしても忘れることができない場合の対処法

忘れるために彼女のものを捨てたり、1人の時間を充実させてみたりしたけれど、それでもどうしても元カノを忘れられない男性もいるでしょう。その場合は、次に進むために状況を変えましょう。以下の方法を参考にしてみてください。

一番の親友を目指す

彼女との適切な関わりを維持して、「一番の親友」というポジションを確立してください。付き合っていた同士ですから、お互いのことを理解でき、いろいろな悩みもわかちあえるでしょう。

その関係を半年から1年ほどキープすることで、きっと彼女は再び心を開いてくれます。そして、そのタイミングを狙って告白してみましょう。

一番の親友を目指すのが良いと言われても、「そんな長いあいだ我慢できない」や、「元カノが新しい彼氏を作ることが許せない」という人もいるでしょう。ただ、そんな心の狭さでは元カノと関わる資格はなしです。

「自分が相手の立場だったら……」と考え、今までのすべての言動を振り返ってみてください。そして自己研鑽に努めることです。

嫌われることを恐れず告白する

残された道は、嫌われることを恐れずに告白することです。「どうしてもすぐに彼女とよりを戻したい」とか、「彼女を誰にも取られたくない」という強い気持ちがあるのであれば、その気持ちを伝えましょう。ただし、冷静に彼女への気持ちや自分の足りなかった部分などを考えてからにしましょう。

別れてしまっていますから、良い返事が返ってくるとは限りません。しかし、結果を恐れず自分の気持ちを伝えてみることで、ダメだとしてもすっきりした気持ちになれるかもしれません。

まとめ

男性は、女性に比べて過去の恋愛を引きずる傾向があります。しかし日常生活を送る中で、元カノのことを思い出したり考えてしまったりする時間が多いほど、どうしても悪循環になりがちです。一度気持ちの整理が必要でしょう。

まずは今回ご紹介したことに沿って、自分の気持ちとゆっくり向き合いましょう。そこで、なぜ忘れられないのかを考えてみてください。

果たして元カノ自身が好きなのか、それとも彼女という存在が恋しいのか……。どちらにしても、前に進むためにどうするべきかを考え、実行すると良いですね。