心理は行動に表れる!男性のしぐさや態度から感情を読み取る方法

この記事の情報提供者

男性の行動にどんな心理があるのか、気になってはいませんか?今回は行動からわかる男性心理や、好意を持っているとき、反対に関心がないときなどの心理について、心理学に通じているT.Rさん提供の情報をもとに解説します。ぜひ参考にしてみてください。

行動心理学とは

アメリカの心理学者であるジョン・ワトソンが、1900年ごろに提唱したといわれている行動心理学。そんな行動心理学からは、たとえば次のようなことがわかります。

しぐさや行動のパターンからわかる心の状態

さまざまな経験則や統計から、行動を見ればその人の心理がわかる、その繋がりを行動心理学といいます。

たとえば、鼻を触る人は緊張を紛らわそうとしている人が多く、腕を組む人は防御したいという心理状態の表れです。このように、さまざまな行動からその人の心理状態や感情を読み取ることができます。

現在はそれとはまた違った認知心理学という、まわりの環境によって感情が左右される心理学のひとつの分野がもっとも主流です。

人への関心度もわかる

女性の場合だと、会話中に髪の毛をクルクルいじる行動は退屈であることを示していることがわかります。このように、しぐさや行動ひとつをとってみても、一緒にいる人に対して興味や関心があるのかということが表れるのです。

なお、男性と女性ではしぐさや行動は異なります。異性の考え方や気持ちがよくわからない、知りたいということであれば、何気ない振る舞いなどから心理を読み取るのがおすすめです。

視線でわかる男性の心理

アイコンタクトという言葉があるように、目は口ほどにものをいいます。たとえば、相手と喋っているときに、男性が目を輝かせているようであれば、その相手に好感を持っていることを意味しているなど。

このように目には、思っていることが表れるのです。「男ってわかりやすい」と昔からいわれているのは、目を見れば考えていることがだいたい予測できるからといえます。

ここでは、男性の視線からわかる心理をご紹介しましょう。

目が合うと逸らす

ふと視線を感じて目を向けると、男性が毎回逸らす場合は、あなたに対して好感を持っているといえるでしょう。これは、あなたに自分の感情を知られたくないという心理が働いているため。

ほかの行動としては、女性の唇や胸元、お尻などをチラッと見る場合は、遊び・本気関係なく性的な対象として強く意識している場合があります。

この場合にすぐに目線を逸らすことには、見ていたことをバレないようにしたいという思いが隠れているでしょう。

目を合わせずに会話をする

会話中に目を合わせてこない場合は、嘘をついているか、興味がないというサインの表れの場合があります。男性は、強い興味を持っているものに対して、目を向けてしまうことがわかっています。

そのため、男性と目が合わないときは、何かやましいことを隠している場合もあるかもしれません。

もし、彼氏や旦那さんなどパートナーがこのような行動をとったときは、何かしらのサインを見逃さないようにしましょう。

じっと見つめてくる

一緒にいるときではなく、離れた場所にいるときでも、こっちをじっと見つめてくる男性がいたとしたら、それはあなたに好意を持っている可能性が高いです。

また、会話中にまっすぐ見つめて話を聞いてくれる場合も同様です。好きな人の話をしっかり聞こうとしている心理が働いているので、あなたのことが気になる存在になっているととらえることができます。

もし、心当たりのある男性がいるのなら、じっと見つめてくる頻度に注目してみると、その人の本当の気持ちを判断する良い材料になるでしょう。

好意を持っているときの男性の行動

意中の男性が、あなたに興味を持ってくれているのかはやっぱり気になるもの。そこで、男性の行動からわかる心理の中でも、好意を持っている場合について解説します。

許せるレベルのいたずらをしてくる

男性には、子どもの頃に好きな女の子にちょっかいをかけてしまう人が多く、大人になってもそれが変わらない人もいます。これには、相手に自分のことを印象づけたいという心理が働いています。

また、少しずついたずらのレベルを上げていくことも。これは、どれだけのいたずらを許してくれるのかという気持ちから、好感をどのくらい持たれているのかを確認しているのです。

これを感じる場合は、男性なりのあなたに対する愛情表現ととらえて良いでしょう。

会話が具体的な内容になる

男性は論理的な生き物。そのため、二人きりで会う約束をした場合、いつどこで、何をどのようにするかといった具体的なところまで決めようとする場合は、本命と思っている可能性が高いです。

また、ほかの人には話さない家族や趣味などのプライベートな話を、聞いてもいないのに喋る場合も同様です。あなたにもっと自分のことを知ってほしいという気持ちの表れといえるでしょう。

心配してくれる

あなたのことを気に掛けたり、「大丈夫?」と心配するようであれば、好意を抱いている証拠。男性は好きな女性のことは、大切に思う気持ちがほかの人よりも大きくなるため、ちょっとしたことでも心配してしまいます。

ほかにも、最近何か変わったことはなかったかなど、質問も多いようであればあなたに興味があるしるしといえるでしょう。

挙動不審になる

男性がいつもとどこか様子が違ったり、行動がおかしいと感じたりするようであれば、あなたのことが好きな可能性が高いです。

好きな人の前では意識しすぎるあまり、緊張して不自然な動きをしてしまうタイプの男性もいます。もし、ほかの人といるときは普通なのに、あなたの前だとどこか変だと感じるのであれば、それはあなたを意識しているからでしょう。

同じ動きをしてくる

あなたと一緒にいるときに、コップを持ち上げたり、腕や足を組んだりといった同じ行動をとってくる場合は、好意を持っている可能性が高いです。これをミラーリング効果といいます。

「もしかしたらこの人は自分に興味があるのかも……」と感じたときは、いろいろなアクションをして真似をしてくるか確かめてみるのも良いでしょう。

関心がないときの男性の行動

一緒にいる男性の行動を見るだけで関心がない、できれば距離を置きたいといった心理を読み取ることができます。あなたに興味を持ってくれているか知りたいのであれば、ここでご紹介するしぐさや行動を男性がとっていないかチェックしてみましょう。

返事が曖昧

食事や遊びに行く約束などをするときに、はっきりとYES・NOをいわず、「そのうちね」といった抽象的な返事になる……。さらに後日聞いてみると、その話自体覚えていない男性も中にはいます。こうしてケムに巻く場合は、おおかた無関心です。

男性は具体的にいったことに対しては責任やプライドを持ちますが、「いっていない」ことはハッキリと「いっていない」といいます。こういう約束も「いつ行くかは決めてないよね」などと逃げます。

体が反対を向いている

男性は、心理がわかりやすく態度に表れる人が多いです。たとえば、一緒にいるときに相手に対して足先を向けない、前傾姿勢にならないなど。このときの男性は、その相手と何らかの理由で関わりたくないと思っている気持ちが表れているといえるでしょう。

また、それらは無意識に出ていることも多いので、男性があなたに興味を持ってくれているのか気になる場合は、一緒にいるときの体の向きに注目してみると良いでしょう。

メールやLINEの返事が遅い

メールやLINEを送ってから返事が異常に遅い場合は無関心、脈なしの確率が高いでしょう。そもそも相手を好きか嫌いかに関係なく、連絡を取り合うこと自体を面倒だと感じている男性は多いです。その上に興味がない相手からの連絡だと、余計に返事をしようという気になれません。

また、返事が返ってきたと思っても、そっけない文面だった場合も、あまりあなたに興味がないといえるでしょう。

会話をすぐに切り上げたがる

会話をしていても、質問をあまりしてこず、さらに会話を広げることもしないようであれば、あなたに関心を持っていないでしょう。

また、仕事関係の仲であるなら、業務の用事だけですぐに会話を終わらせてプライベートな話をしないのも、仕事場だけの関係でありたいという気持ちの表れといえます。

仮に女性と話をするのが苦手な男性であっても、興味のある女性に対しては頑張って話を盛り上げようとするものです。

別の女性の話をする

ほとんどの男性は、よほど恋愛経験が豊富で恋の駆け引きも得意という男性でない限り、計算せずに素直に気持ちを表現するものです。

そのため、あなたと一緒にいるときに、ほかの女性を褒めるような話や、好きな人がいるという話をしてくる場合は、残念ですが恋愛対象外といえます。

しかし、自分の好きな人のことを打ち明けてくれるというのは、大切な友達と思ってくれている場合も。その場合、男性の好きな女性を批判せずに、親身に話を聞くなどあなたにできることをしてあげるのが大切です。

まとめ

男性の行動は好意のサインであったり、興味がないというアピールだったりすることがあります。それらのしぐさや行動を知っていれば、そこから心理を読み取り、適した対応をすることも可能です。

もし、あなたに意中の男性がいるのであれば、今回ご紹介したような男性の何気ないしぐさや行動をチェックして、脈ありか脈なしかの判断材料にしてみるのも良いでしょう。