動物占いにおける本質キャラとは?意味を理解して実生活に活かそう!

この記事の情報提供者

動物占いにおける本質キャラは、その人を顕著に反映するもの。だからこそ、本質キャラを把握することで、自分自身をより深く理解できます。

そこで今回は、占い師のsaraさんのお話をもとに、動物占いにおける本質キャラの意味や、実生活に役立てる方法などについてまとめました。

5アニマルのキャラの分類

5アニマルは、従来の動物キャラのほかに、4つの動物キャラを加えて、より深くその人を分析していくもの。5アニマルのキャラは、どのように分類されているか、知っていますか?

また、それぞれのキャラが占める特徴の割合は、すべて均等ではありません。その割合を知ることで、より自分や相手の特徴を深く理解することに役立つでしょう。

そこで、5アニマルのキャラの分類が、どのようにわけられていて、どのような名称で呼ばれているのか、見てみましょう。あわせて、それぞれのキャラが占める特徴の割合についても、紹介します。

5アニマルのキャラの名称と割合

5アニマルの動物占いで、もっともよく知られている動物キャラは「本質キャラ」です。5アニマルでは、そのほかに「表面キャラ」「希望キャラ」「意思決定キャラ」「隠れキャラ」が加わります。

「本質キャラ」は、その人の50%を占めているのに対し、「表面キャラ」「希望キャラ」「意思決定キャラ」は、それぞれ10%ずつの割合です。また、「隠れキャラ」だけは、20%の割合を占めています。

それぞれのキャラは、異なる場面で出てくるもの。そのため、自分の本質だけでなく、自分が気づかなかった性格や、見られたいと思っている自分、人や社会に見せている自分など、その人の特徴を5つの側面から知ることができます。

本質キャラの意味


5アニマルのキャラは、それぞれの特徴や自分の中に占める割合が異なるもの。そんな中でも、本質キャラは、もっとも特徴の中に占める割合が大きく、それだけその人の性格などを理解する際に役立つと言えるでしょう。また、本質キャラは、人生の中でもある時期から色濃く特徴が表れはじめると言われています。その時期を把握しておくと、今後の人生を考えるうえで、さらに役立つと言えるでしょう。

そんな本質キャラには、どのような意味合いがあり、いつ頃から、特徴が強く表れはじめるのでしょうか?そこで、本質キャラの意味についてまとめました。

本質キャラはその人の基本的な性格を表す

本質キャラは、その人の基本的な性格を表しています。何事もないときに一番表面に出ている性格で、考え方や行動のもととなっている部分です。普段は表面キャラを見せている人も、気を許した相手には本質キャラの性格を見せてしまいがち。

また、年齢を重ねてくると、本質キャラが表面に出てきます。本質キャラは人生の後半において、その特徴が色濃く出てくると言われています。

子育てが終わったり、仕事で第一線を退いたりしたときなどから、本質キャラがその特徴を一層強めてくるのです。人によっても異なりますが、本質キャラは、40代~50代で、その特徴が強みを増してくると言われています。

元々、動物占いでは、本質キャラのみで特徴や性格などを見ていましたが、もっと多角的で精度を上げるという意味合いで、5アニマルによる動物占いが広まったのです。自分が一番楽でいられるキャラでもあり、ほかの4つのキャラを動かしている本来の自分の姿と言えるでしょう。

ちなみに、本質キャラはありのままの自然体な自分を表すものですが、その裏で自分でも気づいていない隠れた特徴や性格を持っているということは珍しくありません。そういった特徴を表したものが隠れキャラです。

隠れキャラは家族や恋人など、とても関係性が深い人に対して表れると言われています。心の距離が近く、気を許しているからこそ、自分の隠れた部分が見えてくるということですね。

本質キャラになったときの各動物の特徴とは?


それぞれの動物は、とても個性的で、色んなタイプの魅力を持っています。そのため、自分を占うときや、自分以外の誰かを占うときには、本質キャラを把握しておくことで、大まかな特徴を理解できると言えるでしょう。そこで、本質キャラになったときの、それぞれの動物の特徴について、見てみましょう。

各動物の本質キャラの特徴

本質キャラは、その人の基本的な性格を表し、50%もの割合を占めるもの。だからこそ、それぞれの本質キャラの特徴を理解することで、大まかな性格や人間性を把握できると言えるでしょう。そこで、各動物の本質キャラの特徴をまとめました。

各動物の本質キャラの特徴

  • ライオン:正々堂々とした頑張り屋。模範的な行動をとるように心がけ、いつも正しい自分でありたいと思う傾向がある。その反面、周囲の人の目を気にして、自分の欠点を隠そうとする傾向も。
  • チーター:プラス思考で切り替えが早い。色んなことに興味を抱き、挑戦していく性格。頭であれこれと考えるよりも、先に体が動いてしまうタイプ。
  • ペガサス:天才的な閃きを持つ自由人。芸術的なセンスがずば抜けていたり、経営力が並外れていたりするなど、普通の人には持ち合わせていない感覚を持っている。
  • ゾウ:有言実行の努力家。着実に努力を積み重ねるため、周囲の人からの信頼が厚い。そういった人望を活かし、必要があれば周囲の人に手助けしてもらうこともしばしば。その一方で、相手の考えを耳に入れない傾向もある。
  • サル:器用で好奇心旺盛。おだてることで期待以上の働きをすることが多いが、その反面騙されやすい。
  • 狼:個性豊かでマイペース。どんなことにも楽しみながら取り組む器用な性格。自分の考えや一人の時間を大切にして、独特の価値観を持っていることも少なくない。
  • コアラ:ロマンチストで用意周到な慎重派。細かなところによく気がつくため、危険を察知する能力が極めて高い。しっかりと物事を考えたうえで行動に移すが、その裏では自分なりの楽しみを見つけて要領良く物事を進める傾向がある。
  • トラ:公明正大で華やかな親分肌。常に冷静な判断ができ、一度決めたことは最後までやり遂げる粘り強さを持っている。自分なりのこだわりを持っている傾向があり、時には頑固者と言われることも。
  • 黒ヒョウ:臨機応変に対応できる知性派。スタイリッシュでありながらも、思いやりがあり、卑怯なことを許せないタイプ。自分が先頭を切って組織を率いたいというリーダーが多い。
  • ひつじ:仲間を大切にする博愛主義者。自分を犠牲にしてまで、コミュニティに貢献しようとするタイプ。孤独が苦手なため、たくさんの人と仲良くしたいという気持ちが人一倍強い傾向がある。
  • たぬき:愛嬌がある世渡り上手。その場しのぎで都合の良いことを言うこともあるが、なぜか周囲の人には愛されるタイプ。まわりの空気を敏感に察知して、色んな状況に対応できる力を持っており、年齢を重ねるにつれ、経験やスキルがどんどん伸びていく傾向がある。
  • こじか:自然派志向で愛されたい甘えん坊。真っすぐな気持ちを胸に抱いているため、無垢な魅力を持っている。その反面、騙されやすいという欠点がある。怖がり屋さんで、新しいことにチャレンジすることが苦手な傾向も。

占いで出た本質キャラを実生活で活かす方法


占いで本質キャラがわかったら、それをどのように活用するかが大切です。そうすることで、単純に占いを楽しむだけでなく、今後のために役立てることができるでしょう。そこで、占いで出た本質キャラを実生活で活かす方法について、紹介します。

ほかのキャラとのバランスを見て快適に過ごすために役立てる

本質キャラは本来の自分、一番楽な状態でいられる状態です。そして、この本質キャラをベースとして4つの性格との違いを理解することで、社会の中で演じている自分や、理想としている自分、判断するときの自分、いざというときに出てくるもう一人の自分のキャラを深く把握できるでしょう。そうすることで、自分の良さを上手く引き出すことができます。

たとえば、表面キャラと本質キャラがかけ離れている場合は、ストレスが溜まりやすいので、親しい人や家族の前では、本質キャラで過ごすように心がけると良いでしょう。そうすることで、ストレスが発散できるからです。このように、多角的な視点で見ることで、より良い過ごし方が見えてきます。

まとめ

動物占いにおける本質キャラは、その人のありのままの性格を把握するために役立ちます。そういった特徴を把握する中で、自分が気づかなかった特性が見つかるかもしれません。

また、本質キャラ以外の4つのキャラをしっかりと理解することで、より快適な日々を過ごせるように役立てられるもの。だからこそ、楽しみながら動物占いをして、今後に活かしていきましょう。