烏龍茶ダイエット!正しい飲み方を覚えてスッキリボディを目指そう♡

ダイエットの効果がなかなか出ない方にお勧めなのが、烏龍茶をダイエットに取り入れるという方法です。烏龍茶には、烏龍茶ならではの成分によってダイエットをサポートする働きがあるからです。

そこで、ここでは

についてまとめました。

烏龍茶の嬉しい効果・効能

烏龍茶はただおいしいだけのお茶ではありません。実は健康、美容に効果的な様々な成分がるのです。烏龍茶を飲むことによって得られる様々なメリットをご紹介します。

脂質の吸収を抑えてくれる

烏龍茶には特有の成分である「ウーロン茶ポロフェノール」が含まれています。この成分には、脂質の分解や吸収の役割を担うリパーゼという消化酵素の働きを抑制する働きがあります。つまり、脂質を吸収する力を弱めることができるのです。余分な脂質を吸収せず、そのまま排出することが可能となるため、脂肪が溜まりにくい体になるといえます。そのため、ダイエットをしているときには、とても頼もしい飲み物となるでしょう。

血中コレステロール値を下げてくれる

烏龍茶にはサポニンという物質も含まれています。この物質は油分を分解するだけでなく、脂質の分解や、血中コレステロール値を下げる効果もあります。コレステロール値が高い状態だと、動脈硬化の可能性も高まり、場合によっては命に関係する大きな疾患の原因ともなりかねません。不規則な生活の場合は特にコレステロール値が上昇する傾向も強いため、烏龍茶を飲むことで抑制することはとても効果的といえるでしょう。こうした働きによって、肝機能の働きもよくなり、健康を大いにサポートしてくれます。

免疫力向上

烏龍茶には亜鉛やカロチンという成分が含まれています。実はこれらの成分は免疫力を向上させる効果があるのです。免疫力が向上すると、風邪をひきにくくなったり、若々しくなったりします。忙しい時期などは体が疲れやすく免疫力が低下してしまう危険も十分にあるので、烏龍茶でカバーするとよいでしょう。

むくみにくくなる

烏龍茶を飲むとむくみにくくなります。なぜなら、烏龍茶には利尿作用があるからです。そのため、体の中に余分な水分をためることなく、排出することが可能となります。むくみの原因は、血管と皮膚の間に水分が過剰にたまってしまうことです。そのため、こうした余分な水分を体外に排出することがむくみ解消の第一歩といえるのです。ダイエットをしているときでも、水分を摂取することでむくみやすくなることもあるので、烏龍茶がおすすめといえるでしょう。

アンチエイジング効果

お肌のコラーゲンを増やす方法

 

烏龍茶にはカテキンが多く含まれています。カテキンには抗酸化作用があり、その力はビタミンEの50倍ともいわれています。抗酸化作用は、細胞の老化を防ぐ作用のことで、アンチエイジングには欠かせない作用といえるのです。さらに、生活習慣病の予防にも貢献してくれますので、見た目だけでなく、体の内部までも若々しく保つのに効果的な飲み物といえるでしょう。

さらに烏龍茶には烏龍茶ポリフェノールが含まれています。この成分も過剰な活性酸素を減らす働きが認められており、アンチエイジングに効果的です。

リラックス効果がある

烏龍茶にはリラックス効果もあります。烏龍茶に含まれる「テアシン」というアミノ酸に、リラックス効果や集中力を高める効果があるからです。脳の興奮を抑えてくれることによって、神経を落ち着かせ、ストレス解消にもつながります。

さらに烏龍茶の香りにもリラックス効果が期待できます。お茶にはさまざまな種類がありますが、その中でも烏龍茶はとりわけ落ち着きを感じさせる香りを持っているといえるでしょう。高ぶった気持ちを落ち着かせてゆっりと就寝できるように促したり、疲労回復にも貢献したりと、烏龍茶の香りには健康に効果的な特徴があるのです。

正しい飲み方でダイエット効果を上げよう!

烏龍茶にはダイエットに効果的ないくつかの成分、作用がありますが、正しい飲み方をすることによって、最大限の効果を期待することができます。そこで、ダイエット効果を最大限発揮するための飲み方をまとめました。

食事中または食後に飲む

烏龍茶は食事中や食後に飲むのが効果的です。食事中や食後であれば、食べたものの消化を促し、体の負担を軽くすることができます。胃痛、下痢、便秘などあらゆるトラブルを防ぐためにも、空腹時には飲まないようにしましょう。

さらに、食事中や食後に飲むと、烏龍茶の特徴である脂肪の燃焼や油分の分解において大きな力を発揮します。食べ物がおなかに入った直後にウーロン茶を飲むことによって、効果を最大限に発揮できます。

ホットで飲む

烏龍茶はホットで飲むのがおすすめです。烏龍茶に含まれているポリフェノールの作用は脂肪の吸収を抑えることで有名ですが、ホットで飲むことによって、体を温めてくれるのです。体が温まると、代謝も上がります。血流もよくなり、それだけダイエット効果も上がるのです。こうした理由からダイエットはもちろん冷え性で悩んでいる方にもおすすめです。

飲んだ後は有酸素運動をする

烏龍茶を飲んだ後は有酸素運動をすると効果的です。運動前に飲むことによって、体を温めた状態で運動することが可能となります。運動エネルギーの熱がそこに加わり、燃焼効率も上がります。有酸素運動は、室内でできるものも多く、軽い運動でも20分以上続けることでダイエットに効果が期待できる運動量となります。また、烏龍茶はため込んでいる脂肪を燃焼させる効果よりも、脂質の吸収を抑える効果が期待されていますので、ダイエット効果をより実感したいのであれば、運動は欠かすことのできない要素なのです。

1日の摂取量は200ミリ程度のコップ3~4杯ほどにしよう

烏龍茶の一日の摂取量の目安は200ミリ程度のコップ3~4杯ほど。そして空腹時ではなく、食中、食後が効果的です。一気に飲むのではなく、常温かホットでゆっくりと飲むことで胃への負担も大幅に軽減できるでしょう。

継続することが大切

烏龍茶は一度飲んだからと言って実感できるほどのダイエット効果を生むわけではありません。継続が大切です。烏龍茶で痩せやすい体を作りながら適度な運動と食生活の改善、規則正しい生活が組み合わさって、理想的な効果を期待することができるでしょう。まずは、一日一回でも食後や食事中に烏龍茶を必ず飲む習慣を作りましょう

烏龍茶を飲むときの注意点

烏龍茶はダイエットに効果の期待できる飲料なので、つい多めに飲んでしまうこともあるかもしれません。しかし、適量以上に飲んでしまったり、飲むタイミングを間違ってしまうとダイエットに逆効果になってしまうだけでなく、体にも悪影響を与えてしまうことも考えられます。そこで、烏龍茶を飲むときの注意点についてまとめました。

空腹時を避けて!

空腹時に烏龍茶を飲むと、カフェインが胃液や胃酸の分泌を促してしまい、空っぽの胃に刺激を与えてしまいます。胃に刺激が加えられると、胃粘膜が傷つき、胃の中を上手に保護することができなくなってしまい、その結果胃痛などの弊害を生んでしまうのです。

飲み過ぎは胃に負担がかかるので注意

お腹をおさえる女性

烏龍茶は様々な効果の期待できる飲料ですが、飲みすぎてしまうと逆に体に悪影響を及ぼします。考えられる悪影響の一つは利尿作用が効きすぎることです。烏龍茶は利尿作用があるので体の中の毒素や老廃物を排出することができます。それはとても良いことなのですが、飲みすぎると老廃物だけでなく、体に必要な栄養素までや水分も排出してしまいます。体に適切な水分がなくなってしまうと水分代謝が正常に行われず、むくみや水太りの原因となってしまいます。さらに脱水症状や、便秘などの症状を引き起こすこともあり、烏龍茶の利点が裏目に出てしまうといえるでしょう。

ダイエットの効果を高めるサポート的な存在として考えて!

烏龍茶を飲んでさえいれば必ず痩せるというわけではありません。運動も必要ですし、カロリーオーバーにならないような食事制限も必要です。あくまでも痩せやすい体作りに効果的な飲み物として、サポートとしての位置づけであることを忘れないようにしましょう。そうすれば、過度に烏龍茶に頼って飲みすぎてしまうということも避けやすいといえます。

しょうがやはちみつをちょい足しして飽きないように工夫する

烏龍茶に限らない話ですが同じものを飲み続けるのは飽きてしまいがちです。そこで、しょうがやはちみつを少しだけ足して、風味を変えることで飽きずに烏龍茶を飲み続けることができるでしょう。ただし入れすぎてしまうと、烏龍茶のカロリーが増えてしまいかえって太ってしまうことも考えられます。ほんの少しだけ足して気分転換するというぐらいの意識がちょうどよいかもしれません。

まとめ

烏龍茶はダイエットにとても効果の期待できる飲み物です。摂取量や摂取のタイミングを意識して飲めば、烏龍茶の効果を損なうことなく、効果を感じることができるでしょう。ダイエットの心強い味方として、烏龍茶をぜひ取り入れてみてください。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。