ガムで小顔になれる!?効果的な噛み方で簡単シェイプアップ♡

小顔になりたいとは多くの方が願うことです。しかしエステに通うとなると時間もお金もかかります。女時間もお金もないという方に、効果的ですぐにでもできる簡単なシェイプアップ方法をご紹介します。それはガムをかむことです。そんな簡単なことで小顔効果が得られるの?と思われるかもしれません。しかし、ガムを効果的にかむことによって、小顔だけでなく様々なメリットを得ることもできるでしょう。

ここでは、

についてご紹介します。

なぜガムをかむと小顔になれるの?

ガムをかむと小顔になるというのは本当でしょうか。ガムをかむと小顔になると言える、様々な理由についてまとめました。単なるうわさではなく、小顔効果が期待できるしっかりとした理由があるのです。さらに小顔だけでなく、ガムをかむことによるたくさんのメリットについてご紹介します。

顔のゆがみが改善されるから

ガムをかむことで顔の歪みが改善されるため、小顔効果が期待できます。顔はどうしても日常生活の習慣で歪んでしまいがちです。なぜなら、人はどちらか片方で物をかむ癖がつきがちだからです。そのためバランスよく筋肉がつかず、美しいフェイスラインが崩れてしまう可能性があります

しかしガムを左右対称にかむことによって、両方のラインが均等に整えられます。そのため、ただガムを噛んでいるだけで顔の歪みが改善され、小顔効果が期待できるのです。ガムを噛みすぎるとエラが張るという噂もありますが、本来であればガムをかむことによってエラが張ってしまうということは考えにくいことです。

もしエラが張ってしまうように見えたとするとガムを片方だけでずっと噛んでいたため、左右のバランスが崩れてしまうことによるものと言えるでしょう。しかし、左右対称にガムをかむことを意識すれば、バランスを崩すことなく、左右対称に引き締まったフェイスラインとすることを期待できます。

噛み癖を矯正することができるから

ガムをかむことによって噛み癖を矯正することができます。顔の歪みにも共通する点ですが、人は食事の時に片側だけで噛んでしまう癖がつくことがあります。片方だけ筋肉が発達してしまうと、歪みなどの原因となってしまうのです。そこでガムを左右対称にかむことによって、体がどんどん均等にかむことを覚えてくれます。そうすることによって、普段の食事の際にも片側だけを使うわけではなく、左右対称にかむ癖をつけることができるというわけです。

表情筋が鍛えられるので二重あごやたるみの予防改善に繋がるから

ガムをかむことによって、表情筋を鍛えることもできます。表情筋が鍛えられると二重顎やたるみの予防改善につながります。またガムをかむことによってほうれい線などを薄くすることもできるでしょう。これには筋肉が鍛えられるということ以外に、唾液が増えることによってアンチエイジング効果のあるパロチンというホルモンが増えることも関係しています。二重顎やたるみを防ぐだけでなく、全体として若返り効果も期待できるのです。

効果的なガムの噛み方

ガムをかむと小顔効果やアンチエイジング効果が期待できます。しかしガムの噛み方にも注意が必要です。そこでガムをかむことによって得られる効果を最大限に引き出すためにも、効果的なガムの噛み方をご紹介します。とても簡単な方法ですので、すぐに実践することができるでしょう。

ガム2粒を口に入れる

まずはガム二粒を口に入れます。そのため可能であれば長方形のガムよりも、丸いタイプのガムが良いでしょう。奥歯に収まるタイプの大きさを選ぶのがポイントです。また二粒以上ガムを入れてしまうと、かむための力が必要以上に加わるため、顎が疲れてしまいかねません。一度に強い負荷をかけるよりも、継続して刺激を与える方が効果的ですので、ガムは2粒に留めておくのがオススメです。無理なく習慣にするために、一度にたくさんはかまないようにしましょう。

1粒ずつ両方の奥歯に入れる

ガム二粒を口の中に入れたら、それぞれひとつずつ両方の奥歯に入れます。こうすることによってかむ力を均等にすることが可能となります。それまで食事などで片側でかむ癖がついてしまっていたとしても、両側のガムをかむことに体が慣れてくると、ガムを食べている時以外でも均一に食べ物を噛もうとします。そのための癖をつける意味もありますし、均等にかむことによって顔のバランスを整える意味もあります。そのためにまずは両方の奥歯に1粒づつ入れるのを徹底しましょう

30分〜40分程を目安にしてかむ

ガムは30分から40分程度を目安にしてみましょう。できれば食前に食べることによって、空腹感を抑えることもでき、食べすぎを予防することができます。ダイエットも兼ねてガムを噛みたいという場合には、食事の前にかんでおくと良いでしょう。もちろん食事の前後でなくても、ガムを食べることで間食を減らすこともできます。

これを一日3回繰り返す

こうした簡単な方法を一日三回繰り返すだけで、かなりの効果を期待することができます。ダイエット効果も兼ねて朝昼晩食事の前に3,40分かむことを目標にするのはいかがでしょうか。まずは1日1回からチャレンジしてみましょう。

顔の筋肉を大きく動かすように多少オーバーにかむことを意識する

ガムをかむ時には大げさになる必要はありませんが、多少顔の筋肉を大きく動かすことを意識しましょう。少しだけオーバーにかむことを意識するなら、効果的に筋肉に刺激を与えることができるでしょう。また、左右対称にかむための意識付けをすることもできますのでおすすめです。

ガムをかむときのポイント

効果的にガムをかむ方法を身につけたなら、今度はガムをかむときのポイントについても押さえておきましょう。ただやみくもにかんでいては期待する効果を得にくいかもしれません。次に紹介するポイントを押さえるなら、小顔効果だけではなく様々なメリットを期待できます。

あまり強い力で噛み締めないようにする

ガムをかむ時にはあまり強い力で噛み締めないようにしましょう。あまり強い力で噛み締めてしまうと顎を痛めてしまうことにもなりかねません。また、顎が疲れてしまい、それ自体が負担になってしまってガムをかむことを習慣にすることができない可能性もあります。無理のない、自然な仕方で噛みましょう。

左右両方の歯でバランスよくかむことを意識する

左右両方の歯でバランスよくかむことを意識することによって、顔のゆがみを強制できます。また片方だけが発達することによる、えらの張りなども予防することができるでしょう。左右両方の歯でバランスよくかむことによって、ガム以外を食べている時にも、バランスよくかむことができるようになります。

食前にかむとダイエット効果も期待できる

ガムをかむことによってかむ回数が自然と増えますので満腹中枢が刺激されて空腹を緩和することができます。そのため直前にかむことにより、食べ過ぎを防止することが可能となるでしょう。さらに唾液が増えることによって消化力も高まるため、食事がスムーズに消化され体内に余分なものを溜め込まずにすみます。こうすることによって脂肪になる原因となる物を体の中から出すことができるのです。

ガムはシュガーレスやキシリトール入りを選べば歯質強化にも

ガムを選ぶ際にはシュガーレスやキシリトール入りを選びましょう。そうすることによって歯質強化にもつながります。シュガーレスを選ぶなら糖分の摂り過ぎを防ぐこともできるので、摂取する栄養素に気を使っている方も安心でしょう。また、キシリトールは歯垢を剥がしやすくする効果が期待できます。また虫歯予防にも適しています。そのためキシリトール入りのガムをかむことによって口内の健康を維持することにも貢献できるでしょう。ガムを選ぶ際にはぜひその成分にも注目しておくとよいでしょう。

まとめ

ガムをかむことによって小顔効果が期待できます。それだけでなく美容面や健康面でもたくさんのメリットがあります。是非毎日の生活の中にガムをかむ習慣を取り入れていきましょう。一度に今紹介したすべてのことを完璧にしようとせず、まずは一日1回ガムをかむことから始めてみるのはいかがでしょうか。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。