ゆで卵で太るのはなぜ?おすすめのダイエット方法と注意点

ゆで卵を食べると太るという話を聞いたことがあるかもしれません。そのためダイエットしたくても、ゆで卵をどうしても敬遠しがちになってしまうこともあるでしょう。しかし実際のところ、ゆで卵はダイエットをする上でとても効果的な食品といえます。

についてご紹介します。

ゆで卵で太ると言われるのはなぜ?

ゆで卵を食べると太るというイメージを持たれている方は少なくありません。それは、半分は正解で半分は間違っていると言えます。なぜならゆで卵の食べ方によって太りやすくなることもダイエットに貢献することもあるからです。そこでゆで卵によって太ってしまう原因についてまずはまとめておきましょう。

調理する際に油などをつかってしまうとカロリーが高くなる

卵を調理する際に油を使ってしまうとそのぶんカロリーが高くなってしまいます。食事制限をしてゆで卵で置き換えをしていたとしても、料理そのもののカロリーが高くなってしまってはダイエットの意味がありません。ゆで卵の場合にはそこまで濃い味付けにしなくても塩だけで美味しく食べることができます。しかし同じタマゴでも目玉焼きやスクランブルエッグなどで食べてしまうと、栄養面ではあまり変わらないものの、調理の仕方によるカロリーオーバーが懸念されるのです。

味付けでドレッシングやマヨネーズを使うと太りやすい

 

ゆで卵を食べる際にドレッシングやマヨネーズを使うとそれだけカロリーが高くなってしまうので太りやすくなってしまいます。とくにゆで卵を食べていれば太らないという思い込みがあると、ついつい食べ過ぎてしまうこともありえます。理想的な味付けは、マヨネーズなどを使わずに塩を小さじ1までにすることです。そうすれば、カロリーが急激に高くなることも、塩の摂り過ぎによって体がむくんでしまうことも防ぐことができるでしょう。

卵2個摂取することで茶碗1杯分になるため意外と高カロリー

卵は意外と高カロリーです。卵2個を摂取することで茶碗一杯ぶんのカロリーとなります。そのため、食べ過ぎてしまうとやはりトータルとしてのカロリーオーバーが懸念されます。そこで卵を食べる際には朝ごはんの白米のいつもの半分にして、間食にゆで卵を二つ食べるというような方法も良いでしょう。ゆで卵を食べることによって摂取カロリーも抑えられますし、腹持ちも良いので、食べすぎを防ぐことができます。

ゆで卵でダイエットって知ってた?

ゆで卵は間違った食べ方をしてしまうと太りやすくなります。しかし、ゆで卵を使ったダイエットも注目を集めているのです。なぜならゆで卵にはダイエットの効率を上げる優れた効果があるからです。ゆで卵でダイエットができるいくつかの理由についてご紹介します。

タンパク質が豊富だから筋肉がつきやすい

ゆで卵はたんぱく質が豊富です。そのためダイエット中に落ちてしまいがちな筋力を維持したり、筋トレの際には筋肉がつきやすくしたりサポートしてくれるのです。筋肉の量が増えたり、ダイエットによって低下したりしなければ、代謝量は維持されたり、さらに増していったりしますので、痩せやすい体を作れるということになります。

腹持ちがよいため摂取カロリー減らすことができる

ダイエットに大敵なのが間食です。食事そのものの量を減らしたとしても、ついついお腹がすいて間食してしまっては、なかなか体重は減っていきません。しかしゆで卵を間食に取り入れるなら腹持ちが非常に良いため、食事と食事の間もそれほど苦痛にならずに過ごすことができるでしょう。あまりお腹が空かなければ当然食欲が刺激されることもありません。ゆで卵の腹持ちの良さをダイエットに活用しない手はないのです。

ビタミンが豊富だから代謝が良くなる

ゆで卵にはビタミンも豊富です。ビタミンは代謝を良くする働きがあります。代謝が良くなれば良くなるほど脂肪燃焼効率が上がりますので、痩せやすい体作りに適していると言えるでしょう。代謝を良くしながら筋トレなどをして筋肉をつけると、さらに燃焼効率が上がっていきます。筋肉をつけるときにもゆで卵は効果を発揮しますので、一石二鳥と言えるでしょう。

脂質がほとんどないため太りにくい

ゆで卵には脂質がほとんどありません。そのため太りにくい体を作ることが可能となります。脂質を大量に摂取することによって、太りやすくなるだけでなく、健康リスクを高めることも懸念されています。そのため、ゆで卵ダイエットを行うことによって、ダイエットのみならず健康にも大いに効果が期待できるのです。とりわけ、近年の食生活において男女ともに脂肪エネルギー比率が増加する傾向が見られています。食生活の改善のためにもゆで卵を取り入れるのは良いでしょう。

卵黄レシチンが脂質の代謝を高め脂肪の増加を防ぐ

卵黄レシチンとは卵黄に含まれる機能性脂質のことです。その構造にリンを持つことからリン脂質とも呼ばれます。食品や化粧品、医薬品に使用される物質です。この卵黄レシチンという物質には脂質の代謝を高め脂肪の増加を防ぐ役割が期待できます。

特に、卵黄レシチンは神経系に関与するホスファチジルコリンを多く含んでいます。このコリンという物質は脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らす働きがあります。その結果、高血圧の予防、脂肪肝の予防、コレステロールの抑制と言ったといった効果も期待できるのです。ダイエットによって無駄な脂肪をとりながら、さらに体のケアも行うことができるというわけです。

おすすめのゆで卵ダイエット方法

ゆで卵ダイエットは正しく行うことによって目覚ましいダイエット効果が期待できます。人によってはゆで卵ダイエットによって何十キロもの減量に成功した方もいます。しかしゆで卵ダイエットの方法を間違えてしまうとカロリーオーバーとなり、かえって太ってしまう危険性もあるでしょう。そこで、ゆで卵ダイエットのおすすめの方法をご紹介します。無理のないところから生活に取り入れていくと良いでしょう。

肉や魚の置き換えダイエット

少しずつダイエットを試してみたいという方には、肉や魚とゆで卵を置き換えてみるのがおすすめです。毎食置き換える必要はなく、例えば夕食の肉の代わりにゆで卵にしてみるといった方法が良いでしょう。肉や魚には脂質が含まれます。一概に脂質が含まれると太りやすくなるというわけではありませんが、ゆで卵に置き換えることによって脂質の摂取量を大幅に減らすことができるでしょう。また、肉や魚を調理する際に油を使うことが多く、そのためにカロリーが増えてしまう危険性もあります。ゆで卵を置き換えることで摂取カロリーも大幅に抑えることが期待できます。

一食置き換えダイエット

一食ゆで卵に置き換えるという方法もおすすめです。この場合、ゆで卵は2個ほどに押さえておきましょう。ゆで卵2個でも、ご飯一杯分のカロリーにはなります。ただしゆで卵の場合は腹持ちが非常に良いため、ご飯一杯を食べた時よりも間食をしてしまう危険性を減らすことができるでしょう。無理に全部の食事をゆで卵に置き換えるといった極端なダイエットは避け、ストレスのない範囲で置き換えていくのがおすすめです。

おやつと置き換えダイエット

ダイエットの大敵なのが間食です。つい小腹がすいて、おやつを食べてしまうとせっかくカロリーコントロールをしていても意味がなくなってしまいます。そこでおやつと置き換えてゆで卵を食べると良いでしょう。お菓子を食べてしまうよりもカロリーや脂質を大幅に抑えることができますし、なおかつゆで卵は腹持ちがよいので、一つでも十分に満たされることでしょう。

ゆで卵ダイエットの注意点

ゆで卵ダイエットはカロリーを抑えることも出来ますし、脂質の摂取もコントロールすることができます。しかしだからと言って、ゆで卵を食べていれば痩せるというわけではないのです。ここではゆで卵ダイエットを行う際に陥りがちな失敗と、注意点についてご紹介します。

味付けは高カロリーなものは避ける

ゆで卵はドレッシングにも合いますしマヨネーズにも合います。少しでも美味しく食べたいと思うのは自然なことです。そのような気持ちでゆで卵ダイエットを行う場合、食べているのがゆで卵なのだから、好きなように味付けしてもいいと思ってしまいがちです。しかし、味付けにマヨネーズなどを使ってしまうとそれだけでカロリーが大幅に増加してしまいます。そのため、小さじ1杯ほどの塩で味付けることを意識しましょう。

ビタミンCや食物繊維が不足しないように別の食品で補う

卵ダイエットを極端に行ってしまうと栄養が偏ってしまいます。そこでビタミンCや食物繊維が必要以上に不足しないよう、別の食品で補いましょう。ビタミンCを取るにはフルーツや緑黄色野菜などがお勧めです。また食物繊維はまめや海藻類などに多く含まれています。ゆで卵と同時に納豆などを食事に取り入れるとバランスが良くなるでしょう。塩分が控えめな野菜ジュースなどで補うのもおすすめです。

有酸素運動や筋トレなど運動も取り入れて行う

食事制限はダイエットにおいてとても大切ですが、同時にしっかりと運動を取り入れることによってダイエット効率を上げることができます。一つの方法は有酸素運動です。そこまで体に負荷がかからない状態でジョギングや水泳などを行うと良いでしょう。20分以上行うことによって脂肪燃焼が始まりますので、ゆっくりのペースでもある程度の時間を行うことを心がけましょう。

筋トレも同時に行うと、基礎代謝量を減らすことなくダイエットを行うことができます。単純に体重だけを考えると筋肉がつくことによってあまり変わりがないように思うかもしれません。その際には体脂肪率を重視してダイエットの成果を計測しておくと良いでしょう。

食べ過ぎはコレステロール値の上昇につながるので気を付ける

卵を食べ過ぎるとコレステロール値の上昇にも繋がると言われています。極端に増えすぎなければそこまで心配することはありませんが、ゆで卵ダイエットだからといって食べ過ぎないように注意しましょう。ゆで卵もそこまで低カロリーなわけではなく、食べ過ぎてしまうと結局のところカロリーオーバーにもなりかねません

まとめ

ゆで卵ダイエットは方法を正しく行えば効果的なダイエットが期待できます。なるべくしっかりと固くゆでることによって、腹持ちもさらに良くなります。無理なく取り入れることができる方法でゆで卵ダイエットを始めてみるのも良いでしょう。