モテる体はココを集中的にトレーニングしよう!モテる男の体づくり

綺麗に割れた腹筋やたくましいに二の腕、均整の取れたボディは女性の目を惹くこと間違いなし!そう、モテるボディは「鍛えられた筋肉」が決め手なのです!逆に運動をせずにだらけたままだとすぐにぶよぶよに…モテボディとはかけはなれた体型になる前に、女性にモテる身体づくりを目指しましょう!

そこで今回は、

についてご紹介していきます。

モテる男の体の条件

女性の目を惹くボディは、どのようなものでしょうか?とにかく鍛えればモテモテになるというわけではありません。やみくもにトレーニングをするのではなく、どの部位を鍛えるか意識することが重要なのです。ここからは、モテる男の体の条件について見ていきましょう♪

割れた腹筋

女性は何よりも割れた腹筋に男性らしさや魅力を感じるものです。夏に海やプールに行ったときに、彼氏の腹筋がキレイに割れていたら女性は惚れ直してしまうこと間違いなし!さらに、腹筋が鍛えられるとインナーマッスルと呼ばれる身体の体幹も一緒に鍛えられるので、痩せやすい身体づくりにも欠かせないのです!

また、お腹周りをトレーニングすると姿勢もよくなるので、背筋がピンとして凛々しい姿を印象づけることもできちゃいます

厚い胸板

男性が女性の胸元を魅力的に思うように、女性も男性の厚い胸板は色気などの魅力を感じる部位と言えるでしょう。上半身の部位で目にもつきやすいので、トレーニングの効果も相手にすぐに分かってもらえる部位です。鍛えられた男性の厚い胸板に抱かれたいという女性は非常に多いので、しっかりと鍛えておくことが重要!

胸板を鍛えるのにはプッシュアップが代表的ですが、このあとにご紹介するトレーニングメニューも合わせて行えばさらに効率よく胸筋を鍛えられますよ♪

引き締まったヒップライン

どんなボトムもすらりと格好良く履きこなせる男性は、引き締まったヒップラインが魅力的♪腰回りがキュッと引き締まって見えるので、ほどよく逆三角形になった美ボディラインをつくりたいという人は必ずヒップラインを鍛えてください!

女性は後姿もしっかりとチェックしています。垂れ下がったお尻の男性は嫌われがちなので、自分の目に見えない部位もしっかりとトレーニングしていきましょう!

筋肉質な二の腕

腕っぷしの強さをアピールできるのが筋肉質な二の腕。重い荷物を軽々持ち上げたり女性を支えたりすると、女性は男らしさを感じずにはいられません!こちらも目につきやすいパーツなので、抜かりなくトレーニングしていくのがおすすめです。

浮き出る血管や筋肉の隆起が現れやすく、男らしさを感じられる部位がこの二の腕。女性が好きな男性の体の部位としても有名ですよ!

モテる体を作り上げるトレーニングメニュー

先ほどご紹介した部位をまんべんなく鍛えることで、女性が思わずドキドキしてしまうようなモテ美ボディを手に入れられます。それでは、モテる体を作り上げるトレーニングメニューで効率的に体を鍛えていきましょう!

大胸筋:デクラインプッシュアップ

主に大胸筋や上腕三頭筋を鍛えられるトレーニングです。デクラインプッシュアップとは、足を高いところにあるものに乗せながら行う腕立て伏せを指します。通常のプッシュアップと違って重心がずれやすいので、上半身を安定させなければならず強い負荷がかかることになります。脚の高さを高くすればするほど負荷も強くなっていきますよ。

ベンチや椅子などに足のつま先を乗せて、脚から首筋にかけてまっすぐキープしながらゆっくりと体を下げていきましょう。手幅は肩幅になるように意識して、最初は10回を目安にトライしてみてくださいね。

大胸筋:ディップス

上半身版のスクワットとも言われるのがこのディップスと呼ばれるトレーニングです。大胸筋・上腕三頭筋・三角筋など上半身をまんべんなく鍛えることができます。ディップスには平行棒が必要になりますが、自宅で行う場合は椅子を2つ並べるなどして工夫しながらやっていきましょう。

平行棒(または椅子)を掴んだら足をクロスさせて臀部に向かって軽く脚を曲げます。その後ゆっくり肘を曲げて状態を下げていくようにしましょう。下げ切ったら2秒間キープして、素早くもとに戻しましょう。これをまずは10回行うようにしてください。

大胸筋:ナロープッシュアップ

ほどよく二の腕を太くたくましくしたいという人にはナロープッシュアップがおすすめです。特に上腕三頭筋と大胸筋をメインに鍛えることができます。フォームが乱れた状態で行うと効果が半減したりケガをしたりするので、正しいフォームで続けられるよう意識してください。

足を肩幅に開いたら、ゆっくりと前に倒れて一度通常の腕立て伏せの形になります。その後、両手の人差し指と親指で正三角形を作り、少しだけ手幅を広げましょう。両手はみぞおちより少し上にある状態で、ゆっくり肘を伸ばしながら地面を押すように体を挙げます。15~20回行ってみましょう。

腹筋:クランチ

クランチは腹直筋を効率的に鍛えられるトレーニングで、お腹の引き締めだけでなく体幹を鍛えることもできます。このトレーニングでは呼吸を止めないようにするのが大切。上体を起こすときに吐いて、戻すときに吸うことを意識しましょう。

まず仰向けになって膝を90度に曲げて足を挙げましょう。息を吐きながらおへそを見るようにして、腰が上がらないところまで状態を起こします。そのあと、肩甲骨がつかないところまでゆっくり吸いながら上体を倒していきましょう。20回連続でできるよう頑張ってください!

腹筋:フロントブリッジ

別名「プランク」とも呼ばれるこのフロントブリッジは、腹直筋だけでなくぽっこりお腹の解消につながる腹筋下部も同時に鍛えられるメニューです。足や腕を除いた胴体全体をまんべんなく鍛えられるトレーニングなので、上半身を鍛えたい人にもぴったり!

うつ伏せになったら腕を肩幅に広げて軽く上体を起こします。腕の角度を90度にしたら、脚はつま先で軽く上体を起こし支えてください。足から首先までまっすぐキープして、1分続けるように頑張りましょう!

二の腕:フレンチプレス

上腕や肩を鍛える場合はこのフレンチプレスを行いましょう。短期間で腕を太くしたい人にもぴったりなメニューです。このトレーニングにはダンベルが必要になりますが、最初は無理をしないで5~10kg程度のダンベルで行うようにしてください。

ベンチに座ったら背筋を伸ばしてダンベルを頭の後ろで支えるようにしましょう。両腕を挙げた状態でスタートして、ゆっくり10回ダンベルの上下運動を行いましょう。

お尻:ヒップブリッジ

仰向けに寝転んだままでできヒップブリッジですが、続けて行うとじんわり汗をかくほどの強度です。女性もヒップアップ目的でこのトレーニングを行っている人が多いですよ!ポイントは体が一直線になっているのを意識しながら行うことです。

仰向けになって手を広げたら、脚を肩幅に開きます。太ももとお腹の筋肉を使って肩から膝まで一直線になるように上体を挙げましょう。この動作をまずは30回連続でできるようになってください。

モテない鍛え方

やみくもに鍛えればそれで良いというわけではありません。鍛え方を間違えてしまうと、一気にモテボディから離れてしまうことも…。それでは、どのような体だと女性にとってNGなのでしょうか?残念な鍛え方・モテない鍛え方の例を参考にして自分のトレーニング方法を見直してみましょう。

ムキムキのゴリマッチョはNG

ボディビルダーのようなムキムキのゴリマッチョ体型は、女性は魅力的に感じられません。ゴリゴリすぎる筋肉は近寄りがたい印象になってしまい、女性側も親近感がわかないことが多いです。

鍛えれば鍛えただけ女性にモテると考えている人は間違い!何事もほど良く行うことが一番です。しなやかさのある筋肉づくりを目指して、女性にモテる美ボディを作り上げましょう。

太ももを鍛えすぎて太くなりすぎるのはNG

下半身を鍛えすぎてズボンがパツパツになってしまっている人も、女性的にはNGボディです。特に鍛えすぎて太ももまわりが太すぎてしまうのは、体全体のバランスを見ても美しくありません。上半身は普通なのに下半身だけ筋肉隆々だと変だと思われてしまいます。
太ももの鍛えすぎは女性からドン引きされる可能性あり!あくまで常識の範囲内の太さがベストです。自分の体の全体バランスを見ながら、偏ることなく全身の筋肉をまんべんなく鍛えるようにしてください。

まとめ

女性が思わずうっとりしてしまうようなモテボディは、「筋肉をいかに鍛えるか」によって決まるものです。トレーニングはやればやるほど結果が出せるので、自分の努力次第で大変身を遂げることだってできちゃいます!今回ご紹介したトレーニングは、全身まんべんなく鍛えられるメニューとなっています。最初は無理をせず徐々にレベルを上げて、理想のモテボディを手に入れちゃいましょう。